竹内結子(たけうちゆうこ)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 半保護されたページ
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    たけうち ゆうこ
    竹内 結子
    竹内 結子
    2015年、第28回東京国際映画祭にて
    生年月日 (1980-04-01) 1980年4月1日
    没年月日 (2020-09-27) 2020年9月27日(40歳没)
    出生地 日本の旗 日本 埼玉県浦和市(現さいたま市南区)[1]
    死没地 日本の旗 日本 東京都渋谷区[2][3][4]
    身長 164 cm[5]
    血液型 A型[5]
    職業 女優
    ジャンル テレビドラマ、映画
    活動期間 1996年 - 2020年
    配偶者 中村獅童(2005年 - 2008年)[1]
    中林大樹(2019年 - 2020年死去まで)[6]
    事務所 スターダストプロモーション(最終所属)
    公式サイト 竹内結子 オフィシャル・ウェブサイト
    主な作品

    映画
    『星に願いを。』/『黄泉がえり』
    『いま、会いにゆきます』
    『天国の本屋〜恋火』
    『春の雪』/『サイドカーに犬』[1]
    『ショコラの見た世界』
    『クローズド・ノート』
    『ミッドナイト・イーグル』
    『チーム・バチスタの栄光』シリーズ
    『なくもんか』/『ゴールデンスランバー』
    『僕と妻の1778の物語』/『ステキな金縛り』
    『ストロベリーナイト』
    『ふしぎな岬の物語』/『殿、利息でござる!』
    『コンフィデンスマンJP』シリーズ


    テレビドラマ
    『あすか』[1]/『白い影』/『ムコ殿』
    『ガッコの先生』/『ランチの女王』[1]
    『笑顔の法則』/『プライド』
    『不機嫌なジーン』/『薔薇のない花屋』
    『夏の恋は虹色に輝く』
    『ストロベリーナイト』/『真田丸』
    『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』
    『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』
    声の出演
    『インサイド・ヘッド』
     
    受賞
    日本アカデミー賞
    優秀主演女優賞
    2004年『黄泉がえり』
    2005年『いま、会いにゆきます』
    2006年『春の雪』
    優秀助演女優賞
    2014年『ふしぎな岬の物語』
    その他の賞
    キネマ旬報ベスト・テン
    主演女優賞
    2007年『サイドカーに犬』『クローズド・ノート』『ミッドナイトイーグル』
    テンプレートを表示

    竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日[5] - 2020年9月27日[2][3][4])は、日本の女優、ナレーター[1]。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身[1]。最終所属はスターダストプロモーション[7]。夫は俳優の中林大樹[6]。前夫は中村獅童(長男あり)。

    来歴・人物

    生前、公表されることはほとんどなかったが、中学2年の時に母を亡くし複雑な家庭環境で育つ[8]。ただし、ブレイク前の18歳の時に桜井亜美の『サーフ・スプラッシュ』の解説を執筆した際、このことに若干触れている[9][10][11][12]

    中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する[1][13]

    1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー[14]

    1996年(平成8年)、堂本光一主演のテレビドラマ 『新・木曜の怪談 Cyborg』(フジテレビ)での快活なヒロイン役女子高生としての全話出演で女優デビューした[14]

    その後は数々のドラマや映画などに出演、1999年(平成11年)に放送されたNHK連続テレビ小説 『あすか』、2001年(平成13年)に放送されたテレビドラマ 『白い影』(TBS)ではそれぞれヒロイン役を務め、広く知られるようになった[1]。その翌年に放送されたテレビドラマ 『ランチの女王』では、フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ(月9)に初主演した[15]

    トレンディドラマの時代が終わると、女優不遇の時代が続く中、数少ない実力派として目されるようになった[1]

    2003年(平成15年)に公開された映画 『黄泉がえり』に出演した頃には、「泣きたい夜には、竹内結子」というキャッチフレーズ入りポスターが東宝によって作成された。

    2005年(平成17年)6月、映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚[3]。妊娠していることも公表し、同年11月に第1子となる男児を出産。

    2007年(平成19年)に公開された主演映画『サイドカーに犬』での演技は高く評価され、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞、日本映画批評家大賞主演女優賞など、多くの賞を受賞した[15]

    2008年(平成20年)、2月に中村と離婚、親権は竹内に委ねられた[16]

    同年、月9ドラマ『薔薇のない花屋』にヒロイン役で出演し、3年ぶりにドラマ復帰した[15]。翌2009年(平成21年)には、アメリカABC制作のテレビドラマ『フラッシュフォワード』に出演した[17]

    2010年(平成22年)、スペシャルドラマ『ストロベリーナイト』で主演を務め、初の刑事役に挑戦した[15]

    2014年(平成26年)、三谷幸喜作・演出の舞台『君となら』で主演を務め、舞台に初挑戦[18]

    2015年(平成27年)、主演作品『残穢 -住んではいけない部屋-』が、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品される[19]

    2018年(平成30年)、HuluとHBOアジアの初の国際共同製作ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』で女性版シャーロック・ホームズを演じ、Huluにて配信されHBOでも世界19か国で放送された[20]

    2019年(平成31年)2月27日、所属事務所の後輩の中林大樹と再婚、連名で報告した[6]

    2019年(令和元年)8月28日、第二子を妊娠していることがわかった[21]。翌年1月末に男児を出産[22]

    2020年(令和2年)9月27日2時ごろ、自宅でぐったりしているところを夫により発見され、搬送先で死亡が確認された。40歳没。現場の状況から自殺とみられるが、遺書は見つかっていない[2][3][4]。報道では発見時は首をつった状態であり[2][3]、場所は寝室[2](クローゼットの中[3])であったと報じられた。

