石原さとみ(いしはらさとみ)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    いしはら さとみ
    石原 さとみ
    石原 さとみ
    生年月日 (1986-12-24) 1986年12月24日(33歳)
    出身地 日本の旗 日本・東京都[1]
    身長 157 cm[1]
    血液型 A型[1]
    職業 女優
    ジャンル テレビドラマ、映画、CM
    活動期間 2003年 -
    事務所 ホリプロ[2]
    公式サイト 公式プロフィール
    主な作品
    テレビドラマ
    『てるてる家族』
    『WATER BOYS2』
    『義経』
    『Ns'あおい』
    『坂の上の雲』
    『リッチマン、プアウーマン』
    『失恋ショコラティエ』
    『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』
    『アンナチュラル』
    『高嶺の花』
    『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』
    『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
    映画
    『わたしのグランパ』
    『北の零年』
    『貞子3D』
    『進撃の巨人』
    『シン・ゴジラ』
    『忍びの国』
    テンプレートを表示

    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年〈昭和61年〉12月24日[1] - )は、日本の女優。東京都出身[1]。ホリプロ所属[2]

    略歴

    2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた[3]。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属(5期生)し、石神 国子(いしがみ くにこ)名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』へ出演しており、芸能活動の経験がある[4](公式には"石原さとみ名義"で初出演した『わたしのグランパ』をもってデビュー作品としている[5])。

    2003年、『きみはペット』(TBS系)の澁澤ルミ役[6]で連続ドラマ初出演[7]。同年、NHKの連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン・岩田冬子役に抜擢された[8]。以後『WATER BOYS2』(フジテレビ系)などの多数のドラマ、映画に出演し、知名度を上げていく。

    2005年、NHK大河ドラマ『義経』にヒロイン・静御前役として出演[9]

    2006年、『Ns'あおい』(フジテレビ系)で民放連続ドラマ初主演[10]。同年秋には、『奇跡の人』のヘレン・ケラー役で舞台に初挑戦する[11]

    2008年、つかこうへい作・演出の舞台『幕末純情伝』の沖田総司役で2度目の舞台出演[12]

    2009年、『ヴォイス〜命なき者の声〜』(フジテレビ系)で月9ドラマ初出演[13]、ヒロイン・久保秋佳奈子役を演じる[14]。同年秋、井上ひさし新作書き下ろしの舞台『組曲 虐殺』にヒロイン・田口瀧子役で出演[15][16]

    2010年、スペシャルドラマ『坂の上の雲』(NHK)に秋山季子(秋山真之の妻)役で出演[17]

    毎年3月4日の「雑誌の日」を記念として雑誌の表紙を飾った回数の多かった女性を選ぶ「カバーガール大賞」で2014年(計36誌)[18]、2015年(約26誌)[19] の2年連続で総合大賞に選ばれる。

    2015年、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)で月9ドラマ初主演[20]

    人物

    現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである[21]

    役名によるものも含め、歌手業は未経験である。芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』では、劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った[22]

    石原が『てるてる家族』に出演したときにその活動報告のために公式ウェブサイトに『さとみの大阪日記』を開設。クランクアップ後石原のそれ以降の活動報告のために日記はそのまま残し、『さとみ日記』として継続された。2012年6月18日に『さとみ日記』はアメーバブログへ移転され、オフィシャルブログ『Satomi Diary』として開設されたが、現在は閉鎖されている。また、InstagramやFacebook、Twitterについては全てなりすましであると発表されている[23][24]

    ドラマや映画、舞台などでは、できるだけメイクは自分でするようにしている[25]

    女優の松本まりかと仲が良く度々インスタグラムなどに登場する[26]

    大の旅行好きで、仕事の合間などを縫っては、海外へと駆け出している[27]

    受賞歴

    女優業

    映画

    • 第28回報知映画賞新人賞(『わたしのグランパ』、2003年)
    • 第16回日刊スポーツ映画大賞新人賞(同作品、同年)
    • 第25回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(同作品、同年)
    • 第46回ブルーリボン賞新人賞(同作品、同年)
    • 第13回日本映画批評家大賞新人賞(同作品、同年)
    • 第27回日本アカデミー賞新人俳優賞(同作品、同年)
    • 第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞(『北の零年』、2006年)
    • 第40回日本アカデミー賞助演女優賞『シン・ゴジラ』、2016年)

    テレビドラマ

    • 第41回ゴールデン・アロー賞放送新人賞、最優秀新人賞(『てるてる家族』、2003年)
    • 第29回エランドール賞新人賞(『WATER BOYS2』、2005年)
    • 第74回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『リッチマン、プアウーマン』、2012年)[28]
    • 第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『失恋ショコラティエ』、2014年)[29]
    • 東京ドラマアウォード2014 助演女優賞(『失恋ショコラティエ』、2014年)[30]
    • 第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『5→9〜私に恋したお坊さん〜』、2015年)[31]
    • 第25回年間ドラマ大賞2015 主演女優賞(『5→9〜私に恋したお坊さん〜』、2016年)[32]
    • 第19回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(『5→9〜私に恋したお坊さん〜』、2016年)[33]
    • 第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年)[34]
    • 第21回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年)[35]
    • 第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年)[36]
    • 東京ドラマアウォード2018 個人賞 主演女優賞(『アンナチュラル』、2018年)[37]

    その他

    • 二十歳のベスト・パール・ドレッサー2007
    • VOGUE NIPPON Women of the Year 2010
    • 第9回クラリーノ美脚大賞2011
    • 第13回ベストフォーマリスト 女性部門(2012年)[38]
    • 第27回日本メガネベストドレッサー賞・芸能界部門(2014年)[39]
    • Yahoo!検索大賞2014・女優部門[40]
    • ジュエリー業界が選ぶ「第3回ウーマン オブ ザ イヤー」(2015年)[41]
    • 「理想の後ろ姿のタレント」第1位(2015年)[注 1][42]
    • 「キスしたい芸能人」女性部門第1位(2015年)[注 2][43]
    • 「美的ベストビューティウーマン」(2015年[44]・2016年[45][注 3]
    • 「サントリードリームマッチ」始球式(2018年)7月30日「サントリードリームマッチ」始球式で5年連続の登板、リーゼントヘアーで「ハマの番長」こと三浦大輔の二段モーションを披露した。2014年はサウスポー、2015年はマサカリ投法、2016年はトルネード投法、2017年はサブマリン投法に挑戦している。

    出演

    太字は主演、もしくはメインキャラクター。

    映画

    • ホ・ギ・ラ・ラ(2002年) - サンジュ 役 ※石神国子名義
    • 船を降りたら彼女の島(2003年、アルタミラピクチャーズ) - 水上ちづる 役 ※石神国子名義
    • わたしのグランパ(2003年、東映) - 五代珠子 役 ※公式にはこの作品がデビュー作である
    • Jam Films S すべり台(2005年)
    • 北の零年(2005年、東映) - 小松原多恵 役
    • 包帯クラブ(2007年、東映) - 騎馬笑美子(ワラ) 役
    • 銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜(2008年4月19日、ワーナー・ブラザース映画) - 武留守リリー(ギャル師匠) 役(友情出演)[46]
    • フライング☆ラビッツ(2008年、東映) - 早瀬ゆかり
    • 人間失格(2010年、角川映画) - 良子(よしこ) 役
    • 座頭市 THE LAST(2010年、東宝) - タネ 役
    • インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年、ワーナー・ブラザース映画) - 関水美夜 役
    • 漫才ギャング(2011年、角川映画) - 宮崎由美子 役[47]
    • 月光ノ仮面(2012年、角川映画) - 弥生 役
    • 貞子3D(2012年、角川映画) - 鮎川茜
    • BUNGO〜ささやかな欲望〜 注文の多い料理店(2012年、角川映画) - 藤子 役
    • カラスの親指(2012年、20世紀フォックス映画、ファントム・フィルム) - 河合やひろ 役
    • 貞子3D2(2013年、角川映画) - 鮎川茜 役(特別出演)
    • MONSTERZ モンスターズ(2014年、ワーナー・ブラザース映画) - 雲井叶絵 役
    • 幕末高校生(2014年、東映) - 川辺未香子
    • 風に立つライオン(2015年3月14日公開、東宝) - 草野和歌子 役[48]
    • 進撃の巨人(2015年8月1日・9月19日連続公開、東宝) - ハンジ 役[49]
    • シン・ゴジラ(2016年7月29日公開、東宝) - カヨコ・アン・パタースン役[50][51]
    • 忍びの国(2017年7月1日公開、東宝) - お国 役
    • 決算! 忠臣蔵(2019年11月22日公開、松竹) - 瑤泉院 役[52]

