相武紗季(あいぶさき)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    あいぶ さき
    相武 紗季
    本名 相武 紗季(旧姓)
    結婚後の姓は非公表
    生年月日 (1985-06-20) 1985年6月20日(34歳)
    出身地 兵庫県宝塚市
    身長 165 cm
    血液型 O型
    職業 女優
    ジャンル テレビドラマ、映画、CM
    活動期間 2003年 - 2017年6月
    2018年6月 -
    配偶者 一般人男性(2016年 - )
    著名な家族 朱穂芽美(母、元宝塚歌劇団)
    音花ゆり(姉、元宝塚歌劇団)
    公式サイト 相武紗季プロフィール
    主な作品
    テレビドラマ
    『がんばっていきまっしょい』
    『アテンションプリーズ』
    『華麗なる一族』
    『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』
    『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』
    『リバウンド』
    『家政婦のミタ』
    『リッチマン、プアウーマン』
    『ミス・パイロット』
    『マッサン』
    『僕のヤバイ妻』
    『同期のサクラ』
    映画
    『茶の味』
    『メールで届いた物語〜mail〜』
    『NECK』
    『恋するナポリタン 〜世界で一番おいしい愛され方〜』
    『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
    テンプレートを表示

    相武 紗季(あいぶ さき、1985年6月20日 - [1])は、日本の女優。旧姓、同じ。結婚後の姓は非公表。既婚で2子の母。兵庫県[1]宝塚市出身[2]。ボックスコーポレーション所属。身長165cm。

    母は宝塚歌劇団卒業生の朱穂芽美[注 1]。姉は宝塚歌劇団卒業生の音花ゆり[注 2][3]

    来歴・人物

    中学から高校2年生までは地元の中高一貫教育校である雲雀丘学園中学校・高等学校に通学し[4]、中学生の時は水泳に没頭していたが、幼稚園の頃から幼馴染の木南晴夏が夏の高校野球PR女子高生に選ばれ、彼女を見るためにテレビを見ていたところ、高校野球にハマる[5]。高校球児に会いたい思いで2002年朝日放送「夏の高校野球PR女子高生」へ応募し、およそ1000人から選出される。帰省中のマネージャーが地元テレビで放送されていた当該PRビデオを目にしてスカウトし、芸能活動のため上京する。2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)で女優デビューする[6][注 3]

    2004年から出演していた「ミスタードーナツ」CMでは、タカアンドトシとのコミカルな掛け合いで話題を呼ぶ。女優業では『17才夏。〜屋上ガールズ〜』(ABCテレビ)、シナリオ登竜門大賞受賞作『なつのひかり。』(日本テレビ)など単発ドラマで主役を演じ、「よるドラシリーズ」新規作品最終作『どんまい!』(NHK総合)で連続ドラマ主役を初めて演じ、以降「CM女王ランキング」などに名を連ねる。演技を学んでいたアクターズクリニックで監督塩屋俊の目にとまり、映画『ビートキッズ』で初ヒロインを演じる。

    2005年以降、『まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん』、『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』ではヒロイン役など、声優としても演ずる。

    2010年、初舞台となるPiper #8『THE LEFT STUFF』(演劇集団Piper公演)に出演、コミカルなキャラを演ずる。

    2012年9月、公式Twitterを開始する。

    2013年1月1日、『〜感動の神対応バラエティ〜おお!Myゴッド』(フジテレビ)で初めて司会を務める。

    2013年4月から8月までアメリカへ短期で語学留学する[7]。当初はサンフランシスコ、後にボストンに移る[8]。同年9月11日のジレットの新製品発売記念イベントが帰国後の初イベントに[9]、同年10月からの『ミス・パイロット』(フジテレビ)が帰国後初のテレビドラマになった[10]

    私生活

    2015年1月に友人を介して知り合った化粧品等の企画・制作及び販売、イベント制作など様々な事業を手掛ける会社を経営する5歳年上の一般男性と、約1年半の交際期間を経て2016年5月3日に結婚。同日に所属事務所を通じて発表した[11][12][13][14]。婚姻届は東京都内の区役所に代理人を通じて提出。