    生前は2016年に発生した熊本地震の被災地への支援を4年間続けていた。竹内は埼玉出身だが、2003年に出演した『黄泉がえり』のロケ地が阿蘇だった縁で毎月支援を続け、亡くなった月にも寄付金が振り込まれていたという[23]

    交友関係

    • 所属事務所の後輩だった柴咲コウとは、『笑っていいとも!』テレフォンショッキング(2009年3月9日)を機に食事に行くようになり、交友を深める。柴咲の歌う、連続ドラマの前身であるスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』の主題歌「EUPHORIA」のPVに友情出演。また、柴咲の初武道館公演のライブにも駆けつけている。
    • 羽田美智子は、テレフォンショッキングに竹内が出る際、必ず花を贈っている。
    • 貫地谷しほりは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演して以来の間柄[24]
    • イモトアヤコは舞台共演以来、家に泊まりに来るなど仲が良い。同じマンションに住んでいた時期もあり、竹内が唯一Instagramをフォローしている大親友であった[25]

    出演

    映画

    • リング(1998年1月31日公開、東宝) - 大石智子 役
    • イノセントワールド (1998年10月3日公開、東北新社) - 珠泉アミ 役(ヒロイン)
    • ビッグ・ショー! ハワイに唄えば (1999年5月15日公開、東宝) - 高橋里美 役
    • 星に願いを。(2003年4月12日公開、東宝) - 青島奏 役(主演)
    • 黄泉がえり(2003年1月18日公開、東宝) - 橘葵 役(ヒロイン)
    • 天国の本屋〜恋火(2004年6月5日公開、松竹) - 長瀬香夏子 / 桧山翔子 役(主演)
    • いま、会いにゆきます(2004年10月30日公開、東宝) - 秋穂澪 役(主演)
    • 春の雪(2005年10月29日公開、東宝) - 綾倉聡子 役(ヒロイン)
    • サイドカーに犬(2007年6月23日公開、ビターズ・エンド) - ヨーコ 役(主演)
    • ショコラの見た世界(2007年10月13日公開) - 初子(ショコラ)役(主演)
    • クローズド・ノート(2007年9月29日公開、東宝) - 真野伊吹 役
    • ミッドナイト・イーグル(2007年11月23日公開、松竹) - 有沢慶子 役(ヒロイン)
    • チーム・バチスタの栄光(2008年2月9日公開、東宝) - 田口公子 役(阿部寛とのW主演)
    • ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年3月7日公開、東宝) - 田口公子 役(阿部寛とのW主演)
    • なくもんか(2009年11月14日公開、東宝) - 山岸徹子 役(ヒロイン)
    • ゴールデンスランバー(2010年1月30日公開、東宝) - 樋口晴子 役(ヒロイン)
    • FLOWERS -フラワーズ-(2010年6月12日公開、東宝) - 薫 役
    • 僕と妻の1778の物語(2011年1月15日公開、東宝) - 牧村節子 役(ヒロイン)
    • はやぶさ/HAYABUSA(2011年10月1日公開、20世紀フォックス) - 水沢恵 役(主演)
    • ステキな金縛り(2011年10月29日公開、東宝) - 矢部鈴子/ 日野風子 役 (2役)
    • ポテチ(2012年4月7日公開、ショウゲート) - 通行人 役(エキストラ出演)[26][27]
    • ストロベリーナイト(2013年1月26日公開、東宝) - 姫川玲子 役(主演)
    • ふしぎな岬の物語(2014年10月11日公開、東映) - 竜崎みどり 役
    • 残穢 -住んではいけない部屋-(2016年1月30日公開、松竹) - 「私」役(主演)[28]
    • 殿、利息でござる!(2016年5月14日公開、松竹) - とき 役[29]
    • クリーピー 偽りの隣人(2016年6月18日公開、松竹) - 高倉康子 役[30]
    • 旅猫リポート(2018年10月26日公開、松竹) - 香島法子 役
    • コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(2019年5月17日公開、東宝) - ラン・リウ(スタア)役
      • コンフィデンスマンJP -プリンセス編-(2020年7月23日公開、東宝) - スタア 役 ※遺作
    • 長いお別れ(2019年5月31日公開、アスミック・エース) - 今村麻里 役
    • 決算! 忠臣蔵(2019年11月22日公開、松竹) - りく 役[31]