    テレビドラマ

    • 窓を開けたら(2003年3月25日、NHK) - 山本うさぎ
    • きみはペット(2003年4月16日 - 6月18日、TBS) - 澁澤ルミ 役
    • 連続テレビ小説 てるてる家族(2003年9月29日 - 2004年3月27日、NHK) - 岩田冬子[8]
    • 天国への応援歌 チアーズ〜チアリーディングにかけた青春〜(2004年4月3日、日本テレビ) - 美貴子
    • BE-BOP-HIGHSCHOOL(2004年6月16日、TBS) - 泉今日子
      • BE-BOP-HIGHSCHOOL2(2005年8月17日)
    • WATER BOYS2 (2004年7月6日 - 9月21日、フジテレビ) - 矢沢栞 役
    • H2〜君といた日々(2005年1月13日 - 3月24日、TBS) - 古賀春華 役
    • 大河ドラマ 義経(2005年1月9日 - 12月11日、NHK) - 静(静御前) 役
    • 赤い疑惑(2005年6月15日・22日・29日、TBS) - 大島幸子 役
    • 怪談スペシャル 契り(2005年8月2日、フジテレビ) - 由衣[53]
    • クライマーズ・ハイ(2005年12月10日・17日、NHK) - 望月彩子 役
    • Ns'あおい(2006年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 美空あおい
      • Ns'あおいスペシャル 桜川病院最悪の日(2006年9月26日)
    • DRAMA COMPLEX 手の上のシャボン玉(2006年9月5日、日本テレビ) - 桜庭莉紗 役
    • 氷点(2006年11月25日・26日、テレビ朝日) - 辻口陽子[54] ※文化庁芸術祭参加作品
    • 翼の折れた天使たち 第一夜「衝動」(2007年2月26日、フジテレビ) - 吉村ユリ
    • 花嫁とパパ(2007年4月10日 - 6月26日、フジテレビ) - 宇崎愛子[55]
    • 世にも奇妙な物語(フジテレビ)
      • 世にも奇妙な物語 秋の特別編「未来同窓会」(2007年10月2日) - 松井春香
      • 世にも奇妙な物語 '13秋の特別編「仮婚」(2013年10月12日) - 盛田成美
    • 恋のから騒ぎ〜Love Stories IV〜「声が震える女」(2007年11月30日、日本テレビ) - 彦田六美
    • まるまるちびまる子ちゃん 第26回「まる子、ピンポンパンを踊る」(2007年12月6日、フジテレビ) - ピンポンパンのお姉さん 役
    • 鹿鳴館(2008年1月5日、テレビ朝日) - 大徳寺顕子 役
    • パズル(2008年4月18日 - 6月20日、朝日放送・テレビ朝日) - 鮎川美沙子[56]
    • ウォーキン☆バタフライ 第1話、第10話(2008年7月 - 9月、テレビ東京) - 早瀬ゆかり 役 ※映画『フライング☆ラビッツ』との連動企画[57]
    • 長生き競争!(2008年12月26日、東海テレビ) - 山田エリ 役
    • ヴォイス〜命なき者の声〜(2009年1月12日 - 3月23日、フジテレビ) - 久保秋佳奈子 役
    • こちら葛飾区亀有公園前派出所(2009年8月8日、TBS) - 駄菓子屋の「若いモエコ」 役
    • 左目探偵EYE〈単発スペシャル〉(2009年10月3日、日本テレビ) - 狭山瞳 役
      • 左目探偵EYE〈連続ドラマ版〉(2010年1月 - 3月)
    • 裸の大将 火の国・熊本篇〜女心が噴火するので〜(2009年10月24日、フジテレビ) - 下城多美 役
    • 椿山課長の七日間(2009年12月19日、テレビ朝日) - 和山椿 役
    • 大仏開眼(2010年4月3日・10日、NHK) - 阿倍内親王(孝謙天皇) 役
    • 逃亡弁護士(2010年7月 - 9月、関西テレビ) - 二ノ宮絵美 役
    • 霊能力者 小田霧響子の嘘(2010年10 - 12月、テレビ朝日) - 小田霧響子
    • 坂の上の雲 第2部・第3部(2010年 - 2011年、NHK) - 秋山季子(秋山真之の妻) 役
    • ブルドクター(2011年7月 - 9月、日本テレビ) - 釜津田知佳 役
    • 使命と魂のリミット(2011年11月5日・12日、NHK) - 氷室夕紀
    • 蛇蝎のごとく(2012年3月14日、テレビ東京) - 古田塩子 役
    • リッチマン、プアウーマン(2012年7月 - 9月、フジテレビ) - 夏井真琴(澤木千尋) 役
      • リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年4月1日)
    • ラッキーセブン スペシャル(2013年1月3日、フジテレビ) - 栗原みづき 役
    • 恋(2013年12月16日、TBS) - 矢野布美子(青年期) 役
    • 新春ドラマスペシャル “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」(2014年1月2日、TBS) - 浅岡未緒 役[58]
    • 失恋ショコラティエ(2014年1月13日 - 3月24日、フジテレビ) - 高橋紗絵子 役[59]
    • ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル「S銅山の女」(2014年8月16日、フジテレビ) - 山辺夏美[60]
    • ディア・シスター(2014年10月16日 - 12月18日、フジテレビ) - 深沢美咲[61]
    • 5→9〜私に恋したお坊さん〜(2015年10月12日 - 12月14日、フジテレビ) - 桜庭潤子[20]
    • 戦艦武蔵(2016年8月6日、NHK BSプレミアム) - 真中麻有[62]
    • 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(2016年10月5日 - 12月7日、日本テレビ) - 河野悦子[63]
      • 地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子(2017年9月20日)[64]
    • アンナチュラル(2018年1月12日 - 3月16日、TBS) - 三澄ミコト[65]
    • 高嶺の花(2018年7月11日 - 9月12日、日本テレビ) - 月島もも
    • Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜(2019年7月9日 - 9月10日、TBS) - 黒須仮名子[66]
    • アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(2020年7月16日[67] - 9月24日、フジテレビ) - 葵みどり[68]

    ドキュメンタリー番組

    • 原爆 63年目の真実(2008年8月2日、テレビ朝日)[69]
    • 旅のチカラ 「マイム 言葉なき感情 石原さとみ パリ」(2012年4月12日、NHK BSプレミアム)
    • 石原さとみが巡る 南ドイツ浪漫紀行〜森と人と芸術と…明日に向かう挑戦の物語〜(2012年12月30日、BS朝日)
    • 石原さとみ 私の愛するニューヨーク(2013年10月19日、BS日テレ)
    • 本当にあった怖い話(2014年8月16日、フジテレビ)
    • NHKスペシャル「戦後70年 ニッポンの肖像 - 戦後70年を越えて - 日本人は何ができるのか」(2015年8月15日、NHK総合)[70]
    • 石原さとみ 28歳の旅 〜アフリカの大地に恋して〜(2015年12月28日、NHK総合)
    • 石原さとみ アフリカ・ケニアへ 水で命を失う子ども達 24時間テレビ39特別編・海外リポート完全版(2016年10月2日、BS日テレ)[71]
    • 24時間テレビ40 愛は地球を救う(2017年8月26日 - 27日、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティ
    • 石原さとみのすっぴん旅 in スペイン(2019年1月3日、関西テレビ制作、フジテレビ系列)[72]
    • 石原さとみのすっぴん旅 in ギリシャ(2020年1月3日、関西テレビ制作、フジテレビ系列)[73]

    音楽番組

    • MUSIC☆HERO(2019年1月2日、TBS) - MC[74]

    ラジオ番組

    • 第30回 ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(2004年12月24日 - 25日、ニッポン放送) - パーソナリティ[75]
    • 石原さとみ SAY TO ME!(2005年4月2日 - 2010年4月4日、ニッポン放送)[76]
    • 石原さとみのオールナイトニッポン(2007年1月12日、ニッポン放送)

    舞台

    • 奇跡の人(2006年10月6日 - 11月19日 / 演出:鈴木裕美 / 青山劇場および各地方公演) - 主演・ヘレン・ケラー 役[77]
    • 幕末純情伝(2008年8月13日 - 9月10日 / 作・演出:つかこうへい / 新橋演舞場および各地方公演) - 主演・沖田総司 役[78]
    • 組曲虐殺(2009年10月3日 - 11月2日 / 作:井上ひさし / 演出:栗山民也 / 天王洲 銀河劇場および各地方公演) - 田口瀧子 役
      • 組曲虐殺(再演、2012年12月7日 - 2013年2月、天王洲 銀河劇場 他) - 田口瀧子 役[79]
    • 港町純情オセロ(2011年4月15日 - 5月15日 / 劇団☆新感線 / 演出:いのうえひでのり / 赤坂ACTシアター、シアターBRAVA!) - モナ 役
    • ロミオ&ジュリエット(2012年4月29日 - 6月10日 / 赤坂ACTシアター、シアターBRAVA!) - ジュリエット 役
    • ピグマリオン(2013年11月13日 - 12月1日 / 作:ジョージ・バーナード・ショー / 演出:宮田慶子 / 新国立劇場 中劇場) - 主演・イライザ 役[80]
    • 密やかな結晶(2018年2月2日 - 25日 / 原作:小川洋子 / 脚本・演出:鄭義信 / 東京芸術劇場 プレイハウス / 3月3日・4日、富山県民会館 ホール / 3月8日 - 11日、大阪・新歌舞伎座 / 3月17日・18日、久留米シティプラザ ザ・グランドホール) - 主演・「わたし」 役[81][82]
    • アジアの女(2019年9月6日 - / 作:長塚圭史 / 演出:吉田鋼太郎 / 東京・シアターコクーン ) - 主演・「麻希子」 役[83]

