黒木華(くろきはる)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    くろき はる
    黒木 華
    黒木 華
    第29回東京国際映画祭にて(2016年10月)
    本名 同じ
    生年月日 (1990-03-14) 1990年3月14日(30歳)
    出身地 日本の旗 日本 大阪府高槻市
    身長 164 cm[1]
    血液型 B型[1]
    職業 女優
    ジャンル 映画・ドラマ・舞台
    活動期間 2010年 -
    活動内容 2010年:舞台デビュー
    2011年:映画デビュー
    2014年:映画『小さいおうち』出演
    事務所 パパドゥ
    公式サイト 公式プロフィール
    主な作品
    映画
    『舟を編む』
    『小さいおうち』
    『母と暮せば』
    『リップヴァンウィンクルの花嫁』
    『日日是好日』
    テレビドラマ
    『純と愛』
    『リーガルハイ』
    『花子とアン』
    『天皇の料理番』
    『真田丸』
    『重版出来!』
    『みをつくし料理帖』
    『西郷どん』
    『凪のお暇』
    テンプレートを表示

    黒木 華(くろき はる[注 1]、1990年〈平成2年〉3月14日[1][2] - )は、日本の女優。本名、同じ[3]

    大阪府高槻市出身[4][5]。京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業[6][7]。パパドゥ所属[1]

    略歴

    幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち[8]、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きになる[5][9]。全国大会で優勝実績もある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学して演劇部に所属し、「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていた[8][10]。女優を志して卒業後は映画制作や演劇を学べる大学への進学を希望し、自宅から通える京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースに進学[7][11][12][13]、林海象、東陽一らに師事して演技を学ぶ[10][14][15]

    学内製作の作品にキャスティングの声がなかなか掛からなかったことから、大学在学中の2009年12月に「野田秀樹演劇ワークショップ in 大阪」に参加[9][16]。翌2010年にはオーディションに合格して6月のNODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ってデビュー[注 2][4][16]、さらに同年9月のNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』で1,155人が応募した娘役オーディションを経て野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居でヒロインの娘役[注 3]として舞台に立った[7][16][19]。翌2011年にはNODA・MAP公演『南へ』、阿佐ヶ谷スパイダース公演『荒野に立つ』、蜷川幸雄演出『あゝ、荒野』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる[4]

    2011年には映像作品に進出し、『東京オアシス』にメインキャストとして映画に初出演、2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優にも初挑戦[5]。2012年度後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』に夏菜演じるヒロインの同期社員役で出演してテレビドラマ初出演を果たし[20]、「表向きは柔和だが実は陰険」という腹黒いキャラクターを演じてその高い演技力が評判となり、知名度を高める[21][22]。翌2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『リーガル・ハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演[注 4]した『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。

    2014年にはオーディションを経て『小さいおうち』で山田洋次監督作品に初出演し[23]、同作での演技により第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本の女優では左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少となる[24][25]。映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。」と評された[26]。銀熊賞受賞に際しては、内閣官房長官の菅義偉(当時)も祝意を示した[27]。同作では第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞。また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞した。

    映像外部リンク
    『幕が上がる』映画予告編 - YouTube
    冒頭で灰皿を投げつける先生役を演じている。

    2015年2月28日公開の『幕が上がる』(監督:本広克行)では黒木が高校・大学と演劇に没頭し、舞台役者としてプロのキャリアをスタートしたことから演劇部の顧問役としてキャスティングされた。作品中では弱小演劇部の運命を一転させる重要な役回りを演じており、映画評論家の清水節らがその存在感を高く評価している[17][28]。同年4月期のTBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』での好演が話題を呼び[29][30]東京ドラマアウォード2015にて主演女優賞を受賞[31]、同年12月12日公開の『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞して前年に続いての「連覇」となった[32]。2年連続の最優秀助演女優賞受賞は、第32, 33回に連続受賞した余貴美子以来6年ぶり、史上2人目の快挙である。

    2016年3月公開の『リップヴァンウィンクルの花嫁』で映画単独初主演を務め[33]、同年4月期の『重版出来!』で連続ドラマに初主演[34]。同年秋には第29回東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズを務める[35]

    人物・エピソード

    名前は「華」と書いて「はる」と読み、「春(はる)のように華やかに生きてほしい」との思いを込めて名付けられた[36]

    人物像として、派手さのない「どちらかと言えば“地味”な顔立ち」や「温かみや素朴さを感じる“和風美人”のたたずまい」、「芯が強く意志を貫くまっすぐさ」「人間としての器量の大きさ」を感じさせるような品位から、しばしば「昭和的」「純日本的」なイメージであると評される[37][38][39][40]。映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』の監督を務めた岩井俊二は民族的な風貌の役者が台頭するハリウッドの傾向を引き合いに、黒木はむしろ「最も現代的」であり「平成の最先端女優」であると評している[41][42]。岩井はCMの演出を手掛けた際に黒木を評して「文学的な香りがする女優」とも語っている[43]

    大阪出身で、かなりのお笑い好き。第23回東京スポーツ映画大賞の授賞式では千鳥やテンダラーのファンだと明している[3]。NHK『あさイチ』にゲスト出演した際にはバナナマンの大ファンであると明かし、いつもは物静かでキャピキャピではない黒木が「バナナマンの前では『キャーっ』となる」とマネージャーも語っている[44]。気になる若手芸人としては金属バットを挙げている。

    小学6年生の時、『探偵!ナイトスクープ』に依頼者として出演したことがある[3]

