黒木華(くろきはる)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    くろき はる
    黒木 華
    黒木 華
    第29回東京国際映画祭にて(2016年10月)
    本名 同じ
    生年月日 (1990-03-14) 1990年3月14日(28歳)
    出身地 日本の旗 日本 大阪府高槻市
    身長 164 cm[1]
    血液型 B型[1]
    職業 女優
    ジャンル 映画・ドラマ・舞台
    活動期間 2010年 -
    活動内容 2010年:舞台デビュー
    2011年:映画デビュー
    2014年:映画『小さいおうち』出演
    事務所 パパドゥ
    公式サイト 公式プロフィール
    主な作品
    映画
    『舟を編む』
    『小さいおうち』
    『母と暮せば』
    『リップヴァンウィンクルの花嫁』
    テレビドラマ
    『純と愛』
    『リーガルハイ』
    『花子とアン』
    『天皇の料理番』
    『真田丸』
    『重版出来!』
    『みをつくし料理帖』
    『西郷どん』

    黒木 華(くろき はる[注 1]、1990年3月14日[1][2] - )は、日本の女優。本名、同じ[3]

    大阪府高槻市出身[4][5]。京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業[6][7]。パパドゥ所属[1]

    目次

    • 1 略歴
    • 2 人物・エピソード
    • 3 出演
      • 3.1 映画
      • 3.2 テレビドラマ
      • 3.3 劇場アニメ
      • 3.4 舞台
      • 3.5 テレビ番組
      • 3.6 CM
      • 3.7 その他
    • 4 書籍
      • 4.1 写真集
    • 5 受賞歴
      • 5.1 映画
      • 5.2 テレビ
      • 5.3 その他
    • 6 脚注
      • 6.1 注釈
      • 6.2 出典
    • 7 外部リンク

    略歴

    幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち[8]、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きになる[5][9]。全国大会で優勝実績もある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学して演劇部に所属し、「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていた[8][10]。女優を志して卒業後は映画制作や演劇を学べる大学への進学を希望し、自宅から通える京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースに進学[7][11][12][13]、林海象、東陽一らに師事して演技を学ぶ[10][14][15]

    学内製作の作品にキャスティングの声がなかなか掛からなかったことから大学在学中の2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加[9]、オーディションに合格して翌2010年6月のNODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ち[4]、デビューした[注 2]その傍ら、著名な劇団であるYouth Theatre Japan (YTJ)に所属し、ミュージカルに出演。[要出典]さらに2010年9月のNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』では野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居でヒロインの娘役のダブルキャストの1人として舞台に立った[7][18]。翌2011年にはNODA・MAP公演『南へ』、阿佐ヶ谷スパイダース公演『荒野に立つ』、蜷川幸雄演出『あゝ、荒野』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる[4]

    2011年には映像作品に進出し、『東京オアシス』にメインキャストとして映画に初出演、2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優にも初挑戦[5]。2012年度後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』に夏菜演じるヒロインの同期社員役で出演してテレビドラマ初出演を果たし[19]、「表向きは柔和だが実は陰険」という腹黒いキャラクターを演じてその高い演技力が評判となり、知名度を高める[20][21]。翌2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『リーガル・ハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演(ダブル主演)した『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。

    2014年にはオーディションを経て『小さいおうち』で山田洋次監督作品に初出演し[22]、同作での演技により第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本の女優では左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少となる[23][24]。映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。」と評された[25]。銀熊賞受賞に際しては、内閣官房長官の菅義偉(当時)も祝意を示した[26]。同作では第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞。また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞した。

    映像外部リンク
    『幕が上がる』映画予告編 - YouTube
    冒頭で灰皿を投げつける先生役を演じている。

    2015年2月28日公開の『幕が上がる』(監督:本広克行)では黒木が高校・大学と演劇に没頭し、舞台役者としてプロのキャリアをスタートしたことから演劇部の顧問役としてキャスティングされた。作品中では弱小演劇部の運命を一転させる重要な役回りを演じており、映画評論家の清水節らがその存在感を高く評価している[16][27]。同年4月期のTBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』での好演が話題を呼び[28][29]、同年12月12日公開の『母と暮せば』では第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。前年に続いての「連覇」となった[30]。2年連続の最優秀助演女優賞受賞は、第32, 33回に連続受賞した余貴美子以来6年ぶり、史上2人目の快挙である。

    2016年4月スタートの『重版出来!』で連続ドラマ初主演[31]。同年秋には第29回東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズを務める[32]

    人物・エピソード

    名前は「華」と書いて「はる」と読み、「春(はる)のように華やかに生きてほしい」との思いを込めて名付けられた[33]

    人物像として、派手さのない「どちらかと言えば“地味”な顔立ち」や「温かみや素朴さを感じる“和風美人”のたたずまい」、「芯が強く意志を貫くまっすぐさ」「人間としての器量の大きさ」を感じさせるような品位から、しばしば「昭和的」「純日本的」なイメージであると評される[34][35][36][37]。映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』の監督を務めた岩井俊二は民族的な風貌の役者が台頭するハリウッドの傾向を引き合いに、黒木はむしろ「最も現代的」であり「平成の最先端女優」であると評している[38][39]。岩井はCMの演出を手掛けた際に黒木を評して「文学的な香りがする女優」とも語っている[40]

    大阪出身で、かなりのお笑い好き。第23回東京スポーツ映画大賞の授賞式では千鳥やテンダラーのファンだと明している[3]。NHK『あさイチ』にゲスト出演した際にはバナナマンの大ファンであると明かし、いつもは物静かでキャピキャピではない黒木が「バナナマンの前では『キャーっ』となる」とマネージャーも語っている[41]。気になる若手芸人としては金属バットを挙げている。

    2003年、小学6年生の時に関西の人気バラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』に依頼者として出演したことがある[3]

    出演

    映画

    • MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜(2011年10月1日、北白川派 / マジックアワー / 京都造形芸術大学映画学科)[42]
    • 東京オアシス(2011年10月22日、スールキートス) - ヤスコ 役
    • BUNGO〜ささやかな欲望〜 告白する紳士たち 「握った手」(2012年9月29日、角川映画) - 綾子 役
    • 草原の椅子(2013年2月23日、東映) - 遠間弥生 役
    • 舟を編む(2013年4月13日、松竹 / アスミック・エース) - 岸辺みどり 役
    • シャニダールの花(2013年7月20日、ファントム・フィルム) - 主演・美月響子 役(綾野剛とのW主演)[43]
    • くじけないで(2013年11月16日、松竹) - 柴田静子(青年期) 役
    • 小さいおうち(2014年1月25日、松竹) - 布宮タキ 役
    • 銀の匙 Silver Spoon(2014年3月7日、東宝) - 南九条あやめ 役[44]
    • 繕い裁つ人(2015年1月31日、ギャガ) - 葉子 役
    • 幕が上がる(2015年2月28日、ティ・ジョイ) - 吉岡美佐子 役[45]
    • ソロモンの偽証(松竹) - 森内恵美子 役[46]
      • 前篇・事件(2015年3月7日)
      • 後篇・裁判(2015年4月11日)
    • 母と暮せば(2015年12月12日、松竹) - 佐多町子 役[47]
    • リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年3月26日[注 3]、東映) - 主演・皆川七海 役[49]
    • エミアビのはじまりとはじまり(2016年9月3日、ビターズ・エンド) - 夏海 役[50]
    • 永い言い訳(2016年10月16日、アスミック・エース) - 福永 役[51]
    • 海賊と呼ばれた男(2016年12月10日、東宝) - 小川初美 役
    • ちょっと今から仕事やめてくる(2017年5月27日、東宝) - 五十嵐美紀 役[52]
    • 海辺のリア(2017年6月3日、東京テアトル) - 伸子 役[53]
    • 散り椿(2018年9月28日、東宝) - 坂下里美 役[54]
    • 日日是好日(2018年10月13日、東京テアトル / ヨアケ) - 主演・典子 役[55]
    • 億男(2018年10月19日、東宝) - 大倉万佐子 役[56]
    • ビブリア古書堂の事件手帖(2018年11月1日、20世紀フォックス映画 / KADOKAWA) - 主演・篠川栞子 役(野村周平とのダブル主演)[57]
    • 来る(2018年12月7日、東宝) - 田原香奈 役[58]