    Webドラマ

    • 彼は、妹の恋人(2011年12月25日 - 2012年3月4日、BeeTV) - 主演・星野美雪 役

    CM・広告

    • J-PHONE 写メール(2003年1月 - 3月)※現ソフトバンクモバイル
    • バンダイ ケロケロキングDX(2003年6月 - 9月)
    • 江崎グリコ
      • 「DONBURI亭」
      • 「パピコ」
      • 「ポッキー」
      • 「アイスの実」
      • 「パナップ」
      • 「牧場しぼり」(2009年4月)[84]
      • 日本縦断グリコワゴンキャンペーン(2010年)
    • 第一生命 第一でナイトシリーズ(2004年)※田中麗奈より同シリーズを継承
    • 永谷園
      • 「松茸の味 お吸いもの」
      • 「あさげ」
      • 「わかめバンザイ!」
    • 共同募金(2004年10月 - 12月)
    • サントリー
      • 「BOSSレインボーマウンテン」(2006年1月 - 3月)
      • 「-196℃ストロングゼロ〈ダブルレモン〉」(2009年2月 - )[85] 
      • 「ふんわり鏡月」(2012年3月 - )[86]
        • WEB限定スペシャルムービー『すっごい』篇(2016年3月7日より公開)[87]
      • 金麦(2020年1月 - )[88]
    • トヨタ自動車
      • 「あしたのハーモニー」(2007年6月)
      • 「プリウスPHV」(2017年2月 - )[89]
    • クラシエ
      • 「いち髪」(2007年7月)
      • 「コッコアポ」(2011年)
    • セガ「ようこそセガへ」(2007年8月)
    • SANYO パチンコ「CRギンギラパラダイス2」(2010年6月 - )
    • そごう・西武「セブンネットのe.デパート」(2011年)
    • ブリヂストン「TAIYA CAFE」(2011年3月 - )
    • 花王
      • 「フレア フレグランス」(2011年9月 - )[90]
        • 「朝のキレイが続く 石原さとみ」篇・「おうち時間 石原さとみ」篇 (2020年8月24日 -) [91]
      • 「ソフィーナ Primavista」(2013年2月 - )[92]
      • 「リーゼ」(2015年10月 - )[93]
      • 「オーブ クチュール」(2015年11月 - )[94]
    • ネクソン「マビノギ英雄伝」(2011年11月)
    • ジャパンゲートウェイ
      • 「スリーボム」(2011年11月)
      • 「Reveur」(2013年3月 - )[95]
    • ゼスプリ「ゼスプリ・キウイフルーツ」(2012年5月)[96]
    • 三菱東京UFJ銀行「DO Smart」(2012年7月 - )
    • オンワード樫山「組曲」(2012年9月 - )
    • リクルート「ホットペッパービューティー」(2012年11月)
    • NHN Japan「LINE」(2013年1月)
    • NTTドコモ
      • 2013年夏モデル(2013年5月 - )[97]
      • 「dヒッツ」(2013年8月 - )[98]
      • 2013 - 2014冬春モデル(2013年10月 - )[99]
      • 2014年夏モデル(2014年5月 - )[100]
      • スマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」(2014年11月 - )[101]
    • イーオン「英会話のイーオン」(2013年12月 - 2019年)[102]
    • 明治
      • 「果汁グミ」(2014年2月 - )[103]
        • WEB限定ムービーも2014年3月30日より公開[104]
        • 「グミの精いちご」篇(2014年2月25日- )[105]
        • 「変身みかん」篇(2015年2月24日- )[106]
        • 「変身ぶどう」篇(2015年5月11日- )[107]
        • 「ヘッドホンみかん」篇(2016年2月23日- )[108]
        • 「ヘッドホンぶどう」篇(2016年5月10日- )[109]
        • 「果汁グミ屋さん・イチゴ」篇(2017年2月21日 - )[110]
        • 「果汁グミ屋さん・ぶどう」篇(2017年5月9日 - )[111]
      • 「ガルボプレミアム 深みカカオ」(2014年10月 - )[112]
      • 「ガルボ プレミアム 芳醇ミルク」(2015年9月 - )
        • WEB限定ムービー「ガルボレッスンプレミアム」も同時公開[113]
    • マイナビ「マイナビ転職」(2015年1月 - )[114]
    • キヤノン「PIXUS」(2015年9月 - )[115]
    • Max Mara ブランドアンバサダー(2015年)[116]
    • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
      • ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™5周年『大魔法祭、開幕』
    • 東京メトロ
      • 「Find my Tokyo.」(2016年 - )[117]
        • 門前仲町駅「門前仲町 漁師の活気」篇[118]
        • 木場駅「木場 木場で水場で穴場」篇[118]
        • 清澄白河駅「清澄白河 きっとみつかる『世界にひとつ』」篇[118]
        • 麻布十番駅「麻布十番 手づくりに惚れる」篇[118]
        • 広尾駅「広尾 こころの洗濯」篇[118]
        • 乃木坂駅「乃木坂 アートと未来への近道」篇[118]
        • 王子駅「王子 季節のお便り」篇[118]
        • 西ケ原駅「西ケ原 バラの庭園」篇[118]
        • 赤羽岩淵駅「赤羽岩淵 タイムスリップ」篇[118]
        • 中野駅「中野 エンターテインメントジャングル」篇[118]
        • 東京マラソン2017「東京マラソン2017」篇[118]
        • 中野坂上駅「中野坂上 静かなお花見」篇[118]
        • 西船橋駅「西船橋 イチゴ畑」篇[118]
        • 浦安駅「浦安 もう一つのテーマパーク」篇[118]
        • 妙典駅「妙典 ハゼ釣り」篇[118]
        • 茅場町駅「茅場町 気風がよくなる」篇[118]
        • 東銀座駅「東銀座 眺めても楽しい」篇[118]
        • 小伝馬町駅「小伝馬町 目が肥える」篇[118]
        • 日比谷駅「日比谷 歴史と文化が色づく」篇[118]
        • 竹橋駅「竹橋 知性への架け橋」篇[118]
        • 半蔵門駅「半蔵門 いろんな日本を嗜む」篇[118]
        • 西日暮里駅「西日暮里 フォトジェニックな1日」篇[118]
        • 東京マラソン2018「東京マラソン2018」篇[118]
        • 町屋駅「町屋 職人魂」篇[118]
        • 浅草駅「浅草 ワクワクする遊びが生まれ続ける」篇[118]
        • 稲荷町駅「稲荷町 話が弾む街」篇[118]
        • 田原町駅「田原町 ますます進化する」篇[118]
        • 和光市駅「和光市 みずみずしい街」篇[118]
        • 平和台駅「平和台 心にピース」篇[118]
        • 小竹向原駅「小竹向原 仕事の疲れに効く」篇[118]
        • 高田馬場駅「高田馬場 アジアの深み」篇[118]
        • 落合駅「落合 ほかにもいろいろ落合」篇[118]
        • 東新宿駅「東新宿 朝からゴキゲン」篇[118]
        • 後楽園駅「後楽園 ゆっくりと時間が流れる街」篇[118]
        • 東京マラソン2019「東京マラソン2019」篇[118]
        • 茗荷谷駅「茗荷谷 慈愛の心に満ちた街」篇[118]
        • 北千住駅「北千住 明日へのチャージ」篇[118]
        • 北綾瀬駅「北綾瀬 アイデアいっぱい」篇[118]
        • 綾瀬駅「綾瀬 大人ものびのび」篇[118]
        • 荻窪駅「荻窪 ハーモニーがたくさん生まれる街」篇[118]
        • 方南町駅「方南町 誰かが誰かを笑顔にしてた」篇[118]
        • 東高円寺駅「東高円寺 まさかに出会う」篇[118]
        • 雑司が谷駅「雑司が谷 ひと工夫が散りばめられた街」篇[118]
        • 千川駅「千川 くらしとアートがつながっている」篇[118]
        • 池袋駅「池袋 いつもツイてる気がする」篇[118]
        • 錦糸町駅「錦糸町 世界とニッポンが、もっとつながって見える街」篇[118]
        • 押上駅「押上 江戸がいまでも華やぐ」篇[118]
    • すき家
      • 「おうち」篇 (2020年7月10日 -)
      • 「うな牛」篇 (2020年7月11日 -) [119]
      • 「カレー気分」篇(2020年9月11日 - )[120]