    出演

    映画

    • MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜(2011年10月1日、北白川派 / マジックアワー / 京都造形芸術大学映画学科)[45]
    • 東京オアシス(2011年10月22日、スールキートス) - ヤスコ 役
    • BUNGO〜ささやかな欲望〜 告白する紳士たち 「握った手」(2012年9月29日、角川映画) - 綾子 役
    • 草原の椅子(2013年2月23日、東映) - 遠間弥生 役
    • 舟を編む(2013年4月13日、松竹 / アスミック・エース) - 岸辺みどり 役
    • シャニダールの花(2013年7月20日、ファントム・フィルム) - 主演・美月響子[注 4][46]
    • くじけないで(2013年11月16日、松竹) - 柴田静子(青年期) 役
    • 小さいおうち(2014年1月25日、松竹) - 布宮タキ 役
    • 銀の匙 Silver Spoon(2014年3月7日、東宝) - 南九条あやめ 役[47]
    • 繕い裁つ人(2015年1月31日、ギャガ) - 葉子 役
    • 幕が上がる(2015年2月28日、ティ・ジョイ) - 吉岡美佐子 役[48]
    • ソロモンの偽証(松竹) - 森内恵美子 役[49]
      • 前篇・事件(2015年3月7日)
      • 後篇・裁判(2015年4月11日)
    • 母と暮せば(2015年12月12日、松竹) - 佐多町子 役[50]
    • リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年3月26日[注 5]、東映) - 主演・皆川七海[33][52]
    • エミアビのはじまりとはじまり(2016年9月3日、ビターズ・エンド) - 夏海 役[53]
    • 永い言い訳(2016年10月16日、アスミック・エース) - 福永智尋 役[54]
    • 海賊と呼ばれた男(2016年12月10日、東宝) - 小川初美 役
    • ちょっと今から仕事やめてくる(2017年5月27日、東宝) - 五十嵐美紀 役[55]
    • 海辺のリア(2017年6月3日、東京テアトル) - 伸子 役[56]
    • 散り椿(2018年9月28日、東宝) - 坂下里美 役[57]
    • 日日是好日(2018年10月13日、東京テアトル / ヨアケ) - 主演・典子[58]
    • 億男(2018年10月19日、東宝) - 大倉万佐子 役[59]
    • ビブリア古書堂の事件手帖(2018年11月1日、20世紀フォックス映画 / KADOKAWA) - 主演・篠川栞子[注 6][60]
    • 来る(2018年12月7日、東宝) - 田原香奈 役[61]
    • どちらを(2019年4月6日、東京藝術大学 佐藤雅彦研究室 カンヌ短編プロジェクト) - 主演・二宮多恵[62]
    • 浅田家!(2020年10月2日公開予定、東宝) - 川上若奈 役[63]
    • 甘いお酒でうがい(2020年公開予定、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)- 若林ちゃん 役[64]

    テレビドラマ

    • 連続テレビ小説(NHK)
      • 純と愛 第1話 - 第76話・第148話 - 第149話(2012年10月1日 - 12月27日・2013年3月27日 - 28日) - 田辺千香 役[65]
      • 花子とアン 第4週 - 最終週(2014年4月24日 - 9月27日) - 安東かよ 役
        • スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年10月18日、NHK BSプレミアム)
    • 大河ドラマ(NHK)
      • 真田丸(2016年1月 - 12月) - 梅 役
      • 西郷どん(2018年1月 - 12月) - 西郷糸 役
    • まほろ駅前番外地 第8話(2013年3月1日、テレビ東京) - 宮本由香里 役
    • リーガルハイ(2013年10月9日 - 12月18日、フジテレビ) - 本田ジェーン 役
    • 世にも奇妙な物語'13 秋の特別編 「ある日、爆弾がおちてきて」(2013年10月12日、フジテレビ) - 永峰はるか / パルカ 役[66]
    • グーグーだって猫である(2014年10月18日 - 11月8日、WOWOW) - ミナミ 役
      • グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat- 第1話(2016年6月11日)
    • オリエント急行殺人事件(2014年1月11日 - 12日、フジテレビ) - 三木小百合 役[67][68]
    • 天皇の料理番(2015年4月26日 - 7月12日 、TBS) - 高浜俊子 役[69]※語り兼任
    • 重版出来!(2016年4月 - 6月、TBS) - 主演・黒沢心[34]
    • みをつくし料理帖(2017年5月13日 - 7月8日、NHK総合) - 主演・澪[70]
      • みをつくし料理帖スペシャル(2019年12月14日 - 12月21日、NHK総合)
    • 獣になれない私たち(2018年10月10日 - 12月12日、日本テレビ) - 長門朱里 役
    • デザイナー 渋井直人の休日(2019年1月18日 - 、テレビ東京) - 三浦カモメ 役
    • 疑惑(2019年2月3日、テレビ朝日) - 白河球磨子 役[71]
    • 凪のお暇(2019年7月19日 - 9月20日、TBS) - 主演・大島凪[72]

    劇場アニメ

    • おおかみこどもの雨と雪(2012年7月21日、東宝) - 雪(少女期) 役[73]
    • 花とアリス殺人事件(2015年2月20日公開、ティ・ジョイ) - 萩野里美 役[74][75]
    • バケモノの子(2015年7月11日公開、東宝) - 一郎彦(少年期) 役[76]
    • 未来のミライ(2018年7月20日公開、東宝) - ミライちゃん 役[77]

    舞台

    • ザ・キャラクター(2010年6月20日 - 8月8日、NODA MAP、東京芸術劇場)[78]
    • 表に出ろいっ!(2010年9月5日 - 28日、NODA MAP、東京芸術劇場) - 娘 役[注 7][79]
    • 南へ(2011年2月10日 - 3月31日、NODA MAP、東京芸術劇場) - あまねに似た少女 役[80]
    • 荒野に立つ(2011年7月14日 - 8月12日、阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS、東京 / 地方) - 田端 役[81]
    • あゝ、荒野(2011年10月29日 - 12月2日、蜷川幸雄演出、埼玉 / 東京) - 芳子 役[82]
    • 飛龍伝(2013年1月23日 - 27日、ゴーチ・ブラザーズ、本多劇場) - 主演・神林美智子[注 8][83][84]
    • SEMINAR セミナー(2013年12月13日 - 29日、栗山民也演出、東京 / 兵庫) - ケイト 役
    • 赤鬼(2014年6月4日 - 15日、青山円劇カウンシルファイナル、青山円形劇場) - 主演・あの女[85][86]
    • 書く女(2016年1月21日 - 31日、二兎社、世田谷パブリックシアター) - 主演・樋口一葉[2][87]
    • るつぼ(2016年10月7日 - 30日、東京・Bunkamura シアターコクーン /11月3日 - 6日、大阪・森ノ宮ピロティホール) - アビゲイル・ウィリアムズ 役[88]
    • お勢登場(2017年2月10日 - 26日、東京・シアタートラム / 3月1日、福岡・福岡市民会館 / 3月4日・5日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ) - 主演[89][90]
    • ワーニャ伯父さん(2017年8月27日 – 9月26日、新国立劇場 小劇場) - ソーニャ 役[91]
    • ハムレット(2019年5月9日 - 6月11日、Bunkamura シアターコクーン / 森ノ宮ピロティホール)- オフィーリア 役[92]
    • 桜の園(2020年4月4日- 29日、Bunkamuna シアターコクーン)- ワーリャ 役[93]
    • プレイタイム『恋愛恐怖病』ほか(2020年7月12日、Bunkamura シアターコクーン / ライブ配信)- 女 役[94]
    • 岩井秀人(WARE)プロデュース 第3回「いきなり本読み!」(2020年8月2日、WARE、本多劇場)[95]
    • ケンジトシ(2020年6月、東京・紀伊國屋ホール / 7月、大阪・サンケイホールブリーゼ)- トシ 役[96]

    テレビ番組

    • 探偵!ナイトスクープ(2003年1月17日、ABC) - 依頼者としての出演
    • 岩井俊二映画祭presents マイリトル映画祭(2012年3月4日 - 、BS日本映画専門チャンネル)
    • 旅するフランス語(2018年10月3日 - 2019年9月30日、NHK教育テレビジョン) - 出演及びナレーションを担当[97]
    • ザ・ノンフィクション おなかも心もいっぱいに ~はっちゃんの幸せ食堂~(2020年8月2日、フジテレビ) - ナレーション[98]