    テレビドラマ

    • 連続テレビ小説(NHK)
      • 純と愛 第1話 - 第76話・第148話 - 第149話(2012年10月1日 - 12月27日・2013年3月27日 - 28日) - 田辺千香 役[59]
      • 花子とアン 第4週 - 最終週(2014年4月24日 - 9月27日) - 安東かよ 役
        • スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年10月18日、NHK BSプレミアム)
    • 大河ドラマ(NHK)
      • 真田丸(2016年1月 - 12月) - 梅 役
      • 西郷どん(2018年1月 - 12月) - 西郷糸 役
    • まほろ駅前番外地 第8話(2013年3月1日、テレビ東京) - 宮本由香里 役
    • リーガルハイ(2013年10月9日 - 12月18日、フジテレビ) - 本田ジェーン 役
    • 世にも奇妙な物語'13 秋の特別編 「ある日、爆弾がおちてきて」(2013年10月12日、フジテレビ) - 永峰はるか / パルカ 役[60]
    • グーグーだって猫である(2014年10月18日 - 11月8日、WOWOW) - ミナミ 役
      • グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-(2016年6月11日 - 7月16日)
    • オリエント急行殺人事件(2014年1月11日 - 12日、フジテレビ) - 三木小百合 役[61][62]
    • 天皇の料理番(2015年4月26日 - 、TBS) - 高浜俊子 役[63]
    • 重版出来!(2016年4月 - 6月、TBS) - 主演・黒沢心 役[31]
    • みをつくし料理帖(2017年5月13日 - 7月8日、NHK) - 主演・澪 役[64]
    • 獣になれない私たち(2018年10月10日 - 12月12日、日本テレビ) - 長門朱里 役
    • デザイナー 渋井直人の休日(2019年1月18日 - 、テレビ東京) - 三浦カモメ 役
    • 疑惑(2019年2月3日、テレビ朝日) - 白河球磨子 役[65]

    劇場アニメ

    • おおかみこどもの雨と雪(2012年7月21日、東宝) - 雪(少女期) 役[66]
    • 花とアリス殺人事件(2015年2月20日公開、ティ・ジョイ) - 萩野里美 役[67][68]
    • バケモノの子(2015年7月11日公開、東宝) - 一郎彦(少年期) 役[69]
    • 未来のミライ(2018年7月20日公開、東宝) - ミライちゃん 役[70]

    舞台

    • ザ・キャラクター(2010年6月20日 - 8月8日、NODA MAP、東京芸術劇場)[71]
    • 表に出ろいっ!(2010年9月5日 - 28日、NODA MAP、東京芸術劇場) - 娘 役(太田緑ロランスとのWキャスト)[72]
    • 南へ(2011年2月10日 - 3月31日、NODA MAP、東京芸術劇場) - あまねに似た少女 役[73]
    • 荒野に立つ(2011年7月14日 - 8月12日、阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS、東京 / 地方) - 田端 役[74]
    • あゝ、荒野(2011年10月29日 - 12月2日、蜷川幸雄演出、埼玉 / 東京) - 芳子 役[75]
    • 飛龍伝(2013年1月23日 - 27日、ゴーチ・ブラザーズ、本多劇場) - 主演・神林美智子 役(玉置玲央とのW主演)[76][77]
    • SEMINAR セミナー(2013年12月13日 - 29日、栗山民也演出、東京 / 兵庫) - ケイト 役
    • 赤鬼(2014年6月4日 - 15日、青山円劇カウンシルファイナル、青山円形劇場) - 主演・あの女 役[78][79]
    • 書く女(2016年1月21日 - 31日、二兎社、世田谷パブリックシアター) - 主演・樋口一葉 役[2][80]
    • お勢登場(2017年2月10日 - 26日、東京・シアタートラム / 3月1日、福岡・福岡市民会館 / 3月4日・5日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ) - 主演[81][82]
    • ワーニャ伯父さん(2017年8月27日 – 9月26日、新国立劇場 小劇場) - ソーニャ 役[83]
    • ハムレット(2019年5月9日 - 6月11日、Bunkamura シアターコクーン / 森ノ宮ピロティホール)- オフィーリア 役[84]

    テレビ番組

    • 探偵!ナイトスクープ(2003年1月17日、ABC) - 依頼者としての出演
    • 岩井俊二映画祭presents マイリトル映画祭(2012年3月4日 - 、BS日本映画専門チャンネル)
    • 旅するフランス語(2018年10月3日 - 、NHK教育テレビジョン) - 出演及びナレーションを担当[85]

    CM

    • 日本映画衛星放送 BS日本映画専門チャンネル(2012年)
    • SUNTORY
      • ウイスキー角瓶(2012年)
      • サントリーオールフリー(2014年2月 - )
      • オールフリー コラーゲン(2015年)[86]
    • SMBC日興証券 NISA(2012年)
    • ダノンジャパン ダノンオイコス「脂肪0 ストロベリー」篇(2015年)[87]
    • トヨタ自動車「TNGA STORY」(2015年) - 長野 役[88]
    • 資生堂「TSUBAKI」(2016年)[89]
    • NTTドコモ「Mr.Children&docomo 25周年」 - 母 役(2017年7月 - )
    • ロッテ シャルロッテ「NEW OPEN篇」(2017年10月 - )

    その他

    • 第29回東京国際映画祭 フェスティバル・ミューズ(2016年)

    書籍

    写真集

    • 黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より(2016年6月、リトルモア、ISBN 978-4898154427)[90]

    受賞歴

    映画

    • 2013年度
      • 第5回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(『シャニダールの花』『舟を編む』『草原の椅子』)[91]
      • 第26回日刊スポーツ映画大賞 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』ほか)
      • 第87回キネマ旬報ベスト・テン 新人女優賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『まほろ駅前番外地』『くじけないで』)
      • 第35回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『くじけないで』)
      • 第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『舟を編む』『草原の椅子』)[92]
      • 第56回ブルーリボン賞 新人賞(『草原の椅子』『舟を編む』『シャニダールの花』)[93]
      • 第23回東京スポーツ映画大賞 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』)[94]
      • 第23回日本映画批評家大賞 新人賞(『草原の椅子』)
    • 2014年度
      • 第64回ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (女優賞)(『小さいおうち』)
      • 第38回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『小さいおうち』)[95]
    • 2015年度
      • 第89回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』)
      • 第39回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『母と暮せば』)
    • 2016年度
      • エル シネマ大賞 2016 ベストアクトレス賞 [96]
      • 第26回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)[97]
      • 第40回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)
    • 2017年度
      • 第32回高崎映画祭 最優秀助演女優賞(『海辺のリア』)[98]

    テレビ

    • 2015年度
      • 第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『天皇の料理番』)[99]
      • 東京ドラマアウォード2015 主演女優賞(『天皇の料理番』)[100]
    • 2016年度
      • 第89回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『重版出来!』)[101]
    • 2018年度
      • 第14回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞(『獣になれない私たち』)[102]

    その他

    • 2014年度
      • 平成26年度京都府あけぼの賞[103][104]
    • 2015年度
      • 第39回エランドール賞 新人賞(『小さいおうち』『銀の匙 Silver Spoon』『花子とアン』『リーガルハイ』『グーグーだって猫である』)[105][106]

    脚注

    [ヘルプ]

    注釈

    1. ^ 名前の読みは「はな」ではなく、「はる」である。
    2. ^ 『表に出ろいっ!』をデビュー作とする記述も見られる[16][17]
    3. ^ 日本より先に韓国、香港、台湾で順次公開[48]

