大島優子(おおしまゆうこ)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    おおしま ゆうこ
    大島 優子
    大島 優子
    ヤマハ・トリシティ発表会にて(2014年)
    本名 大島 優子
    生年月日 (1988-10-17) 1988年10月17日(31歳)
    出身地 日本の旗 日本・栃木県[1][2]
    身長 152 cm[1][注 1]
    血液型 B型
    職業 女優
    ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
    活動期間 1996年 -
    活動内容 元子役
    元Doll's Voxメンバー
    元AKB48メンバー(元チームK)
    AKBアイドリング!!!
    チームドラゴン from AKB48
    Not yet
    事務所 太田プロダクション
    公式サイト 大島優子Official club site
    太田プロダクション公式プロフィール
    主な作品
    テレビドラマ
    『弁護士 一之瀬凛子』
    『マジすか学園』
    『私が恋愛できない理由』
    『銭の戦争』
    『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』
    『東京タラレバ娘』
    『スカーレット』
    『教場』
    映画
    『ロマンス』
    『闇金ウシジマくん』
    『劇場版 SPEC〜結〜』
    『紙の月』
    テンプレートを表示

    大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身[1][2]。太田プロダクション所属。

    略歴

    子役・ジュニアアイドル時代(ソロ活動第1期)

    • 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。
    • 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEEの高見沢俊彦がサウンド・プロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット「Doll's Vox」[注 2]に所属していた。子役時代も含めると芸歴はおよそ20年以上となる。
    AKB48時代の大島優子(2010年7月1日)

    AKB48時代

    2006年

    • 2月26日に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格した。
    • 4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において公演デビューをした。

    2007年

    • 1月、アニメOVAシリーズ『ICE〈劇場版〉』で初めて声優を務めた[4]
    • 7月、前田敦子や小野恵令奈とともに太田プロダクションに移籍した。
    • 12月、AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場した。

    2008年

    • 6月30日、『弁護士 一之瀬凛子シリーズ』(TBS)に出演[5]

    2009年

    • 3月21日公開の映画『テケテケ』で映画初主演を務める。
    • 4月11日、『AKB48 チームK 5th Stage「逆上がり」』公演の初日に喉の手術をすることを発表し[6]、同月13日に手術を終え、同月20日に退院する[7]。同月25日・26日にNHKホールで開催されたコンサート『「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。』にMCのみではあるが、手術後初めて公の場に姿を見せる。
    • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では2位となり、メディア選抜入りする。
    • 9月15日、アメーバブログにて「大島優子オフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』」をスタート。

    2010年

    • 1月 - 3月、『マジすか学園』(テレビ東京)に同名役で出演。
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では1位となり、メディア選抜入りする。速報、中間発表の時点では2位であったが、最後に逆転する。マニフェストを決めるにあたり、「1位なら丸坊主」も考えたが、所属事務所からNGが出たため幻となる[8]。そのため「劇場のトイレ掃除」というマニフェストを掲げて選挙に臨む。
    • 10月 - 12月、『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日)にレギュラー出演[9]
    • 11月10日、DVD『君は、僕のもの』をリリース。

    2011年

    • 1月21日に開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』2日目公演のアンコールにおいて、北原里英、指原莉乃、横山由依とともに新ユニット「Not yet」を結成することが発表され、デビューシングル曲「週末Not yet」を披露する[10]
    • 2月24日より、AKB48オフィシャルショップ香港において「大島優子フェスティバル」開催。
    • 2011年の「NHK春の新番組」の魅力を伝える「チームぴちぴちNHK」を、他の8人のAKB48メンバーとともに結成[11]。3月中旬から4月中旬までの限定活動であった。ミニ番組やポスターなどに登場する。
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙「今年もガチです」』では2位となり、メディア選抜入りする[12]。速報の時点では1位であったが、最後に逆転される。
    • 9月30日、期間限定で開設されたマダム・タッソ-東京(港区台場・デックス東京ビーチ)で大島の等身大の蝋人形が製造、展示される。2011年10月時点で、展示されている日本人の人形は、大島と坂本龍一、葉加瀬太郎の3人のみ[13]
    • 10月 - 12月、月9ドラマ『私が恋愛できない理由』(フジテレビ)にレギュラー出演[注 3][注 4]
    • 12月8日、ニホンモニターによる「2011年タレントCM起用社数ランキング」で、女性タレント最多となる19社のCM[注 5]に起用されたと発表される[14]

    2012年

    • 4月 - 6月、『カエルの王女さま』(フジテレビ)にレギュラー出演[15]
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では、2年ぶりの1位となり、選抜メンバーになる[16]
    • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKキャプテンに就任することが発表される[17][18]
    • 9月18日、『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』において披露された10月31日リリースの28thシングル「UZA」で、松井珠理奈とともにダブルセンターを務めることが発表される。
    • 11月1日、チームKキャプテンに就任。

    2013年

    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では2位となり、選抜メンバーになる[19]
    • 10月 - 12月、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS)にレギュラー出演[注 6]
    • 12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』においてAKB48を卒業することを発表する[20][21]

    2014年

    • 3月30日に国立競技場で開催される予定であった『AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』のAKB48グループの公演において、卒業セレモニーが予定されていたが、荒天のため公演自体が中止となる[22]。代替コンサートは、6月8日に味の素スタジアムで開催されることが決定し[23]、当日は約7万人の観衆を集めて約4時間のライブが開催される[24]
    • 6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業した[25]

    AKB48卒業後(ソロ活動第2期)

    2014年

    • 10月15日の更新を最後にオフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』を終了[26]。開設から約5年、読者数は約18万7000人であった[27]。その後、公式サイトで会員限定のブログを開始する[28]

    2015年

    • 1月 - 3月、『銭の戦争』(関西テレビ)にレギュラー出演。
    • 1月、2014年に公開された映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞する。
    • 4月 - 6月、『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(TBS)で連続ドラマ初主演。それに先立ち3月14日、同ドラマの役作りのため、髪をカットし黒髪にイメチェンした姿をInstagramで公開する[29]
    • 10月、『No.9 -不滅の旋律-』で、初めて本格的な舞台に出演[30]

    2016年

    • 3月、連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)最終週に平塚明(のちの平塚らいてう)役で出演し、NHK連続テレビ小説に初出演[31][32]

    2017年

    • 1月 - 3月、『東京タラレバ娘』(日本テレビ)にレギュラー出演。
    • 7月、芸能活動を一時休業して日本国外へ行くと一部で報道されたが[33]、所属事務所は本人の希望により「見聞を広げるため」と一時休業を否定した[34]
    • 8月 - 、アメリカへ1年余り語学留学し、オレゴン州ポートランドにてホームステイする[35][36][37]
    • 9月、8月から1年の予定で語学とエンターテインメントを学ぶためニューヨークに渡航したことが、報じられた[38]。帰国後のインタビューでエンターテインメントを勉強しに行ったわけではなく、語学留学であり、留学先はニューヨークではなくカレッジに通い、英語漬けの毎日を送っていたことを明かしている[39]

    2018年

    • 10月22日、留学からの帰国と17日に誕生日を迎え30歳になったことをインスタグラムでの投稿で報告した[40]
    • 11月8日、自身が出演するスマホ向けゲーム『ファントム オブ キル』の新テレビCM発表会に出席し、帰国後初めて1年ぶりに公の場に登場した[41]

    2019年

    • 1月から2月にかけて舞台『罪と罰』にソーニャ役で出演[42][43][44]
    • 9月 - 、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)に戸田恵梨香演じるヒロインの幼馴染・熊谷照子役でレギュラー出演、地味なおばさん役を好演して評価を高める[37]

    人物

    • 愛称は、主に「ゆうこ[45]。「コリス」と呼ばれたこともあった[46]
    • 日本人の父親、日本・アメリカのハーフの母親の元に生まれたクォーター[47]
    • 小学校卒業後、神奈川県横浜市から栃木県に転居するが、その直後に両親が離婚して、自身は父親のほうに付いて父子家庭で育つ。母親とは高校時代に再会した[48]
    • 座右の銘は高校時代の恩師の言葉である「十人十色、己を信じ精進せよ」[49]
    • 小学校3、4年生からゆずのファンであり、ゆずの地元である横浜市岡村町にも足を運ぶほどである。好きな楽曲は「心のままに」、「傍観者」[50]。また、北川悠仁は大島のファンであることを公言している。
    • 憧れの女優は永作博美。香川照之の女版になることが目標[51]
    • 戸田恵梨香とは仲が良く、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)で親友役で共演している。
    • 好きな物はスノーボード(9歳の頃から滑っており、マイボードとマイウェアも所持している[52])、スニーカー、爬虫類[49]
    • 好きなスポーツはサッカー[53]
    • ダッフィー集めをしており、ブログでも度々登場している[54]
    • ロップイヤーラビットを飼っている。名前は「ヒップ」[55]
    • 嫌いな物は風船[56]