    CM

    • 日本映画衛星放送 BS日本映画専門チャンネル(2012年)
    • SUNTORY
      • ウイスキー角瓶(2012年)
      • サントリーオールフリー(2014年2月 - )
      • オールフリー コラーゲン(2015年)[99]
      • ほろよい(2019年10月 - )[100]
    • SMBC日興証券 NISA(2012年)
    • ダノンジャパン ダノンオイコス「脂肪0 ストロベリー」篇(2015年)[101]
    • トヨタ自動車「TNGA STORY」(2015年) - 長野 役[102]
    • 資生堂「TSUBAKI」(2016年)[103]
    • NTTドコモ「Mr.Children&docomo 25周年」 - 母 役(2017年7月 - )
    • ロッテ シャルロッテ「NEW OPEN篇」(2017年10月 - )
    • 味の素「パルスイート」(2017年10月 - )[104]


    その他

    • 第29回東京国際映画祭 フェスティバル・ミューズ(2016年)

    書籍

    写真集

    • 黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より(2016年6月、リトルモア、ISBN 978-4898154427)[105]

    受賞歴

    映画

    2013年度
    • 第5回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(『シャニダールの花』『舟を編む』『草原の椅子』)[106]
    • 第26回日刊スポーツ映画大賞 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』ほか)
    • 第87回キネマ旬報ベスト・テン 新人女優賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『まほろ駅前番外地』『くじけないで』)
    • 第35回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『くじけないで』)
    • 第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『舟を編む』『草原の椅子』)[107]
    • 第56回ブルーリボン賞 新人賞(『草原の椅子』『舟を編む』『シャニダールの花』)[108]
    • 第23回東京スポーツ映画大賞 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』)[109]
    • 第23回日本映画批評家大賞 新人賞(『草原の椅子』)
    2014年度
    • 第64回ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (女優賞)(『小さいおうち』)
    • 第38回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『小さいおうち』)[110]
    2015年度
    • 第89回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』)
    • 第39回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『母と暮せば』)
    2016年度
    • エル シネマ大賞 2016 ベストアクトレス賞 [111]
    • 第26回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)[112]
    • 第40回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)
    2017年度
    • 第32回高崎映画祭 最優秀助演女優賞(『海辺のリア』)[113]
    2018年度
    • 第42回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『日日是好日』)[114]

    テレビ

    2015年度
    • 第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『天皇の料理番』)[115]
    • 東京ドラマアウォード2015 主演女優賞(『天皇の料理番』)[31]
    2016年度
    • 第89回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『重版出来!』)[116]
    2018年度
    • 第14回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞(『獣になれない私たち』)[117]
    2019年度
    • 東京ドラマアウォード2019 助演女優賞(『獣になれない私たち』)[118]
    • 第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『凪のお暇』)[119]

    その他

    2014年度
    • 平成26年度京都府あけぼの賞[120][121]
    2015年度
    • 第39回エランドール賞 新人賞(『小さいおうち』『銀の匙 Silver Spoon』『花子とアン』『リーガルハイ』『グーグーだって猫である』)[122][123]

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ 名前の読みは「はな」ではなく、「はる」である。
    2. ^ 『表に出ろいっ!』をデビュー作とする記述も見られる[17][18]
    3. ^ 太田緑ロランスとのダブルキャスト。
    4. ^ a b 綾野剛とのダブル主演。
    5. ^ 日本より先に韓国、香港、台湾で順次公開[51]
    6. ^ 野村周平とのダブル主演。
    7. ^ 太田緑ロランスとのダブルキャスト。
    8. ^ 玉置玲央とのダブル主演。