    出典

    1. ^ a b c d Web版TVスター名鑑 黒木華(2012年4月17日時点のアーカイブ)
    2. ^ a b 岩根彰子「黒木華の頭抜けた演技力はこうして生まれた」、『GALAC』2015年11月号、KADOKAWA、2015年2015年12月11日閲覧。
    3. ^ a b c “旬の女優・黒木華に「ナイトスクープ」出演の過去”. 東京スポーツ. (2014年4月13日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/254714/ 2018年9月26日閲覧。 
    4. ^ a b c “黒木華”. 映画.com. 監督・俳優. 2018年9月26日閲覧。
    5. ^ a b c 黒木, 華 (2013年7月18日). Q10なカノジョ 第14回 黒木 華. (インタビュー). Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社).. https://www.lmaga.jp/news/2013/07/21518/ 2018年2月6日閲覧。 
    6. ^ “エミアビのはじまりとはじまり”. 京都造形芸術大学. イベント情報. 2018年9月26日閲覧。
    7. ^ a b c 黒木, 華 (2016年1月1日). 企画特集2【シネマの街から】俳優・黒木華さんに聞く. (インタビュー). 朝日新聞デジタル.. http://www.asahi.com/area/kyoto/articles/MTW20160105270150001.html 2018年9月26日閲覧。 
    8. ^ a b “黒木華「名門演劇部で3年間主演…」高校時代の恩師が語る素顔”. 女性自身. (2014年2月28日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1610244/ 2018年9月26日閲覧。 
    9. ^ a b 黒木, 華 (2016年1月19日). 魅力は“昭和感” 黒木華、本格派女優までの道のり. インタビュアー:足立茂樹. AdverTimes(アドタイ)(宣伝会議).. https://www.advertimes.com/20160119/article214920/ 2018年9月26日閲覧。 
    10. ^ a b 大学時代の恩師・林海象監督も祝福「これで世界の女優になる」(2014年2月18日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
    11. ^ 京都造形芸術大学、京都文芸復興を掲げ、 - NR「正しく生きる」クランクイン(最終版) (PDF)” (日本語). 京都造形芸術大学 (2013年2月1日). 2013年11月2日閲覧。
    12. ^ “【来る年・来る娘】黒木華” (日本語). SANSPO.COM. 産経新聞社 (2011年1月9日). 2011年12月15日閲覧。
    13. ^ “黒木華-出演者-野田地図” (日本語). NODA・MAP. 2011年12月15日閲覧。
    14. ^ 近況などなど、2010年9月13日、林海象ブログ、2012年11月22日参照。
    15. ^ 3回生東ゼミ作品「女子」+「男子」上映会、2010年12月17日、映画学科ブログ(京都造形芸術大学)、2012年11月22日参照。
    16. ^ a b “黒木華、どこまでも謙虚に見据える2016年”. 映画.com. (2016年1月1日). https://eiga.com/news/20160101/7/ 2018年9月26日閲覧。 
    17. ^ 岡本耕治 (2016年3月20日). “【シネマの華・動画付き】実力派・黒木華がSNS時代のはかない人間模様を鮮やかに…岩井俊二監督『リップヴァンウィンクルの花嫁』”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/entertainments/news/160320/ent1603200003-n1.html 2018年9月26日閲覧。 
    18. ^ “NODA・MAP「表に出ろいっ!」ヒロインオーディション” (日本語). NODA・MAP. 2013年11月2日閲覧。
    19. ^ “黒木華”. NHKアーカイブス. NHK人物録. 日本放送協会. 2019年2月6日閲覧。
    20. ^ “黒木華ってどんな人? NHK朝ドラ「純と愛」で頭角 ベルリン国際映画祭最優秀女優賞”. ZAKZAK by 夕刊フジ (産経デジタル). (2014年2月17日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140217/enn1402171535014-n1.htm 2018年9月25日閲覧。 
    21. ^ “実はおいしいポジション? いびり役俳優の好印象”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年7月12日). https://www.oricon.co.jp/special/48102/ 2018年9月25日閲覧。 
    22. ^ 黒木, 華 (2014年1月22日). INTERVIEW 583 黒木華. (インタビュー). p. 1. テレビドガッチ(プレゼントキャスト).. オリジナルの2015-03-30時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150330102952/http://dogatch.jp/interview/583/01.html 2018年9月26日閲覧。 
    23. ^ 山田洋次監督「小さいおうち」の黒木華に女優賞…ベルリン国際映画祭(2014年2月16日)、スポーツ報知、2014年2月16日閲覧。
    24. ^ 『小さいおうち』黒木華、最年少で銀熊賞!「山田洋次監督のおかげ」と感謝(2014年2月17日)、マイナビニュース、2015年3月9日閲覧。
    25. ^ 『キネマ旬報』2015年3月下旬号
    26. ^ 黒木華さんに祝意=菅官房長官(2014年2月17日)、時事ドットコム、2014年2月18日閲覧。
    27. ^ “『幕が上がる』 映画短評”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/movie/T0019629/ 2015年2月27日閲覧。 
    28. ^ 阪清和 (2015年4月1日). “【コラム】女優・黒木華、つぼみが開くように成長する 「天皇の料理番」に大きな注目”. エンタメOVO. 共同通信社. https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/992614 2018年9月26日閲覧。 
    29. ^ “「天皇の料理番」で俊子役を好演 黒木華の“色気”が話題に”. 日刊ゲンダイDIGITAL (日刊現代). (2015年6月30日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/161256 2018年9月26日閲覧。 
    30. ^ “黒木華、最優秀助演女優賞“連覇””. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年3月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/04/0008861432.shtml 2016年3月4日閲覧。 
    31. ^ a b “黒木華が連ドラ初主演!漫画編集者で「一本」とる”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年2月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160203/geo16020305030006-n1.html 2016年2月3日閲覧。 
    32. ^ “東京国際映画祭全ラインナップ発表、特集控える細田守「未来の映画について話したい」”. 映画ナタリー. (2016年9月26日). http://natalie.mu/eiga/news/203114 2016年10月13日閲覧。 
    33. ^ 加藤弓子 (2015年12月11日). “【黒木華】気分転換法も本格派「夜中にうどんを作って…ちゃんと足踏み」”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル): p. 3. https://www.zakzak.co.jp/people/news/20151211/peo1512110830001-n3.htm 2019年2月6日閲覧。 
    34. ^ ““昭和的な女性”を自然に演じる若手女優・黒木華”. ORICON. http://www.oricon.co.jp/special/47652/ 2015年2月27日閲覧。 
    35. ^ 酒井政利 (2015年5月13日). “【時代のサカイ目】人気女優のキーワードは昭和顔”. ZAKZAK by 夕刊フジ (産経デジタル). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150513/enn1505131140009-n1.htm 2018年9月26日閲覧。 
    36. ^ “黒木華”昭和顔”は「得している」夢追う夫支える健気な妻を好演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/17/kiji/K20150517010357330.html 2018年9月26日閲覧。 
    37. ^ ““昭和顔”の女優が軒並みブレイク そのワケとは?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年11月12日). https://www.oricon.co.jp/special/49518/ 2018年9月26日閲覧。 
    38. ^ “岩井俊二監督、“昭和の雰囲気”黒木華は「最先端」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2068615/full/ 2018年9月26日閲覧。 
    39. ^ 錦怜那 (2016年4月22日). “黒木華、「昭和顔?」パブリックイメージに懐疑的”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0082208 2018年9月26日閲覧。 
    40. ^ “黒木華&刈谷友衣子、リモコンを手にシュールな演技” (日本語). MSN産経ニュース. マイクロソフト (2012年2月29日). 2012年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
    41. ^ “黒木華の“バナナマン愛”が話題「大好きなんです」 熱弁止まらず”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年5月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1686291 2018年9月26日閲覧。 
    42. ^ 黒木の母校も歓喜 恩師は教え子の快挙で「生きる事にした」(2014年2月17日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。
    43. ^ “綾野剛&黒木華、石井岳龍監督「シャニダールの花」にW主演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2012年11月3日). http://eiga.com/news/20121103/2/ 2017年5月24日閲覧。 
    44. ^ CINRA.NET (2013年8月7日). “荒川弘の漫画『銀の匙 Silver Spoon』が実写映画化、八軒役はSexy Zone中島健人”. 2013年8月19日閲覧。
    45. ^ サンケイスポーツ (2014年11月5日). “ももクロ映画、黒木華ら豪華共演陣!舞台版は構成などアレンジ”. 2014年11月5日閲覧。
    46. ^ シネマトゥデイ (2014年8月8日). “宮部みゆき『ソロモンの偽証』主演は1万人から選ばれた素人!蔵之介×夏川×永作×小日向×黒木×尾野と共演”. 2014年11月5日閲覧。
    47. ^ 映画.com (2014年12月17日). “山田洋次監督84本目の最新作は吉永小百合主演!二宮和也&黒木華も意欲満々”. 2014年12月18日閲覧。
    48. ^ “岩井俊二監督新作 アジア先行公開!黒木華が主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/24/kiji/K20151224011738720.html 2015年12月24日閲覧。 
    49. ^ “岩井俊二×黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」、綾野剛やCoccoらも出演”. 映画ナタリー (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
    50. ^ “渡辺謙作8年ぶりの監督作は森岡龍&前野朋哉主演!黒木華&新井浩文も参戦”. 映画.com (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