    AKB48

    • AKB48の中心メンバーの1人であり、じゃんけん選抜を除いたすべてのシングル表題曲の選抜メンバーに選出されている。さらに前田敦子(卒業)→渡辺麻友・高橋みなみらとともにメディアや雑誌をはじめ、多方面からエースの1人として扱われていた。
    • 加入当初から、チームKのセンター・エースだったが、当時のAKB48には中心メンバーとして、前田の他にも中西里菜、大島麻衣が在籍しており、常に4番手か5番手のポジションだった[57]
    • AKB48デビュー当時は栃木県から通っており、夕方にレッスンのために東京に行き、夜間に帰宅するという生活だった[58]。その時期を乗り越えられたのは、毎日弁当を作って車で送り迎えして支えてくれた父親の存在が一番大きかったとインタビューで答えている[39]
    • メンバーの中では足が速く、運動神経も良い。
      • 2009年10月10日に開催された『AKB48 チーム対抗大運動会〜絆よ永遠に〜』でのスプリンター決定戦で優勝し、NO.1スプリンターに輝いた。
      • Not yet「波乗りかき氷」のPV撮影でサーフィンをした時には初挑戦だったにもかかわらず、10分程度で波に乗れるようになり、「1時間はかかると思っていたのに」と大島自身が驚くほどであった[59]
    • 自身のソロ曲である「泣きながら微笑んで」を持ち歌としている。毎回ステージに出る前には、音程を取るため増田有華が手を握り締めながら歌ってくれていた[48]
    • お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの「背中から抱きしめて」である[60]
    • 旧チームKで一緒だった梅田彩佳、松原夏海、野呂佳代らと自主的にダンスグループ「梅島夏代」を組んでいた。
    • ラジオ『AKB48 今夜は帰らない…』の企画ユニットとして梅田彩佳、戸島花(2008年11月卒業、元・SDN48)と「H3O」(本当に3人は大人なの)を結成した。
    • 劇場公演『チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」』の「友よ」および、シングル「GIVE ME FIVE!」では、エレキベースを担当。
    • その他のAKB48メンバーでは、柏木由紀、渡辺麻友(2017年卒業)、篠田麻里子(2013年卒業)、高橋みなみ(2016年卒業)、板野友美(2013年卒業)、前田敦子(2012年卒業)、小嶋陽菜(2017年卒業)、峯岸みなみ、梅田彩佳[61](2016年卒業)、宮澤佐江[62][63](2016年卒業)、秋元才加(2013年卒業)らと仲が良く、中でも秋元・宮澤とはお互いを「心友」と呼び合っている。元・SDN48の野呂佳代とは旧チームK以来の親友である[64]。後にはNotyetの指原莉乃、北原里英、横山由依とも仲良くなっている。
    • 高橋みなみに似ていると言われることがあった。特に「ポニーテールとシュシュ」がリリースされた時期はメンバー全員がポニーテールで統一していたことが多かったため、高橋のマネージャーから間違われたこともあった[65]

    受賞歴

    2011年
    • 第5回ブライダルジュエリープリンセス[66]
    • BLOG of the year 2011 女性部門[67]
    2012年
    • 第6回JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ!「Cut Above Award for Outstanding Debut」
    • 第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞 20代部門[68]
    2013年
    • 第36回日本アカデミー賞 話題賞(俳優部門) - 『闇金ウシジマくん』[69]
    2014年
    • 第39回報知映画賞 助演女優賞 - 『紙の月』[70]
    • 第36回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 - 『紙の月』[71]
    • 第38回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞 - 『紙の月』[72]
    • 第24回東京スポーツ映画大賞 助演女優賞 - 『紙の月』[73]
    2015年
    • 第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞 - 『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』[74]
    • VOCEベストコスメ年間グランプリ THE BEST BEAUTY OF THE YEAR[75]
    2016年
    • WOWOW 勝手に演劇大賞2015・女優賞 - 『No.9-不滅の旋律-』[76]

    AKB48在籍時の参加楽曲

    シングルCD選抜楽曲

    • 会いたかった
    • 制服が邪魔をする
      • Virgin love - 「Team K」名義
    • 軽蔑していた愛情
    • BINGO!
    • 僕の太陽
      • 未来の果実
    • 夕陽を見ているか?
      • ビバ! ハリケーン - 「ひまわり組」名義
    • ロマンス、イラネ
      • 愛の毛布 - 「ひまわり組」名義
    • 桜の花びらたち2008
      • 最後の制服
    • Baby! Baby! Baby!
      • 夢を死なせるわけにいかない
    • 大声ダイヤモンド
    • 10年桜
      • 桜色の空の下で
    • 涙サプライズ!
    • 言い訳Maybe
    • RIVER
    • 桜の栞
      • マジスカロックンロール
    • ポニーテールとシュシュ
      • マジジョテッペンブルース
    • ヘビーローテーション - センター
      • ラッキーセブン
      • 野菜シスターズ - 「野菜シスターズ」名義
    • Beginner
    • 「チャンスの順番」に収録
      • 予約したクリスマス
      • ALIVE - 「チームK」名義
    • 桜の木になろう
    • 誰かのために -What can I do for someone?-
    • Everyday、カチューシャ
      • これからWonderland
      • ヤンキーソウル
    • フライングゲット
      • 青春と気づかないまま
      • アイスのくちづけ
      • 野菜占い - 「野菜シスターズ2011」名義
    • 風は吹いている - 前田敦子とともにセンター
    • 「上からマリコ」に収録
      • ノエルの夜
      • ゼロサム太陽 - 「チームK」名義
    • GIVE ME FIVE!
      • スイート&ビター - 「セレクション6」名義
    • 真夏のSounds good !
      • ちょうだい、ダーリン!
      • 君のために僕は…
    • ギンガムチェック - センター
      • 夢の河
    • UZA - 松井珠理奈とともにセンター
      • スクラップ&ビルド - 「チームK」名義
    • 「永遠プレッシャー」に収録
      • とっておきクリスマス
      • 永遠より続くように - 「OKL48」名義
    • So long !
      • 夕陽マリー - 「大島TeamK」名義
    • さよならクロール - 渡辺麻友、島崎遥香、板野友美とともにセンター
      • How come ? - 「Team K」名義
    • 恋するフォーチュンクッキー
      • 最後のドア
      • 涙のせいじゃない
    • ハート・エレキ
      • 細雪リグレット - 「Team K」名義
    • 「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」に収録
      • Mosh&Dive
      • Party is over
    • 前しか向かねえ - センター
    • 「ラブラドール・レトリバー」に収録
      • 今日までのメロディー
    • 君はメロディー[注 7][77]

    SKE48名義

    • 「チキンLINE」に収録
      • 旅の途中 - 「宮澤佐江と仲間たち」名義

    アルバムCD選抜楽曲

    • 『神曲たち』に収録
      • Baby! Baby! Baby! Baby!
      • 君と虹と太陽と
    • 『SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤』に収録
      • Seventeen
      • あなたがいてくれたから
    • 『ここにいたこと』に収録
      • 少女たちよ
      • 僕にできること - 「チームK」名義
      • 風の行方
      • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
    • 『1830m』に収録
      • ファースト・ラビット
      • 家出の夜 - 「チームK」名義
      • スキャンダラスに行こう!
      • 大事な時間
      • 行ってらっしゃい
      • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
    • 『次の足跡』に収録
      • After rain
      • 強さと弱さの間で
      • 僕は頑張る
      • 共犯者 - 「Team K」名義

    その他の参加楽曲

    • シングルCD「チューしようぜ!」(「AKBアイドリング!!!」名義)
      • チューしようぜ!
      • モテ期のうた - 「AKB48」名義
    • シングルCD「心の羽根」(「チームドラゴン from AKB48」名義)
      • 心の羽根
      • 世界中の雨
    • 「TEAM-Z ORIGINAL SOUND TRACK」(「チームZ」名義)
      • 恋のお縄
      • 私の彼氏は銭形平次
      • 会いたかった 〜お江戸 Ver.〜
      • 銭形平次 〜TEAM-Z Ver.〜
    • 「スケバンGirls ORIGINAL SOUND TRACK」(「スケバンGirls」名義)
      • 突っ張る理由
      • 友よ 夜明けに待ち合わせよう
    • 「So long!」に収録
      • Sugar Rush(ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」エンディングテーマ)
        楽曲はCDには収録されておらず、MVのみがType-Bの付属DVDに収録されている。
    • シングルCD「Mine」(「河西智美」名義)
      • Enjoy your life !
    • 配信限定楽曲
      • 離れていても - AKB48卒業後参加

    劇場公演ユニット曲

    チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

    • スカート、ひらり

    チームA 2nd Stage「会いたかった」公演(2006年5月25日、板野友美の代理)

    • 嘆きのフィギュア
    • ガラスのI LOVE YOU

    チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

    • 禁じられた2人
    • ふしだらな夏

    チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

    • 泣きながら微笑んで ※ソロ曲

    ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

    • 僕とジュリエットとジェットコースター

    ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

    • Confession

    チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

    • ごめんねジュエル

    チームK 5th Stage「逆上がり」公演

    • エンドロール

    THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

    • Confession(佐藤亜美菜・浅居円のスタンバイ)

    チームK 6th Stage「RESET」公演

    • 心の端のソファー

    大島チームK ウェイティング公演

    • Glory days
    • ヒグラシノコイ

    チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演

    • 19人姉妹の歌

    作品

    AKB48としての作品は除く。

    シングル

    • 夢見るオモチャ箱〜恋するdancing Doll(2005年8月10日、ユニバーサルジャパン) - Doll's Vox。

    映像作品

    • Growing up!(2001年7月27日、心交社) - 田島穂奈美と共演。
    • adolescence(2003年10月3日、笠倉出版社)
    • ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房)
    • と、ゆうこと。(2009年12月6日、ワニブックス)
    • 君は、僕のもの(2010年11月10日、キングレコード)