    劇場アニメ

    • モンスターハウス(2007年1月7日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - ジェニー 役(スペンサー・ロック)※日本語吹き替え
    • シナモン the movie(2007年12月22日、松竹) - アンナおねえさん 役
    • 鬼神伝(2011年4月29日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - 水葉 役[121]
    • 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム(2011年、東宝) - カリータ 役

    ミュージック・クリップ

    • 桜木町(ゆず、2004年6月2日発売)※ジャケット写真にも出演。撮影は神奈川県横浜市のみなとみらい周辺で行われた。
    • Celebrate(DEEN、2009年4月29日発売)
    • 忘れないよ(青山テルマ、2009年8月5日発売)
    • バイバイ(7!!、2011年11月2日発売)[122]

    ファッションショー

    • ACQUA GRAZIE(2005年3月)
    • 第14回ファッションカンタータ from KYOTO(2006年6月17日)
    • 日本の美を愛でる(2006年11月28日)
    • GirlsAward2015 SPRING/SUMMER(2015年4月29日、国立代々木競技場第一体育館)[123]

    Web

    • 石原さとみインタビュー モッテコ書店 (2008年5月23日)
    • 朝日求人・マイナビ共同企画 “Heroes File 〜挑戦者たち〜” Vol.47
      • 『ロマンチストだった10代』(2011年3月18日付)
      • 『1歩踏み出せば、変わる』(2011年3月25日付)

    イメージキャラクター

    • 第24回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン(2003年)[124]
    • 赤い羽根共同募金ポスター(2004年 - 2006年)
    • 2007年度 セガ イメージキャラクター(2007年7月 - 2008年6月)
    • ツカモト 振袖「ハタチスタイル」「苺〜一期一会〜」(2011年)

    その他

    • 産経新聞創刊85周年・関西テレビ開局60周年記念事業「フェルメール展」 - 展覧会ナビゲーター&音声ガイド[125][126]
      • 東京展(2018年10月5日 - 2019年2月3日、上野の森美術館)
      • 大阪展(2019年2月16日 - 5月12日、大阪市立美術館)
    • 2020年東京オリンピック・聖火リレー - アンバサダー[127]

    書籍

    写真集

    • 16歳 至上の原石(2003年3月25日、文藝春秋、撮影:根本好伸、熊谷貫、原田達夫)ISBN 4-16-359540-6
      三部構成で、ホリプロタレントスカウトキャラバンの模様や「わたしのグランパ」の収録風景も収める[128]
    • たゆたい(2005年11月16日、小学館、撮影:熊谷貫)ISBN 4-09-363702-4
      ベトナムでのロケによるグラビアをはじめ、過去の週刊少年サンデーのグラビア、幼少時や小学生時代のプライベートの写真を収録。
    • 二十歳、夏(2007年8月28日、ワニブックス、撮影:小澤忠恭)ISBN 4-8470-4034-1
      屋久島でのロケによるグラビア等を収録。
    • moi-モア-(2011年5月13日、主婦と生活社、撮影:大橋仁)ISBN 978-4-391-13983-9
      カナダでのロケによる撮り下ろしグラビアをはじめ、自身初となるエッセイを収録[129]
    • encourage(2017年9月1日、宝島社、撮影:伊藤彰紀)ISBN 978-4800273871

    雑誌連載

    • steady.(2012年8月号[130] - 2014年10月号[131]、宝島社) - 石原さとみのA to Z。
    • TVステーション([いつ?]、ダイヤモンド社) - Actress Style。

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ パナソニック株式会社が「骨盤ケアに関する調査」と共に行なったアンケートの結果。
    2. ^ リカルデントによる「美噛むプロジェクト」で30・40代の男女に対して行われた大人のキス事情に関する調査によるもの。
    3. ^ 小学館の美容誌『美的』読者が選出する「なりたい顔No.1美女」に贈られる。