    51. ^ “西川美和監督×本木雅弘「永い言い訳」に池松壮亮、黒木華、山田真歩らが出演!”. 映画.com. (2016年3月18日). http://eiga.com/news/20160318/6/ 2016年3月18日閲覧。 
    52. ^ “福士蒼汰主演で「ちょっと今から仕事やめてくる」映画化、工藤阿須加や黒木華ら共演”. 映画ナタリー. (2016年7月29日). http://natalie.mu/eiga/news/196264 2016年7月29日閲覧。 
    53. ^ “「仲代達矢84歳、Twitterはじめました」、主演作「海辺のリア」公開記念し開設”. 映画ナタリー. (2017年1月5日). http://natalie.mu/eiga/news/215627 2017年1月5日閲覧。 
    54. ^ “岡田准一VS西島秀俊、初共演!木村大作監督3作目は“美しい”時代劇「散り椿」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年5月24日). http://eiga.com/news/20170524/2/ 2017年5月24日閲覧。 
    55. ^ “黒木華「日日是好日」主演で茶道の世界へ!樹木希林&多部未華子と初共演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年10月30日). http://eiga.com/news/20171030/9/ 2017年10月30日閲覧。 
    56. ^ “黒木華、佐藤健と再び夫婦役「もう一回お会いしたかった」「幸せ」<億男>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年9月21日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1793963 2018年9月26日閲覧。 
    57. ^ “黒木華&野村周平がW主演!「ビブリア古書堂の事件手帖」映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年11月8日). http://eiga.com/news/20171108/1/ 2018年4月24日閲覧。 
    58. ^ “「怖くて脚本を読むのも大変」岡田准一がホラー映画で中島哲也監督と初タッグ”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2018年2月12日). https://news.walkerplus.com/article/137059/ 2018年2月12日閲覧。 
    59. ^ “次期連続テレビ小説「純と愛」の出演者を発表します!”. NHKドラマトピックス. 2012年4月24日閲覧。
    60. ^ テレビドガッチ (2013年8月27日). “今秋放送『世にも奇妙な物語'13秋の特別編』で松坂桃李がシリーズ初出演!”. 2013年8月30日閲覧。
    61. ^ CinemaCafe.net (2014年12月8日). “吉瀬美智子“ショートカット”封印! 三谷幸喜「オリエント急行殺人事件」追加キャスト”. 2014年12月8日閲覧。
    62. ^ CinemaCafe.net (2014年12月8日). “黒木華(三木小百合役)/フジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件」”. 2014年12月8日閲覧。
    63. ^ “佐藤健が“坊主頭”で役作り! 妻役に黒木華ほか豪華共演16名…ドラマ「天皇の料理番」”. CinemaCafe.net. (2014年12月5日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/05/27841.html 2014年12月7日閲覧。 
    64. ^ “黒木華さん主演「みをつくし料理帖」制作開始!”. NHK (2017年2月7日). 2017年2月7日閲覧。
    65. ^ “最低弁護士”米倉涼子 悪女に手を差し伸べる! 清張原作「疑惑」テレ朝来年放送スポニチ(2018年6月19日). 2018年10月11日閲覧。
    66. ^ “宮崎あおい&大沢たかおが『おおかみこどもの雨と雪』の声優で初共演!”. ニュースウォーカー. 2012年4月6日閲覧。
    67. ^ シネマトゥデイ (2014年12月11日). “岩井俊二監督のアニメ『花とアリス殺人事件』にオリジナルキャスト集結!勝地涼、黒木華、鈴木蘭々が初参加”. 2014年12月11日閲覧。
    68. ^ CINRA.NET (2014年12月11日). “岩井俊二のアニメ映画『花とアリス殺人事件』に勝地涼、黒木華ら追加声優陣&予告編”. 2014年12月11日閲覧。
    69. ^ “細田守監督「バケモノの子」声優に役所広司、宮崎あおい、染谷将太ら豪華俳優陣ずらり!”. 映画.com (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
    70. ^ “細田守「未来のミライ」に上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子らが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月11日). http://natalie.mu/eiga/news/277494 2018年4月11日閲覧。 
    71. ^ NODA MAP第15回公演 「ザ・キャラクター」紹介
    72. ^ NODA MAP番外公演 「表に出ろいっ!」公式ページ
    73. ^ NODA MAP第16回公演 「南へ」紹介
    74. ^ 阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS 阿佐ヶ谷スパイダース新作公演『荒野に立つ』キャスト&スタッフ一新で新境地 CINRA.NET(2011年5月31日)
    75. ^ 蜷川幸雄演出 彩の国さいたま芸術劇場紹介ページ
    76. ^ ゴーチ・ブラザーズ プロデュース公演 ゴーチ・ブラザーズ新着情報(2012年11月30日)
    77. ^ 中屋敷法仁演出 玉置玲央&黒木華主演でつかこうへい作『飛龍伝』を上演 出演者オーディションを実施、シアターガイド、2012年11月22日参照。
    78. ^ 黒木華、8年ぶり「赤鬼」で原点回帰(2014年5月7日)、デイリースポーツ、2014年5月29日閲覧。
    79. ^ シアターガイド (2014年6月6日). “黒木華&柄本時生&玉置玲央&小野寺修二出演 中屋敷法仁演出『赤鬼』が開幕”. 2014年6月23日閲覧。
    80. ^ “二兎社公演40|書く女|作・演出 永井愛”. 二兎社. 2016年12月13日閲覧。
    81. ^ “倉持裕が乱歩の短編8本でつづる「お勢登場」に黒木華、片桐はいり、梶原善”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年9月15日). http://natalie.mu/stage/news/201892 2016年12月13日閲覧。 
    82. ^ “黒木華、最新舞台で悪い女「すごく稽古が楽しみ」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年12月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161213/geo16121311000001-n1.html 2016年12月13日閲覧。 
    83. ^ “「ワーニャ伯父さん」開幕、KERA「今回が3作中、一番良い出来映え」と手応え”. ステージナタリー. (2017年8月28日). http://natalie.mu/stage/news/246233 2017年10月4日閲覧。 
    84. ^ “岡田将生がタイトルロールに挑む「ハムレット」上演決定、オフィーリア役に黒木華”. https://natalie.mu/stage/news/304994 2018年10月24日閲覧。 
    85. ^ https://www2.nhk.or.jp/gogaku/french/tv/
    86. ^ “サントリー「オールフリー コラーゲン」新テレビCM発表会”. 電通報 (2015年7月1日). 2015年7月3日閲覧。
    87. ^ “女優・黒木 華さんが「ダノンオイコス」初のテレビCMに登場!” (PDF) (プレスリリース), ダノンジャパン, (2015年10月6日), http://www.danone.co.jp/news/pdf/%E3%80%90Final%E3%80%91%E3%80%8C%E3%83%80%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%80%8DTVCM.pdf 2015年10月11日閲覧。 
    88. ^ “佐藤浩市、三浦友和ら豪華出演陣 クルマづくりの情熱描く動画公開”. スポニチアネックス (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
    89. ^ “「黒木華が大人の赤ずきんに 昼間の色気でオオカミを魅了”. ORICON STYLE (2016年9月8日). 2016年9月8日閲覧。
    90. ^ “黒木華、初写真集でウエディングドレス披露「喜んでいただければ」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年6月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160604/geo16060403270003-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
    91. ^ 第5回TAMA映画賞 | 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM、2013年、TAMA CINEMA FORUM、2013年10月11日閲覧。
    92. ^ “第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
    93. ^ 第56回ブルーリボン賞 作品賞は「横道世之介」(2014年1月23日)、スポニチアネックス、2014年1月23日閲覧。
    94. ^ 東京スポーツ 映画大賞、東スポweb、2014年2月18日閲覧。
    95. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。
    96. ^ “黒木華がELLE主催の映画アワード受賞、2016年の充実ぶりに「輝けた!」”. 映画ナタリー. (2016年12月20日). http://natalie.mu/eiga/news/213952 2016年12月21日閲覧。 
    97. ^ “日プロ大賞、主演賞は菅田将暉と黒木華 作品賞『ディストラクション・ベイビーズ』”. ORICON STYLE (2017年3月14日). 2017年3月14日閲覧。
    98. ^ “第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。
    99. ^ 「第85回ドラマアカデミー賞 発表!」、『週刊ザテレビジョン関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、2015年8月13日閲覧。
    100. ^ “『天皇の料理番』が4冠獲得 「東京ドラマアウォード2015」”. ORICON STYLE (2015年10月21日). 2015年10月21日閲覧。
    101. ^ “ザ・テレビジョン 第89回ドラマアカデミー賞 主演女優賞”. 株式会社KADOKAWA (2016年8月10日). 2016年8月14日閲覧。
    102. ^ “第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表! 作品賞『今日から俺は!!』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着”. ORICON NEWS. (2019年2月1日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52465/#link3 2019年2月1日閲覧。 
    103. ^ 京都府府民生活部男女共同参画課 (2014年10月24日). “平成26年度「京都府あけぼの賞」の受賞者について”. 京都府. 2014年12月8日閲覧。
    104. ^ “黒木華さんらに京都府あけぼの賞”. 京都新聞. (2014年10月25日). http://kyoto-np.jp/politics/article/20141025000097 2014年12月8日閲覧。 
    105. ^ “2015年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. エランドール賞. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2019年2月6日閲覧。
    106. ^ “黒木華、新人賞受賞「花子とアン」共演者が称賛「素敵な女優になる」”. モデルプレス. (2015年2月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1465567 2015年2月8日閲覧。 