    出演

    テレビドラマ

    • ひよこたちの天使(1996年4月15日 - 5月31日、TBS、花王 愛の劇場)
    • ラブの贈りもの(1996年7月22日 - 8月30日、TBS、花王 愛の劇場) - 友達 役
    • バージンロード(1997年1月6日 - 3月17日、フジテレビ) - 桜井和美(幼少期) 役
    • D×D(1997年7月 - 9月、日本テレビ、土曜グランド劇場) - 円城寺園子(幼少期) 役
    • 電磁戦隊メガレンジャー 第40話(1997年11月30日、テレビ朝日) - 少女(ネジイエロー) 役
    • LOVE&PEACE(1998年4月18日 - 7月4日、日本テレビ、土曜ドラマ) - 太田明日香(幼少期) 役
    • 千年王国III銃士ヴァニーナイツ 第2話(1999年4月9日、テレビ朝日)
    • らせん 第6話・第7話(1999年8月5日・8月12日、フジテレビ、木曜劇場) - 亜美 / 里美 役
    • アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 第4話(2001年10月29日、フジテレビ) - 大林加代子 役
    • 東京庭付き一戸建て(2002年7月10日 - 9月4日、日本テレビ) - 福田夏深 役 ※初レギュラー作
    • 狼女の子守唄(2002年12月16日、TBS、月曜ミステリー劇場) - 狼女(幼少期) 役
    • 京都食い道楽!古本屋探偵ミステリー2(2004年5月28日、フジテレビ、金曜エンタテイメント) - 浅村由香里 役
    • ほんとにあった怖い話(2005年2月28日、フジテレビ) - 木下聡子 役
    • 危険なアネキ 第3話(2005年10月31日、フジテレビ) - 愛の友人 役
    • 悪女の一生〜芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯〜(2005年11月26日、フジテレビ、プレミアムステージ)
    • 栞と紙魚子の怪奇事件簿 第12話・第13話(最終話)(2008年3月22日・3月29日、日本テレビ、サタデーTVラボ) - 勅使河原りえ 役
    • 弁護士 一之瀬凛子シリーズ(2008年 - 、TBS、月曜ゴールデン) - 大屋恵 役
      • 弁護士 一之瀬凛子(2008年6月30日)
      • 弁護士 一之瀬凛子2(2010年1月18日)
      • 弁護士 一之瀬凛子3(2010年12月6日)
    • キャットストリート 第2話 - 第4話(2008年9月4日 - 9月18日、NHK総合、ドラマ8) - 平野ユミ 役
    • Cafe吉祥寺で 第8話 - 第10話(2008年10月8日 - 10日、テレビ東京、Lドラ) - 篠原美里 役
    • 我はゴッホになる! 〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜(2008年10月25日、フジテレビ、土曜プレミアム)
    • 参議院議員候補マミ(2008年11月17日 - 2009年6月9日、TBS、1分半劇場) - 小島ユウコ 役
    • 風に舞いあがるビニールシート(2009年5月30日 - 7月4日、NHK総合、土曜ドラマ) - 川井千鶴 役
    • マジすか学園(2010年1月8日 - 3月26日、テレビ東京、ドラマ24) - 大島優子 役
    • エンゼルバンク〜転職代理人(2010年1月14日 - 3月11日、テレビ朝日、木曜ドラマ) - 小笠原マナミ 役
    • 三代目明智小五郎〜今日も明智が殺される〜 第4話(2010年5月4日、毎日放送、木曜深夜ドラマ) - 桃子 役
    • ほんとにあった怖い話 夏の特別編2010 AKB48まるごと浄霊スペシャル「赤いイヤリングの怪」(2010年8月24日、フジテレビ) - 主演・綿引昌代 役
    • 霊能力者 小田霧響子の嘘(2010年10月10日 - 12月5日、テレビ朝日、日曜ナイトドラマ) - 飯伏薫 役
    • 桜からの手紙 〜AKB48 それぞれの卒業物語〜(2011年2月26日 - 3月6日、日本テレビ) - 大島優子 役
    • Dr.伊良部一郎 第7話(2011年3月20日、テレビ朝日、日曜ナイトドラマ) - 大島優子 役
    • マジすか学園2(2011年4月15日 - 7月1日、テレビ東京、ドラマ24) - 大島優子・大島優香・大島優希 役
    • 私が恋愛できない理由(2011年10月17日 - 12月19日、フジテレビ) - 半沢真子 役
    • ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜 第1夜(2012年4月5日、TBS) - 市原孝美 役
    • カエルの王女さま(2012年4月12日 - 6月21日、フジテレビ) - 野々村まひる 役
    • 世にも奇妙な物語 2012年 秋の特別編「心霊アプリ」(2012年10月6日、フジテレビ) - 主演・立花さおり 役
    • So long ! 第2話(2013年2月12日、日本テレビ) - 倉林美帆 役
    • ガリレオ 第2シーズン 第3章「心聴る」(2013年4月29日、フジテレビ) - 脇坂睦美 役
    • WONDA×AKB48 ショートストーリー「フォーチュンクッキー」 (2013年7月7日、フジテレビ) - 森川優香 役
    • 神様のベレー帽〜手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話〜(2013年9月24日、関西テレビ) - 小田町咲良 役
    • 安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜(2013年10月13日 - 12月15日、TBS) - 沫嶋七瀬 役
    • SPEC〜零〜(2013年10月23日、TBS) - 白い女 役
    • 銭の戦争(2015年1月6日 - 3月17日、関西テレビ) - 紺野未央 役[78]
    • ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜(2015年4月16日 - 6月18日、TBS) - 主演・永光麦秋 役
    • マジすか学園5 第2話(2015年8月25日、日本テレビ) - 優香 役
    • 連続テレビ小説(NHK)
      • あさが来た (2016年3月26日、29日、30日) - 平塚明(のちの平塚らいてう) 役[31][32][79]
      • スカーレット(2019年9月30日 - 2020年3月28日) - 熊谷照子 役[80][81]
    • 東京タラレバ娘(2017年1月18日 - 3月22日、日本テレビ) - 鳥居小雪 役
    • コートダジュールN゜10(ナンバーテン) WOWOW版(2017年11月20日 - 12月18日、全5話、WOWOW)[注 8][82][83]
    • 教場(2020年1月4日・1月5日、フジテレビ) - 楠本しのぶ 役
    • 彼らを見ればわかること (2020年1月11日 - 2月29日、WOWOW) - 鴨居流美 役
    • 十三人の刺客(2020年11月28日、NHK BSプレミアム)

    映画

    • 大怪獣東京に現わる(1998年9月26日公開) - 祭の少女 役
    • 千里眼(2000年6月10日公開) - 岬美由紀(幼少期) 役
    • 伝染歌(2007年8月25日公開) - 夏野あんず 役
    • ICE〈劇場版〉(2008年11月29日公開) - リンネ 役
    • 櫻の園(2008年11月8日公開) - 沢美登里(ワーリャ) 役
    • テケテケ(2009年3月21日公開) - 主演・大橋可奈 役
    • テケテケ2(2009年3月21日公開) - 大橋可奈 役
    • 銀色の雨(2009年11月28日公開) - みのり 役
    • 渋谷(2010年1月9日公開) - ユウ 役
    • スイートリトルライズ(2010年3月13日公開) - 岩本文 役
    • さんかく(2010年6月24日公開) - ファミレスのウェイトレス 役 ※友情出演
    • 闇金ウシジマくん(2012年8月25日公開) - 鈴木未來 役[84]
    • 劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇/爻ノ篇(2013年11月1日・11月29日連続公開) - 白い女 役[85]
    • 紙の月(2014年11月15日公開) - 相川恵子 役[86]
    • ロマンス(2015年8月29日公開) - 主演・北條鉢子 役[87]
    • 真田十勇士(2016年9月22日公開) - 火垂(ほたる) 役[88]
    • 疾風ロンド(2016年11月26日公開) - 瀬利千晶 役[89]
    • 生きちゃった(2020年10月3日公開) - 奈津美 役[90]

    吹き替え

    • メリダとおそろしの森 (2012年7月21日公開) - ディズニープリンセス・王女メリダ 役[91]
    • ちいさなプリンセス ソフィア「ひみつのとしょしつ」(2016年2月11日、ディズニー・チャンネル) - メリダ 役[92]
    • シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年12月21日公開) - メリダ 役[93]

    劇場アニメ

    • それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ(2015年7月4日公開) - ミージャ 役

    バラエティ

    • 世界で誰も見たことがない対決SHOW ほこ×たて(2011年5月2日 - 2013年10月20日、フジテレビ) - レギュラー[注 9]
    • ヨンパラ FUTUREゲームバトル(2011年10月9日 - 2012年3月25日、TBS)
    • ウーマン・オン・ザ・プラネット(2014年4月5日 - 2015年3月28日、日本テレビ) - MC

    ドキュメンタリー

    • 池上彰の戦争を考えるSP 〜戦争はなぜ始まり、どう終わるのか〜(2010年8月15日、テレビ東京)
    • アスリートの魂「世界一のサイドバックに サッカー 長友佑都」(2011年5月9日、NHK総合) - ナレーション
    • 情熱大陸(毎日放送)
      • 【大島優子▽AKB48が心配です…】(2013年10月20日)
      • 【800回記念スペシャル▽ぼくらは、1988年生まれ】(2014年5月4日・11日)
    • イタリア ミラノ 美をめぐるものがたり〜麗しの邸宅美術館×ルネサンスの“横顔美人”〜(2014年4月18日(TBS)、2014年4月27日(BS-TBS)) - スペシャルナビゲーター[94]
    • 感動地球スペシャル 大島優子のアイスランド〜オーロラ舞う火山島〜(2016年3月6日、フジテレビ系(制作著作・テレビ静岡)) - ナビゲーター[95]
    • 感動地球スペシャル カリブ海と聖なる泉〜大島優子 メキシコの旅(2017年3月5日、フジテレビ系)[96]
    • 天空の国ネパール 神々が遊ぶヒマラヤと野生の楽園を行く(仮題、2018年3月4日放送予定、フジテレビ系) - 旅人[97]

    スポーツ

    • フジテレビ系列「FIFAワールドカップ ブラジル 2014」(2014年、フジテレビ) - スペシャルサポーター[98]

    ラジオ

    • AKB48 今夜は帰らない…(2008年4月5日 - 11月22日、CBCラジオ)
    • リッスン? 〜Live 4 Life〜(2010年12月度・2011年1月3日・8月21日・2013年1月1日、文化放送) - 火曜パーソナリティ

    舞台

    • No.9 -不滅の旋律- (2015年10月10日 - 25日、東京・赤坂ACTシアター) - マリア 役[99][100]
    • 美幸-アンコンディショナルラブ-(2016年5月 - 、本多劇場 他) - 美幸 役[101]
    • 罪と罰(2019年1月9日 - 2月1日、東京・Bunkamuraシアターコクーン/2月9日 - 17日、大阪・森ノ宮ピロティホール) - ソーニャ 役[42][43][44]

    オリジナルビデオ

    • HARD BOILED ハードボイルド(1997年9月5日、マグザム) - 桐生りえ 役
    • 炎(2000年6月10日、マグザム) - 若田部優子 役
    • ICE(2007年5月25日・7月25日・9月25日、イーネット・フロンティア) - リンネ 役