    テレビドラマ

    • 新・木曜の怪談 Cyborg(1996年10月17日 - 11月21日、フジテレビ) - 今村優香 役
    • いいひと。 第5・6話(1997年5月13・20日、関西テレビ) - 林田真紀 役
    • shin-D「夏の忘れもの」第2話(1997年9月10日、日本テレビ)
    • 凍りつく夏(1998年7月6日 - 9月14日、読売テレビ) - 森口純子 役
    • せつない the 19th tale「線香花火」(1998年、テレビ朝日) - 田島清香 役
    • あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル '98(1998年8月28日、日本テレビ) - 風吹明日香 役
    • 寺内貫太郎一家 '98秋スペシャル(1998年9月24日、TBS) - 河内美鈴 役
    • なにさまっ!(1998年10月11日 - 12月20日、TBS) - 木村友里 役
    • ロマンス(1999年4月12日 - 6月28日、読売テレビ) - 倉沢琴絵 役
    • 連続テレビ小説 あすか(1999年10月4日 - 2000年4月1日、NHK) - 宮本あすか 役(主演) ※初主演
    • Friends(2000年7月7日 - 9月15日、TBS) - 松野美雪 役
    • 百年の物語 第2夜「戦後編・愛は哀しみをこえて」(2000年8月29日、TBS) - 永井とし子 役
    • スタイル!(2000年10月12日 - 12月14日、テレビ朝日) - 榊原栞 役(ヒロイン)
    • 白い影(2001年1月14日 - 3月18日、TBS) - 志村倫子 役(ヒロイン)
      • 白い影 その物語のはじまりと命の記憶(2003年1月2日)
    • ムコ殿(2001年4月12日 - 6月28日、フジテレビ) - 新井さくら 役(ヒロイン)
    • ガッコの先生 (2001年10月7日 - 12月16日、TBS) - 朝倉素子 役(ヒロイン)
    • ランチの女王(2002年7月1日 - 9月16日、フジテレビ) - 麦田なつみ 役(主演)
    • 笑顔の法則(2003年4月13日 - 6月22日、TBS) - 倉沢祐美 役(主演)
    • ワルシャワの秋(2003年12月23日、関西テレビ) - 青木葉子 役(主演)
    • プライド (2004年1月12日 - 3月22日、フジテレビ) - 村瀬亜樹 役(ヒロイン)
    • 新ニューヨーク恋物語(2004年3月30日、フジテレビ) - 藤倉英子 役(ヒロイン)
    • 不機嫌なジーン(2005年1月17日 - 3月28日、フジテレビ) - 蒼井仁子 役(主演)
    • 薔薇のない花屋(2008年1月14日 - 3月24日、フジテレビ) - 白戸美桜 役(ヒロイン)
    • フラッシュフォワード(2009年、アメリカABC、日本放映:2010年 - ) - ケイコ 役
    • 夏の恋は虹色に輝く(2010年7月19日 - 9月20日、フジテレビ) - 北村詩織 役(ヒロイン)
    • ストロベリーナイト(フジテレビ) - 姫川玲子 役(主演)
      • スペシャルドラマ ストロベリーナイト(2010年11月13日)
      • ストロベリーナイト(2012年1月10日 - 3月20日)
      • ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン「アンダーカヴァー」(2013年1月26日)
    • ステキな隠し撮り 完全無欠のコンシェルジュ(2011年11月5日、フジテレビ) - 料理研究家 役
    • チープ・フライト(2013年3月1日、日本テレビ) - 相沢美晴 役(主演)
    • ダンダリン 労働基準監督官(2013年10月2日 - 12月11日、日本テレビ) - 段田凛 役(主演)
    • ドラマW 三谷幸喜『大空港2013』(2013年12月29日、WOWOW)(主演)
    • 松本清張 黒い福音〜国際線スチュワーデス殺人事件〜(2014年1月19日、テレビ朝日) - 江原ヤス子 役
    • 上流階級〜富久丸百貨店外商部〜 (2015年1月16日、フジテレビ) - 鮫島静緒 役(主演)
    • 復讐法廷(2015年2月7日、テレビ朝日) - 緒方信子 役(ヒロイン)
    • かもしれない女優たち (2015年6月23日、フジテレビ) - 竹内結子 役(主演)
      • かもしれない女優たち2016(2016年10月10日)
    • 世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP 「箱」(2015年11月28日、フジテレビ) - 吉野朔子 役(主演)[32]
    • 大河ドラマ 真田丸(2016年4月10日 - 12月18日、NHK) - 茶々 役[33]
    • A LIFE〜愛しき人〜(2017年1月15日 - 3月19日、TBS) - 壇上深冬 役(ヒロイン)
    • イノセント・デイズ(2018年3月18日 - 4月22日、WOWOW) - 田中幸乃 役[34](ヒロイン)
    • スキャンダル専門弁護士 QUEEN(2019年1月10日 - 3月14日、フジテレビ) - 氷見江 役(主演)[35]

    Webドラマ

    • ミス・シャーロック/Miss Sherlock(2018年4月27日 - 6月15日、Hulu×HBOアジア) - シャーロック 役(主演)[36]

    吹替え

    • 『タイタニック』ゴールデンタイム日本特別編集版(2001年、フジテレビ) - ローズ・デウィット・ブケイター〈ケイト・ウィンスレット〉
    • インサイド・ヘッド(2015年7月18日公開) - ヨロコビ 役[37]

    情報バラエティ・ドキュメンタリー

    • 『世界ウルルン滞在記』(1999年2月21日、毎日放送)[38]
      • 再会スペシャル(2001年9月23日、毎日放送)
    • 『素敵な宇宙船地球号』(2002年、テレビ朝日) - ナレーション
    • 『世界がもし100人の村だったら』(2009年、フジテレビ) - ナレーション
    • 『ザ・ノンフィクション』(2011年、フジテレビ) - ナレーション
      • 「特殊清掃人の結婚〜”孤独死”が教えてくれたこと」(2013年1月20日、2014年5月4日(NYフェスティバル金賞受賞特選版))
    • 『エコの作法 〜明日の美しい生き方へ〜』(2011年4月 - 2014年10月、BS朝日) - ナレーション
    • 『EARTH friendly スペシャル 極北の聖なる川を下る』(2012年8月、BS朝日) - ナレーション
    • 鶴瓶の家族に乾杯スペシャル「竹内結子 ニューカレドニア」(2014年8月11日、NHK総合)
    • 一滴の向こう側 (2016年4月2日 - 2018年9月29日、BSフジ)- ナレーション
    • 所さんの目がテン!(2016年9月4日 - 2020年4月19日、日本テレビ) - 長期実験シリーズ企画「かがくの里」ナレーション(不定期)[39]

    ラジオ

    • 貫地谷しほりのラジオ劇団・小さな奇跡「カクテルはいかが?」(2010年3月1日 - 4日、TOKYO FM) - 中島真紀子 / 織田佳代 役
    • 竹内結子のオールナイトニッポンGOLD(2013年2月1日、ニッポン放送)

    舞台

    • 「君となら」Nobody Else But You(2014年) - 主演:小磯あゆみ役
    • 「スジナシBLITZシアターVol.4」(2016年9月14日、赤坂BLITZ) - ゲスト出演(舞台設定:ラジオブース)
    •  パルコ・ミュージック・ステージ KOKI MITANI’S SHOW GIRL「ショーガール Vol.2 〜告白しちゃいなよ、you〜」(2018年1月14日、EXシアター六本木) - ゲスト出演