    外部リンク

    • 黒木華 - allcinema
    • 黒木華 - KINENOTE
    • 黒木華 - テレビドラマデータベース
    • 特集 あの人のとっておきセレクション 黒木華さん NHKアーカイブス
    • 黒木華 - NHK人物録
    • 黒木華 - 公式ホームページ
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=黒木華&oldid=71558990」から取得

    黒木華は日本の女優。

    1990年3月14日生まれ、大阪府出身。

    略歴

    京都造形芸術大学映画学科映画俳優コースに進学。大学在学中に、NODA・MAP「ザ・キャラクター」にて初舞台

    受賞歴

    フィルモグラフィー

    連続テレビ小説NHK

    ドラマ作品

    映画


  • 野田秀樹「覗き見の精神で」、黒木華・熊谷和徳ら参加「東京キャラバン in 秋田」  ナタリー

    「東京キャラバン in 秋田」が、2月16・17日に秋田・秋田ふるさと村 ドーム劇場で開催される。

    米倉涼子、黒木華が出演する松本清張氏原作「疑惑」 米倉が黒木に嫉妬か  ニフティニュース

    松本清張氏原作「疑惑」で米倉涼子が弁護士、黒木華が容疑者を演じる 米倉は映画版で同じ弁護士役を演じた岩下志麻にも相談したという ドラマ関係者は「魔性の女ぶり ...

    <黒木華>柄が可愛い! ニット×スカートできれいめカジュアル ぺたんこシューズで(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

    女優の黒木華さんがこのほど、テレビ東京で行われた俳優の光石研さんの主演連続ドラ.

    米倉涼子、黒木華が出演作の『疑惑』を語る 余貴美子、津川雅彦さんも出演  ニフティニュース

    女優の米倉涼子主演で、松本清張氏の名作サスペンス『疑惑』がよみがえる 同作で疑惑にまみれる白河球磨子を黒木華が演じ、余貴美子、津川雅彦さんも出演 過去に、 ...

    黒木華の辛い時期を支えた“最高で最強”の言葉 来年デビュー10周年、ターニングポイントを語る<モデルプレスインタビュー>  モデルプレス

    黒木華/モデルプレス=2月2日】確かな実力と唯一無二の雰囲気で私たちを魅了する女優・黒木華(くろき・はる/28)。放送を控えるテレビ朝日系ドラマスペシャル松本 ...

    「昭和顔」だと思う平成生まれの女優ランキング 2位は二階堂ふみ  livedoor

    「昭和顔だな~」と思う平成生まれの美人女優を、gooランキングが調査した。1位は純日本人顔で、透明感のある白肌とつぶらな瞳が印象的な黒木華。2位は大きな瞳や ...

    米倉涼子と黒木華のキスシーンを巡り勃発した「どっちが上手い?」評 |  アサジョ

    2月3日に放送されるテレビ朝日開局60周年記念、松本清張原作のスペシャルドラマ「疑惑」。主演する米倉涼子と女優・黒木華のキスシーンが1月16日に明らかになり、早く ...

    米倉涼子が黒木華を「妖艶な凄腕」と賞賛! 「私、やっぱり悪女の方がいい」と意気込む理由とは? - wezzy|ウェジー  wezzy

    テレ朝で視聴率女王の座に君臨する米倉涼子さんが、2月3日に同局で放送される主演ドラマ『松本清張ドラマスペシャル「疑惑」…

    米倉涼子:黒木華の悪女ぶりに「うらやましく…」 話題の“路チュー”も語る  MANTANWEB(まんたんウェブ)

    松本清張原作のスペシャルドラマ「疑惑」(テレビ朝日系)に出演する女優の米倉涼子さんと黒木華さんがこのほど、2月3日の放送を前に取材に応じた。数多くの松本清張 ...

    米倉涼子&黒木華、ドラマでよみがえる松本清張『疑惑』 過去作とは「全然違う」  ORICON NEWS

    女優の米倉涼子主演でよみがえる、松本清張の名作サスペンス『疑惑』(テレビ朝日系で2月3日放送 後9:00~11:05)。『黒革の手帖』をはじめ、『けものみち』『わるいやつ ...

    「東京キャラバン in 秋田」 黒木華さんほか参加アーティストが決定! パフォーマンステーマは“禁断の恋”  PR TIMES

    公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京のプレスリリース(2019年1月31日 16時10分)[東京キャラバン in 秋田] 黒木華さんほか参加アーティストが決定!

    米倉涼子、黒木華に唇を…「しらふで女性とキスしたのは初めて」  ニコニコニュース

    米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日・松本清張ドラマスペシャル『疑惑』が2月3日(午後9:00~午後11:05)に放送される。このドラマで黒木華に唇を奪われた米倉は「 ...

    光石研の“グルーヴ”に黒木華が“バイブス”でアンサー『デザイナー 渋井直人の休日』1・17スタート|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!  TV LIFE

    木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」』の会見が行われ、光石研、黒木華、岡山天音、松本佳奈監督が登壇した。

    米倉涼子と黒木華"疑惑"  ニフティニュース

    女優の米倉涼子主演で、松本清張氏の名作サスペンス『疑惑』がよみがえる 同作で疑惑にまみれる白河球磨子を黒木華が演じ、余貴美子、津川雅彦さんも出演 過去に、 ...

    佐藤健×高橋一生『億男』Blu-ray&DVDが5月リリース、メイキング映像ほか2時間超の特典映像収録  映画ランドNEWS

    映画『億男』のBlu-ray&DVDが5月22日(水)にリリースされる。 億男. 『るろうに剣心』シリーズなどで知られる大友啓史が川村元気の同名原作を映画化した本作。お金を ...

    【ヒューマン】日本の“華”!黒木華、時代劇に合う顔「最初は抵抗ありました」  SANSPO.COM

    今最も勢いに乗る演技派女優、黒木華(28)。1日に公開された主演映画「ビブリア古書堂の事件手帖」(三島有紀子監督)をはじめ、今年だけで映画6本、連続ドラマ2本…

    黒木華、なぜ監督たちから再起用される?|Real Sound|リアルサウンド 映画部  Real Sound

    2018年下半期、もっとも強い輝きを放った女優といえば、黒木華ではないだろうか。劇場アニメ『未来のミライ』にはじまり、主役やヒロインを務めた作品が怒涛の勢いで公開 ...