    2017年5月9日、所属事務所を通して第1子妊娠を報告、同年秋に出産予定とされ、その後の活動は体調を見ながら続けることとした[15]。同年5月と6月に入っている仕事をこなした後、当面の間活動を休止する[16]

    同年10月4日、第1子出産を報告、性別や出産日は非公表とした[17]

    2018年6月3日放送の『ブラックペアン』第7話(TBS)で女優復帰[18]

    2020年1月2日、第2子を妊娠中で同年春に出産予定であることを所属事務所が表明、その後も体調を見ながら活動を続け、時期を見て活動を休止[19]。同年5月20日、第2子女児を出産していたことが報じられ、所属事務所がそれを認めており、活動再開は「体調を見ながら」とした[20]。同日、自身のインスタグラムで第2子女児出産を正式に報告した[21][22]

    出演

    テレビドラマ

    • WATER BOYS[6] 第7・最終話(2003年8月12日・9月9日、フジテレビ) - 早川あつみ 役
    • 17才夏。 第5話「屋上ガールズ」(2003年8月16日、ABCテレビ) - 初主演・南香織 役
    • ライオン先生(2003年10月13日 - 12月15日、読売テレビ) - 小野原彩 役
    • 男湯2〜ハイジと柔道大会の巻〜(2003年11月8日、フジテレビ) - 松浦美奈 役
    • ほんとにあった怖い話「見知らぬ光景」(2004年1月24日、フジテレビ) - 主演・松本慶子 役
    • 愛し君へ(2004年4月19日 - 6月28日、フジテレビ) - 阿川万里 役
    • なつのひかり。(2004年2月14日、日本テレビ、シナリオ登竜門大賞受賞作) - 主演・冬柴宏美 役
    • 劇団演技者。「オートマチック」(2004年11月24日 - 12月15日、フジテレビ) - 桜井(先生) 役
    • がんばっていきまっしょい(2005年7月5日 - 9月13日、関西テレビ) - 矢野利絵 役
    • どんまい!(2005年11月14日 - 12月22日、NHK総合) - 主演・里見優 役 (連続ドラマ初主演)
    • Happy!(2006年4月7日、TBS) - 主演・海野幸 役
      • Happy!2〜私、先輩のためにガンバリます。〜(2006年12月26日)
    • アテンションプリーズ(2006年4月18日 - 6月27日、フジテレビ) - 若村弥生 役
      • アテンションプリーズ スペシャル〜ハワイ・ホノルル編〜(2007年1月13日)
      • アテンションプリーズ スペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜(2008年4月3日)
    • レガッタ〜君といた永遠〜(2006年7月14日 - 9月8日、ABCテレビ・テレビ朝日共同制作) - 小田切操 役(ヒロイン)
    • 華麗なる一族[6](2007年1月14日 - 3月18日、TBS) - 万俵二子 役
    • 牛に願いを Love&Farm(2007年7月3日 - 9月11日、関西テレビ) - 藤井彩華 役
    • 歌姫(2007年10月12日 - 12月21日、TBS) - 岸田鈴 役(ヒロイン)
    • 絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜(2008年4月15日 - 6月24日、フジテレビ) - 井沢梨衣子 役(ヒロイン)
      • 絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜 最終章スペシャル(2009年3月24日)
    • 恋のから騒ぎ 〜Love StoriesV〜「金星から来た女」(2008年10月10日、日本テレビ) - 主演・星丘聡美 役
    • 天地人(2009年1月4日 - 11月22日、NHK総合ほか、大河ドラマ) - 上杉景虎の妻・華姫 役
    • トライアングル(2009年1月6日 - 3月17日、関西テレビ) - 郷田唯衣 役
    • 世にも奇妙な物語 春の特別編「真夜中の殺人者」(2009年3月30日、フジテレビ系) - 主演・木田亜矢香 役
    • ハンサム★スーツ THE TV(2009年3月31日、関西テレビ) - 田沢 役
    • MR.BRAIN 第3話(2009年6月6日、TBS) - 後藤めぐみ 役
    • 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史(2009年6月20・21日、テレビ朝日) - 吉崎真由 役
    • ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜[6](2009年7月13日 - 9月21日、フジテレビ) - 七海菜月 役
    • 父よ、あなたはえらかった〜1969年のオヤジと僕(2009年11月16日、TBS) - 山田春美 役
    • 松本清張ドラマスペシャル・霧の旗(2010年3月16日、日本テレビ、松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ) - 柳田桐子 役