    CM・広告

    • 大蔵省(当時)関東財務局 「国有宅地」(1995年 - )
    • カルビー「ポテトチップス」(1995年 - )
    • ジャストシステム「一太郎」(1996年 - )
    • ロッテリア(1996年 - )
    • 大塚ベバレジ「MATCH」(1996年 - )
    • ジョンソン・エンド・ジョンソン「johnson's baby化粧水」(1996年 - )
    • 任天堂 「NINTENDO64 Wゲットだぜキャンペーン」(1997年 - )
    • 日本生命保険「もののけ姫」協賛告知(1997年 - )
    • 東レ「コンタクトレンズ」(1997年 - )
    • 明治製菓「QUN」(1998年 - )
    • サントリー
      • 「C.C.レモン」(1998年 - )
      • 「ザ・プレミアムモルツ」(2008年 - )
        • 『竹内いきます編』 『ウクレレ編』 『お中元08編』 『プレミアムなうまさ竹内編』 『お歳暮08編』(2008年)
        • 『グラス編』『お中元編』『うれしいお歳暮編』(2009年)
        • 『プレミアムニューイヤー編』 『表彰状編』 『2010お中元編』 『グラスのこだわり編』 『ホップのこだわり編』『2010お歳暮編』(2010年)
        • 『うれしいお正月編』『上を向いて歩こう編』『見上げてごらん夜の星を編』『セレブレーション編』『中元編』『風鈴編』『ありがとうのプレモル編』『お歳暮2011年編』(2011年)
    • Panasonic(1998年 - )
    • 鶴屋百貨店御中元(1999年 - )
    • JT「GREEN'S」(1999年 - )
    • ライオン「エメロン」(2000年 - )
    • JAイメージキャラクター(2000年 - )
    • 森永乳業
      • 「クラフト フィラデルフィア・クリームチーズ」(2000年 - )
      • 「MOW」(2011年 - )
      • 「PARM」(2017年 - )[40]
    • 三共 「ルルゴールド(風邪薬)」(2001年 - )
    • 花王
      • 「ビオレ」(2001年 - )
      • 「エッセンシャル ダメージケア」(2003年 - )
    • マイクロソフト「はがきスタジオ」(2002年 - )
    • アサヒ飲料「さらり」(2002年 - )
    • JR西日本
      • 「三都物語」(2002年 - )
      • 「DISCOVER WEST」(2003年 - )
    • パイオニア DVDレコーダー『寅さんが動いてる篇』他 (2004年 - )
    • 森永製菓
      • 「アンシス」(2005年 - )
      • 「刻みカカオ」(2006年5月 - )
      • 「ルネス」(2006年9月 - )
      • 「PARM」(2017年 - )
    • 資生堂
      • 「プラウディア」(2005年 - )
      • 「TSUBAKI」(ツバキ、2007年 - )
      • 「コラーゲン EX / UPDATE」(2007年 - )
      • 「ELIXIR WHITE」(2010年 - )
    • JOMO サービスステーション
      • 『登場編』(2006年 - )
      • 『ラッキー編』(2006年 - )
      • 『登場+ラッキー編』(2006年 - )
      • 『忘れ物編』(2006年 - )
      • 『カメラ編』(2006年 - )
      • 『気になる地図編』(2007年 - )本作以降、長谷部瞳と共演
      • 『待ち合わせ編』(2007年 - )
      • 『雨宿り編』(2007年 - )
      • 『駄菓子屋編』(2008年 - )
      • 『リラックス編』(2009年 - )
      • 『なぜか行きつけ編』(2009年 - )
    • ENEOS サービスステーション
      • 『竹内結子・語る』篇 (2010年7月 - )
      • 『竹内結子・見守る』篇 (2010年9月 - )
    • ソニー・エリクソン「行定勲×SO903i ショコラの見た世界」(2007年1月 - ) ※大塚ちひろ、和田聰宏、藤本七海と共演
    • オンワード「anyFAM」(2007年 - )
    • JTB「JTB流」(2008年 - )
    • セイコーエプソン「カラリオ」(2008年 - )
    • モンデリーズ・ジャパン「リカルデント」(2011年 - )
    • ローソン
    • サンヨー食品「サッポロ一番カレーラーメン」(2015年 - )、「みそラーメン/塩ラーメンが鍋になりました。」「縁日の焼そば」(2016年)※いずれも劇団ひとり、寺田心と共演
    • エスエス製薬 イブA・EX(2015年 - )
    • キヤノン EOS Kiss M(2018年 - )※草彅剛の愛犬・クルミちゃんと共演[41]

    その他

    • ミュージック・ビデオ:山本達彦「君が大人になる街」(1996年、大蔵省関東財務局「国有宅地」CMソング)
    • ミュージック・ビデオ:柴咲コウ「EUPHORIA 」(2010年、フジテレビ『ストロベリーナイト』主題歌)

    その他の活動

    出版

    エッセイ
    • ニオイふぇちぃ(2004年、ぴあ)ISBN 4835609387
    • ニオイふぇちぃ2 カロリーオフ(2006年、ぴあ)ISBN 4835616162
    表紙イラストはいずれも江口寿史による書き下ろし。
    フォトエッセイ
    • たびぼん タヒチ旅日記(2007年、SDP)ISBN 4903620123
    • たけうちマルシェ 心に届くおいしいさしいれ102(2011年、文藝春秋)ISBN 4163745203
    写真集
    • たけうち(1998年10月、ぶんか社、撮影:西田幸樹)ISBN 978-4821122325
    カレンダー
    • 「竹内結子オフィシャルカレンダー 2011.4.1→2012.3.31」(2011年、SDP)
    • 「竹内結子オフィシャルカレンダー 2012.4.1→2013.3.31」(2012年、SDP)