    出典

    1. ^ a b c d e “石原 さとみ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年3月6日閲覧。
    2. ^ a b “石原さとみ(イシハラサトミ)|ホリプロオフィシャルサイト”. 2020年3月6日閲覧。
    3. ^ “色々な経験を経た大人の石原さとみさんが『大人舌』を指南!「明治 ザ・チョコレート」新CM「大人舌」篇 9月25日(火)全国で放映開始”. 明治. PR TIMES (2018年9月25日). 2020年3月6日閲覧。
    4. ^ “石原さとみ「15年間の芸能生活」をまるっと校閲(1)ホリプロ養成所時代に出ていた「幻の2作」”. アサジョ. 徳間書店 (2016年11月19日). 2020年3月6日閲覧。
    5. ^ “石原さとみ「わたしのグランパ」での文太さんの思い出語る”. 東スポWeb. 東京スポーツ (2014年12月1日). 2020年3月6日閲覧。
    6. ^ “きみはペット”. allcinema. スティングレイ. 2020年3月7日閲覧。
    7. ^ “石原さとみ、美くびれを披露!「anan」表紙に”. cinemacafe.net. イード (2015年10月15日). 2020年3月7日閲覧。
    8. ^ a b “インタビュー〈日曜のヒロイン〉第389回 石原さとみ 「てるてる家族」でみるみる女優”. nikkansports.com (近藤由美子). (2003年11月23日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun031123.html 2014年4月30日閲覧。 
    9. ^ “石原さとみの演技力に注目!超人気ドラマ「アンナチュラル」がすごい!”. ホミニス. JSAT (2018年7月13日). 2020年3月7日閲覧。
    10. ^ “石原さとみ、木曜劇場『アンサング・シンデレラ』主演で病院薬剤師に 「精いっぱいがんばりたい」”. リアルサウンド (2020年2月8日). 2020年3月7日閲覧。
    11. ^ “石原さとみ、田畑智子で「奇跡の人」”. asahi.com(現:朝日新聞デジタル). 朝日新聞社 (2006年9月26日). 2020年3月7日閲覧。
    12. ^ “石原さとみ、濡れ場に挑戦!? エクスタシーを感じる姿を見て--『幕末純情伝』”. マイナビニュース. マイナビ (2008年8月13日). 2020年3月7日閲覧。
    13. ^ “フジテレビ/ヴォイス-石原さとみさんインタビュー”. フジテレビジョン. 2020年3月7日閲覧。
    14. ^ “GReeeeN、2009年1月スタートの月9主題歌を担当”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2008年12月20日). 2020年3月7日閲覧。
    15. ^ “石原さとみさんにインタビュー”. シティリビングWeb. サンケイリビング新聞社 (2012年10月31日). 2020年3月7日閲覧。
    16. ^ “組曲虐殺 こまつ座&ホリプロ公演”. 天王洲 銀河劇場. 2020年3月7日閲覧。
    17. ^ “石原さとみ、本木雅弘の妻役に 「ドキドキと幸せ感じる」”. ORICON NEWS. オリコン (2009年4月15日). 2020年3月7日閲覧。
    18. ^ “石原さとみ:雑誌の表紙起用ナンバーワンに ローラや大島優子も”. MANTANWEB. (2015年3月4日). http://mantan-web.jp/2015/03/04/20150304dog00m200045000c.html 2015年7月27日閲覧。 
    19. ^ “石原さとみ、2年連続で最も多く雑誌の表紙飾る”. スポーツ報知. (2016年3月4日). オリジナルの2016年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160310081112/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160303-OHT1T50206.html 2016年3月10日閲覧。 
    20. ^ a b “石原さとみ月9初主演で豪華タッグ!“イケメン僧侶”山Pと初共演”. SANSPO.COM (2015年9月3日). 2015年9月3日閲覧。
    21. ^ “名有名タレント「芸名の由来」、石原さとみに込められた“美しすぎる”意味とは?”. アサジョ. (2016年1月2日). https://asajo.jp/excerpt/4939 2016年9月9日閲覧。 
    22. ^ “てるてる家族”. テレビドラマデータベース. 2020年3月7日閲覧。
    23. ^ 中山雄一朗 (2014年10月15日). “石原さとみ、偽インスタが出回る…なりすまし被害で注意喚起”. シネマトゥデイ. 2015年4月14日閲覧。
    24. ^ “石原さとみ|HORPRO「なりすましについて」”. ホリプロ. 2015年4月14日閲覧。
    25. ^ “石原さとみ、菜々緒…実はセルフメイクな女優”. モデルプレス (2016年12月12日). 2018年4月30日閲覧。
    26. ^ “松本まりか、石原さとみとの2ショット ”親友”への思いにファン感動”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2018年10月27日). 2020年3月6日閲覧。
    27. ^ “石原さとみ、スペイン旅で将来の想いなどをありのままに告白”. エンタメRBB. イード (2018年11月27日). 2020年3月6日閲覧。
    28. ^ 「〈発表!〉第74回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン』第45号、角川マガジンズ、2012年11月、 36-39頁、2012年11月18日閲覧。
    29. ^ 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン』第20巻19号(2014年5月16日号)、KADOKAWA、2014年5月16日、 6-12頁。
    30. ^ “石原さとみ、堺雅人、満島ひかりら受賞「東京ドラマアウォード2014」”. モデルプレス (2014年10月23日). 2015年7月27日閲覧。
    31. ^ “第87回ドラマアカデミー賞”. webザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年2月16日閲覧。
    32. ^ “2015年「年間ドラマ大賞」作品賞(大賞)は相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』!相葉は「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞!”. TV LIFE (2016年2月10日). 2016年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月10日閲覧。
    33. ^ “石原さとみ主演女優賞「5→9」山PとW受賞に歓喜”. nikkansports.com. (2016年5月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1642129.html 2016年5月6日閲覧。 
    34. ^ “【18年1月期 コンフィデンス・ドラマ賞】石原さとみ、30代初の連ドラで爪跡残す 『アンナチュラル』で主演女優賞を獲得”. オリコン NEWS. (2018年4月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2110393/full/ 2018年5月3日閲覧。 
    35. ^ “石原さとみ「アンナチュラル」ドラマGP主演女優賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年5月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805020000056.html 2018年5月2日閲覧。 
    36. ^ “受賞結果総評”. 第96回ドラマアカデミー賞. KADOKAWA. 2018年5月2日閲覧。
    37. ^ 東京ドラマアウォード2018:「おっさんずラブ」がグランプリなど3冠 田中圭が主演男優賞 吉田鋼太郎が助演男優賞mantanweb(2018年10月25日), 2018年10月25日閲覧。
    38. ^ “『ベストフォーマリスト2012』受賞 石原さとみ「女性として誇りに思える」”. ORICON STYLE. オリコン (2012年11月14日). 2015年7月27日閲覧。
    39. ^ “【動画】メガネ似合う著名人に石原さとみ、AKB48ら 『メガネ ベストドレッサー賞』受賞”. ORICON STYLE (2014年10月20日). 2015年9月21日閲覧。
    40. ^ “今年、Yahoo!で最も検索されたのは「羽生結弦」さん 「Yahoo!検索大賞2014」発表”. 財経新聞. (2014年12月8日). http://www.zaikei.co.jp/article/20141208/225563.html 2014年12月8日閲覧。 
    41. ^ “石原さとみ、2億円超のジュエリーに「圧倒された」”. ORICON (2015年8月27日). 2015年8月27日閲覧。
    42. ^ “石原さとみ、「理想の後ろ姿のタレント」No.1に!桐谷美玲、有村架純もランクイン”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル株式会社). (2015年10月14日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/39359 2015年10月14日閲覧。 
    43. ^ “福山雅治・石原さとみ「キスしたい芸能人」1位に!30〜40代男女に調査”. クランクイン!! (2015年10月8日). 2016年3月10日閲覧。
    44. ^ “石原さとみ“なりたい顔No.1”に 私生活も明かす”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2015年12月18日). http://mdpr.jp/news/detail/1550494 2015年12月18日閲覧。 
    45. ^ “石原さとみ“最もなりたい顔”2連覇「20代最後のいい思い出」”. スポニチアネックス. (2016年12月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/21/kiji/20161220s00041000288000c.html 2016年12月21日閲覧。 
    46. ^ “石原さとみ沖縄ギャル…「銀幕版スシ王子―」で堂本光一と初共演”. スポーツ報知. (2007年12月19日). オリジナルの2008年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080118080845/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071219-OHT1T00087.htm 2013年9月10日閲覧。 
    47. ^ “石原さとみ、相手役は佐藤隆太で品川ヒロシ1年ぶりの監督作「漫才ギャング」ヒロインに決定!”. シネマトゥデイ (2010年6月9日). 2016年5月6日閲覧。
    48. ^ 石原さとみ (2015年3月13日). 【3/14(土)公開!】映画「風に立つライオン」に出演の石原さとみにインタビュー. インタビュアー:リワークス. 関西ウォーカー.. http://news.walkerplus.com/article/56438/ 2015年7月27日閲覧。 