    ミュージックビデオ

    • 大堀めしべ「甘い股関節」(2008年) - キャバクラ嬢 役
    • 中谷満男「浪花刑事ブルース」(2009年、監督:木村祐一) - スナック嬢 役

    CM

    ヤマハ・トリシティ発表会(2014年7月1日)
    • イトーヨーカ堂(1998年) - 企業CM
    • マテルジャパン バービー人形(1998年)
    • 日本航空
      • JAL STORYで行くマジカルファンタジーツアー(1998年)
      • バースデー割引(2003年)
    • ハウス食品 「バーモントカレー」(1999年)
    • ソニー・コンピュータエンタテインメント 「トンバ・ザ・ワイルドアドベンチャー」(1999年)
    • ケンタッキーフライドチキン(2000年)
    • メディアファクトリー 「ポケモンカード★neo」(2000年)
    • カネボウ 総合生活消費財企業編(2002年)
    • 丸美屋食品工業 ふりかけ・素材探求(2003年)
    • 石屋製菓 「白い恋人 2004年夏編」(2004年)
    • 警察庁 非行防止運動・薬物乱用防止(2005年)
    • ベネッセコーポレーション 「進研ゼミ高校講座」(2006年)
    • 東京都 TOKYO体操(2008年10月 - 2009年8月)
    • エスエス製薬 ハイチオールB
      • 「AKB!ニキビ!!」篇(2010年11月8日 - )[102]
      • 「ニキビに効いてく」篇(2011年7月31日 - )[103]
    • ピーチ・ジョン ハートブラ(2011年8月8日-8月14日)[104]
    • 財務省・東日本大震災個人向け復興国債(2012年冬季)[105][106]
    • 花王
      • 「エッセンシャルダメージケア」(2012年8月9日 - 2013年2月)[107]
      • 「リセッシュ除菌EXプラスデオドラントパワー」
        • 「男のニオイ撃破」篇(2016年3月22日 - )[108][109]
        • 「名刺交換」篇(2017年3月1日 - )[110]
    • 外為オンライン
      • 「FXをはじめること=新しい自分がはじまること」(2012年12月1日 - )[111]
      • 「BUSINESS篇」・「HOLIDAY篇」(2014年1月 - )[112]
    • 総務省統計局 「平成25年住宅・土地統計調査」(2013年9月 - 10月)[113][114][115]
    • ヤマハ発動機 「TRICITY MW125」(2014年) - CM出演の企画としてAT限定小型自動二輪車免許取得に挑戦
      • 「ナニコレ」篇(2014年7月1日 - 終了月日不明)[116]
      • 「もう乗った?」篇(2014年8月23日 - 終了月日不明)[117]
      • 「それゆけ!LMW部リーンと傾くんです篇」・「それゆけ!LMW部二人でリーン篇」(2015年3月24日 - )[118]
    • チョーヤ梅酒
      • さらりとした梅酒「新さらり誕生篇」(2014年9月5日 - )[119][120]
      • さらりとした梅酒「梅の味上々篇」(2015年1月13日 - )[121][122]
      • さらりとした梅酒「ボトル登場篇」(2016年4月28日 - )[123][124]
      • ウメッシュ「本格篇」(2015年12月10日 - )[125]
    • メガネトップ「ALOOK」(2014年9月)[126][127]
    • 第一三共ヘルスケア 「ミノン」洗浄シリーズ(2014年)
      • 「小包」篇(2014年10月3日 - )[128]
      • 「帰省」篇(2014年11月5日 - )[129]
      • 「彼の引っ越し」篇(2015年2月25日 - )[130]
      • 「彼とケンカ」篇(2015年9月3日 - )[131]
      • 「後輩」篇(2015年12月2日 - )[132]
      • 「彼と買い物」篇(2016年9月29日 - )[133]
      • 「結婚式の日」篇(2016年12月1日 - )[134]
      • 「話さなくても」篇(2017年10月21日 - )[135]
      • 「似ているようで違う」篇(2018年2月17日 - )[136]
      • 「銭湯で」篇(2018年10月10日 - )[137]
      • 「甥っ子」篇(2018年11月17日 - )[138]
      • 「なでたくなる」篇・「ひとつじゃない」篇 (2019年10月19日 -)[139]
      • Web限定 MINON短編映画
        • 「ごめんねと大丈夫」(2017年10月23日 - )[140][141]
        • 「思い出す」篇(2018年10月10日 - )[137]
      • 「ミノン 薬用ヘアシャンプー」・「頭皮のスキンケア」篇(2015年10月 - )[142]
    • コロプラ
      • 「白猫プロジェクト」(2014年8月1日 - )[143]
      • 「合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士」(2014年8月27日 - )[144]
      • 企業CM「ホワイトボード編」(2014年11月6日 - )[145]
    • アルペン スポーツDEPO 「ホットでSNOW」篇(2014年12月24日 - )[146]
    • カンロ「ピュレグミ」(2015年4月4日 - )[147]
    • スタートトゥデイ ZOZOTOWN(2015年10月14日 - )[148][149]
    • マクドナルド ビッグマック 「ずっと好きだった」篇(2017年6月6日 - )[150]
    • フジアンドグミゲームズ「ファントム オブ キル」(2018年11月9日 - )[41]
    • サントリースピリッツ のんある気分「のんある屋台で、ちゃんとチューハイ」篇(2019年3月24日 - )[151]

    ネット配信

    • Yahoo ライブトーク(2008年1月8日、Yahoo! JAPAN)
    • コートダジュールN゜10(ナンバーテン) Hulu版(2017年11月28日配信開始、全4話、Hulu)[注 10][82][83]

    イベント

    • AKB48 チームK大島優子香港来港記念イベント ミニライブ&握手会(2011年2月26日、香港・西九龍中心イベントホール)
    • ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション - 展覧会ナビゲーター(音声ガイド)[152]
      • 東京展(2014年4月4日 - 5月25日、Bunkamuraザ・ミュージアム)
      • 大阪展(2014年5月31日 - 7月21日、あべのハルカス美術館)

    書籍

    写真集

    • Charm: 大島優子・田島穂奈美写真集(2001年7月10日、心交社、撮影:荒木秀明)ISBN 9784883026289
    • かがやくきもち(2003年10月18日、ぶんか社、撮影:河野英喜)ISBN 9784821125760
    • デジタル写真集 かがやくきもち(2003年11月30日、ぶんか社)
    • ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房、撮影:関めぐみ)ISBN 9784812436936
    • 優子のありえない日常(2009年10月17日、ワニブックス、撮影:中山雅文)ISBN 9784847042089
    • 君は、誰のもの?(2010年8月25日、光文社、撮影:TakeoDec.)ISBN 9784334901752
    • 優子(講談社MOOK、2011年6月17日、講談社)ISBN 9784063895735
    • 脱ぎやがれ!(2014年9月18日、幻冬舎、撮影:蜷川実花)ISBN 9784344025912

    雑誌連載

    • smart(2011年4月24日 - 、宝島社) - 「好きなモノって、こう優子と!」
    • VoCE(2015年9月 - 、講談社) - 「優子のべっぴん道」

    文庫

    • 坊ちゃん(夏目漱石、2009年6月15日、ぶんか社) - 表紙・グラビア。

    カレンダー

    • 大島優子 2009年カレンダー(2008年10月11日、ハゴロモ)
    • 大島優子 2010年カレンダー(2009年10月、ハゴロモ)
    • 大島優子 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)
    • 大島優子 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
    • 大島優子 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
    • 壁掛 AKB48-03 大島優子 カレンダー 2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
    • 卓上 AKB48-119 大島優子 カレンダー 2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
    • 壁掛 AKB48-03 大島優子 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
    • 卓上 AKB48-119 大島優子 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
    • 壁掛 大島優子 カレンダー 2016年(2015年11月7日、ハゴロモ)
    • 卓上 大島優子 カレンダー 2016年(2015年11月7日、ハゴロモ)

    トレーディングカード

    • HITS! PREMIUM AKB48 大島優子トレーディングカード(2010年2月25日、ヒッツ)

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ 2012年7月27日付の本人オフィシャルブログの記事、「ちっこいのはお好き?」では1cm伸びて153cmになったと申告している[3]
    2. ^ メンバーの中には、のちに「AKBアイドリング!!!」として行動をともにする「アイドリング!!!」の横山ルリカも在籍していた。
    3. ^ 『バージンロード』、『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』、『危険なアネキ』で月9ドラマ出演経験はあるが、いずれもゲスト出演であり、同局制作の連続ドラマおよび月9ドラマは初のレギュラー出演となる。
    4. ^ 月9ドラマにレギュラー出演するのは、AKB48のメンバーでは、2008年7月期の『太陽と海の教室』に出演した前田敦子、2011年1月期の『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演した篠田麻里子に続き3人目である。
    5. ^ アサヒ飲料、カゴメ、味覚糖、江崎グリコ、エスエス製薬、京楽産業.、自転車協会、東京都選挙管理委員会、トライグループ(家庭教師のトライ)、プレナス(ほっともっと)、ピーチ・ジョン、セブン-イレブン・ジャパン、セブン&アイ・ホールディングス、エイチ・アイ・エス、NTTぷらら(ひかりTV)、TBCグループ(エステティックTBC) 、スクウェア・エニックス(ファイナルファンタジーXIII-2)、フルキャストマーケティング、日本ヒューレット・パッカード。
    6. ^ TBSの連続ドラマ出演は『参議院議員候補マミ』(2008年11月17日 - 2009年6月9日)以来、約4年ぶり。
    7. ^ 10周年記念シングルとして、卒業生の前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、4月に卒業を控える高橋みなみが参加。
    8. ^ Huluとの共同製作。Hulu版は全4話で11月28日配信開始。
    9. ^ 深夜時代は2回に1回程度で出演。2011年10月、ゴールデンタイム進出と同時にレギュラー出演となる。
    10. ^ WOWOWとの共同製作。WOWOW版は全5話で11月20日 - 12月18日放送。