    • わが家の歴史(2010年4月9日 - 11日、フジテレビ) - 美空ひばり 役
    • 逃亡弁護士 第3話(2010年7月20日、関西テレビ) - キャバクラ嬢・浅野志穂 役
    • パーフェクト・リポート(2010年10月17日 - 12月19日、フジテレビ) - 奥澤緑役[6]
    • 明日もまた生きていこう(2010年10月25日、TBS) - バレーボール全日本女子代表・木村沙織 役
    • 告発〜国選弁護人(2011年1月 - 3月3日、テレビ朝日) - 佐原鶴子役
    • リバウンド(2011年4月27日 - 6月29日、日本テレビ) - 主演・大場信子 役
    • ミエルオンナ月子〜真夏の夜のコワーイ話〜(2011年8月26日、日本テレビ、金曜スーパープライム) - 主演・浅丘月子 役
    • 家政婦のミタ(2011年10月12日 - 12月21日、日本テレビ) - 結城うらら 役
    • 鍵のかかった部屋 第3話(2012年4月30日、フジテレビ) - 来栖奈穂子 役
    • リッチマン、プアウーマン(2012年7月 - 9月、フジテレビ) - 朝比奈燿子 役
      • リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年4月1日)
    • 黒い十人の黒木瞳。「黒い母娘」「黒いアカスリ女」(2012年9月9日、NHK BSプレミアム)
      • 黒い十人の黒木瞳。2(2012年12月29日)
    • おトメさん(2013年1月17日 - 3月14日、テレビ朝日) - 水沢李里香 役
    • ミス・パイロット(2013年10月 - 12月、フジテレビ) - 小田千里 役
    • お家さん(2014年5月9日、読売テレビ) - 千 役
    • 金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「磁石男」(2014年6月13日、日本テレビ) - 小日向しおん 役
      • 磁石男2015(2015年9月18日)
    • ラスト・ドクター〜監察医アキタの検死報告〜(2014年7月11日 - 9月12日、テレビ東京) - 吉崎薫子 役
    • 連続テレビ小説 マッサン(2014年9月 - 2015年3月、NHK) - 田中優子 役
    • 赤と黒のゲキジョー 前科ありの女たち(2014年11月21日、フジテレビ) - 逢坂みのり 役
    • 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな 第5話(2014年12月2日、LaLa TV) - 朱里 役
    • 特集ドラマ ナイフの行方(2014年12月22日・23日、NHK総合) - 須山香 役
    • 硝子の葦〜garasu no ashi〜(2015年2月21日 - 3月14日、全4話、WOWOW) - 主演・幸田節子 役[23]
    • 医師たちの恋愛事情(2015年4月9日 - 6月18日、フジテレビ) - 河合奈々 役[24]
    • 2030 かなたの家族(2015年9月26日、NHK総合)[25]
    • エンジェル・ハート(2015年10月11日 - 12月6日、日本テレビ) - 槇村香 役[26]
    • 仮カレ(2015年11月3日 - 12月22日、NHK BSプレミアム) - 主演・豊島杏 役[27]
    • ザ・プレミアム「大江戸炎上」(2016年1月3日、NHK BSプレミアム)ドラマ部分 - 浅井了意 役
    • 民王スピンオフ〜恋する総裁選〜(2016年4月22日、テレビ朝日) - 雪野詩音 役[28]
    • 僕のヤバイ妻(2016年4月 - 6月、関西テレビ・フジテレビ系) - 北里杏南 役[29]
    • ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」(2016年10月5日、テレビ東京) - 八反田遙 役[30]
    • メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断(2016年10月11日 - 12月13日、関西テレビ) - 新田雪野 役
    • 松本清張「花実のない森」(2017年3月29日、テレビ東京) - 藤村真弓 役
    • ドラマスペシャル「警部補・碓氷弘一〜殺しのエチュード〜」(2017年4月9日、テレビ朝日) - 藤森紗英 役
    • 女の勲章(2017年4月15・16日、フジテレビ) - 坪田かつ美 役[31]
    • ブラックペアン 第7話(2018年6月3日、TBS) - 山本祥子 役[18]
    • THE GOOD WIFE / グッドワイフ 第1話 - 第8話(2019年1月13日 - 3月3日、TBS) - 遠山亜紀 役[32]
    • Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜 第7話(2019年7月9日 - 、TBS) - 香宮瑠璃子 役[33]
    • 同期のサクラ(2019年10月9日 - 、日本テレビ) - 火野すみれ 役[34]