    出典

    1. ^ a b c d Web版TVスター名鑑 黒木華(2012年4月17日時点のアーカイブ)
    2. ^ a b 岩根彰子「黒木華の頭抜けた演技力はこうして生まれた」『GALAC』2015年11月号、KADOKAWA、2015年、2015年12月11日閲覧。
    3. ^ a b c “旬の女優・黒木華に「ナイトスクープ」出演の過去”. 東京スポーツ. (2014年4月13日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/254714/ 2018年9月26日閲覧。 
    4. ^ a b c “黒木華”. 映画.com. 監督・俳優. 2018年9月26日閲覧。
    5. ^ a b c 黒木, 華 (2013年7月18日). Q10なカノジョ 第14回 黒木 華. (インタビュー). Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社).. https://www.lmaga.jp/news/2013/07/21518/ 2018年2月6日閲覧。 
    6. ^ “エミアビのはじまりとはじまり”. 京都造形芸術大学. イベント情報. 2018年9月26日閲覧。
    7. ^ a b c 黒木, 華 (2016年1月1日). 企画特集2【シネマの街から】俳優・黒木華さんに聞く. (インタビュー). 朝日新聞デジタル.. http://www.asahi.com/area/kyoto/articles/MTW20160105270150001.html 2018年9月26日閲覧。 
    8. ^ a b “黒木華「名門演劇部で3年間主演…」高校時代の恩師が語る素顔”. 女性自身. (2014年2月28日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1610244/ 2018年9月26日閲覧。 
    9. ^ a b 黒木, 華 (2016年1月19日). 魅力は“昭和感” 黒木華、本格派女優までの道のり. インタビュアー:足立茂樹. AdverTimes(アドタイ)(宣伝会議).. https://www.advertimes.com/20160119/article214920/ 2018年9月26日閲覧。 
    10. ^ a b 大学時代の恩師・林海象監督も祝福「これで世界の女優になる」(2014年2月18日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
    11. ^ 京都造形芸術大学、京都文芸復興を掲げ、 - NR「正しく生きる」クランクイン(最終版) (PDF)” (日本語). 京都造形芸術大学 (2013年2月1日). 2013年11月2日閲覧。
    12. ^ “【来る年・来る娘】黒木華” (日本語). SANSPO.COM. 産経新聞社 (2011年1月9日). 2011年12月15日閲覧。
    13. ^ “黒木華-出演者-野田地図” (日本語). NODA・MAP. 2011年12月15日閲覧。
    14. ^ 近況などなど、2010年9月13日、林海象ブログ、2012年11月22日参照。
    15. ^ 3回生東ゼミ作品「女子」+「男子」上映会、2010年12月17日、映画学科ブログ(京都造形芸術大学)、2012年11月22日参照。
    16. ^ a b c 岩見那津子 (2010年7月28日). “娘役2人が決定! 野田地図番外公演『表へ出ろいっ!』オーディション結果発表”. 観劇予報 (えんぶ). http://kangekiyoho.blog.jp/archives/51492360.html 2019年12月11日閲覧。 
    17. ^ a b “黒木華、どこまでも謙虚に見据える2016年”. 映画.com. (2016年1月1日). https://eiga.com/news/20160101/7/ 2018年9月26日閲覧。 
    18. ^ 岡本耕治 (2016年3月20日). “【シネマの華・動画付き】実力派・黒木華がSNS時代のはかない人間模様を鮮やかに…岩井俊二監督『リップヴァンウィンクルの花嫁』”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/entertainments/news/160320/ent1603200003-n1.html 2018年9月26日閲覧。 
    19. ^ “NODA・MAP「表に出ろいっ!」ヒロインオーディション” (日本語). NODA・MAP. 2013年11月2日閲覧。
    20. ^ “黒木華”. NHKアーカイブス. NHK人物録. 日本放送協会. 2019年2月6日閲覧。
    21. ^ “黒木華ってどんな人? NHK朝ドラ「純と愛」で頭角 ベルリン国際映画祭最優秀女優賞”. ZAKZAK by 夕刊フジ (産経デジタル). (2014年2月17日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140217/enn1402171535014-n1.htm 2018年9月25日閲覧。 
    22. ^ “実はおいしいポジション? いびり役俳優の好印象”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年7月12日). https://www.oricon.co.jp/special/48102/ 2018年9月25日閲覧。 
    23. ^ 黒木, 華 (2014年1月22日). INTERVIEW 583 黒木華. (インタビュー). p. 1. テレビドガッチ(プレゼントキャスト).. オリジナルの2015-03-30時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150330102952/http://dogatch.jp/interview/583/01.html 2018年9月26日閲覧。 
    24. ^ 山田洋次監督「小さいおうち」の黒木華に女優賞…ベルリン国際映画祭(2014年2月16日)、スポーツ報知、2014年2月16日閲覧。
    25. ^ 『小さいおうち』黒木華、最年少で銀熊賞!「山田洋次監督のおかげ」と感謝(2014年2月17日)、マイナビニュース、2015年3月9日閲覧。
    26. ^ 『キネマ旬報』2015年3月下旬号
    27. ^ 黒木華さんに祝意=菅官房長官(2014年2月17日)、時事ドットコム、2014年2月18日閲覧。
    28. ^ “『幕が上がる』 映画短評”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/movie/T0019629/ 2015年2月27日閲覧。 
    29. ^ 阪清和 (2015年4月1日). “【コラム】女優・黒木華、つぼみが開くように成長する 「天皇の料理番」に大きな注目”. エンタメOVO. 共同通信社. https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/992614 2018年9月26日閲覧。 
    30. ^ “「天皇の料理番」で俊子役を好演 黒木華の“色気”が話題に”. 日刊ゲンダイDIGITAL (日刊現代). (2015年6月30日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/161256 2018年9月26日閲覧。 
    31. ^ a b “『天皇の料理番』が4冠獲得 「東京ドラマアウォード2015」”. ORICON STYLE (2015年10月21日). 2015年10月21日閲覧。
    32. ^ “黒木華、最優秀助演女優賞“連覇””. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年3月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/04/0008861432.shtml 2016年3月4日閲覧。 
    33. ^ a b “岩井俊二12年ぶり実写長編作は「リップヴァンウィンクルの花嫁」!黒木華が映画単独初主演”. 映画.com. (2015年11月19日). https://eiga.com/news/20151119/1/ 2019年11月2日閲覧。 
    34. ^ a b “黒木華が連ドラ初主演!漫画編集者で「一本」とる”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年2月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160203/geo16020305030006-n1.html 2016年2月3日閲覧。 
    35. ^ “東京国際映画祭全ラインナップ発表、特集控える細田守「未来の映画について話したい」”. 映画ナタリー. (2016年9月26日). http://natalie.mu/eiga/news/203114 2016年10月13日閲覧。 
    36. ^ 加藤弓子 (2015年12月11日). “【黒木華】気分転換法も本格派「夜中にうどんを作って…ちゃんと足踏み」”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル): p. 3. https://www.zakzak.co.jp/people/news/20151211/peo1512110830001-n3.htm 2019年2月6日閲覧。 
    37. ^ ““昭和的な女性”を自然に演じる若手女優・黒木華”. ORICON. http://www.oricon.co.jp/special/47652/ 2015年2月27日閲覧。 
    38. ^ 酒井政利 (2015年5月13日). “【時代のサカイ目】人気女優のキーワードは昭和顔”. ZAKZAK by 夕刊フジ (産経デジタル). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150513/enn1505131140009-n1.htm 2018年9月26日閲覧。 
    39. ^ “黒木華”昭和顔”は「得している」夢追う夫支える健気な妻を好演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/17/kiji/K20150517010357330.html 2018年9月26日閲覧。 