    出典

    1. ^ a b c 太田プロダクション公式プロフィール
    2. ^ a b 大島優子Official club site Profile
    3. ^ 大島優子 (2012-07-27 2011). “ちっこいのはお好き?”. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    4. ^ ICE from AKBアフレコレポート - ICE公式サイト
    5. ^ プロフィール - 太田プロダクション
    6. ^ 「大島優子」 - AKB48オフィシャルブログ(2009年4月14日)
    7. ^ 「大島優子退院」 - AKB48オフィシャルブログ(2009年4月20日)
    8. ^ 『日刊スポーツ』2010年6月8日号による。
    9. ^ “ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』の動画まとめ”. 2019年4月26日閲覧。
    10. ^ 大島率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定 - ORICON STYLE(2011年1月21日)
    11. ^ “AKB48『チームぴちぴちNHK』結成記者会見”. ぶんか社 アイドル誕生!TV. http://tv.bunka.co.jp/top/topix/2011/0307/akb48-nhk/index.html 2012年9月13日閲覧。 
    12. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
    13. ^ 大島優子オフィシャルブログ 2011年10月19日投稿記事
    14. ^ AKB48が上位独占!クイーンは大島優子に!〜ニホンモニター 2011タレントCM起用社数ランキング発表〜 - ニホンモニター(2011年12月8日)
    15. ^ AKB48大島優子 :「歌はそんなに得意じゃないけど…」 4月期ドラマで天海祐希と初共演 - 毎日新聞デジタル まんたんウェブ(2012年3月7日)
    16. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
    17. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)
    18. ^ 全キャプテン交代でたかみなが総監督に - 日刊スポーツ(2012年8月24日)
    19. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
    20. ^ 大島優子「卒業します」自ら発表/紅白 Archived 2014年3月19日, at the Wayback Machine. - 日刊スポーツ(2013年12月31日)
    21. ^ AKB大島優子 卒業発表、ソロ宣言 - デイリースポーツ(2013年12月31日)
    22. ^ AKB国立公演が悪天候で中止、代替未定 - 日刊スポーツ 2014年4月30日
    23. ^ 「AKB48グループ 春コン」代替開催決定のお知らせ - AKB48オフィシャルブログ(2014年4月2日)
    24. ^ 大島優子 曇り時々雨のち涙…そして“晴れて”卒業 - スポーツニッポン(2014年6月9日)
    25. ^ 優子 涙と笑顔の卒業「AKBは私の宝物」ヘビロテ締め - スポーツニッポン(2014年6月9日)
    26. ^ 大島優子ファンに感謝…最後のブログ更新 - ニッカンスポーツ(2014年10月15日)
    27. ^ 大島優子 15日でアメブロ終了「思い出は捨てて行けー!って」 - スポーツニッポン(2014年10月12日)
    28. ^ ブログ終了の大島優子 公式サイトのブログを開始 - アメーバニュース(2014年10月19日)
    29. ^ 大島優子、髪ばっさり黒髪!オンザ眉毛で役づくり - シネマトゥデイ(2015年3月16日)
    30. ^ “大島優子、初舞台で初共演の稲垣吾郎からのイメージに苦笑”. モデルプレス (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
    31. ^ a b “大島優子、『あさが来た』出演決定 ふゆ役の清原果耶も再登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2067882/full/ 2020年2月12日閲覧。 
    32. ^ a b “大島優子「あさが来た」平塚らいてう役で最終週出演”. 日刊スポーツ. (2016年3月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1612179.html 2020年2月12日閲覧。 
    33. ^ “大島優子が一時休業 「人生チャレンジ」で海外へ 仕事が入れば早期復帰も?”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2017年7月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/04/0010339698.shtml 2017年7月4日閲覧。 
    34. ^ “大島優子の事務所が一時休業報道を否定、海外渡航は「見聞を広げるため」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年7月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170705/geo17070505030005-n1.html 2017年7月5日閲覧。 
    35. ^ “大島優子:留学先ポートランドではまった…「ストレンジャー・シングス」キャストと対面で大興奮”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年6月24日). https://mantan-web.jp/article/20190624dog00m200058000c.html 2020年2月12日閲覧。 
    36. ^ かんだがわのぞみ (2019年12月10日). “大島優子『繋がりや絆を一番大切に』笑福亭鶴瓶に語った言葉に「変わってない」と共感の声!”. COCONUTS JAPAN (BizNews). https://coconutsjapan.com/entertainment/oshimayuko-syofukutetsurube-tsurubenokazokunikanpai/23377/ 2020年2月12日閲覧。 
    37. ^ a b 丸山ひろし (2020年1月7日). “「AKB臭」消えた大島優子 地味なおばさん役に評価がうなぎのぼり”. AERA dot. (朝日新聞出版). https://dot.asahi.com/dot/2019122300013.html?page=1 2020年2月12日閲覧。 
    38. ^ “大島優子、先月渡米しNY留学! 期間は1年 語学と本場のエンタメ学ぶ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年9月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170920/geo17092005040004-n1.html 2017年9月20日閲覧。 
    39. ^ a b 大島優子 (2018年12月11日). AKBじゃない自分は何者なのか―大島優子、30歳で見つけた答え. インタビュアー:城リユア. Yahoo!ニュース 特集.. https://news.yahoo.co.jp/feature/1164 2018年12月11日閲覧。 
    40. ^ “大島優子「ただいま」報告にファン歓喜”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年10月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1800397 2018年10月23日閲覧。 
    41. ^ a b “海外渡航の大島優子、帰国後初公の場で笑顔「気合を入れてやっていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2123025/full/ 2018年11月8日閲覧。 
    42. ^ a b “米国留学中の大島優子 本格復帰へ 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年6月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/07/kiji/20180606s00041000282000c.html 2018年6月7日閲覧。 
    43. ^ a b “大島優子が娼婦役 三浦春馬主演舞台「罪と罰」<本人コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年6月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1771513 2018年6月7日閲覧。 
    44. ^ a b 大島優子 (2019年1月1日). 大島優子「忘れられる覚悟もあった」 舞台にかける思い<モデルプレスインタビュー>. (インタビュー). ネットネイティブ. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1813091 2019年1月21日閲覧。 
    45. ^ 大島優子 AKB48名鑑 - スポーツニッポン.2014年5月1日時点でのオリジナルよりアーカイブ、2019年1月21日閲覧。
    46. ^ 大島優子卒業コンサート てるてる坊主は本当に効果があるのか? - マギーオフィシャルブログ(2014年6月9日)
      Special Interview 山田孝之&大島優子 - ORICON STYLE(2012年8月22日)
    47. ^ OFFICE-SANGA 関和麻子 知らなかった! 実はハーフまたはクォーターの有名人1位「大島優子(元AKB48)」 デイリーニュースオンライン 2015.11.07
    48. ^ a b 『QuickJapan』(太田出版)87号より本人談。
    49. ^ a b 『週刊AKB』Vol.4 Disc2 特典編
    50. ^ 大島優子 (2010年4月21日). “言わなかったけど・・・・”. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    51. ^ 週刊アサヒ芸能 2011年8月25日号
    52. ^ 応募抽選の特典DVD、プライベートビデオより。
    53. ^ 「大島優子、香川のマンU移籍「すごい」」
    54. ^ 大島優子 (2010年1月12日). “実はね・・・・”. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    55. ^ 大島優子 (2012年2月22日). “大島ヒップ”. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    56. ^ 前田敦子&大島優子&チャン・グンソク、フレンチポップなCM公開 - BARKS(2012年5月8日)
    57. ^ AKB48総選挙公式ガイドブック(2010年、講談社)
    58. ^ 優子(2011年、講談社MOOK)
    59. ^ AKB大島優子 わずか10分で波乗り成功 - スポーツニッポン 2011年6月17日
    60. ^ 『AKB48 ヴィジュアルブック2008 featuring team K, duet』2008年12月号(2008年11月7日発売、集英社)
    61. ^ 大島優子 (2012年1月10日). “うーめっ”. サイバーエージェント. 2012年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    62. ^ 大島優子 (2011年8月13日). “佐江ちゃん21歳”. サイバーエージェント. 2014年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    63. ^ 「誓いのコトバ。。。」 - 宮澤佐江オフィシャルブログ(2011年10月17日)
    64. ^ AKB48 DVD MAGAZINE VOL.05C 「51のリアル〜Cブロック編」
    65. ^ 大島優子 (2010年6月2日). “おぅ、間違えないで!”. サイバーエージェント. 2014年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    66. ^ “大島優子「今日だけはお姫様気分に」-「ブライダルジュエリープリンセス」”. マイナビニュース. (2011年1月29日). http://news.mynavi.jp/news/2011/01/29/006/index.html 2012年9月13日閲覧。 
    67. ^ “2011年最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2011」発表 男性部門 田中将大さん、女性部門 大島優子さんが受賞” (Japanese). 株式会社サイバーエージェント. 2015年5月31日閲覧。
    68. ^ “AKB48大島優子&武井咲がジュエリーベストドレッサー賞 -「自分を磨きたい」” (Japanese). mynavi.jp. 株式会社マイナビ. 2015年5月31日閲覧。
    69. ^ 大島優子、日本アカデミー賞話題賞を受賞!前田敦子との2ショットが実現へ! - シネマトゥデイ (2013年2月15日)
    70. ^ “【報知映画賞】岡田准一「今後の道しるべ」歴代受賞者リストに決意「先輩の汗を受け止める」 : 報知映画賞 : 芸能 :”. スポーツ報知 (2014年12月18日). 2015年7月15日閲覧。