    CD

    • ただ風は吹くから(1998年9月18日、ポニーキャニオン)

    受賞歴

    • 2001年
      • 第9回橋田賞 新人賞 (『白い影』、『百年の物語』、『スタイル!』)
      • 2001年度TV LIFE 主演女優賞(『白い影』、『ムコ殿』、『ガッコの先生』)
      • 第31回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞 (『ガッコの先生』)
    • 2002年
      • 第26回エランドール賞 新人賞
      • 第34回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『ランチの女王』)
      • 第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(年間)(『ランチの女王』)
    • 2003年
      • 第27回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 (『黄泉がえり』)
      • 第13回日本映画批評家大賞 主演女優賞(『黄泉がえり』)
    • 2004年
      • 第28回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『いま、会いにゆきます』)
      • 第9回日本インターネット映画大賞 主演女優賞(『いま、会いにゆきます』)
      • MovieWalkerシネマ大賞 ベスト女優部門第1位(『いま、会いにゆきます』、『天国の本屋〜恋火』)
      • 第22回わかやま市民映画祭 主演女優賞(『いま、会いにゆきます』など)
      • 第7回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(年間)(『プライド』)
    • 2005年
      • 第29回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『春の雪』)
    • 2007年
      • 第81回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞(『サイドカーに犬』、『クローズド・ノート』、『ミッドナイトイーグル』)
      • 第17回日本映画批評家大賞 主演女優賞(『サイドカーに犬』)
      • 第20回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(『サイドカーに犬』)
      • 第31回山路ふみ子映画賞 女優賞(『サイドカーに犬』)
      • 大阪映画記者クラブ・ベストムービー賞 日本映画女優賞(『サイドカーに犬』)
    • 2014年
      • 第38回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『ふしぎな岬の物語』)[42]

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    出典

    1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.124.
    2. ^ a b c d e “俳優竹内結子さん自殺か 東京都内の自宅で死亡”. 時事通信社 (2020年9月27日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
    3. ^ a b c d e f “竹内結子さん死去…所属事務所「驚きと悲しみで呆然」”. 読売新聞 (2020年9月27日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
    4. ^ a b c “女優・竹内結子さん死去 自宅でぐったりと...”. フジニュースネットワーク (2020年9月27日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月6日閲覧。
    5. ^ a b c “竹内結子 オフィシャル・ウェブサイト -Yuko Takeuchi Official Web Site - プロフィール”. 2020年9月27日閲覧。
    6. ^ a b c “竹内結子が結婚 事務所の後輩4歳年下俳優の中林大樹と 長男後押し「守るべき家族できた」”. スポニチ. (2019年2月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/28/kiji/20190227s00041000442000c.html 2019年2月28日閲覧。 
    7. ^ “お知らせ”. スターダストプロモーション (2020年9月27日). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
    8. ^ 竹内結子さんの最後の注文は「緑茶ハイ」  「昨年暮れに会った時には…」と親族
    9. ^ https://dot.asahi.com/wa/2020100200009.html?page=1
    10. ^ https://dot.asahi.com/wa/2020100600056.html?page=1
    11. ^ 竹内結子さん 複雑な家庭環境の中で孤独な思春期を過ごしたことを小説の解説文に寄稿…桜井亜美さん著「サーフ・スプラッシュ」
    12. ^ 竹内は前年に桜井の原作『イノセントワールド』に主演していた。
    13. ^ Yahoo! Internet Guide:表紙の人 Yahoo! Internet Guide 2001年4月号
    14. ^ a b “竹内結子さん 95年大蔵省のCMでデビュー/略歴”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年9月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202009270000120.html 2020年9月27日閲覧。 
    15. ^ a b c d “急死の竹内結子さん 人気ドラマや映画に多数出演 「あすか」「白い影」「プライド」「ストロベリーナイト」ほか”. スポーツ報知 (2020年9月27日). 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月27日閲覧。
    16. ^ “中村獅童と竹内結子が離婚成立! 親権は竹内側に”. ORICON NEWS. (2008年2月29日). https://www.oricon.co.jp/news/52460/full/ 2019年8月14日閲覧。 