    映画

    • 茶の味(2004年7月17日公開、クロックワークス) - ホタル 役
    • ビートキッズ(2005年6月4日公開、松竹) - ナナオ 役
    • メールで届いた物語〜mail〜(2005年、東映ビデオ) - 主演・谷村理沙 役
    • まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん(2006年3月11日公開、角川ヘラルド映画) - テイル 役 ※声の出演
    • ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜(2007年3月10日公開、東宝) - 満月美夜子 役 ※声の出演
    • レイトン教授と永遠の歌姫(2009年12月19日公開、東宝) - レミ・アルタワ 役 ※声の出演[35]
    • ゴールデンスランバー(2010年1月30日公開、東宝) - 井ノ原小梅 役
    • NECK(2010年8月21日公開、アスミック・エース エンタテインメント) - 主演・真山杉奈 役
    • 恋するナポリタン 〜世界で一番おいしい愛され方〜(2010年9月11日公開、日活) - 佐藤瑠璃 役
    • 阪急電車 片道15分の奇跡(2011年4月29日公開【関西は4月23日先行公開】、東宝) - マユミ 役 ※友情出演
    • FLY!〜平凡なキセキ〜(2012年3月10日公開、よしもとクリエイティブ・エージェンシー) - 高崎ななみ 役
    • リンカーン/秘密の書(2012年11月1日公開、20世紀フォックス) - メアリー・トッド・リンカーン 役 ※声の出演、日本語版吹き替え
    • カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年12月14日公開、東宝) - 茉莉 役
    • 唐山大地震(2015年3月14日公開、松竹) - チャン・チンチュー 役 ※声の出演、日本語版吹き替え
    • 恋妻家宮本(2017年1月28日公開、東宝) - 門倉すみれ 役

    ショートフィルム

    • short cakes(2003年、BOOK C@fe short Films) - 主演・ナナ 役
    • 点描のしくみ Queen of Hearts(2012年、クロックワークス) - 鹿島奈々子 役

    配信

    • ミスタードーナツ リッチドーナツ スペシャルサイト「聞いてないよ!? ザ・ムービー」(2007年8月 - 10月、ダスキン)
    • 女たちは二度遊ぶ「どしゃぶりの女」(2010年3月、BeeTV)
    • デス・ゲーム・パーク(2010年4月20日 - 、BeeTV)
    • サヨナラの恋(2010年10月1日 - 、BeeTV) - 主演・神崎瀬菜 役