    49. ^ “石原さとみ、小悪魔キャラ直後に『進撃の巨人』でハンジ役「吹っ切れた」”. マイナビニュース (2015年7月22日). 2015年7月27日閲覧。
    50. ^ 中山雄一朗 (2015年11月2日). “石原さとみ、こわくて辛かった…『ゴジラ』撮影終了を報告”. シネマトゥデイ. 2016年3月10日閲覧。
    51. ^ “「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/eiga/news/183481 2016年4月16日閲覧。 
    52. ^ “濱田岳、妻夫木聡、竹内結子、石原さとみ!「決算!忠臣蔵」に超豪華キャスト続々”. 映画.com. (2019年3月6日). https://eiga.com/news/20190306/5/ 2019年4月3日閲覧。 
    53. ^ “石原さとみが…あ・ぶ・な・い「怪談スペシャル」主演”. SANSPO.COM. (2005年7月8日). オリジナルの2006年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060110234239/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005070801.html 2017年2月16日閲覧。 
    54. ^ “石原さとみ&手越祐也、難役に苦労”. スポーツ報知. (2006年6月27日). オリジナルの2007年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070123021754/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20060627-OHT1T00078.htm 2015年9月21日閲覧。 
    55. ^ “石原さとみがキスシーンに緊張!?”. DAILY SPORTS ONLINE. (2007年4月5日). オリジナルの2007年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070522043543/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/04/05/0000292849.shtml 2015年9月21日閲覧。 
    56. ^ “えっ、石原さとみが三十路女教師役 新ドラマ「パズル」”. CHUNICHI Web. (2008年2月27日). オリジナルの2008年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080301175930/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008022702090778.html 2015年9月21日閲覧。 
    57. ^ “石原さとみ“夏の熱い恋”宣言? ドラマ×映画で青春に奮闘する女子たちを応援!”. cinemacafe.net (2008年7月8日). 2015年7月27日閲覧。
    58. ^ “石原さとみ、バレリーナ役熱演 「新参者」新春SPに出演”. ORICON STYLE (2013年11月19日). 2014年4月30日閲覧。
    59. ^ “石原さとみ、小悪魔になる方法とは”. モデルプレス (2014年1月27日). 2015年4月14日閲覧。
    60. ^ “石原さとみらが“ほん怖”に初出演 15周年SPで豪華キャスト勢揃い”. 産経ニュース. (2014年8月9日). http://www.sankei.com/entertainments/news/140809/ent1408090004-n1.html 2014年10月19日閲覧。 
    61. ^ 石原さとみ、松下奈緒 (2014年11月17日). 石原さとみさん 松下奈緒さん「ディア・シスター」. インタビュアー:岩城択. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015-04-14時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150414144102/http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/interview/20141108-OYT8T50013.html 2016年3月10日閲覧。 
    62. ^ “石原さとみ、戦艦武蔵を題材にしたドラマに主演「何度も涙しました」”. ORICON STYLE. (2016年6月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2074197/full/ 2016年6月29日閲覧。 
    63. ^ “石原さとみ 初の日テレ連ドラ主演 校閲ガールに”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年8月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/11/kiji/K20160811013142210.html 2016年8月11日閲覧。 
    64. ^ “地味にスゴイ! 校閲ガール:石原さとみ主演ドラマのSPが今秋放送 ゲストに木村佳乃ら”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年6月2日). http://mantan-web.jp/2017/06/02/20170601dog00m200066000c.html 2017年6月2日閲覧。 
    65. ^ “石原さとみ、“逃げ恥”脚本家とタッグ 解剖医役でTBS連ドラ初主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2097097/full/ 2017年9月12日閲覧。 
    66. ^ “石原さとみ、7月期火10ドラマ主演 風変わりなレストランオーナー役「とことん楽しんで演じていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2132391/full/ 2019年3月28日閲覧。 
    67. ^ “石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』初回放送延期 『グッド・ドクター』再放送”. ORICON NEWS. (2020年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2159334/full/ 2020年4月8日閲覧。 
    68. ^ “石原さとみ、病院薬剤師に 4月期「アンサング・シンデレラ」で4年半ぶりフジ連ドラ出演”. シネマトゥデイ. (2020年2月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113906 2020年2月5日閲覧。 
    69. ^ “テレビ朝日|原爆 63年目の真実”. テレビ朝日. 2014年8月16日閲覧。
    70. ^ “石原さとみがウガンダへ!元少年兵と交流”. Smartザテレビジョン (2015年7月27日). 2015年9月21日閲覧。
    71. ^ 石原さとみ アフリカ・ケニアへ 水で命を失う子ども達 24時間テレビ39特別編・海外リポート完全版(BS日テレ)、2016年10月1日閲覧
    72. ^ 石原さとみのすっぴん旅 in スペイン(関西テレビ)、2018年12月27日閲覧
    73. ^ 石原さとみのすっぴん旅 in ギリシャ(関西テレビ)、2019年12月11日閲覧
    74. ^ MUSIC☆HERO(TBS)、2019年1月2日閲覧
    75. ^ “石原さとみ、ラジオパーソナリティー初挑戦…鶴瓶と”. SANSPO.COM. (2004年11月1日). オリジナルの2005年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050305075714/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200410/gt2004110104.html 2017年2月16日閲覧。 
    76. ^ “石原さとみ、ラジオ初レギュラー…ニッポン放送”. SANSPO.COM. (2005年4月9日). オリジナルの2006年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060215231149/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200504/gt2005040903.html 2017年2月16日閲覧。 
    77. ^ “石原さとみ、けが覚悟で初舞台…「奇跡の人」けいこ初日”. スポーツ報知. (2006年9月1日). オリジナルの2007年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070102150828/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/stage/news/20060901-OHT1T00048.htm 2015年9月21日閲覧。 
    78. ^ “石原さとみ、濡れ場に挑戦!? エクスタシーを感じる姿を見て--『幕末純情伝』”. マイナビニュース (2008年8月13日). 2015年7月27日閲覧。
    79. ^ 石原さとみ (2012年10月31日). 石原さとみさんにインタビュー 複雑な恋愛模様だけれど、“こんな愛の形もある”と知ってほしい. インタビュアー:塩谷真奈美. シティリビングWeb.. http://city.living.jp/common/selection/36141 2015年9月21日閲覧。 
    80. ^ “石原さとみ主演『ピグマリオン』公開舞台稽古”. シアターガイド (有限会社モーニングデスク). (2013年11月12日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2013/11/12_03.php 2017年10月31日閲覧。 
    81. ^ “石原さとみ、4年ぶり主演舞台で“小説ガール”初挑戦”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年10月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171030-OHT1T50242.html 2017年10月31日閲覧。 
    82. ^ “石原さとみ4年ぶりの舞台「密やかな結晶」東京・富山・大阪・福岡で公演”. ファッションプレス (株式会社カーリン). (2017年12月9日). https://www.fashion-press.net/news/35673 2017年12月9日閲覧。 
    83. ^ 石原さとみが舞台でしか見せない「優しい役」とは?(2019年8月21日)
    84. ^ “石原さとみ&DAIGO グリコ「牧場しぼり」CMスタート”. ライブドアニュース (2009年4月8日). 2013年11月12日閲覧。
    85. ^ “石原さとみ、レスラー蝶野を挑発”. ライブドアニュース (2009年2月4日). 2014年10月19日閲覧。
    86. ^ “石原さとみ、CM出演する「鏡月」の期間限定バーに来店し「ボトルシェア、してみ」”. 映画.com (2014年4月24日). 2014年4月30日閲覧。
    87. ^ “石原さとみが可愛すぎる“妄想姿”を初披露!!「ふんわり鏡月」WEB限定スペシャルムービー”. ORICON STYLE (2016年3月8日). 2016年3月10日閲覧。