    40. ^ ““昭和顔”の女優が軒並みブレイク そのワケとは?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年11月12日). https://www.oricon.co.jp/special/49518/ 2018年9月26日閲覧。 
    41. ^ “岩井俊二監督、“昭和の雰囲気”黒木華は「最先端」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2068615/full/ 2018年9月26日閲覧。 
    42. ^ 錦怜那 (2016年4月22日). “黒木華、「昭和顔?」パブリックイメージに懐疑的”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0082208 2018年9月26日閲覧。 
    43. ^ “黒木華&刈谷友衣子、リモコンを手にシュールな演技” (日本語). MSN産経ニュース. マイクロソフト (2012年2月29日). 2012年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
    44. ^ “黒木華の“バナナマン愛”が話題「大好きなんです」 熱弁止まらず”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年5月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1686291 2018年9月26日閲覧。 
    45. ^ 黒木の母校も歓喜 恩師は教え子の快挙で「生きる事にした」(2014年2月17日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
    46. ^ “綾野剛&黒木華、石井岳龍監督「シャニダールの花」にW主演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2012年11月3日). http://eiga.com/news/20121103/2/ 2017年5月24日閲覧。 
    47. ^ CINRA.NET (2013年8月7日). “荒川弘の漫画『銀の匙 Silver Spoon』が実写映画化、八軒役はSexy Zone中島健人”. 2013年8月19日閲覧。
    48. ^ サンケイスポーツ (2014年11月5日). “ももクロ映画、黒木華ら豪華共演陣!舞台版は構成などアレンジ”. 2014年11月5日閲覧。
    49. ^ シネマトゥデイ (2014年8月8日). “宮部みゆき『ソロモンの偽証』主演は1万人から選ばれた素人!蔵之介×夏川×永作×小日向×黒木×尾野と共演”. 2014年11月5日閲覧。
    50. ^ 映画.com (2014年12月17日). “山田洋次監督84本目の最新作は吉永小百合主演!二宮和也&黒木華も意欲満々”. 2014年12月18日閲覧。
    51. ^ “岩井俊二監督新作 アジア先行公開!黒木華が主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/24/kiji/K20151224011738720.html 2015年12月24日閲覧。 
    52. ^ “岩井俊二×黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」、綾野剛やCoccoらも出演”. 映画ナタリー (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
    53. ^ “渡辺謙作8年ぶりの監督作は森岡龍&前野朋哉主演!黒木華&新井浩文も参戦”. 映画.com (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
    54. ^ “西川美和監督×本木雅弘「永い言い訳」に池松壮亮、黒木華、山田真歩らが出演!”. 映画.com. (2016年3月18日). http://eiga.com/news/20160318/6/ 2016年3月18日閲覧。 
    55. ^ “福士蒼汰主演で「ちょっと今から仕事やめてくる」映画化、工藤阿須加や黒木華ら共演”. 映画ナタリー. (2016年7月29日). http://natalie.mu/eiga/news/196264 2016年7月29日閲覧。 
    56. ^ “「仲代達矢84歳、Twitterはじめました」、主演作「海辺のリア」公開記念し開設”. 映画ナタリー. (2017年1月5日). http://natalie.mu/eiga/news/215627 2017年1月5日閲覧。 
    57. ^ “岡田准一VS西島秀俊、初共演!木村大作監督3作目は“美しい”時代劇「散り椿」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年5月24日). http://eiga.com/news/20170524/2/ 2017年5月24日閲覧。 
    58. ^ “黒木華「日日是好日」主演で茶道の世界へ!樹木希林&多部未華子と初共演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年10月30日). http://eiga.com/news/20171030/9/ 2017年10月30日閲覧。 
    59. ^ “黒木華、佐藤健と再び夫婦役「もう一回お会いしたかった」「幸せ」<億男>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年9月21日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1793963 2018年9月26日閲覧。 
    60. ^ “黒木華&野村周平がW主演!「ビブリア古書堂の事件手帖」映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年11月8日). http://eiga.com/news/20171108/1/ 2018年4月24日閲覧。 
    61. ^ “「怖くて脚本を読むのも大変」岡田准一がホラー映画で中島哲也監督と初タッグ”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2018年2月12日). https://news.walkerplus.com/article/137059/ 2018年2月12日閲覧。 
    62. ^ movie.walkerplus.com/. “どちらを”. 2020年8月30日閲覧。
    63. ^ “二宮和也の「浅田家!」に平田満、風吹ジュン、黒木華、菅田将暉が出演、予告も到着”. 映画ナタリー. (2020年7月16日). https://natalie.mu/eiga/news/387785 2020年7月18日閲覧。 
    64. ^ “じろう「甘いお酒でうがい」川嶋佳子役は松雪泰子、思い寄せる男の子に清水尋也”. お笑いナタリー. (2019年4月3日). https://natalie.mu/owarai/news/326410 2019年5月22日閲覧。 
    65. ^ “次期連続テレビ小説「純と愛」の出演者を発表します!”. NHKドラマトピックス. 2012年4月24日閲覧。
    66. ^ テレビドガッチ (2013年8月27日). “今秋放送『世にも奇妙な物語'13秋の特別編』で松坂桃李がシリーズ初出演!”. 2013年8月30日閲覧。
    67. ^ CinemaCafe.net (2014年12月8日). “吉瀬美智子“ショートカット”封印! 三谷幸喜「オリエント急行殺人事件」追加キャスト”. 2014年12月8日閲覧。
    68. ^ CinemaCafe.net (2014年12月8日). “黒木華(三木小百合役)/フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件」”. 2014年12月8日閲覧。
    69. ^ “佐藤健が“坊主頭”で役作り! 妻役に黒木華ほか豪華共演16名…ドラマ「天皇の料理番」”. CinemaCafe.net. (2014年12月5日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/05/27841.html 2014年12月7日閲覧。 
    70. ^ “黒木華さん主演「みをつくし料理帖」制作開始!”. NHK (2017年2月7日). 2017年2月7日閲覧。
    71. ^ “最低弁護士”米倉涼子 悪女に手を差し伸べる! 清張原作「疑惑」テレ朝来年放送スポニチ(2018年6月19日). 2018年10月11日閲覧。
    72. ^ “凪のお暇:黒木華主演で7月に実写ドラマ化“人生リセット”描く人気マンガ”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年5月20日). https://mantan-web.jp/article/20190519dog00m200022000c.html 2019年5月20日閲覧。 
    73. ^ “宮崎あおい&大沢たかおが『おおかみこどもの雨と雪』の声優で初共演!”. ニュースウォーカー. 2012年4月6日閲覧。
    74. ^ シネマトゥデイ (2014年12月11日). “岩井俊二監督のアニメ『花とアリス殺人事件』にオリジナルキャスト集結!勝地涼、黒木華、鈴木蘭々が初参加”. 2014年12月11日閲覧。
    75. ^ CINRA.NET (2014年12月11日). “岩井俊二のアニメ映画『花とアリス殺人事件』に勝地涼、黒木華ら追加声優陣&予告編”. 2014年12月11日閲覧。
    76. ^ “細田守監督「バケモノの子」声優に役所広司、宮崎あおい、染谷将太ら豪華俳優陣ずらり!”. 映画.com (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
    77. ^ “細田守「未来のミライ」に上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子らが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月11日). http://natalie.mu/eiga/news/277494 2018年4月11日閲覧。 
    78. ^ NODA MAP第15回公演 「ザ・キャラクター」紹介