    CM

    • ジョンソン・エンド・ジョンソン「2ウィーク アキュビュー」(2003年)
    • サントリー「C.C.レモン」(2003年)
    • 江崎グリコ(2003年 - 2007年)
      • 「ビスコ」(2003年)
      • 「ほわわ」(2005年)
      • 「ジャイアントコーン」(2005年 - 2006年)
      • 「パピコ」(2007年) - 山崎静代と共演
    • ダスキン「ミスタードーナツ」(2004年4月 - )
      • 『バイト 篇』(2004年 - 2006年) - タカアンドトシと共演
      • 『隣の住人 篇』(2006年) - 玉木宏と共演
      • 『会議室 篇』(2008年 - )
    • NTTコミュニケーションズ「OCN」(2004年 - 2011年)
    • 花王(2004年 - )
      • 「ビオレ さらさらパウダーシート」(2004年 - 2008年)
      • 「ビオレ さらさらUVパーフェクトフェイスミルク」(2006年)
      • 「メンズビオレ」(2008年 - )
      • 「ソフィーナ オーブ クチュール」(2008年 - )
      • 「ビオレ マシュマロホイップ」(2009年)
    • パイロットコーポレーション(2004年 - )
      • 博士と助手シリーズ 研究室 篇(2004年)
      • 『ネオックス・イーノ』 さよなら先生 篇(2006年 - )
      • 『フリクション』 消す人 篇(2007年 - )
      • 『ラテ』 ケータイ広告 篇(2007年 - )
      • 『アクロボール』サイン篇(2009年 - )
    • オートバックスセブン(2006年 - )
    • JRA 日本中央競馬会 北海道シリーズ(2006年)
    • 明治安田生命保険「ライフアカウント L.A. Double」(2006年)
    • 日本航空(2006年 - 2008年)
      • JAL国内線運賃 先得割引(2006年 - )
      • JAL九州キャンペーン2007(2006年 - 2007年)
      • JAL沖縄キャンペーン2007(2007年)
      • JAL麗らか四国キャンペーン(2007年)
      • JAL夏休み家族のスマイルキャンペーン(2007年)
      • JAL東京キャンペーン「TOKYO JAL 2007 - '08」(2007年 - 2008年)
      • JAL北海道WINTERキャンペーン2008(2007年 - 2008年)
      • JAL沖縄キャンペーン2008(2008年)
    • アットホーム 企業イメージ・キャラクター(2006年 - )
    • 日本コカ・コーラ「アクエリアス・ビタミンガード」(2007年)
      • 『冬を楽しむ 篇』(2007年1月 - 3月)
      • 『太陽を怖がるヒト 篇』(2007年7月 - 9月)
      • 『冬を楽しむ2007 篇』(2007年11月)
    • 日本放送協会 NHK BS1キャンペーン(2007年)
    • インテリジェンス アルバイト求人メディア「an」(2007年7月)
    • 日本民間放送連盟「CMのCMキャンペーン」(2007年8月)
    • 麒麟麦酒『麒麟ZERO』(2008年2月 - )
    • 味の素(2008年6月 - )
      • 「味の素KKの基本だし」(2008年6月 - )
      • 「やさしお」(中村雅俊と共演)(2008年12月 - )
    • 青山商事「洋服の青山」(2009年2月 - )
    • ロート製薬「ロートCキューブ クリアフラッシュAL」(2010年5月 - )
    • 任天堂「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」(2010年9月 - )
    • アサヒビール「アサヒ ブルーラベル」(2011年7月 - )
    • ケイ・オプティコム「eoスマートリンク」(2012年5月 - ) - 唐沢寿明と共演
    • グラクソ・スミスクライン「子宮頸がん予防」(2012年6月 - )
    • SMBCコンシューマーファイナンス 「もっと!サービス向上委員会」(2012年7月 - )
    • クラシエ薬品「コッコアポ」(2015年4月 - )[36]
    • JR東海エージェンシー「JR東海 奈良キャンペーン」(2016年 - )[37]
    • 日商エステム (2016年12月 - )
      • 「私だけの未来へ」篇 (2016年12月 - )
      • 「雲の上から」編 (2017年7月 - )
      • 「Flowers」篇 (2019年8月 - )
    • 池田模範堂「ヒビケア」(2019年10月 - )[38]

    バラエティ番組

    • 〜感動の神対応バラエティ〜おお!Myゴッド(2013年1月1日、フジテレビ) - 司会初挑戦。有吉弘行と務めた。

    スポーツ番組

    • ドラマチック競馬(2006年、北海道文化放送) - 函館スプリントステークス開催日にはプレゼンターも務めた。
    • 北京オリンピック(2008年、フジテレビ) - 古田敦也とのコンビ。
    • オードリーのNFL倶楽部(2015年 - 、日本テレビ・日テレジータス・BS日テレ) - 不定期ゲスト。
    • 第50回スーパーボウル中継(2016年2月8日、日テレジータス) - ゲスト出演。