    88. ^ ~サントリービール史上売上No.1(※)「金麦」ブランドが新しくなって登場~ 新たな「金麦」ブランドのメッセンジャーに石原さとみさんを起用! 新TV-CM『NO.1』篇、『贅沢麦芽』篇 1月9日(木)から順次全国でオンエア開始 サントリービール株式会社 2020年1月8日
    89. ^ “石原さとみ:セクシーなロングドレス姿で新型プリウスアピール”. MANTANWEB. (2017年2月15日). http://mantan-web.jp/2017/02/15/20170215dog00m200014000c.html 2017年2月16日閲覧。 
    90. ^ “石原さとみ、林遣都の壁ドンッ!新CMの胸キュンシーン公開”. クランクイン!! (2015年4月13日). 2015年4月14日閲覧。
    91. ^ “石原さとみさんに加え、新たに永野芽郁さんをCMキャラクターに起用! 「フレア フレグランス」新TVCM 朝のキレイが続く篇/おうち時間篇 8月24日(月)より全国でオンエア” (プレスリリース), PR TIMES, (2020年8月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001089.000009276.html 2020年8月28日閲覧。 
    92. ^ “〜花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」新TVCM〜 石原さとみ、化粧品CMに初出演!”. PR TIMES (2013年2月22日). 2013年12月11日閲覧。
    93. ^ “花王リーゼの新キャラクターに、石原さとみさんを起用。毛先まとまるストレートスタイルに思わずうっとりしちゃう表情が魅力的な新CMは2015年10月9日より公開。”. PR TIMES (2015年10月9日). 2016年3月10日閲覧。
    94. ^ “石原さとみさんの“もっちり唇”が魅力的な新CMが11月20日放映開始“ソフィーナのスキンケア研究から生まれたルージュ”新発売”. PR TIMES (2015年11月25日). 2016年3月10日閲覧。
    95. ^ “長澤まさみの美脚、石原さとみ濡れ姿…女優4人、レヴール新CMで美の"競艶"”. マイナビニュース (2013年2月27日). 2014年10月19日閲覧。
    96. ^ “石原さとみが"キウイーハニー"に変身!”. TOKYO HEADLINE (2012年5月24日). 2014年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
    97. ^ “渡辺謙、石原さとみらがドコモの夏モデルをPR!”. TV LIFE (2013年5月21日). 2013年9月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月10日閲覧。
    98. ^ “石原さとみ:ドコモCMで松坂桃李と初共演”. MANTANWEB. (2013年8月1日). http://mantan-web.jp/2013/08/01/20130731dog00m200059000c.html 2013年9月10日閲覧。 
    99. ^ “石原さとみ、たんぱく質不足明かす「予防や管理しないと」”. ORICON STYLE (2013年10月10日). 2013年12月11日閲覧。
    100. ^ “石原さとみらも登場!ドコモ新CMで渡辺謙、堀北真希は“人間の役”!?”. Smartザテレビジョン (2014年5月14日). 2014年10月19日閲覧。
    101. ^ “NTTドコモ、「GALAXY Note Edge」石原さとみが自らの体を指でタッチしていくTVCMを公開”. navicon (2014年11月19日). 2015年4月14日閲覧。
    102. ^ “石原さとみが新たな挑戦「正直緊張していた」”. modelpress (2013年11月28日). 2013年12月11日閲覧。
    103. ^ “石原さとみが「みかんの妖精」に!明治「果汁グミ」新CMがOA!”. GirlsNews (2014年2月23日). 2015年9月21日閲覧。
    104. ^ “石原さとみの“ぷにぷにダンス”に胸キュン 色っぽ可愛いモテ仕草が炸裂”. モデルプレス (2015年3月30日). 2015年9月21日閲覧。
    105. ^ “明治、「果汁グミ」ブランドサイトを一新、石原さとみ出演TVCMを公開”. navicon (2014年2月25日). 2016年5月10日閲覧。
    106. ^ “石原さとみが「みかんの妖精」に変身/明治 果汁グミ「変身みかん」篇”. Adver Times (2015年3月4日). 2016年5月10日閲覧。
    107. ^ “明治 果汁グミ「変身ぶどう」篇 × 石原さとみ TVCM”. CMソングMAX (2015年5月12日). 2016年5月10日閲覧。
    108. ^ “石原さとみさん“みかんヘッドホン”女子になってノリノリ! 「果汁グミ」新TVCM 『ヘッドホンみかん』篇”. CMJapan (2016年2月22日). 2016年5月10日閲覧。
    109. ^ “明治 果汁グミ 「ヘッドホンぶどう」篇 石原さとみ”. CM Watch (2016年5月10日). 2016年5月10日閲覧。
    110. ^ “石原さとみ、弟子入り志願の男の子に胸キュン「抱きしめたくなる」”. ORICON NEWS (2017年2月20日). 2017年2月27日閲覧。
    111. ^ “明治 果汁グミ「果汁グミ屋さん・ぶどう」篇 × 石原さとみ TVCM”. CMソングMAX (2017年5月9日). 2017年5月14日閲覧。
    112. ^ “石原さとみがかわいすぎる!新CMで胸キュン仕草を披露”. 東京ウォーカー (2014年10月19日). 2014年10月19日閲覧。
    113. ^ “石原さとみ:大人の食べ方レッスンで色気炸裂”. MANTANWEB. (2015年9月15日). http://mantan-web.jp/2015/09/15/20150915dog00m200043000c.html 2015年9月21日閲覧。 
    114. ^ “マイナビ:石原さとみさん起用 新CMソングはファンキー加藤さん” (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
    115. ^ “石原さとみ「いいじゃん!」NYプロレスで叫ぶ”. 日刊スポーツ (2015年8月26日). 2015年8月26日閲覧。
    116. ^ “石原さとみ 高級ブランドアンバサダーに緊張「私なんか…」”. スポニチ (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
    117. ^ “石原さとみが東京メトロ新CMに、4月は門前仲町テーマに“チャレンジ”。”. ナリナリドットコム (Narinari.com). (2016年4月1日). http://www.narinari.com/Nd/20160436930.html 2016年4月1日閲覧。 
    118. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 広告ギャラリー(広告ポスター・CM情報)
    119. ^ “石原さとみがすき家のイメージキャラクターに! 最高の笑顔で「おうち、すきや~」~新TVCMが本日10日(金)からオンエア。牛丼のこだわりは「紅しょうが多め」”. Impress. (2020年7月10日). https://netatopi.jp/article/1264595.html 2020年7月12日閲覧。 
    120. ^ “石原さとみ「牛カレーも、すきや!」新CMでおいしい顔”. TOKYO HEADLINE. (2020年9月11日). https://www.tokyoheadline.com/513577/ 2020年9月12日閲覧。 
    121. ^ “鬼神伝”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/mov_list_21th/mov_031.html 2016年5月4日閲覧。 
    122. ^ “石原さとみのずぶ濡れ涙 共感「7!!」題材短編映画主演”. スポーツ報知. (2011年10月27日). オリジナルの2011年10月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111027052851/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111026-OHT1T00284.htm 2014年4月30日閲覧。 
    123. ^ “石原さとみ:黒のライダース姿で観客魅了 ガールズアワード初登場で開幕飾る”. MANTANWEB. (2015年4月29日). http://mantan-web.jp/2015/04/29/20150429dog00m200008000c.html 2015年7月27日閲覧。 
    124. ^ “第24回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン〜ポスターのモデルに、映画、テレビドラマなどで活躍中の石原(いしはら)さとみさんを起用 〜” (プレスリリース), 日本ビクター, (2003年7月15日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/prdata/0240/release/200307147210/index.html 2013年9月10日閲覧。 
    125. ^ “フェルメール展 石原さとみさんが音声ガイドを収録” (プレスリリース), 産経新聞社, (2018年9月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000440.000022608.html 2019年2月15日閲覧。 
    126. ^ “石原さとみ「絵が生きてる!」大阪『フェルメール展』16日開幕”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年2月15日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190215/geo19021505020015-n1.html 2019年2月15日閲覧。 
    127. ^ “石原さとみ、東京五輪聖火リレーのアンバサダーに選ばれ「責任感に身が引き締まる思い」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月20日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190320-OHT1T50100.html 2019年3月20日閲覧。 
    128. ^ “石原さとみが“秘められた顔”見せる1st写真集”. SANSPO.COM. (2003年3月24日). オリジナルの2003年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031211021348/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003032413.html 2016年5月6日閲覧。 
    129. ^ 小松芙未 (2011年5月14日). “石原さとみ、飾らないすっぴん披露!4年ぶりの撮り下ろしフォトブックでありのままの心つづる”. シネマトゥデイ. 2015年9月21日閲覧。
    130. ^ “石原さとみ、度重なるキスに「正直マヒ」”. モデルプレス (2012年7月26日). 2015年9月21日閲覧。
    131. ^ “石原さとみ「まだまだ変化していきたい」今後に意欲を燃やす”. モデルプレス (2014年9月9日). 2015年9月21日閲覧。