    79. ^ NODA MAP番外公演 「表に出ろいっ!」公式ページ
    80. ^ NODA MAP第16回公演 「南へ」紹介
    81. ^ 阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS 阿佐ヶ谷スパイダース新作公演『荒野に立つ』キャスト&スタッフ一新で新境地 CINRA.NET(2011年5月31日)
    82. ^ 蜷川幸雄演出 彩の国さいたま芸術劇場紹介ページ
    83. ^ ゴーチ・ブラザーズ プロデュース公演 ゴーチ・ブラザーズ新着情報(2012年11月30日)
    84. ^ 中屋敷法仁演出 玉置玲央&黒木華主演でつかこうへい作『飛龍伝』を上演 出演者オーディションを実施、シアターガイド、2012年11月22日参照。
    85. ^ 黒木華、8年ぶり「赤鬼」で原点回帰(2014年5月7日)、デイリースポーツ、2014年5月29日閲覧。
    86. ^ シアターガイド (2014年6月6日). “黒木華&柄本時生&玉置玲央&小野寺修二出演 中屋敷法仁演出『赤鬼』が開幕”. 2014年6月23日閲覧。
    87. ^ “二兎社公演40|書く女|作・演出 永井愛”. 二兎社. 2016年12月13日閲覧。
    88. ^ “開幕!アーサー・ミラー普遍の傑作戯曲『るつぼ』堤真一、松雪泰子、黒木華、溝端淳平”. Astage-アステージ-. (2016年10月8日). http://www.astage-ent.com/stage-musical/rutubo2016.html 2019年12月2日閲覧。 
    89. ^ “倉持裕が乱歩の短編8本でつづる「お勢登場」に黒木華、片桐はいり、梶原善”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年9月15日). http://natalie.mu/stage/news/201892 2016年12月13日閲覧。 
    90. ^ “黒木華、最新舞台で悪い女「すごく稽古が楽しみ」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年12月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161213/geo16121311000001-n1.html 2016年12月13日閲覧。 
    91. ^ “「ワーニャ伯父さん」開幕、KERA「今回が3作中、一番良い出来映え」と手応え”. ステージナタリー. (2017年8月28日). http://natalie.mu/stage/news/246233 2017年10月4日閲覧。 
    92. ^ “岡田将生がタイトルロールに挑む「ハムレット」上演決定、オフィーリア役に黒木華”. https://natalie.mu/stage/news/304994 2018年10月24日閲覧。 
    93. ^ Inc, Natasha. “KERA meets CHEKHOV最終章「桜の園」に大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄” (日本語). ステージナタリー. 2019年11月30日閲覧。
    94. ^ “森山未來・黒木華が挑む岸田國士の世界を、コクーンからライブ配信”. (2020年6月29日). https://natalie.mu/stage/news/385273 2020年7月15日閲覧。 
    95. ^ “岩井秀人「いきなり本読み!」第3弾が本多劇場で、出演者に松本穂香・黒木華ら”. (2020年7月20日). https://natalie.mu/stage/news/388455 2020年8月30日閲覧。 
    96. ^ Inc, Natasha. “北村想が宮沢賢治と妹トシを軸に描く新作に中村倫也・黒木華、演出は栗山民也” (日本語). ステージナタリー. 2019年11月30日閲覧。
    97. ^ https://www2.nhk.or.jp/gogaku/french/tv/
    98. ^ フジテレビュー!! (2020年8月1日). “【動画あり】黒木華『ザ・ノンフィクション』のナレーションに初挑戦!84歳の女性の人生を読む”. 2020年8月30日閲覧。
    99. ^ “サントリー「オールフリー コラーゲン」新テレビCM発表会”. 電通報 (2015年7月1日). 2015年7月3日閲覧。
    100. ^ “ほろよい新CMキャラクターとして黒木華さん、佐藤二朗さんが登場!10月発売予定のほろよい新フレーバー「ハピクルサワー」は“あの味”・・・!?お二人の楽しいやり取りとリアクションにご注目。”. PR TIMES、サントリースピリッツ株式会社 (2019年9月30日). 2019年12月4日閲覧。
    101. ^ “女優・黒木 華さんが「ダノンオイコス」初のテレビCMに登場!” (PDF) (プレスリリース), ダノンジャパン, (2015年10月6日), http://www.danone.co.jp/news/pdf/%E3%80%90Final%E3%80%91%E3%80%8C%E3%83%80%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%80%8DTVCM.pdf 2015年10月11日閲覧。 
    102. ^ “佐藤浩市、三浦友和ら豪華出演陣 クルマづくりの情熱描く動画公開”. スポニチアネックス (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
    103. ^ “「黒木華が大人の赤ずきんに 昼間の色気でオオカミを魅了”. ORICON STYLE (2016年9月8日). 2016年9月8日閲覧。
    104. ^ “黒木華のCM出演情報”. ORICON NEWS (2019年). 2019年12月7日閲覧。
    105. ^ “黒木華、初写真集でウエディングドレス披露「喜んでいただければ」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年6月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160604/geo16060403270003-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
    106. ^ 第5回TAMA映画賞 | 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM、2013年、TAMA CINEMA FORUM、2013年10月11日閲覧。
    107. ^ “第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
    108. ^ 第56回ブルーリボン賞 作品賞は「横道世之介」(2014年1月23日)、スポニチアネックス、2014年1月23日閲覧。
    109. ^ 東京スポーツ 映画大賞、東スポweb、2014年2月18日閲覧。
    110. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。
    111. ^ “黒木華がELLE主催の映画アワード受賞、2016年の充実ぶりに「輝けた!」”. 映画ナタリー. (2016年12月20日). http://natalie.mu/eiga/news/213952 2016年12月21日閲覧。 
    112. ^ “日プロ大賞、主演賞は菅田将暉と黒木華 作品賞『ディストラクション・ベイビーズ』”. ORICON STYLE (2017年3月14日). 2017年3月14日閲覧。
    113. ^ “第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。
    114. ^ “日本アカデミー賞公式サイト” (jp). 日本アカデミー賞協会の運営する公式サイト。日本アカデミー賞の概要、歴史の他、歴代の全受賞者受賞作品のデータを掲載。. 2019年3月23日閲覧。
    115. ^ “第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞 受賞インタビュー”. KADOKAWA. 2020年8月21日閲覧。
    116. ^ “主演女優賞 受賞結果 1位:黒木華 _ 第89回 - ザテレビジョンドラマアカデミー賞”. KADOKAWA (2016年8月10日). 2019年11月30日閲覧。
    117. ^ “第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表! 作品賞『今日から俺は!!』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着”. ORICON NEWS. (2019年2月1日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52465/#link3 2019年2月1日閲覧。 
    118. ^ “東京ドラマアワード”. 国際ドラマフェスティバル. 2019年10月28日閲覧。
    119. ^ “主演女優賞 受賞結果 1位:黒木華 _ 第102回 - ザテレビジョンドラマアカデミー賞”. KADOKAWA (2019年11月21日). 2019年12月2日閲覧。
    120. ^ 京都府府民生活部男女共同参画課 (2014年10月24日). “平成26年度「京都府あけぼの賞」の受賞者について”. 京都府. 2014年12月8日閲覧。
    121. ^ “黒木華さんらに京都府あけぼの賞”. 京都新聞. (2014年10月25日). http://kyoto-np.jp/politics/article/20141025000097 2014年12月8日閲覧。 
    122. ^ “2015年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. エランドール賞. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2019年2月6日閲覧。
    123. ^ “黒木華、新人賞受賞「花子とアン」共演者が称賛「素敵な女優になる」”. モデルプレス. (2015年2月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1465567 2015年2月8日閲覧。 