    ドキュメンタリー

    • NHKスペシャル「ミステリーロマン 古代エジプト」(2009年12月25日、NHK総合) - ナビゲーター
    • アシタノチカラ(2011年1月17日 - 、関西テレビ) - ナビゲーター
    • 動物園の故郷からのメッセージ〜旭山動物園プレミアム〜(2011年2月20日、TBS) - ナビゲーター
    • BSジャパンドキュメンタリーシリーズ企画「相武紗季 アース・ダイアログ〜世界遺産からのメッセージ〜」(2012年7月 - 、BSジャパン) - 旅人
      • 第1集 天空の都市 マチュピチュの謎(2012年7月7日[注 4]
      • 第2集 世界最大の滝 イグアス(2012年10月6日)
    • トキ誕生〜36年ぶりの奇跡を支えた男たち〜(2012年8月15日、NHK総合) - 語り
    • シンサイミライ学校「楽しく!真剣に!学ぼうBOSAI」(2012年、NHK Eテレ) - プレゼンター[39]
    • 岩合光昭の世界ネコ歩き(2012年 - ) - 語り
      • 岩合光昭の世界ネコ歩き総集編〜地中海のネコ〜(NHK BSプレミアム、2013年1月5日)
    • にっぽん紀行 2013春「漁師オヤジの冬休み〜北海道・宗谷岬〜」 (NHK総合、2013年3月21日) - 案内役
    • JR東海エージェンシー「JR東海 奈良キャンペーン」関連番組
      • 奈良で見つけた宝物(TBS、2016年4月23日) - ナビゲーター
      • 奈良ふしぎ旅図鑑(BS-TBS、2016年4月20日 - ) - ふしぎ案内人(ナビゲーター)
      • 君とボクの聖地巡礼〜神秘の奈良・国宝美仏めぐり〜(TBS、2017年1月28日)[40] - 旅人

    音楽番組

    • 歌謡チャリティーコンサート(2012年11月27日、NHK総合) - 司会

    舞台

    • Piper『THE LEFT STUFF』(2010年4月 - 5月、本多劇場他)
    • 『PRESS 〜プレス〜』(2012年2月 - 3月、シアターコクーン)[41]

    DVD

    • 「2004春・週刊ヤングサンデーDVD」(2004年、出演・雑誌付録・水着ショット収録)
    • 「2004夏・週刊ヤングサンデーDVD」(2004年、出演・雑誌付録・水着ショット収録)
    • 「週刊ヤングサンデーシュープリームDVD 相武紗季」(2005年、応募者全員サービス・水着ショット収録)

    ポスター

    • 厚生労働省 労働保険啓発ポスター(2006年)
    • コンバース(2007年)
    • 警視庁「平成21年 春の全国交通安全運動」啓発ポスター(2009年)

    ゲーム

    • ドラッグオンドラグーン2 封印の紅、背徳の黒(2005年、スクウェア・エニックス) - 女騎士・エリス 役
    • レイトン教授と魔神の笛(2009年、レベルファイブ) - レミ・アルタワ 役
    • レイトン教授と奇跡の仮面(2011年、レベルファイブ) - レミ・アルタワ 役
    • レイトン教授と超文明Aの遺産(2013年、レベルファイブ) - レミ・アルタワ 役[42]

    アニメ

    • ドラえもん「もこみちくんと紗季ちゃんだ! ジーンと感動する話」(2006年6月30日、第2期、テレビ朝日)ゲスト出演 - 相武紗季 役

    音楽PV

    • HUNGRY DAYS「喜怒哀楽」(2005年)

    ラジオ

    • 相武紗季のハッピータイム!(2006年10月 - 2007年3月、TBSラジオ) - 『あべこうじのポッドキャスト番長』内のコーナー「すっぴん番長」水曜日担当

    書籍

    写真集

    • water piece(2004年、ワニブックス ISBN 4-8470-2802-3)
    • 10代〜AIBU LOVE LIVE FILE〜(2005年、集英社・『週刊プレイボーイ』特別編集 ISBN 4-08-907003-1)[注 5]
    • surf trip(2007年、集英社・『週刊ヤングジャンプ』特別編集 ISBN 4-08-780475-5)[注 5]