    黒木華、人と比べて悩んだ20代前半 舞台で試練乗り越える  シネマトゥデイ

    茶道教室に通った日々をつづった森下典子のエッセイに基づく映画『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)で主演を務めた黒木華が、20代から40代までを演じたヒロインに ...

    黒木華、「けもなれ」で引きこもりニートを好演…高い演技力の理由は?  アエラドット 朝日新聞出版

    読書好きで嶽本野ばらのサイン会に行ったことも 女優の黒木華(28)が11月1日、都内で行われた映画「ビブリア古書堂の事件手帖」の初日舞台挨拶に登壇した。本や人と ...

    黒木華に「旦那がいる」との噂が? 「彼氏としてはアリ」と語った俳優に驚く  AFPBB News

    女優として活躍している黒木華(くろきはる)さん。 和風美人といったその雰囲気に魅了される人も多く、高い演技力でも各方面から支持されています。 そんな黒木華さんの ...

    門外不出「有名女優のトリセツ」(1)黒木華主演作品はVIP待遇が必要  アサ芸プラス

    毀誉褒貶の激しい芸能界で、最も好奇の目にさらされる「女優」という職業。「女心と秋の空」などと申しますが、一般女性よりも特に移り気な彼女たちの対応には細心の注意 ...

    希林さん絶賛の黒木華 蒼井優とは「似て非なる女優」  NEWSポストセブン

    ドラマや映画関係者の間で、“今もっとも起用したい女優”として真っ先に名前があがるのが、黒木華(28才)だ。今年10月13日に公開した映画『日日是好日』(にちにちこれ ...

    黒木華、「昭和顔」がイヤじゃなくなった?  アエラドット 朝日新聞出版

    新作映画「日日是好日」で、樹木希林さんと共演し、多くを学んだという黒木華さん。樹木さんが亡くなる前に行われた作家・林真理子さんとの対談で、黒木さんが共演 ...

    黒木華、中島哲也監督のホラー『来る』で試練 自然体でいる難しさ  シネマトゥデイ

    女優の黒木華が、澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」に基づくホラー映画『来る』(12月7日公開)で、『告白』の中島哲也監督と初のタッグを組んだ。

    黒木華、子役に嫌われ母親の苦労を実感  シネマトゥデイ

    女優の黒木華と小松菜奈が7日、都内で行われた映画『来る』初日舞台あいさつに登壇し、演じるキャラクターのせいで子役から本気で嫌われていたことが明かされた。

    黒木華、樹木希林さん偲ぶ 人間性が「かっこいい」  シネマトゥデイ

    女優の黒木華が13日、新宿ピカデリーにて行なわれた映画『日日是好日』初日舞台あいさつに多部未華子、鶴田真由、大森立嗣監督、原作者の森下典子と共に登壇。

    黒木華と松田龍平『獣になれない私たち』共演中のふたりが、お台場で映画デート?  ニフティニュース

    黒木華と松田龍平が「週刊女性」にて、お台場で映画デートに興じていたと報じられた 黒木は松田とポップコーンをシェアし、映画を見ながら肩を寄せ合っていたらしい 双方の ...

    “日本一割烹着の似合う女優”黒木華の本性は「見た目と真逆」だった |  アサジョ

    10月13日に公開される映画「日日是好日」に主演している女優の黒木華が、10月7日に放送されたトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。その際、大和撫子で ...

    畠山愛理vs黒木華 NHK好み日本風美女は「巾着名器」,313;  ニフティニュース

    ノーパンで臨んだ着物演技 もう1人は女優の黒木華(くろき・はる)で、1990年3月14日生まれの28歳だ。「今年の大河ドラマ『西郷どん』にも出演していますし、一昨年の『真 ...

    「西郷どん」の黒木華が絶賛の嵐!噂の“大女優病”も克服か? |  アサジョ

    8月5日に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」では、禁門の変、長州征伐で名を挙げた鈴木亮平演じる西郷吉之助が1年ぶりに薩摩に帰国。以前から吉之助に心を寄せ ...

    黒木華の初恋相手“虫博士のマエダくん”大人になって演歌歌手に  マイナビニュース

    女優の黒木華が7日、東京・汐留の日本テレビで行われた同局系ドラマ『獣になれない私たち』(10日スタート、毎週水曜22:00~ ※初回10分拡大)のトークイベントに登場。

    米倉涼子と黒木華がドラマでキス「シラフで女性としたのは初めて」  livedoor

    2月3日に放送されるテレビ朝日系の松本清張ドラマスペシャル「疑惑」。米倉涼子が黒木華に唇を奪われてしまうというシーンがあると分かった。冷静に受け止めていた米倉 ...

    「整形しているの?」と聞かれ…黒木華&多部未華子 樹木希林との思い出「会話も直球でした」  www.fnn.jp

    めざましテレビ 黒木華、多部未華子が茶道を扱った映画の試写会に…お客さんは着物姿 9月に死去した樹木希林さんとの初共演の思い出を語る2人 「お茶は形から入る ...

    あわや大惨事?黒木華、“酒乱”イケメン俳優2人と深夜のバーで |  アサジョ

    11月15日発売の「女性セブン」が、女優の黒木華が2人のイケメン俳優とバーで過ごしたことを報道。ところが、黒木にとっては大ピンチだったようだ。 記事によると、黒木と ...

    黒木華"樹木さん老害"  ニフティニュース

    黒木華は多部未華子と同格の対応に憤り、鶴田真由がなだめても納得いかなかったという 黒木は樹木希林さんに「ハリウッドは無理」と言われ、裏で「老害」と呼んでいた ...

    <黒木華>10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース 個人

    公開中の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)は、一人の女性が、“

    【黒木華】黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイ

    今期の連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)で共演した俳優の松田龍平(35)と女優の黒木華(28)の“お台場デート”が、「週刊女性」(12月18日号)で報じられた ...

    <黒木華>シャツワンピ×ジャケットでシンプルに ちらり脚見せも(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

    女優の黒木華さんが7日、東京都内で開かれた映画「来る」(中島哲也監督)の初日舞台あいさつに登場。深いVネックの黒いシャツワンピースに黒いロングジャケット、黒い ...

    黒木華演じる“引きこもり”元カノの行動に怒りの声も「獣になれない私たち」3話  シネマカフェ

    新垣結衣と松田龍平のW主演で贈る「獣になれない私たち」の第3話が10月24日にオンエア。今回は黒木華演じる“引きこもり”元カノ・朱里のある行動に激怒する視聴者続出 ...

    黒木華&野村周平「ビブリア古書堂」の役どころに共感しきり  映画.com

    映画.com ニュース] 女優の黒木華と俳優の野村周平がダブル主演した映画「ビブリア古書堂の事件手帖」の完成披露試写会が9月17日、都内で行われた。2人は共演の ...

    黒木華:樹木希林さんの演技を目の当たりに「涙が勝手に出てきた」  MANTANWEB(まんたんウェブ)

    女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)が公開中だ。“お茶”を通して一人の女性の人生が豊かに彩られていくさまを描いたヒューマン作。9月に亡くなっ ...

    夜の中目黒を歩く吉田羊と黒木華 まるで恋人のような「密着」  livedoor

    夜の中目黒を歩く吉田羊と黒木華の姿を、FRIDAYがとらえた。ほろ酔いで歩く2人は、恋人のように密着して何かを囁き合っていたそう。芸能プロ関係者によると、2人は大の ...

    劇中の化け物より岡田准一、妻夫木聡、黒木華の演技が怖い!?/週末エンタメ  サンケイスポーツ

    V6の岡田准一主演の「来る」(7日公開)は、日本ホラー大賞を受賞した澤村伊智「ぼぎわんが、来る」が原作。なんやねん…と思ってしまう“ぼぎわん”をスパッと落とし…

    樹木希林、黒木華に期待!映画界を背負って立つ女優と称賛  シネマトゥデイ

    映画『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)の完成披露試写会が31日、MOVIX京都で行われ、女優の黒木華、樹木希林、原作者の森下典子、大森立嗣監督が登壇。撮影を ...

    樹木希林が黒木華を指南…お茶を通しての成長と感動を描く『日日是好日』予告  シネマカフェ

    エッセイ「日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ」の映画化『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)。黒木華、樹木希林、多部未華子が初共演することで話題の本作 ...