    17. ^ “竹内結子、米TVドラマ「フラッシュフォワード」に出演!”. 映画.com (2009年11月11日). 2020年9月27日閲覧。
    18. ^ “「君となら」 竹内結子が舞台初挑戦 「積み上げるものづくり感が好き」”. 産経ニュース (2014年8月16日). 2018年9月18日閲覧。
    19. ^ “日本映画3本!東京国際映画祭コンペティション部門16作品決定”. SANSPO.COM (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
    20. ^ “竹内結子主演「ミス・シャーロック」の配信日決定、滝藤賢一ら新キャスト6名解禁”. 映画ナタリー. (2018年2月20日). https://natalie.mu/eiga/news/270183 2018年9月19日閲覧。 
    21. ^ “竹内結子が第2子妊娠!中林大樹との子、来年2月出産へ”. sanspo.com (2019年8月29日). 2019年8月29日閲覧。
    22. ^ “竹内結子が第2子男児出産、母子とも健康すでに退院”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年2月1日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202001310000662_m.html?mode=all 2020年2月1日閲覧。 
    23. ^ “竹内結子さん、熊本地震被災地へ4年間毎月寄付…今月も10日に振り込まれていた”. スポーツ報知. (2020年9月28日). https://hochi.news/articles/20200928-OHT1T50002.html 2021年1月1日閲覧。 
    24. ^ “11月かぁ。早いなぁ。|貫地谷しほり オフィシャルブログ『しほりのおしゃべり工房』 powered by アメブロ”. 株式会社サイバーエージェント (2010年11月2日). 2015年10月26日閲覧。
    25. ^ “竹内結子が唯一フォローしている相手はイモト なぜこんなに仲が良い?”. 2020年9月27日閲覧。
    26. ^ “竹内結子を探せ!「ポテチ」にエキストラ出演”. サンケイスポーツ. 2012年6月29日閲覧。[リンク切れ]
    27. ^ “竹内結子、映画『ポテチ』にエキストラ出演 すっぴん&自前衣装でオーラ封印”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2012年5月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2011485/full/ 2015年10月26日閲覧。 
    28. ^ “竹内結子“怖すぎるホラー”で橋本愛と初共演!中村義洋監督とは5度目のタッグ”. 映画.com (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
    29. ^ “竹内結子、初時代劇でござる!阿部サダヲ&松田龍平ら豪華共演陣も”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年11月10日). https://www.sanspo.com/article/20151110-5EI77E4AEFMJ5AZNCB3KSZNSOM/ 2015年11月10日閲覧。 
    30. ^ (ヒロイン)“西島秀俊、黒沢清監督と10年ぶり4度目のタッグ!傑作ミステリー実写化で犯罪心理学者に”. シネマトゥデイ (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
    31. ^ “濱田岳、妻夫木聡、竹内結子、石原さとみ!「決算!忠臣蔵」に超豪華キャスト続々”. 映画.com. (2019年3月6日). https://eiga.com/news/20190306/5/ 2019年4月3日閲覧。 
    32. ^ “阿部サダヲ、竹内結子ら「世にも奇妙な物語」25周年豪華コラボ :”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151020-OHT1T50168.html 2015年10月21日閲覧。 
    33. ^ “竹内結子、秀吉の側室・茶々役で大河初出演「光栄」”. オリコン (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
    34. ^ “竹内結子が女性死刑囚役! 妻夫木聡と16年ぶりの連ドラ共演”. ザ・テレビジョン. (2018年1月25日). https://thetv.jp/news/detail/135142/ 2018年1月30日閲覧。 
    35. ^ “竹内結子がスキャンダル専門弁護士に、主演ドラマがフジテレビ系で1月スタート”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月8日). https://natalie.mu/eiga/news/307052 2018年11月8日閲覧。 
    36. ^ “竹内結子が史上初“女性版”ホームズに!Hulu×HBO共同製作ドラマで世界進出”. Cinema Cafe. (2017年12月1日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/12/01/54208.html 2017年12月3日閲覧。 
    37. ^ “大竹しのぶは「カナシミ」“初共演”竹内結子に「感動した」”. スポニチ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
    38. ^ “世界ウルルン滞在記「ソーセージがおいしい! 冬のアルプスの村に…竹内結子が出会った(#183)」 | MBS動画イズム”. dizm.mbs.jp. 2020年11月10日閲覧。
    39. ^ “竹内結子、『所さんの目がテン!』でナレーション挑戦「得した気分」”. ORICON STYLE. (2016年9月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2077829/full/ 2016年9月3日閲覧。 
    40. ^ “竹内結子さん出演の「PARM(パルム)」新CM「PARM(パルム)の唄」篇 3月25日(土)より全国で放映” (プレスリリース), 森永乳業, (2017年3月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000021580.html 2017年4月28日閲覧。 
    41. ^ “EOS Kiss BRAND SITE”. キャノン. 2018年4月26日閲覧。
    42. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。