    カレンダー

    • 相武紗季2005年カレンダー(2004年12月10日、トライエックス ISBN 4-7774-1027-7)
    • 相武紗季2006年カレンダー(2005年10月24日、トライエックス ISBN 4-7774-2012-4)
    • 相武紗季2007年カレンダー(2006年9月21日、トライエックス ISBN 4-7774-3007-3)
    • 相武紗季2008年カレンダー(2007年10月5日、トライエックス)
    • 相武紗季2009年カレンダー(2008年10月4日、トライエックス)
    • 相武紗季2010年カレンダー(2009年10月、トライエックス)
    • 相武紗季2011年カレンダー(2010年10月、トライエックス/2009年10月)
    • 相武紗季2012年カレンダー(2011年10月、トライエックス)
    • 相武紗季2013年カレンダー(2012年10月、トライエックス)
    • 相武紗季2014年カレンダー(2013年10月、トライエックス)

    連載

    • 幸せの雨が降りますように(玄光社『CM NOW』)
    • 幸せの雨が降りますように2(玄光社『CM NOW』)
    • ハッピーデイズ(角川マガジンズ『ザテレビジョン』)
    • 華麗なる日々(角川書店『ザテレビジョン』)※2007年3月をもって終了
    • サキマワリ(東京ニュース通信社『週刊TVガイド』2008年 - 2009年)

    ムック

    • フォトエッセイ「幸せの雨が降りますように」(2008年、玄光社『CM NOW』特別編集)
    • オールスタイルブック「フタマワリサキマワリ」(2009年、東京ニュース通信社『週刊TVガイド』特別編集)

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ 62期(1976年入団、1982年退団)。
    2. ^ 87期(2001年入団、2015年退団)。
    3. ^ 同一プロダクション所属の石川佳奈、上野なつひ、上木彩矢が同級生を演ずる。
    4. ^ 2014年6月29日に再放送が行われた。
    5. ^ a b 2018年にデジタル写真集として復刊した[43]