    外部リンク

    • 黒木華 - 映画.com
    • 黒木華 - allcinema
    • 黒木華 - KINENOTE
    • 黒木華 - テレビドラマデータベース
    • 特集 あの人のとっておきセレクション 黒木華さん NHKアーカイブス
    • 黒木華 - NHK人物録
    • 黒木華 - 公式ホームページ
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=黒木華&oldid=79324224」から取得
    1. 黒木華が日本アカデミー賞で暴露した、二宮和也の撮影現場での秘密とは  ドワンゴジェイピーnews
    2. 横浜流星&黒木華を“知らない人”が集結「個性的過ぎて不安に」  マイナビニュース
    3. 横浜流星&黒木華、自身を知らない人々にタジタジ 『ニノさんSP』で貴重VTRも公開  中日新聞
    4. “横浜流星&黒木華を知らない人”を調査!“わたどう”での可愛いNGシーンも初公開<ニノさんSP>(ザテレビジョン)  Yahoo!ニュース
    5. 嵐 二宮和也MCによる『ニノさんSP』に横浜流星と黒木華出演 Sexy Zone 菊池風磨も登場  リアルサウンド
    6. Google ニュースですべての記事を見る
    シソンヌが黒木華とコラボネタ披露「THE夜会SP」ゴー☆ジャスも  ナタリー戸田恵梨香「意識する」ムロツヨシへの思いを告白! 黒木華との三角関係に発展か? (2020年9月24日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース横浜流星の“かわいすぎる”NGシーン&黒木華の若き素人時代の秘蔵映像を大公開!  モデルプレス松雪泰子、黒木華ら出演『甘いお酒でうがい』大九明子監督のコメント到着  CINRA.NET(シンラドットネット)ニノさんSP「横浜流星&黒木華を知らない人」9月26日(土)よる10時放送!  dogatch.jp”生徒”芦田愛菜が”先生”岡田将生に一目惚れ!『星の子』本編映像公開(MOVIE WALKER PRESS)  Yahoo!ニュース松雪泰子が“すっぴん”で演じる40代後半・独身 イタさをさらけ出した先に見えるものとは? 映画『甘いお酒でうがい』(Hint-Pot)  Yahoo!ニュース二宮和也&妻夫木聡が“櫻井翔クイズ”で激突! お笑い好き黒木華はシソンヌとネタ披露  モデルプレスMAINICHI芸術食堂:映画「浅田家!」 写真家と家族の実話 /愛知  毎日新聞二宮和也「こんなはずじゃ」結婚生活の不満と、広がるメンバーとの“ディスタンス”(週刊女性PRIME)  Yahoo!ニュース二宮和也主演「浅田家!」ほのぼのオフショット、妻夫木聡と菅田将暉はこっそりピース(映画ナタリー)  Yahoo!ニュース【9月25日付】今週末公開の新作映画  ナタリーもてはやされる「大阪女優」たち 令和のいま結構キテる!【あれもこれも言わせて】(日刊ゲンダイDIGITAL)  Yahoo!ニュース二宮和也『浅田家!』ワルシャワ国際映画祭&釜山国際映画祭へ出品決定  映画ランドNEWS嵐・二宮和也、1年ぶり「夜会」出演 妻夫木聡と“櫻井翔クイズ”対決  livedoor二宮和也、中野量太監督と笑顔の2ショット 『浅田家!』イベント舞台裏写真解禁(オリコン)  Yahoo!ニュースムロツヨシ&黒木華、一つ屋根の下で「密な関係」(NEWS ポストセブン)  Yahoo!ニュース二宮和也、菅田将暉のリアルな役作りを絶賛「ステージが違う」(クランクイン!)  Yahoo!ニュース続々重版!徳間文庫『浅田家!』が「第5回読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞」課題図書に選出!映画『浅田家!』10月2日(金)公開  PR TIMESBunkamura チャレンジ公開中の作品を一挙紹介!8月27日には『#OrbTALK(オーブトーク)』ラミン・カリムルー&ダニエル・カトナー 後編を公開  朝日新聞ムロツヨシと“同棲報道”も!黒木華のモテ理由は「どこでも寝れる」意外特技  徳間書店二宮和也×妻夫木聡「浅田家!」が世界へ ワルシャワ&釜山国際映画祭に出品  映画.com黒木華がノブにメール、大悟「こんな違和感ある?」 (2020年8月25日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース二宮和也、カメラを構えながら涙…黒木華&菅田将暉も出演『浅田家!』予告編  cinemacafe.net松雪泰子、黒木華に癒やされ「本当に天使でした」  クランクイン!黒木華「魔性の女」説に批判の声! 長谷川京子「お気に入りバッグ紹介」は時代遅れ? 今週の女性芸能人  サイゾーウーマン黒木華:“メル友”千鳥ノブMCの「クイズ!THE違和感」にゲスト出演…  マイナビニュース【ムロツヨシ】黒木華と交際報道 ムロツヨシは“こじらせ男”脱却できるか|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL森山未來と黒木華「ハっとさせたい」12日ライブ配信でシアターコクーン再始動!  株式会社ヘッドライン松雪泰子が“同僚”黒木華とカラオケ、清水尋也とキス…『甘いお酒でうがい』予告  cinemacafe.net森山未來×黒木華の圧倒的な演技力を堪能 『プレイタイム』に込められた劇場復活への願い  リアルサウンド黒木華:黒髪ショートでハンサムに 大人のピンクワンピで上品コーデ  毎日キレイ【動画】黒木華、ムロツヨシと同じマンションに引っ越していた  NEWSポストセブン森山未来、黒木華の配信演劇会見が中止 最多感染で  ニッカンスポーツ高良健吾、岡田将生、黒木華ら、芦田愛菜主演『星の子』出演へ 予告編&場面写真も公開  リアルサウンド佐藤二朗「別れがたい」とCMで共演の黒木華にメロメロ!?  フジテレビュー!!中村倫也ファン安堵!?黒木華の“熱愛浮上”で「そっちか…」  日刊大衆黒木華が7時間の長酒!「ジミ顔女優」が業界人にモテモテなワケ  徳間書店中村倫也、黒木華出演『ケンジトシ』が全公演延期に  エンタステージ宮沢賢治とその妹描く新作「ケンジトシ」、中村倫也・黒木華のビジュアル解禁  ナタリー黒木華にそっくり?本田翼、“ぱんぱんフェイス”で浮上した激太り疑惑 (2020年8月8日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース黒木華“ショートカット”が鈴木福に激似!「お姉さんだったら超納得」 (2020年3月28日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース森山未來×黒木華が挑む岸田國士の世界を、コクーンからライブ配信(コメントあり)  ナタリー【ムロツヨシ】ムロツヨシ 黒木華と熱愛発覚…モテ男街道まっしぐらの訳|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL(左から)出演する森山未來さんと黒木華さん=渋谷・Bunkamura「シアターコクーン」でライブ配信舞台「プレイタイム」  シブヤ経済新聞フォーカス:黒木華 ドラマ「みをつくし料理帖スペシャル」澪役 人との出会い支えに  毎日新聞受賞相次ぐ、黒木華主演『凪のお暇』の「人生リセットパワー」(碓井広義) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース森山未來&黒木華が 岸田國士の戯曲で新しい観劇体験に挑戦!