    外部リンク

    • 公式プロフィール - ホリプロ
    • 石原さとみ - ホリプロスクエア
    • 石原さとみ - 映画.com
    • 石原さとみ - NHK人物録
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石原さとみ&oldid=79688534」から取得
    1. 石原さとみ「私の中でかけがえのない作品になりました」主演作クランクアップで涙!  フジテレビュー!!
    2. <アンサング・シンデレラ>最終話は視聴率9.7% 萬津総合病院を離れた“みどり”石原さとみは…(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    3. 石原さとみ、『アンサング・シンデレラ』撮了に涙「かけがえのない作品になりました」:紀伊民報AGARA  紀伊民報
    4. 石原さとみ、西野七瀬の髪をチェック! 仲むつまじい2ショットにファン歓喜  クランクイン!
    5. 石原さとみ:「アンサング・シンデレラ」撮了に涙 西野七瀬、真矢ミキからサプライズも  MANTANWEB
    6. Google ニュースですべての記事を見る
    <アンサング・シンデレラ>石原さとみ主演作、「泣ける」理由は患者への「フォーカス」 “薬剤師ドラマ”だから描けた“その後の日常”(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース石原さとみアンサング・シンデレラ10話9・2%(日刊スポーツ)  yahoo.co.jp石原さとみ出演のすき家「牛カレー」CMソングは?(CDジャーナル)  Yahoo!ニュースすき家/石原さとみ起用の新TVCMでカレー訴求  流通ニュース『アンサング・シンデレラ』石原さとみ風、ナチュラルメイクのやり方(女子SPA!)  Yahoo!ニュース田中圭、『アンサング・シンデレラ』クランクアップ 石原さとみと笑顔の2ショット(クランクイン!)  Yahoo!ニュース石原さとみが「うな牛」 すき家CM好感度、過去最高|エンタメ!|NIKKEI  日本経済新聞近藤公園&宮澤佐江、石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』ゲスト出演決定(リアルサウンド)  Yahoo!ニュース好みの辛さは? 石原さとみ「食べたい食べたい食べたい!」とカレー愛あふれる新CMが公開  www.fnn.jp石原さとみはなぜ垢抜けたのか?カリスマ美容師が教える「似合う髪型」の見つけ方  ダイヤモンド・オンライン石原さとみ「アンサング・シンデレラ」9話9・6%  ニッカンスポーツ石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」最終回視聴率9・7%でフィニッシュ  スポーツ報知石原さとみを「女のカラダ」にした男たち(1)初スキャンダルはマネージャー  アサ芸プラス石原さとみを「女のカラダ」にした男たち(終)「タイプはオタク」発言の意味深  ニフティニュース10代男女が憧れる芸能人は?トップ3発表(シネマトゥデイ)  Yahoo!ニュース石原さとみ、素の姿にショック「喋る番組に出しちゃダメ」「ずっとうるさかった」  goo.ne.jp石原さとみもキレて当然!?田中圭、警察沙汰「泥酔報道」に辛辣な意見続々 |  アサジョ<アンサング・シンデレラ>西野七瀬&桜井ユキ&井之脇海が笑顔でクランクアップ! 石原さとみから花束も(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース宮澤佐江『アンサング・シンデレラ』へのゲスト出演に「夢のようにうれしい」  フジテレビュー!!徳永えり、石原さとみに薬を吐きつける 『アンサング―』で鬼気迫る演技  マイナビニュース石原さとみ離れ…が顕著に 視聴者にショックを与えた「あの姿」が嫌われたか? すでに「低視聴率女王」の異名も(2020年9月24日)  BIGLOBEニュース石原さとみ「低視聴率女王」の異名獲得か  goo.ne.jp【フジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ」明日はどうなる】抗てんかん薬を服薬しているか尋ねるみどりに、妊婦の千歳はうそをつく(中日スポーツ)  Yahoo!ニュース『MIU404』が終わった今、もう一度観たい『アンナチュラル』(女子SPA!)  Yahoo!ニュース石原さとみ、主演ドラマの最終回に「つめこみすぎ」「無理やり感がすごい」「最後の展開カオスすぎ」不満の声  goo.ne.jp石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ」 田中圭演じる瀬野に「どうか生きて」の声 | Daily News  Billboard JAPANネタパレ【石原さとみが大爆笑の新ネタ!チョコプラ・EXIT・宮下草薙・納言】[字]|番組情報|TNC テレビ西日本  tnc.co.jpチョコプラの「香水」カバー動画が2660万回再生超…石原さとみからも「聴きました」(デイリースポーツ)  Yahoo!ニュース10代男子が憧れる男性芸能人1位は菅田将暉、10代女子が憧れる女性芸能人1位は?  @DIMEドラマに登場 薬と合わない飲食物 | あなたのおくすり手帳 | 高垣育  毎日新聞石原さとみ、男心を揺さぶる「くちびる以外」の色気の源  日刊大衆「わかる!」思わず販田部長の口癖が出てしまうくらいの“予感”はあったけど…最後の最後まで丁寧な展開に感激  フジテレビュー!!『キワドい2人-K2-』関水渚インタビュー!女優目指したきっかけは石原さとみ  テレビドガッチ大切な日常、それぞれの未来『アンサング・シンデレラ』最終話完全版  フジテレビュー!!永島優美アナに「ニットの着こなしが最高」 めざましテレビ衣装が話題(J-CASTニュース)  Yahoo!ニュースみどりに対し嘘をつく千歳「アンサング-」最終回  ニッカンスポーツ田中圭の一番好きな作品は? 胸キュン超えて胸ドカーン! 圧倒的1位は“はるたん”【#ファンに聞いてみた】(オリコン)  Yahoo!ニュース「アンサング…」「K2」 マトリョーシカみたいに出演続く「田中圭」(デイリー新潮)  Yahoo!ニューススターダスト移籍の桜井ユキ「この作品に使いたいと思われる存在でありたい」(スポーツ報知)  Yahoo!ニュース石原さとみ、吉高由里子、吉田羊は本当に“ジャニーズNG”女優なのか - wezzy|ウェジー  wezzy2020年の夏を彩ったドラマ主題歌5曲!(OKMusic)  Yahoo!ニュース石原さとみの好きな役ベスト5 “最強天然系小悪魔女子”から“陰あるリケジョ”まで【#ファンに聞いてみた】(オリコン)  Yahoo!ニュース石原さとみ、女優業に抱く希望「励ますことのできる人になりたい」  クランクイン!石原さとみ、二日酔いで現場入りの田中圭に放った痛烈一言(NEWS ポストセブン)  Yahoo!ニュース石原さとみ 共演者叱るほどの「責任感」と「視聴率の呪縛」(NEWS ポストセブン)  Yahoo!ニュース吉田鋼太郎×柿澤勇人 二人の男がぶつかり合う、濃密なサスペンス/舞台『スルース~探偵~』2021年1月上演決定!【コメントあり】  PR TIMES江口のりこ、『半沢直樹』で注目され「正直、もう…(笑)」  ananweb石原さとみ お気に入りのスムージのレシピを紹介「おいしさを追求して、作っています」  フジテレビュー!!朝ドラ『おちょやん』篠原涼子、トータス松本、成田凌の現場写真公開:紀伊民報AGARA  紀伊民報石原さとみ ステイホームで始めた新たな趣味がおかしな方向に…?  フジテレビュー!!田中圭演じる瀬野の生死は?ラスト数分の衝撃展開にネットは「涙腺爆発した」の声『アンサング・シンデレラ』最終話  テレビドガッチモロ師岡 石原さとみと11年ぶり共演!「おじさんの冗談に付き合っていただいて楽しい撮影だった」  フジテレビュー!!『アンサング・シンデレラ』石原さとみを取り巻く“視聴率の呪縛”(FRIDAY)  Yahoo!ニュース主演ドラマが延期の石原さとみ「視聴率の浮き沈みが激しい」ワケ(FRIDAY)  Yahoo!ニュース石原さとみが病院薬剤師役に挑戦  DIGITALIST医療ドラマに見る石原さとみの“進化” 『アンサング・シンデレラ』までの変遷を辿る(リアルサウンド)  Yahoo!ニュース石原さとみも出演「話そう。」が696万再生 サントリーの真意  日経クロストレンド石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」初回見逃し配信再生数フジ歴代1位に(デイリースポーツ)  Yahoo!ニュース石原さとみ「どうなっちゃうの…」清原翔の脳出血にみせた動揺(女性自身)  yahoo.co.jp薬剤師役の石原さとみ 唇がマスクで隠れスタッフ残念がる(NEWS ポストセブン)  Yahoo!ニュース知らない薬を舐めて大丈夫……? 薬剤師ドラマ・石原さとみ「アンサング・シンデレラ」は“どこまでリアル”なのか(文春オンライン)  Yahoo!ニュースどう見ても豊田真由子氏...!? 石原さとみ「アンサング・シンデレラ」の患者に視聴者ざわつく(J-CASTニュース)  Yahoo!ニュース石原さとみを起用した、「おうちすき家」新テレビCM  AdverTimes(アドタイ)田中圭“十数年来の友人”石原さとみと約5年ぶりの共演!ツンツンした先輩役を演じる  フジテレビュー!!石原さとみ 薬剤師役のオファーに前のめり「薬に詳しくなるかも(笑)」  フジテレビュー!!<アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋>石原さとみ主演ドラマ第1話オンライン試写会が決定(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース綾瀬はるかよりも深田恭子が先か、石原さとみは? 「ホリプロ3姉妹」の結婚事情(週刊女性PRIME)  Yahoo!ニュース石原さとみ 母性芽生える!?共演の西野七瀬が「とにかくかわいい!」  フジテレビュー!!石原さとみ主演フジ連続ドラマ初回放送日は7・16  ニッカンスポーツ西野七瀬&石原さとみ2ショット反響「可愛い!」、ドラマで“先輩後輩”(MusicVoice)  Yahoo!ニュース石原さとみ、“お団子ヘア”の病院薬剤師役でフジ新木10ドラマの主演決定!  フジテレビュー!!石原さとみ、上戸彩、田中みな実、菜々緒 4月期のドラマを彩る美女たち  クランクイン!石原さとみ 朝の支度の早さはナンバーワン!「男性の俳優さんよりも早い」  フジテレビュー!!アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋【石原さとみ】 #9[字][デ]|番組情報|TNC テレビ西日本  tnc.co.jp【石原さとみさん】「最近、不思議と周りから悩みを相談されるんです」スペシャルインタビュー。(集英社ハピプラニュース)  Yahoo!ニュース石原さとみ“6年近く続ける美容法”を語る 「フェイスラインがシュッとするんです」  クランクイン!トレンド「葵って、そういう人!」石原さとみが圧倒的な説得力で演じているから、“ありえない”なんてツッコミは野暮なんです  フジテレビュー!!石原さとみ「仕事がゼロになって毎日泣いていた」過去の挫折を明かす  フジテレビュー!!石原さとみ 『アンサング・シンデレラ』のポスター撮影で見せた熱意  フジテレビュー!!代表作といえばやはり『アンナチュラル』?石原さとみ出演の人気ドラマ10選  FILMAGA by Filmarks「正直ヤバイ状況」…石原さとみ、実は女優生命が崖っぷち「次作コケると相当厳しい」  Business Journalフォーカス:石原さとみ ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」葵みどり役 未知を知る面白さ  毎日新聞石原さとみ チョコレートドレス着用で「これ以上体温が上がると…」とハラハラ<動画あり>  フジテレビュー!!石原さとみ:「失恋ショコラティエ」の頃から続けている美容法を明かす 「フェースラインがシュッと」  毎日キレイ新ドラマで薬剤師役の石原さとみ、医療従事者への感謝の想い「人は人にしか救えない」(オリコン)  Yahoo!ニュースアンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋【石原さとみ】 #6[字][デ]|番組情報|TNC テレビ西日本  tnc.co.jp<失恋ショコラティエ>“紗絵子”石原さとみに視聴者「天使すぎる…」 「ショコ潤」に“心が潤う”人も(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース石原さとみ・香取慎吾・堺雅人・渋野日向子ら37人が「台本なし」でビデオ通話、WEB動画『話そう。』順次公開/サントリーグループ  食品産業新聞社石原さとみの衣装レプリカも展示中!フジテレビショップ・フジさんでドラマ展開催  フジテレビュー!!<アンサング・シンデレラ>第6話は視聴率9.7% “みどり”石原さとみと“相原くるみ”西野七瀬が患者に寄り添う(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース1830人が選んだ!石原さとみが可愛いドラマランキングを公開  valuepress葵が相原に見せた“不安定な表情”がお見事!石原さとみさんの演技がホント丁寧でした…  フジテレビュー!!石原さとみ ギリシャ旅で「彼氏はいるの?」「好きなタイプは?」と質問攻めに  フジテレビュー!!石原さとみ:お団子ヘアの薬剤師役に 衣装はデザインから携わる「機能的でスタイリッシュ、可愛さも」  毎日キレイキンタロー。の石原さとみは似てる!?「半分の方々に喜んでいただき、半分の方々にイラつかせたかもしれませんが」(中日スポーツ)  Yahoo!ニュース石原さとみさんも参加、聖火リレーのリハ 東京の3市で  朝日新聞デジタル版石原さとみが「メトロガール」で普通の街ばかりを巡ったワケ(FRIDAY)  Yahoo!ニュース法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』アマゾンプライムで配信中。石原さとみ主演、主題歌米津玄師『Lemon』が話題に 【アマプラオススメ作品】(ファミ通.com)  Yahoo!ニュース石原さとみ:ミニボトムで美脚も パステルカラーの装いで春らしさ全開! 「ガラリと変わった」私生活明かす  毎日キレイ



情報の検索

商品の検索