    71. ^ “大島優子:助演女優賞に「恐怖心もある」”. MANTANWEB. (2015年2月1日). http://mantan-web.jp/2015/02/01/20150201dog00m200026000c.html 2015年2月20日閲覧。 
    72. ^ “日本アカデミー賞優秀賞決定!”. (2015年1月14日). http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/38.html 2015年1月17日閲覧。 
    73. ^ 中山雄一朗 (2015年1月20日). “ビートたけしが選ぶ「東スポ映画大賞」発表!宮沢りえ、大島優子ら受賞”. シネマトゥデイ. 2015年2月20日閲覧。
    74. ^ 「第85回ドラマアカデミー賞 発表!」『週刊ザテレビジョン関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、2015年8月12日閲覧。
    75. ^ “<速報!>大島優子さんが2015年のTHE BEST BEAUTY OF THE YEARに!”. 『VOCE』公式サイト. 講談社 (2015年12月16日). 2015年12月16日閲覧。
    76. ^ “WOWOWの「勝手に演劇大賞」結果発表!「No.9-不滅の旋律-」が3冠”. ステージナタリー (2016年2月27日). 2016年2月29日閲覧。
    77. ^ “AKB48 前田&大島ら参加“大奥風”MV公開 「ヘビロテ」彷彿キスシーンも”. オリコン (2015年2月12日). 2015年2月23日閲覧。
    78. ^ “大島優子卒業後初の連ドラは草なぎ剛主演「銭の戦争」”. ウォーカープラス. (2014年12月1日). http://news.walkerplus.com/article/52911/ 2014年12月1日閲覧。 
    79. ^ “大島優子「あさが来た」に出演!平塚らいてう役 NHKドラマ初出演”. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
    80. ^ “2019年度後期 連続テレビ小説「スカーレット」おもな出演者発表!|連続テレビ小説|NHKドラマ”. NHK (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
    81. ^ “スカーレット:19年後期朝ドラ、北村一輝、大島優子ら共演者発表 主演の戸田恵梨香「みなさんの顔が濃いな…」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年2月21日). https://mantan-web.jp/article/20190221dog00m200004000c.html 2019年2月21日閲覧。 
    82. ^ a b “小林聡美&大島優子、新感覚ドラマで共演 9話で9つのキャラクター演じる意欲作”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2095484/full/ 2017年8月11日閲覧。 
    83. ^ a b “小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月15日). https://thetv.jp/news/detail/127914/ 2017年11月15日閲覧。 
    84. ^ “劇場版『ウシジマくん』続報、大島優子が出会い系カフェで破滅するフリーター役で登場”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2012年2月21日). https://www.cinra.net/news/2012/02/21/113553 2020年5月14日閲覧。 
    85. ^ “『SPEC 結』に向井理、大島優子が出演!完結編は前後2部作で公開”. Movie Walker (株式会社ムービーウォーカー). (2013年3月19日). https://movie.walkerplus.com/news/article/37411/ 2020年5月14日閲覧。 
    86. ^ “大島優子、AKB48卒業後初の映画出演決定 「紙の月」で宮沢りえと共演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年3月24日). https://eiga.com/news/20140324/1/ 2020年5月14日閲覧。 
    87. ^ 秋吉布由子 (2015年8月27日). “大島優子、初の主演映画『ロマンス』で本領発揮”. SANSPO.COM. 2015年8月27日閲覧。
    88. ^ “勘九郎 映画&舞台“同時”主演!来年9月「真田十勇士」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/15/kiji/K20151215011687370.html 2015年12月15日閲覧。 
    89. ^ “大倉忠義&大島優子、阿部寛主演「疾風ロンド」に出演!雪上での演技に挑戦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年4月26日). https://eiga.com/news/20160426/3/ 2020年5月14日閲覧。 
    90. ^ “大島優子「裸で向き合う」石井監督も驚く初不倫妻役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年5月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005130000417.html 2020年5月14日閲覧。 
    91. ^ 大島優子 (2012年7月20日). メリダとおそろしの森. (インタビュー). エイガ・ドット・コム. 映画.com.. https://eiga.com/movie/56798/interview/ 2018年10月27日閲覧。 
    92. ^ “大島優子、3年ぶり「少し大人になった」 『メリダ』再演”. ORICON STYLE (2016年2月9日). 2016年2月10日閲覧。
    93. ^ “話題のふきカエ シュガー・ラッシュ:オンライン”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月16日). https://www.fukikaeru.com/?p=10747 2018年12月22日閲覧。 
    94. ^ ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション 展覧会特別番組「イタリア ミラノ 美をめぐるものがたり」 Archived 2014年8月1日, at the Wayback Machine.、2014年4月14日閲覧
    95. ^ “大島優子のアイスランド”. テレビ静岡. http://www.sut-tv.com/show/iceland2016/ 2016年3月6日閲覧。 
    96. ^ “大島優子、雨乞い儀式に参加「雨女としてうれしい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1775377.html 2017年2月6日閲覧。 
    97. ^ “大島優子、ゾウに乗りジャングル探索!3・4フジ系「天空の国ネパール-」放送”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180112/geo18011205030011-n1.html 2018年1月12日閲覧。 
    98. ^ FIFAワールドカップ2014 フジテレビ
    99. ^ “稲垣吾郎、奏でるベートーベンの半生 大島優子と初共演「楽しみ」”. Sponichi Annex (2015年6月4日). 2015年6月4日閲覧。
    100. ^ “稲垣吾郎&大島優子出演 白井晃演出×中島かずき脚本×三宅純音楽『No.9-不滅の旋律-』が今秋上演”. シアターガイド (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。
    101. ^ “大島優子、鈴木おさむ舞台で“美幸”役に挑戦”. Cinematoday (2015年3月17日). 2015年3月17日閲覧。
    102. ^ “気になるニキビ・肌あれを体の内側から緩和する『ハイチオールB』のTV-CMが一新!! AKB48の美肌三人組 大島優子さん、小嶋陽菜さん、篠田麻里子さんが“変顔”超ドアップのCMに初挑戦! 合い言葉は「♪AKB~、ニキB~、ハイチオールB~!!」” (プレスリリース), エスエス製薬, (2010年11月3日), http://www.ssp.co.jp/nr/2010/20101103.html 2018年6月7日閲覧。 
    103. ^ “~気になるニキビ・肌あれを体の内側から緩和する『ハイチオールB』~大島優子さん、小嶋陽菜さん、篠田麻里子さんAKB48の美肌三人娘 出演TV-CM第2弾! AKB48が「きら~い」!? キラキラピンクワールドで美肌3人娘がさらにキュートに輝く! 思わずまねしたくなる息ぴったりのハンドモーション!” (プレスリリース), エスエス製薬, (2011年7月28日), http://www.ssp.co.jp/nr/2011/20110728.html 2018年6月7日閲覧。 
    104. ^ ピーチ・ジョンのキャラクターに、AKB48より大島優子、小嶋陽菜、河西智美が決定! CD Journal(2011年8月5日)2017年3月13日閲覧。
    105. ^ “白鵬、AKB大島、なでしこ沢、中畑監督が「復興応援団」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月30日). オリジナルの2012年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120603040002/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/05/30/kiji/K20120530003354870.html 2012年6月7日閲覧。 
    106. ^ “AKB48、復興を応援 財務省、個人向け国債ポスター”. 世界日報 (世界日報社). (2012年11月17日). オリジナルの2016年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160107001352/http://www.worldtimes.co.jp/today/photonews/121117/121117-2.html 2018年6月7日閲覧。 
    107. ^ “さらっさらのストレート髪!大島優子の超可愛い新CMとは?”. NewsWalker (KADOKAWA). (2012年8月9日). https://news.walkerplus.com/article/32341/ 2018年6月7日閲覧。 
    108. ^ 花王CM情報(2016年3月16日)
    109. ^ “大島優子にもしもニオイを嗅がれたら・・・「リセッシュ除菌EX PLUS デオドラントパワー」Web限定ムービー 本日公開スタート!” (プレスリリース), 花王, (2016年3月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000396.000009276.html 2018年6月7日閲覧。 
    110. ^ “体臭・タバコ・焼肉 男のニオイを撃破!「リセッシュ除菌EX Plus デオドラントパワー」改良新発売。大島優子さん出演の新CMを3月1日より放映開始!” (プレスリリース), 花王, (2017年3月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000535.000009276.html 2018年6月7日閲覧。 
    111. ^ “大島優子さんをイメージキャラクターに起用” (PDF) (プレスリリース), 外為オンライン, (2012年12月1日), http://www.gaitameonline.com/pdf/20121201PR.pdf 2012年12月1日閲覧。 
    112. ^ “大島優子さん出演の新TVCMがスタート”. 過去の新着情報. 外為オンライン (2014年1月24日). 2018年6月7日閲覧。
    113. ^ INTERNATIONAL BUSINESS TIMES(2013年7月9日)[リンク切れ]
    114. ^ “大島優子さんが総務省 統計局 平成25年 住宅・土地統計調査のCMに出演”. CM Watch (2013年9月27日). 2018年6月7日閲覧。
    115. ^ “私たちの暮らしに役立つ住宅・土地統計調査”. 統計調査ニュース No.322. 総務省統計局 (2013年9月). 2018年6月7日閲覧。
    116. ^ “大島優子、二輪免許取得を宣言!「早く自分で運転したい!」と意気揚々”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2014年7月1日). https://www.crank-in.net/news/31621/1 2018年6月7日閲覧。 
    117. ^ “大島優子、二輪免許取得後初のライディングを披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年8月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1406705 2018年6月7日閲覧。 
    118. ^ “「リーン!」が合言葉。LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の「TRICITY MW125」新TVCMがスタート ~大島優子さんが部長に就任“LMW部”発足~” (プレスリリース), ヤマハ発動機, (2015年3月24日), http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/0324/tricity.html 2018年6月7日閲覧。 