シアターコクーン初のライブ配信  エンタステージ【東京ドラマアウォード】黒木華『けもなれ』で助演女優賞 朱里役「やっていても楽しかった」  ORICON NEWS黒木華が語る最優秀作品賞『凪のお暇』 大事にした“お暇感”、贅沢なキャストとの共演  ORICON NEWS中村倫也、黒木華の舞台「ケンジトシ」延期を発表  ニッカンスポーツムロツヨシと黒木華、交際確率は0%!!“一つ屋根の下”の仰天真相!  日刊大衆ムロツヨシ&黒木華に熱愛報道 近所の住人「そういえば最近…」  livedoor森山未來、黒木華が「演劇とは何か?」に迫る シアターコクーン ライブ配信『プレイタイム』舞台稽古写真&キャストコメントが到着  http://spice.eplus.jp/黒木華&高橋一生&中村倫也の“お暇”再び…「凪のお暇 #お家でイッキ見SP」  cinemacafe.net森山未來、黒木華らの「感無量」コメントも到着! 一夜限りの演劇作品『プレイタイム』特別編集版でのオンデマンド配信が決定  http://spice.eplus.jp/黒木華主演ドラマ・再放送に〝辛辣な声〟「顔モザイクでいいよ」「顔が映らない編集でお願いします」  goo.ne.jp岸井ゆきの、江口のりこ、黒木華、古舘寛治、佐藤健 ら出演 リモート制作ラジオ放送決定  フジテレビュー!!【動画あり】黒木華『ザ・ノンフィクション』のナレーションに初挑戦!84歳の女性の人生を読む  フジテレビュー!!黒木華「『ただいま』って言い合いたい」爆笑ドライブで結婚観を告白! (1/3)  ザテレビジョン黒木華のニュース(芸能総合・718件)  エキサイトニュース松雪泰子×黒木華『甘いお酒でうがい』場面写真解禁 4.10公開決定  クランクイン!黒木華:長めマッシュルームヘアでスタイリッシュに 個性派ブラックコーデ  毎日キレイ松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役 | Daily News  Billboard JAPAN黒木華、佐藤二朗がチューハイ新CMで再び共演「あの味や!」に興奮の熱弁  スポーツニッポン新聞社岸井ゆきの、黒木華、佐藤健らが朗読するラジオ番組  株式会社ヘッドライン【大人のエンタメ】黒木華、大阪出身のコメディエンヌぶり!シソンヌ・じろうの脚本で化学反応 「甘いお酒でうがい」  ZAKZAK『VOGUE JAPAN』森星、りょう、黒木華・・・今ノッてる女性たちが70年代風グルーヴィーヘアに変身。イメージムービー&HOW TO動画を順次公開。  PR TIMES黒木華と交際報道のムロツヨシ「独身こじらせ男」返上できるか  livedoor最新ヘアカタログ:菜々緒のかき上げヘア 黒木華はショートにイメチェン 浜辺美波、剛力彩芽、広末涼子も 後編  毎日キレイ『凪のお暇』イッキ見SP放送へ 黒木華「お家で凪飯を作って食べながら見てください」  リアルサウンド黒木華「たいそう色気ありまして」森山未来タジタジ  ニッカンスポーツ黒木華の関西弁がキュート、共演の佐藤二朗は大興奮?  ドワンゴジェイピーnews黒木華「未來さんが色っぽい」 森山未來「プロポ-ズシ-ンは難しかった」 | Daily News  Billboard JAPAN黒木華「凪のお暇」再放送でドンピシャの話題になりそうな作中の“あの料理” (2020年5月16日) - エキサイトニュース  エキサイトニュースりゅうちぇるさん、黒木華さんらがチャリティーの読み聞かせ。「こんな時こそ、物語の世界観を」【新型コロナ】  ハフポスト日本版荒川良々、ユースケ・サンタマリア、黒木華、橋本さとしらが参戦! 岩井秀人(WARE)プロデュース第3回「いきなり本読み!」8/1(土)・8/2(日) 本多劇場で開催  エントレ 演劇動画ニュース日村勇紀、中村倫也&黒木華とゲーム対戦「倫也くんがアホほど強い」  マイナビニュース彼女がキレイな理由:黒木華さん 10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」  毎日キレイ黒木華、仕事も恋も捨てて人生リセット! 「凪のお暇」7月放送開始  シネマカフェ黒木華に「旦那がいる」との噂が? 「彼氏としてはアリ」と語った俳優に驚く  AFPBB News「凪のお暇」地上波初公開シーン含む再放送、黒木華「凪飯を食べながら見てください」  ナタリー『みをつくし料理帖』主演の黒木華、“マイ和包丁”で再び作り出す江戸の味 (2019年12月13日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース中村倫也、黒木華、段田安則らで宮沢賢治と妹トシの物語『ケンジトシ』(作:北村想、演出:栗山民也)を2020年夏上演  http://spice.eplus.jp/ほろよい新CMキャラクターとして黒木華さん、佐藤二朗さんが登場!10月発売予定のほろよい新フレーバー「ハピクルサワー」は“あの味”・・・!?お二人の楽しいやり取りとリアクションにご注目。  PR TIMES片岡愛之助、宮沢りえ、黒木華、神木隆之介、井浦新が子供支援の読み聞かせ企画に  ナタリー映画ファンに人気の黒木華出演のおすすめ映画12本<『小さいおうち』『リップヴァンウィンクルの花嫁』など  FILMAGA by Filmarks黒木華、「みをつくし料理帖」現場エピソードを明かす!『食いしん坊が集まっている番組です』  ザテレビジョン批判を封印させた黒木華 実力認めたふたりの大物女優とは?  アエラドット 朝日新聞出版黒木華、名優・樹木希林さんと初共演「初めてこんな女優さんになれたらと思った」  映画.com黒木華主演ドラマ「凪のお暇」 高橋一生が“舌ペロ”&中村倫也アドリブ炸裂! ファン必見“ハプニング集”がBlu-ray&DVDに収録  ザテレビジョン黒木華の「酒豪伝説」赤ワイン好きでボトル1本を1人で空ける?  livedoor黒木華、“ベロベロキャラ”に赤面…吉田羊&ムロツヨシらが素顔を語る「A-Studio」  cinemacafe.net黒木華は「腹黒い」大物監督の指摘にも余裕のワケ  日刊大衆黒木華『凪のお暇』打ち上げでも健在だった酒豪伝説 | Smart FLASH[光文社週刊誌]  SmartFLASHマウント取る女子グループ 黒木華さん「空気読め、嫌」  朝日新聞社“下がり眉”黒木華に“浪人”森山未來が求婚 ウォッチャー大興奮のワケ  アエラドット 朝日新聞出版最上もが、憧れの芸能人は「いない」 ドラマ共演の黒木華は「すごくフレンドリー」  ORICON NEWSムロツヨシ、主演ドラマ高視聴率&黒木華と熱愛報道で公私共に絶好調! 業界内にはアンチ急増中?  日刊サイゾー



情報の検索

商品の検索