    外部リンク

    • 竹内結子 オフィシャル・ウェブサイト - Yuko Takeuchi Official Web Site - - オフィシャルサイト
    • 所属事務所によるプロフィール
    • 竹内結子 (@yuko_takeuchi0401) - Instagram
    • 竹内結子 - KINENOTE ウィキデータを編集
    • 竹内結子 - テレビドラマデータベース
    • 竹内結子 - NHK人物録
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=竹内結子&oldid=92533949」から取得
  • 大沢たかおと玉木宏が米軍のステルス爆撃機を巡る事件に巻き込まれる!恨みを携え、抑えた演技の竹内結子にも注目の映画『ミッドナイト イーグル』  ホミニス - 芸能人、有名人のインタビュー&出演情報&番組ニュース
    「劇場版 呪術廻戦 0」「TENET テネット」「黄泉がえり」“何度も観たい”作品一覧【アマプラ/12月配信】(映画.com) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    竹内結子さんはここ数年で「人が変わった」 急死のショックいまだ癒えず…  東スポWEB
    竹内結子の切ない演技が胸を打つラブストーリー『星に願いを』  ホミニス - 芸能人、有名人のインタビュー&出演情報&番組ニュース
    竹内結子が頭脳を駆使して社会の裏の情報を操作する!現代社会の闇についても考えさせられるドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」  ホミニス - 芸能人、有名人のインタビュー&出演情報&番組ニュース
    竹内結子さん三回忌に想う「夫・中林大樹はなぜ海辺で暮らすのか」前夫・中村獅童との戦い、懐かしの黒キャップ姿に感じた深い覚悟  まぐまぐニュース!
    山口もえ 竹内結子さんの三回忌追悼 「結子ちゃん 今日の空はとってもキレイだよ」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    竹内結子さん死去で緊急事態の芸能界〝いのちの窓口〟開設の動き | 東スポWEB  東スポWEB
    竹内結子さん不在の一家に水差した 中村獅童の「余計なひと言」  東スポWEB
    『ストロベリーナイト』の作者・誉田哲也の直木賞候補作 高度化する情報社会における捜査を重厚に描いた警察小説(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    竹内結子さんはクローゼット内で意識不明状態 午前2時ごろ夫が発見:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    「寝たと思っていた」竹内結子さん新証言 〝空白の1時間〟の謎判明  東スポWEB
    竹内結子さん 三浦春馬さん出演の映画に「泣ける」「私達の心から永遠に消えない」演技称賛と追悼相次ぐ:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    中条あやみ 竹内結子 シシド・カフカ 江口のりこ 飯豊まりえ 松嶋菜々子!ヒロインが活躍するクセつよドラマ特集放送!  映画ログプラス
    「2人は永遠です」コンフィデンスマン放送に竹内結子さんと三浦春馬さんをあらためてしのぶ声あふれる:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    俳優の竹内結子さん死去、40歳 「ランチの女王」主演:朝日新聞デジタル  朝日新聞デジタル
    竹内結子さん、産休終えて仕事復帰したばかり 公私とも順調、一体なぜ…  サンスポ
    竹内結子さん死去 「なぜ役者ばかり…」悲しき選択続く背景は 専門家が指摘する「喪失体験」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    《追悼・竹内結子さん》「私の家は複雑なので、戻る場所はない」最愛の母との死別が“女優魂”を支えた  文春オンライン
    【写真】竹内結子さんの夫・中林大樹:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    イモトアヤコが親友・竹内結子さんについて初めて語る「本当にたくさんたくさん愛をもらった」:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    竹内結子さんの家族葬を報告 所属事務所「永遠にかけがえのない大切な所属女優」  ORICON NEWS
    若手俳優たちの登竜門!竹内結子、藤原竜也らが10代で出会った特別な場所  ホミニス - 芸能人、有名人のインタビュー&出演情報&番組ニュース
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL
    《竹内結子さん追悼》浮気男と歌舞伎界を拒絶。「新しい仕事を入れて」最後まで貫いた“女優魂”  文春オンライン
    《竹内結子さん逝去》人気俳優はなぜ死を選ぶのか? 専門カウンセラーが“芸能人の孤独”を解説  文春オンライン
    女優、竹内結子さん40歳で死去 自殺の可能性も  サンスポ
    日本中が悲しみに暮れた訃報 竹内結子さん死去 コロナ禍での悲劇は他人事ではない  スポニチアネックス Sponichi Annex
    三浦春馬さん、竹内結子さん偲ぶ声 映画「コンフィデンスマンJP」がトレンド1位 | 東スポWEB  東スポWEB
    竹内結子さん急逝で「ある俳優」に理不尽な批判が殺到。相次ぐ芸能人への誹謗中傷は、本当に有名税か?【連載】中川淳一郎の令和ネット漂流記(16)|FINDERS  FINDERS
    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL
    竹内結子さん突然の訃報 モデル体形長男は芸能界に興味も  スポニチアネックス Sponichi Annex
    山下達郎が竹内結子さんを追悼 ヒロインで主演のドラマ主題歌を担当、打ち上げで対面「輝くばかりのオーラでありました」:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    竹内結子さん、石原さとみに立ちはだかった女優35歳限界説|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL
    映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』にスタア(竹内結子)とジェシー(三浦春馬)は存在した! 制作側の愛も感じられる内容でした  Pouch[ポーチ]
    竹内結子さん一周忌 義父が語る遺族の今「みんな何とか元気に…」 - ライブドアニュース  livedoor
    竹内結子さん死去…演技派は思いつめやすい? 役に入り込むストイックさの功罪  ZAKZAK
    今月1日にイベント出演 竹内結子さんは「本当にお幸せそうだった。“6年で私も変わりました”と」:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    竹内結子さん 実母が早世、居場所がなかった「複雑な家庭」  アエラドット 朝日新聞出版
    16歳の竹内結子さんが初めてのインタビューで語っていた夢|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL
    竹内結子さんの死と「母性」の重み 過去には女性アナウンサーの相次ぐ自殺も  アエラドット 朝日新聞出版
    竹内結子さんの悲劇 三浦春馬さんの死が影響? 芸能人特有の悩みも?  アエラドット 朝日新聞出版
    中田秀夫監督 98年「リング」竹内結子さんとの思い出「お会いした途端、彼女で決めようと思いました」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    女優・竹内結子さん 写真特集:時事ドットコム  時事通信ニュース
    竹内結子 遺された夫が社長に就任、子育ては親族たちがバックアップ?  アエラドット 朝日新聞出版