    黒木華の主演映画『ビブリア古書堂の事件手帖』が公開早々爆死 『日日是好日』は好調  ニフティニュース

    黒木華の主演映画『ビブリア古書堂の事件手帖』が案の定大爆死を遂げている 本作は13年に剛力彩芽主演でドラマ化されたが原作との違いを批判され、不評に終わった ...

    松田龍平は新垣結衣を“利用した”!?黒木華とのリアルデート報道に驚きの声 |  アサジョ

    12月5日放送の「獣になれない私たち」(日本テレビ系)第9話で、精神的に弱っていた新垣結衣演じる晶と松田龍平演じる恒星の2人は遂に肉体関係を結ぶのだが、翌朝に ...

    黒木華がフランス語番組への出演 実績十分で期待される海外進出  livedoor

    10月開始の「旅するフランス語」に出演する黒木華を「女性自身」が報じた。「フランス映画に出演してみたい」と意気込んでいるという黒木。海外の映画祭で賞を獲得する ...

    『怖い映画は苦手』な黒木華 でも…“血まみれ”体験は「楽しかった」 (1/3)  webザテレビジョン

    【ザテレビジョン芸能ニュース!】「告白」(2010年)の中島哲也監督が、第22回日本ホラー小説大賞を受賞した「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)を映画化した「来る」。

    岡田准一&安藤サクラ&黒木華らが主演賞!『万引き家族』が最多「毎日映画コンクール」ノミネート  シネマカフェ

    国内で最も権威と実績、歴史のある映画賞「第73回毎日映画コンクール」の各賞のノミネート作品&ノミネート者が決定し、『万引き家族』が最多の13ノミネートとなった。

    黒木華&野村周平&成田凌のコミカルな掛け合い!「ビブリア古書堂」4映像一挙披露  映画.com

    三上延氏の人気ミステリー小説を実写映画化する「ビブリア古書堂の事件手帖」の特別映像4種が、このほど披露された。それぞれ「栞子&大輔キャラクター紹介編」「栞子& ...

    2度目の夫婦役に挑んだ佐藤健と黒木華、離婚危機で「もっとはっきり言ってよ」 (1/3)  webザテレビジョン

    宝くじで3億円が当たった男が親友にお金を持ち逃げされ、その行方を探す旅の中で、〝お金とは何か〟に気付いていく姿を描く映画「億男」。主人公の一男を演じる佐藤健 ...

    鈴木保奈美や黒木華、真木よう子ら気難しい女優の扱いに注意? 「トリセツ」遵守とも  ニフティニュース

    気難しい女優たちの扱いを間違ってはいけない──。そのための「トリセツ」がある。 たとえば、ドラマ「SUITS」(フジ)で、織田裕二との「27年ぶり月9共演」が話題になった ...

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も  CINRA.NET(シンラドットネット)

    舞台『ハムレット』のビジュアルが公開された。 同公演は、シアターコクーンによる『DISCOVER WORLD THEATRE』シリーズ初のウィリアム・シェイクスピア劇。イギリスの ...

    田中圭、新垣結衣の恋人役に! 黒木華&菊地凛子らも出演「獣になれない私たち」  シネマカフェ

    新垣結衣と松田龍平がW主演する10月放送のドラマ「獣になれない私たち」。この度、田中圭、黒木華、菊地凛子ら本作を盛り上げる豪華なキャストが決定した。

    『西郷どん』46回、黒木華の“最後”の願いに反響「涙しかない」|ニフティニュース  ニフティニュース

    NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第46回「西南戦争」が9日に放送され、争いのさなか、糸を演じる黒木華の言葉に「涙しかない」「切ない」など ...

    『日日是好日』黒木華インタビュー|Real Sound|リアルサウンド 映画部  Real Sound

    10月13日公開の映画『日日是好日』より、主人公・典子を演じた黒木華のインタビュー映像が公開された。 本作は、著者・森下典子が街の茶道教室に通い続けた約25年に ...

    彼女がキレイな理由:黒木華さん 「カッコいい女優」樹木希林さんと過ごした有意義な時間  毎日キレイ

    女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)が公開中だ。“お茶”を通して一人の女性の人生が豊かに彩られていくさまを描いたヒューマン作。9月に亡くなっ ...

    黒木華、共演・樹木希林の生き方に学ぶ「とにかく格好いい方」  映画.com

    映画.com ニュース] 茶道を通して女性たちの成長を描く映画「日日是好日」のプレミアム試写会が9月4日、東京・港区の明治記念館で行われ、主演の黒木華をはじめ鶴田 ...

    黒木華、映画で登場する仕草「私の癖です」  Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)

    三上延のベストセラー小説を実写化した映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の舞台挨拶が10日、大阪市内でおこなわれ、主演を務める黒木華と野村周平、三島有紀子監督 ...

    黒木華、佐藤健と共演時のルールを告白「『今日もかっこいいですね』って言う」  AbemaTIMES

    19日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて映画『億男』の初日舞台挨拶が行われ、佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也、大友啓史監督 ...

    黒木華&野村周平 内容をしゃべりまくる「本のソムリエ」にビックリ!  www.fnn.jp

    めざましテレビ 「ビブリア古書堂の事件手帖」イベントに黒木華&野村周平 本のソムリエが野村周平さんに「雨の日も、晴れ男」をプレゼント 本のあらすじをしゃべりまくる「本 ...

    黒木華さん 映画「日日是好日」で師匠役の樹木さん「かっこいい」  読売新聞

    茶道をテーマにした、森下典子さんの人気エッセー「日日是好日にちにちこれこうじつ『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」が映画化され、ヒロイン・典子を演じた、女優の黒木 ...

    「下手くそ!」緊張感ある現場での挑戦と手応え 〜映画『来る』黒木華インタビュー〜 (1/2)  BLOGOS

    国内外を席巻した大ヒット映画『告白』などで知られる中島哲也監督が、第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を実写化した最恐エンタテインメント『来る』 ...

    黒木華、ハリウッドスターとの“妄想恋愛”で失恋  ウオーカープラス

    10月7日に放送された「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に、女優の黒木華が登場。“妄想族”という黒木が、ハリウッドスターとの熱愛を想像していることが明らかになった。

    絶好調の黒木華、飛躍のきっかけとなった『小さいおうち』とは?  シネマズby松竹

    今回は、女優として絶好調の黒木華の出世作『小さいおうち』をご紹介したいと思います!

    黒木華が光石研主演ドラマ「渋井直人の休日」出演、50代独身男の“ヒロイン”に  ナタリー

    黒木華が、光石研の主演ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」に出演することがわかった。

    【黒木華】今年だけで映画出演6本 黒木華の原動力は“焼肉とカラオケ”  日刊ゲンダイ

    今年だけで出演作は、ナント6本! 日本映画界で引っ張りダコの女優・黒木華(28)の勢いが止まらない。 夏のアニメ映画「未来のミライ」での声優を皮切りに、時代劇「散り ...

    黒木華さん「希林さん、もっと、お話ししたかったです」  朝日新聞

    10月公開の映画「日日是好日」で共演した黒木華さんのコメント 突然すぎて、なんと言えばいいか本当に言葉が浮かびません。希林さんとお仕事をご一緒できたことはとても ...

    黒木華の「ビブリア」が爆死  ニフティニュース

    黒木華の主演映画『ビブリア古書堂の事件手帖』が案の定大爆死を遂げている 本作は13年に剛力彩芽主演でドラマ化されたが原作との違いを批判され、不評に終わった ...

    【黒木 華】『ビブリア古書堂の事件手帖』 映画公開記念特別インタビュー「本の持つ力」vol.1  FILMAGA by Filmarks

    主演 篠川栞子役 黒木 華(くろき・はる) さん NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、デビュー。2014年に『小さいおうち』で第64回ベルリン ...

    <黒木華>フィッシュテールワンピですらり美脚見せ 黒ネイルでスタイリッシュに(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース 個人

    女優の黒木華さんが23日、東京都内で開かれた映画「来る」(中島哲也監督、12月7日公開)の製作報告会に登場。人気のフィッシュテールデザインのワンピースですらりと ...