    119. ^ “「さらりとした梅酒」全面リニューアル!新キャラクターに大島優子さんを起用” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2014年9月3日), http://www.choya.co.jp/news/20140903.html 2018年6月7日閲覧。 
    120. ^ チョーヤCM情報[リンク切れ]
    121. ^ チョーヤ さらりとした梅酒「梅の味上々」篇 × 大島優子 TVCM CMソングMAX(2015年1月14日)
    122. ^ “さらりとした梅酒CM「梅の味上々篇」(出演者:大島 優子)”. チョーヤ梅酒. 2016年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月7日閲覧。
    123. ^ 大島優子、白の衣装で屋外パーティー - 笑顔で梅酒ボトルを振る舞う マイナビニュース(2016年4月28日)2016年5月2日閲覧。
    124. ^ “「さらりとした梅酒」新CM完成 大島優子さんのサイン入り新ボトルがもらえる!20周年記念プレゼントキャンペーンも同時開始” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2016年4月28日), http://www.choya.co.jp/news/20160428.html 2018年6月7日閲覧。 
    125. ^ “チョーヤ「ウメッシュ」新CM完成 新イメージキャラクターに大島優子さんを起用” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2015年12月7日), http://www.choya.co.jp/news/20151207.html 2018年6月7日閲覧。 
    126. ^ “大島優子さん出演ALOOK新CM放送開始!” (プレスリリース), ALOOK, (2014年9月20日), https://www.alook.jp/topics/view/269 2018年6月7日閲覧。 
    127. ^ “大島優子が眼鏡着替えワクワク、「ALOOK by 眼鏡市場」新CMに出演。”. Narinari.com (2014年9月26日). 2018年6月7日閲覧。
    128. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン」洗浄シリーズ 大島優子さんを起用し、約10年ぶりにTV-CMを放映 映画監督タナダユキさんが描く、やさしさ溢れるショートフィルム” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2014年10月2日), https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/content/000036348.pdf 2018年6月7日閲覧。 
    129. ^ “大島優子さんが実家のお風呂でほっこり「かわらんなぁ」/第一三共ヘルスケア「帰省」篇”. AdverTimes. 宣伝会議 (2014年12月10日). 2016年10月10日閲覧。
    130. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン®」洗浄シリーズ大島優子さん起用TV-CM「彼の引っ越し」篇を放映開始 映画監督タナダユキさんが描く、シリーズ第3弾” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2015年2月25日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201502237888/_prw_OR1fl_89u722oK.pdf 2018年6月7日閲覧。 
    131. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン®」洗浄シリーズ主演大島優子×監督タナダユキ第4弾TV-CM「彼とケンカ」篇を放映開始公開中の映画「ロマンス」の強力タッグによるTV-CMシリーズ人気急上昇中の俳優・坂口健太郎さん演じる恋人とのロマンスの行方にも注目” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2015年9月2日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201509013202/_prw_PR9fl_69018BvG.pdf 2018年6月7日閲覧。 
    132. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン®」洗浄シリーズ 主演・大島優子×監督・タナダユキ第5弾TV-CM「後輩」篇を放映開始お弁当男子の後輩からの思わぬ指摘に、大島優子さんギクッ!?” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2015年11月30日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201511306033/_prw_OR1f 2018年6月7日閲覧。 
    133. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド 「ミノン®」洗浄シリーズ 大島優子さん、坂口健太郎さんの思わぬプロポーズに動揺!?T V-CM第6弾「彼と買い物」篇を放映開始 恋人同士の二人の関係が「ミノン」をきっかけに急接近!” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2016年9月28日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201609284736/_prw_OR1fl_hu5f0gAG.pdf 2018年6月7日閲覧。 
    134. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド 「ミノン®」洗浄シリーズ 大島優子さん、坂口健太郎さんがついに結婚!?TV-CM第7弾「結婚式の日」篇を放映開始 人生の晴れ舞台を迎えた娘と母の強い絆に寄り添う「ミノン」” (プレスリリース), (2016年11月28日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201611256588/_prw_OR1fl_os0Iq906.pdf 2018年6月7日閲覧。 
    135. ^ “大島優子さん、坂口健太郎さんの仲睦まじい新婚生活を描くTV-CM第8弾「話さなくても」篇を放映開始 低刺激ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」~「ミノン全身シャンプー」に泡タイプが新登場~” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2017年10月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000028970.html 
    136. ^ “大島優子さん、坂口健太郎さん出演 夫婦生活を描いた新TV-CM第9弾「似ているようで違う」篇を放映開始。大島さんは幼少から目玉焼きには”お醤油とマヨネーズ”派、坂口さんは“塩”派と判明! 低刺激ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」~ミノン全身シャンプーに混合肌向け「さらっとタイプ」がリニューアル新登場~” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2018年2月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028970.html 2018年6月7日閲覧。 
    137. ^ a b “低刺激性ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」 大島優子さん、坂口健太郎さん出演TV-CMシリーズ 記念すべき第10弾「銭湯で」篇を放映開始 これまでの2人の思い出が“総集編”のように流れていく ミノン45周年記念Webムービーも公開 CMスタートからこの5年間、2人が続けている秘密の習慣とは?” (プレスリリース), PR TIMES, (2018年10月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000028970.html 2018年10月11日閲覧。 
    138. ^ “低刺激性ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」 大島優子さん、坂口健太郎さんの未来の家族像が垣間見える!TV-CM第11弾「甥っ子」篇を放映開始 ミノン薬用保湿入浴剤のお風呂に「ふたりも一緒にどうぞ」!? 初共演の子供たちの言葉にドギマギする、二人のキュートな姿に注目” (プレスリリース), PR TIMES, (2018年11月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000028970.html 2018年12月3日閲覧。 
    139. ^ “大島優子&坂口健太郎が夫婦演じる「ミノン」 新CM タナダユキ監督で6年目に”. Adver Times (宣伝会議). (2019年10月18日). https://www.advertimes.com/20191018/article300553/ 2019年11月6日閲覧。 
    140. ^ “大島優子さん、坂口健太郎さん出演TV-CMシリーズの特別版、Web限定MINON短編映画が公開決定!本篇公開に先駆け、予告篇を本日10月12日(木)より公開! 低刺激ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」。理想の夫婦の裏側に隠された大島優子さん演じる麻子の涙の訳は…?!” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2017年10月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000028970.html 2018年6月7日閲覧。 
    141. ^ “MINON短編映画「ごめんねと大丈夫」”. 第一三共ヘルスケア. 2018年6月7日閲覧。
    142. ^ 第一三共ヘルスケアTVCM(2015年10月1日) 第一三共ヘルスケア
    143. ^ “コロプラ、大島優子さんを起用した『白猫プロジェクト』のテレビCMを8月1日(金)より放映開始!アプリ内で記念キャンペーンも開催” (プレスリリース), コロプラ, (2014年7月30日), http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2014073001.php 2018年6月7日閲覧。 
    144. ^ “大島優子さんも『魔女クレ』にハマってる!? コロプラ、『合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士』のテレビCMを 8月27日より放映開始!アプリ内で記念キャンペーンも開催” (プレスリリース), コロプラ, (2014年8月26日), http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2014082602.php 
    145. ^ “コロプラ、大島優子さんを起用した新企業CM『ホワイトボード編』を放映開始 ~「つくろう。」をキーメッセージに、ものづくりの会社・コロプラを訴求~” (プレスリリース), コロプラ, (2014年11月6日), http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2014110601.php 2018年6月7日閲覧。 
    146. ^ アルペン・スポーツデポ「ホットでSNOW」篇×大島優子 TVCM CMソングMAX(2014年12月21日)2017年2月23日閲覧。
    147. ^ “「ピュレグミ」新CM発表会に『大島 優子』さんが登場!!” (プレスリリース), カンロ, (2015年4月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000004694.html 2018年6月7日閲覧。 
    148. ^ “ZOZOTOWN、「ゾゾゾの鬼太郎」CMを10月14日より放映開始!” (PDF) (プレスリリース), スタートトゥデイ, (2015年10月14日), https://www.starttoday.jp/news/20151014-851/ 2018年6月7日閲覧。 
    149. ^ “大島優子がおしゃれな鬼太郎に! 浅野忠信はねずみ男、土屋アンナは猫むすめ”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年10月14日). https://news.mynavi.jp/article/20151014-a190/ 2018年6月7日閲覧。 
    150. ^ マクドナルド ビッグマック 新CM「ずっと好きだった」篇に大島優子さんが出演しています CM Watch(2017年6月7日)2017年6月9日閲覧。
    151. ^ “「のんある気分」から“甘くない”「レモン&ライム」と「オレンジ&ライム」、新CMに千原兄弟と大島優子さん/サントリースピリッツ”. 食品産業新聞社ニュースWEB (食品産業新聞社). (2019年3月26日). https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/03/2019-0325-1728-14.html 2019年3月27日閲覧。 
    152. ^ 大島優子さんが展覧会ナビゲーターに決定!!(2014年3月14日時点のアーカイブ) - ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション(東京展)、2014年3月15日閲覧