    テレ朝・早河会長、竹内結子さん悼む「まさにトップ女優だった」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    [すてきライフ]悩むのはもったいない 竹内結子さん  読売新聞オンライン
    小澤征悦、竹内結子さんの急死に動揺「なんなんですか」「お悔やみを申し上げたくない」 | RBB TODAY  RBB TODAY
    竹内結子さん訃報…SMAPファンにも悲しみ広がる「欠かせない存在」ドラマ、映画で共演多数  スポニチアネックス Sponichi Annex
    女優・竹内結子さんが急死 自殺とみられる  スポーツ報知
    竹内結子さんで2カ月4人…芸能界“狭い”がゆえ連鎖しやすく|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL
    吉永小百合、振り返る2020年…竹内結子さん突然の悲報、初めて胸中明かす「眠れなかった」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    「竹内結子さん、あたたかい笑顔をありがとう」サッポロ一番が追悼「たくさんのアイラブユーを、ありがとう」:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    急死・竹内結子さんは〝取り扱い注意〟だった 事務所と二人三脚でスターに  東スポWEB
    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイDIGITAL
    急死した竹内結子さんに衝撃広がる 女優と育児のはざまで葛藤も  東スポWEB
    竹内結子さんを乗せた車は自宅前を静かに通過:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    はいだしょうこ 竹内結子さんとの姉妹役共演は「この先もずっとずっと大切な宝物」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    竹内結子さん主演のホラー映画「残穢」が突如トレンド入り ツイ民の投稿きっかけ「何回でも観たくなる怖さ」とファン盛り上がる  ZAKZAK
    沢尻エリカ「別に」発言の際にみせた竹内結子さんの優しさ|芸能界ぶっちゃけトーク  日刊ゲンダイDIGITAL
    三浦春馬さん、竹内結子さん、木村花さん…芸能人「自殺の連鎖」はなぜ起きるのか?  文春オンライン
    竹内結子さんが再婚 俳優の中林大樹さんと(写真=共同)  日本経済新聞
    竹内結子さん自宅前にマスコミ集結 YouTuberの「通報」動画で議論に  J-CASTニュース
    【写真】元妻・竹内結子さん死去から中村獅童が初のインスタ更新:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    急死の竹内結子さん 人気ドラマや映画に多数出演 「あすか」「白い影」「プライド」「ストロベリーナイト」ほか  スポーツ報知
    【2000年代月9ドラマ】「ヒロイン役の女優」人気ランキングTOP26! 第1位は「松嶋菜々子」と「竹内結子」!【2022年最新投票結果】(1/7) | ねとらぼ調査隊  ねとらぼ
    竹内結子さん、発売中の女性誌に「40代に後ろ向きな気持ちはない。家族との時間を大切に」と語っていた  スポーツ報知
    【竹内結子さん死去】加藤長官「多くの方が尊い命を絶つ現実をしっかり受け止める」  産経ニュース
    三浦春馬さん、竹内結子さんら/20年訃報下期 - 芸能  ニッカンスポーツ
    三浦春馬さん、竹内結子さん…芸能界で相次ぐ悲報 コロナ禍で「自殺増加の兆し」“相談窓口”の利用を:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    あなたのお宅も実は……!? 残暑の眠れぬ夜にオススメ! 最恐の“怪奇物件”ホラー!(キネマ旬報WEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    竹内結子、かつて親子役の中川大志と再会に感慨「子どもの成長は早い」  ORICON NEWS
    竹内結子さん 亡くなる直前ベランダへ…気丈さの裏に隠された〝衝動的素顔〟  東スポWEB
    羽田美智子、映画共演した竹内結子さん偲ぶ「悲しすぎて言葉にならない」  ORICON NEWS
    竹内結子さん 秋風に乗って天国へ 家族に見守られ旅立ち  スポニチアネックス Sponichi Annex
    竹内結子「サッポロ一番」イベント出席 CMキャラ務めた6年で長男の成長実感 第2子出産後初の公の場  スポニチアネックス Sponichi Annex
    竹内結子 猫と向き合って学んだ人との距離感|NIKKEI STYLE  Nikkei.com
    イモトアヤコが親友で女優の竹内結子さんの急逝以降、初めてインスタグラムを更新…フォロワーから気遣いや励ましのコメント相次ぐ:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    高知東生、竹内結子さんの訃報に「子供がいたのになんで?と目にすることが一番辛い」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    竹内結子さん死去、享年40  シネマズby松竹
    竹内結子さん死亡を所属事務所が発表「あまりに突然の出来事で驚きと悲しみで呆然としております」  スポーツ報知
    竹内結子が“和製シャーロック” Huluドラマが『金曜ロードSHOW!』で地上波放送  ORICON NEWS
    韓国でも人気の「竹内結子さん」 韓国の芸能界で相次ぐ悲劇の連鎖について(抜粋)  デイリー新潮
    竹内結子、収録中に号泣「コンプライアンスはしんどい」  ORICON NEWS
    竹内結子が輝いている映画6選!  シネマズby松竹
    竹内結子さんの死から1年 義父は「遺骨をもう少しそばに置きたい気持ちだと聞いた」(抜粋)  デイリー新潮
    竹内結子、結婚後初公の場 祝福に笑顔で応対「は~い」  ORICON NEWS
    【インタビュー】蒼井優&竹内結子 一つの仕事を長く続ける上で必要なモノとは | cinemacafe.net  シネマカフェ
    27歳の竹内結子さんが語った「理想の自分」とは  ニッカンスポーツ
    『QUEEN』竹内結子は第一線で輝き続ける クランクアップに涙するほどの、“主演としての熱意”  Real Sound
    急死の竹内結子さん、インスタでイモトアヤコと交流 似顔絵や太眉メイクのツーショットも  スポーツ報知
    竹内結子は実母と死別し、父親は再婚した。竹内は自分を「連れ子という荷物」だと思ってきた。若い頃から自立する道を模索していた竹内は、「理由のよく分からない疎外感」をいつも抱き、よりどころは酒だったという  J-CASTニュース
    竹内結子さんが解説した小説家・桜井亜美語る「ヘビーな境遇のヒロインと重ね、自分をさらけ出し…」  アエラドット 朝日新聞出版
    竹内結子さんの急死に「真田丸」共演者も追悼 新納慎也「とても気さくで明るくて...」  J-CASTニュース
    竹内結子、6年ぶり地上波連ドラ主演“情報操作のプロ”役に挑戦  ORICON NEWS
    「気配りの人」竹内結子さん、現場へのこだわりのさし入れ/芸能ショナイ業務話  サンスポ
    竹内結子が第2子妊娠!中林大樹との子、来年2月出産へ  サンスポ
    ミッツ・マングローブが竹内結子さん死去受け持論 俳優業は「日々自信をなくし続ける仕事」「俺は、私は安泰だ、自信満々だ、という人はたぶんいらっしゃらないと思う」:中日スポーツ・東京中日スポーツ  中日新聞
    【元文春エース記者 竜太郎が見た!】竹内結子さん急逝からみる民放報道のあり方 視聴率より「悼む心」が大切  ZAKZAK
    竹内結子はその夜、酒を飲みながら夫と長男と話していた。途中でふらり2階に上がったため、夫はてっきり彼女が寝たものと思っていた。変わり果てた彼女を見つけたのは1時間後だったという。逢魔が時という言葉が浮かぶ  J-CASTニュース



情報の検索

商品の検索