    黒木華 | 宗春スペシャルインタビュー | オピ・リーナ(Opi-rina)  オピ・リーナ

    日本映画界に新たな歴史を刻む、“美しい時代劇”『散り椿』が9月28日(金)に公開されます。直木賞作家・葉室麟の同名小説を日本映画界の巨匠・木村大作が監督・撮影。

    ムロツヨシ、黒木華と「自宅を行き来する関係」告白 新垣結衣との三角関係も明かし嫉妬の声  しらべぇ

    『ぴったんこカン・カン』で俳優・ムロツヨシは黒木華との関係を暴露。さらにガッキーこと新垣結衣とも…

    ジャスティン、スチャダラ…黒木華が「頑張りたいときに聴く曲」は?  ニフティニュース

    シンガーソングライターのLOVEがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「LOVE CONNECTION」。10月15日(月)の放送では、番組のコーナー「LISTEN!

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡 ホラー映画『来る』特報  CINRA.NET(シンラドットネット)

    中島哲也監督の新作『来る』の特報が公開された。 『第22回日本ホラー小説大賞』を受賞した澤村伊智の小説『ぼぎわんが、来る』をもとにした同作。妻・香奈との結婚式を ...

    主演映画がヒットの黒木華、監督と大阪万博デートに?  NEWSポストセブン

    女優・黒木華が現在公開中の主演映画『日日是好日』の大ヒット御礼舞台あいさつに大森立嗣監督とともに登場した。 今回のイベントは大阪万博開催が決定した直後に行 ...

    成田凌が大人のモテ男に、黒木華×野村周平『ビブリア古書堂の事件手帖』  CINRA.NET(シンラドットネット)

    映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の新たなキャストが発表された。 同作は、鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子と、店で働き始める本が読めない青年・五 ...

    黒木華も“食べる女”に参戦? 「セボン」で舌好調、食べるフランス語  デイリー新潮

    食べる女”がちょっとしたブームのようだ。9月公開の小泉今日子主演による映画も話題となったが、今クールの連続ドラマでも高畑充希がひたすら食べまくる「忘却のサチコ」( ...

    『獣になれない私たち』タイトルに込められたもの|Real Sound|リアルサウンド 映画部  Real Sound

    運命の人と出会うと頭の中で鳴る鐘の音。それは、ある人にとっては歯車が静かに動き出す音かもしれないし、ある人にとってはビビビッという放電する音のようなものかも ...

    女優・樹木希林の「カッコよさの秘密」を黒木華が明かした!  アサ芸プラス

    樹木希林、黒木華、多部未華子の初共演で話題の10月13日公開映画「日々是好日」。9月4日に行われたこの映画のプレミアム試写会には、特別来賓として高円宮久子 ...

    岡田将生主演『ハムレット』来年上演 黒木華、松雪泰子、村上虹郎ら共演  CINRA.NET(シンラドットネット)

    岡田将生主演の舞台『ハムレット』が、2019年5月9日から東京・渋谷のBunkamura シアターコクーン、6月7日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。 同公演は、 ...

    黒木華、妻夫木聡から結婚を心配されタジタジ<来る>  モデルプレス

    妻夫木聡・黒木華/モデルプレス=10月23日】俳優の妻夫木聡と女優の黒木華が23日、都内にて行われた映画『来る』(12月7日公開)の制作報告会に登壇。撮影を ...

    黒木華×野村周平『ビブリア古書堂』新写真 成田凌、夏帆、東出昌大も  CINRA.NET(シンラドットネット)

    映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の新たな場面写真が公開された。 公開された場面写真では、黒木華演じる栞子、野村周平演じる大輔がビブリア古書堂の本棚の前に並ん ...

    黒木華、女優への芽生え明かす「親がミュージカルに参加させてくれた」  ニコニコニュース

    黒木華が、31日放送の『バゲット』(日本テレビ系)に出演。演じることの原体験を明かした。【大きい画像を見る】黒木華【撮影:編集部】 少女時代は「比較的おとなしくて ...

    黒木華 希林さんに恋愛相談|ニフティニュース  ニフティニュース

    松田龍平と黒木華のお台場デートを5日、「週刊女性PRIME」が報じている 松田は太田莉菜と昨年離婚、黒木は玉置玲央とフライデーに撮られたことも 黒木は10月に映画『 ...

    黒木華、人生初の旅ロケに大緊張!初々しい姿がネットで話題に  ウオーカープラス

    10月1日に放送された「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK総合)に、女優の黒木華がゲスト出演。人生初の“取材交渉”に挑戦した。ロケ番組の出演が初めてという黒木は登場から「 ...

    上白石萌歌、憧れの黒木華との共演に感激「こんな女性を目指したい」  シネマトゥデイ

    映画『未来のミライ』大ヒット御礼舞台あいさつが7日、都内で行われ、主人公のくんちゃんに声を吹き込んだ上白石萌歌と、未来から来た妹のミライちゃん役の黒木華が来場 ...

    瑛太、大河打ち上げ抜け出し黒木華&永山絢斗と深夜密会  BLOGOS

    東京・目黒川のほとりに佇む一軒の薄暗いバー。そのボックス席で談笑するグループの中に、瑛太(35才)と永山絢斗(29才)というイケメン兄弟がいた。そして、兄弟の間に ...

    黒木華、ムロツヨシに妙な安心感「ムロさんと歩いていても撮られたことない」  ウオーカープラス

    10月3日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に黒木華が登場。芸能界の交遊録について明かした。黒木は、「交換したのにかかって来なかったらどうしよう」と自分から電話 ...

    『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編|Real Sound|リアルサウンド 映画部  Real Sound

    11月1日公開の映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の予告編が公開された。 作家・三上延による小説『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズを映画化する本作は、鎌倉の片隅 ...

    松田龍平と黒木華にお台場デート報道 意外な『けもなれ』つながり - wezzy|ウェジー  wezzy

    松田龍平と黒木華が“お台場ドライブ”と“映画デート”をしていたと、12月4日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報道し…

    『獣になれない私たち』新垣結衣を罵倒する黒木華の役に「ぶん殴りたい」批判集中の理由 - wezzy|ウェジー  wezzy

    新垣結衣の主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)も、ついに第6話の放送を迎える。理性に邪魔されて自由に生きら…

    黒木華、佐藤健と再び夫婦役「もう一回お会いしたかった」「幸せ」<億男>  モデルプレス

    黒木華・佐藤健/モデルプレス=9月21日】女優の黒木華が20日、都内にて行われた主演映画『億男』(10月19日公開)の完成披露試写に登壇。夫婦役を演じる佐藤健との ...

    黒木華、「演劇が自分の居場所」 芝居に救われた過去を明かす(クランクイン!)  Yahoo!ニュース 個人

    文学的な香りをまとった清楚なビジュアルと、学生時代から舞台で培ってきた確かな演技力。女優として唯一無二の魅力を持つ黒木華が、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』 ...

    壇蜜、黒木華、安藤サクラ…昭和顔って美人なの?高須院長に聞く  女子SPA!

    最近、注目を浴びている「昭和顔」って聞いたことがありますか?一重まぶた、切れ長の目、凹凸のない顔…つまりは和風の地味顔。私たち女性の多くは、地味顔を華やかに ...

    『けもなれ』朱里は本当に悪なのか?|Real Sound|リアルサウンド 映画部  Real Sound

    ある日目覚めたら、突然魂が抜けてしまったかのように身体が硬直して動かなくなる。今から行くべき場所の無機質な白い壁に、莫大な恐怖心を覚えてしまい、ベッドから ...

    「糸の気持ちを疑似体験することで、私自身も成長している気がします」黒木華(西郷糸)【「西郷どん」インタビュー】  テレビファン・ウェブ

    主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)がついに三度目の結婚をした。その相手は、幼なじみで一度は他家に嫁いだ岩山糸。紆余(うよ)曲折を経てようやく結ばれた2人だが、その ...

    Nulbarich、テレビ東京『デザイナー 渋井直人の休日』ED曲「Sweet and Sour」MV公開  Spincoaster(スピンコースター)

    Spincoaster (スピンコースター) | 心が震える音楽との出逢いを.

    黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大 将来への伝言│NEWSポストセブン  NEWSポストセブン

    映画・『ビブリア古書堂の事件手帖』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大、そして三島有紀子監督が登場した。 この日は、同作 ...




情報の検索

商品の検索