    外部リンク

    • 大島優子Official club site
    • 太田プロダクション 公式プロフィール
    • Prolog Vol.20 タレント紹介(大島優子)
    • 大島優子 (@Oshima__Yuko) - Twitter(2014年6月19日 - )
    • 大島優子 (yuk00shima) - Instagram(2014年6月19日 - )
    • 大島優子 - 映画.com
    • 大島優子 - KINENOTE ウィキデータを編集
    • 大島優子 - テレビドラマデータベース
    • ウィキメディア・コモンズには、大島優子に関するカテゴリがあります。
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大島優子&oldid=79808478」から取得
  • 大島優子:両親の離婚、小学校転校… 「徹子の部屋」で人生振り返る “意外な”交友関係も  MANTANWEB大島優子、誕生日を報告「毎日を楽しくのびのびと過ごしていきたいと思います」  ザテレビジョン大島優子、32歳の抱負「毎日を楽しくのびのびと」 (2020年10月18日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子 豪華な誕生日ケーキを手に笑顔の1枚 祝福の声に感謝も  スポニチアネックス Sponichi Annex映画『生きちゃった』出演の大島優子が所属、太田プロダクションが『映画スター特別オーディション』で新人を募集(デビュー)  Yahoo!ニュース木村文乃は筋金入りアイドル好き、大島優子ウハウハ  ニッカンスポーツ大島優子 女優魂炸裂、監督絶賛の絶叫演技は「自分をさらけ出してみようと思った」  ドワンゴジェイピーnews田中圭&大島優子 “身長差26㎝”カップルショット ファン「お似合い」「素敵」(クランクイン!)  Yahoo!ニュース大島優子「食べまくって太った」と告白… “老い”自覚で「演技派女優」へと成長?  エンタMEGA大島優子「ほかにいい人、いるんじゃないか?と思ったことも」。石井裕也監督との対談で語った〈AERA〉(AERA dot.)  Yahoo!ニュース大島優子、もしも自分が男だったら…吉高由里子を「口説いてみたい」  スポニチアネックス Sponichi Annex大島優子、AKB48時代に披露していた“バリ島のお面”ものまねを久々披露 スタジオ爆笑 - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子、ギックリ腰になって2日間動けず「完全に運動不足」 | Smart FLASH[光文社週刊誌]  SmartFLASH<スポットライト> 大島優子  中日新聞大島優子が悲痛な叫び声をあげる 仲野太賀主演映画『生きちゃった』最終予告公開(リアルサウンド)  Yahoo!ニュース菜々緒と大島優子の制服ツーショットが話題! 「美しすぎる」とうっとりするファン続出 (2020年9月25日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース木村文乃「アイドル好きで…」シム・ウンギョン&大島優子と盛り上がる  マイナビニュース大島優子&松下洸平、『タラレバ』再共演のツーショットに朝ドラファン歓喜「待ってました」  クランクイン!吉高由里子&榮倉奈々&大島優子の3年ぶり“女子会”も「タラレバ娘」先取り動画公開  cinemacafe.net『東京タラレバ娘』吉高由里子 榮倉奈々 大島優子「おしゃべりしすぎて怒られた(笑)」撮影ウラ話明かす  ドワンゴジェイピーnews大島優子と榮倉奈々の身長差が“逆転”!?“思いの外ビッグ”な1枚に「可愛すぎる」  ENCOUNT木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子が集結 『七人の秘書』集合ショット  リアルサウンド大島優子「タラレバ娘は永久に不滅なり」 (2020年10月8日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース菜々緒の警察官の制服姿が公開 大島優子と2ショットに「同級生神コンビ」「二人とも可愛い」  スポーツ報知大島優子と田中圭の“カップル2S”が「お似合い」 ファンは身長差を歓迎  ENCOUNT“タラレバ娘”吉高由里子&榮倉奈々&大島優子、笑いが絶えない座談会を公開  ENCOUNT仲野太賀&大島優子&若葉竜也、リミッター外した『生きちゃった』ラストシーン(シネマトゥデイ)  Yahoo!ニュース今週のファッションチェック:吉高由里子が大人のスカート&パンツコーデ 菜々緒、中村アンも 大島優子はミニスカで 後編  毎日キレイ『東京タラレバ娘2020』が教えてくれる“失恋”を未来の“幸せ”へ生かす方法  MusicVoice大島優子がますます美しく!映画での妖艶なオフショットや可愛すぎるマスク姿に注目(エムオンプレス)  Yahoo!ニュース大島優子、嫌なことがあったときは「家で1人で叫んでます」 告白し赤面(クランクイン!)  Yahoo!ニュース【池松壮亮さん推薦】全国公開決定の話題作『生きちゃった』“本当の”原作…石井裕也監督初のエッセイ集『映画演出・個人的研究課題』発売! (2020年10月19日)  エキサイトニュース<菜々緒>美スタイル際立つジャケット&パンツスタイル ウエーブヘアで大人っぽく(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース結婚しようがしまいが……『タラレバ娘2020』が暴きだした30代女性の避けられない孤独と後悔、そして希望(アーバン ライフ メトロ)  Yahoo!ニュース大島優子、バスローブを羽織ったオフショットにファンうっとり「綺麗すぎる」「素敵」(ENCOUNT)  Yahoo!ニュース「ヒゲ健太郎たまらん」坂口健太郎の“金髪最強説”を覆した「35歳の少女」 |  アサジョ<大島優子>留学に至るまでのエピソード披露 「おしゃべりアラモード」にゲスト出演(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース大島優子、ウォールアートに溶け込む貴重写真を公開「優子ちゃん良い写真だね!!」「いい写真!!」(ENCOUNT)  Yahoo!ニュース「七人の秘書」公式SNSで仲良しオフショットを公開!  ザテレビジョン大島優子、幼馴染みとの幼少期のエピソードを明かす「強かったんだよね」  E-TALENTBANK元AKB野呂佳代が大島優子の家に“お泊まり” 2人が作った朝食が話題…まるで海外のホテルだ!(中日スポーツ)  Yahoo!ニュース「なんかドキドキする」 大島優子“美脚”チラリなTシャツワンピース風ショット反響!(オトナンサー)  Yahoo!ニュース等身大のトークも!大島優子が"涙が出る"特技をテレビ初披露  ホミニスROLAND、“名言”通じない室井滋にタジタジ…「真面目な回答で恐縮です」  ENCOUNT秋元才加の結婚報告に“心友”大島優子「2人ならではの家庭を」逸話も披露(MusicVoice)  Yahoo!ニュース大島優子「ぎっくり腰をやって動けない」 (2020年7月1日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子、モノクロ写真でAKB卒業後の留学を振り返る  サンケイスポーツ大島優子が不倫妻役で新境地 石井裕也監督作で「役に“裸”で向き合う」(AbemaTIMES)  Yahoo!ニュース大島優子&田中圭の“癒し”スマイルショットにファン「かわいすぎ!」(クランクイン!)  Yahoo!ニュース米倉涼子に逃げられたテレ朝、10月期“木9枠”『七人の秘書』は“捨てドラマ”も覚悟!?|日刊サイゾー  日刊サイゾー大島優子「マッパ」「バスト」伝説(中)指原莉乃も呆れた“剥き出し”グセ  アサ芸プラスドラマ1週間:柴咲コウ「35歳の少女」、妻夫木聡「危険なビーナス」、玉木宏「極主夫道」スタート 菅野美穂主演連ドラが来年放送  MANTANWEB大島優子「裸で向き合う」石井監督も驚く初不倫妻役  ニッカンスポーツ大島優子、容姿が「一般人化」  エンタMEGA大島優子、うるツヤ美肌と二の腕で魅了 “夏の装い”に「色気倍増しとるやん」「素敵」  ENCOUNT大島優子が「一番上手だと思う」 人気スタイリストに密着  マイナビニュース大島優子「マッパ」「バスト」伝説(上)“不貞役”映画はココまで見せる!? (2020年6月6日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子 耳に綿棒で「もうやばい」と落涙  スポニチアネックス Sponichi Annex野呂佳代&大島優子、初出し満載「思い出暴露」にファン歓喜「めちゃ素」「永久保存版」(ENCOUNT)  Yahoo!ニュース大島優子&野呂佳代、独特すぎる“未使用ショット”に反響「最高すぎます」(クランクイン!)  Yahoo!ニュース大島優子、親公認の恋人と破局か 仕事を優先し続けた結果、去年末に?  livedoor大島優子“破局報道”は女優への真価 メディア評価もうなぎのぼり…「元AKB48」という“呪縛”解き放ったか:イザ!  iza(イザ!)吉高由里子&大島優子『タラレバ娘』キリッと“真顔”2ショットに「かわいい」の声  クランクイン!大島優子 不倫妻役演じる/14日芸能社会ニュース - 芸能  ニッカンスポーツ大島優子が涙を流す…仲野太賀&若葉竜也の主題歌公開『生きちゃった』特報  cinemacafe.net「AKB臭」消えた大島優子 地味なおばさん役に評価がうなぎのぼり  アエラドット 朝日新聞出版アンジャッシュ・児嶋、“定番イジリ”で恥ずかしい過去… 「大島優子に振っているだけだった」(ENCOUNT)  Yahoo!ニュース大島優子と野呂佳代の「英語体操」動画が話題 あの伝説の一言もネタに… (2020年6月8日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース生駒里奈が渡辺麻友を語り、峯岸みなみと大島優子が共演……YouTubeで見られた坂道&AKB OGのエモい瞬間  リアルサウンド大島優子、清川あさみ“お手製”のマスク姿を披露「顔半分でもこんなに可愛いんだー」(ENCOUNT)  Yahoo!ニュース「綺麗!!」「違う人みたい」大島優子の“オレンジメイク”に反響  耳マン大島優子、20代は「試練と壁しかなかった」 30代で迎えた意識の変化  クランクイン!シングル美女優の「奥様」4艶技(3)大島優子はR-15指定の新作映画でスイッチオン (2020年5月31日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子、赤ちょうちんを手にニッコリ 『タラレバ娘』オフショット公開  クランクイン!<木村文乃>テレ朝ドラマ初主演 広瀬アリス、菜々緒、大島優子、シム・ウンギョンらと人助け(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース大島優子、生牡蠣食べるときはドキドキ (2020年9月15日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子「次回作未定」  エンタMEGA吉高由里子×榮倉奈々×大島優子の恋模様を振り返る 『東京タラレバ娘』特別動画公開  リアルサウンド大島優子に批判殺到!? “真っ黒画像”投稿も「口を出さない方が…」 (2020年6月3日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース元AKB48の大島優子(31)アノ声がYouTubeで約30分間も流れ、ファンがざわつく騒ぎに  秒刊SUNDAY「タラレバ娘」吉高由里子、大島優子、榮倉奈々の浴衣姿公開 「この3人は最高」  ENCOUNT戸田恵梨香、32歳の誕生日に「パワフル女子会」 清川あさみ、大島優子がケーキで祝福(ENCOUNT)  Yahoo!ニュース大島優子はホテルのベッドに肌着姿で…シングル女優「妻の色香」4艶技を公開 (2020年5月25日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース峯岸みなみ 大島優子からもらったスマホケース披露「めちゃくちゃお気に入り」  スポニチアネックス Sponichi Annex大島優子 さらなる飛躍へ…大胆な「濡れ場」に挑戦も!?:イザ!  iza(イザ!)大島優子フィギュアと渡辺麻友フィギュア、本人着用衣装にてリニューアル 現AKB48メンバー登場、期間限定で疑似握手体験もできる!  PR TIMES大島優子、久しぶりの投稿に「何か違う人みたい」フレッシュなオレンジメイクをファン絶賛  ENCOUNT大島優子の困り顔「すごくいい」 藤原新也が忘れられないアイドル  withnews大島優子:シックな黒のティアードドレス ウエットなオールバックで大人っぽく  毎日キレイAKB48がコロナ禍にメッセージソング 前田敦子、大島優子、小嶋陽菜らOGも参加  東スポWeb板野友美、大島優子と2ショット披露し「2人の女神が降臨」「かわいいと美しいの大渋滞」  スポーツ報知大島優子や板野友美のインスタに海外から“注意”が殺到していた! (2020年6月5日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース大島優子、どアップ写真に賛否の声「アラフォーに見える」 - デイリーニュースオンライン  デイリーニュースオンライン岸部一徳が久々の悪役で財務大臣に「懲らしめられる側に回るのが楽しみ」<七人の秘書> (1/3)  ザテレビジョン大島優子が『カラコン』した姿にキュン! 「なんの仕事でしてるの?」と質問殺到 (2020年2月27日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース吉高由里子&榮倉奈々&大島優子 『タラレバ娘』浴衣3ショット公開(クランクイン!)  Yahoo!ニュース大島優子 木村拓哉と2度目の共演で誠実さに感銘「やっぱり尊敬できる方」  フジテレビュー!!大島優子「日々生きる、とは…」NHK朝ドラに感謝  ニッカンスポーツ大島優子が真っ黒画像投稿/2日芸能社会ニュース - 芸能  ニッカンスポーツ大島優子“巨乳ノーブラ”疑惑写真公開は全米すっぽんぽんデビューの決意表明!?  ニフティニュース



情報の検索

商品の検索