    出典

    1. ^ a b “相武紗季プロフィール”. ボックスコーポレーション. 2013年7月16日閲覧。
    2. ^ “母目線で防災呼びかけ 宝塚出身・相武さん、県HPに掲載/兵庫”. 毎日新聞. (2019年9月14日). https://mainichi.jp/articles/20190914/ddl/k28/040/272000c 2020年4月5日閲覧。 
    3. ^ “相武紗季、姉妹愛!音花ゆりの記事に大喜び「お姉ちゃんのこと書いてある」”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年3月10日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/10/0007805614.shtml 2015年4月12日閲覧。 
    4. ^ “浜田、相武の絵本読みで寝かしつけられる”. Lmaga.jp. 京阪神エルマガジン社 (2018年7月1日). 2018年8月9日閲覧。
    5. ^ “相武紗季、芸能界を目指したきっかけは幼なじみ・木南晴夏の存在”. ウオーカープラス (2017年4月16日). 2018年2月6日閲覧。
    6. ^ a b c d e 相武紗季. 今週のインタビューゲストはドラマ『パーフェクト・リポート』に出演する相武紗季さん。. (インタビュー). テレビドガッチ.. オリジナルの2013年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130903061933/http://dogatch.jp/interview/240/ 2013年4月2日閲覧。 
    7. ^ “相武紗季、米国留学 カリフォルニアの大学で語学研修”. スポーツ報知. オリジナルの2013年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130326023536/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130325-OHT1T00244.htm 2015年4月12日閲覧。 
    8. ^ 笑っていいとも! 2013年11月26日 - goo・TVトピック
    9. ^ “相武紗季:帰国後初イベントに登場「すてきな出会いあった」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN). (2013年9月11日). http://mantan-web.jp/2013/09/11/20130911dog00m200012000c.html 2016年5月3日閲覧。 
    10. ^ “相武紗季、帰国後初ドラマに本音吐露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年10月7日). http://mdpr.jp/news/detail/1286124 2016年5月3日閲覧。 
    11. ^ “相武紗季が一般男性と結婚!”. スポーツ報知. (2016年5月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160503-OHT1T50064.html 2016年5月3日閲覧。 
    12. ^ “相武紗季「有言実婚」36歳会社社長と3日入籍”. 日刊スポーツ. (2016年5月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1641610.html 2016年5月5日閲覧。 
    13. ^ “相武紗季が結婚 6歳上会社経営者と”. デイリースポーツ online. (2016年5月4日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/04/0009049376.shtml 2016年5月5日閲覧。 
    14. ^ “相武紗季が結婚!お相手は一般男性「笑顔いっぱいな家庭を」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/03/kiji/K20160503012516800.html 2016年5月3日閲覧。 
    15. ^ “相武紗季 第1子妊娠を発表「新しい命を授かりました」今秋出産予定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/09/kiji/20170509s00041000080000c.html 2017年5月9日閲覧。 
    16. ^ “相武紗季が第1子妊娠 結婚1周年でおめでた発表”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2017年5月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1820874.html 2017年5月24日閲覧。 
    17. ^ “相武紗季 第1子出産を発表!母子ともに健康 性別は明かさず”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/04/kiji/20171004s00041000139000c.html 2017年10月4日閲覧。 
    18. ^ a b “相武紗季、出産後初ドラマ出演!日曜劇場「ブラックペアン」で女優復帰も「圧倒された」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/26/kiji/20180525s00041000301000c.html 2018年5月26日閲覧。 
    19. ^ “相武紗季が第2子妊娠 元タカラジェンヌ姉も妊娠、同時期に出産も”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2020年1月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/02/0013005373.shtm 2020年1月14日閲覧。 
    20. ^ “相武紗季、第2子女児を出産していた 仕事復帰は体調見ながら”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2020年5月21日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200521/mrg20052105010001-n1.html 2020年5月21日閲覧。 
    21. ^ “相武紗季「少し小柄ですが元気いっぱい」第2子出産を報告 おうち時間も満喫中「ぜいたくに子供と向き合える時間…現実はバタバタしてます」”. 中スポ (東京中日スポーツ). (2020年5月21日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020052102100203.html 2020年5月21日閲覧。 
    22. ^ “第2子出産の相武紗季「少し小柄ですが、元気いっぱい」”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2020年5月21日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200521/mrg20052109430002-n1.html 2020年5月22日閲覧。 
    23. ^ “相武紗季主演ドラマ『硝子の葦』から裸のポスター公開、追加キャスト9人 も判明”. (2015年1月17日). http://www.cinra.net/news/20150117-garasunoashi 2015年1月17日閲覧。 
    24. ^ “相武紗季:憎まれ役に開眼「作品をより楽しめる」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2015年4月10日). http://mantan-web.jp/2015/04/10/20150410dog00m200013000c.html 2015年4月12日閲覧。 
    25. ^ “瑛太主演「家族」がテーマのドラマ今秋放送”. ウォーカープラス. (2015年4月14日). http://news.walkerplus.com/article/57652/ 2015年4月17日閲覧。 
    26. ^ “相武紗季、連ドラ『エンジェル・ハート』で槇村香に起用”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年9月8日). 2015年9月8日閲覧。
    27. ^ “相武紗季、毒舌キャラでイマドキ女性の恋愛事情を描く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年8月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2057640/full/ 2017年4月20日閲覧。 
    28. ^ “『民王』入れ替わり親子、再び! 4月に2週連続スピンオフ”. ORICON NEWS. oricon ME (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
    29. ^ “伊藤英明:4月期ドラマで不倫男に ヤバイ妻役に木村佳乃”. まんたんウェブ (MANTAN). (2016年3月5日). http://mantan-web.jp/2016/03/05/20160304dog00m200044000c.html 2016年3月5日閲覧。 
    30. ^ “相武紗季、“脱・悪女”に不安「あまりに純粋な役なので」”. ORICON NEWS. oricon ME (2016年9月21日). 2016年9月22日閲覧。
    31. ^ “豪華キャスト・デザイナー夢の饗宴!”. スペシャルドラマ『女の勲章』 - とれたてフジテレビ. フジテレビ (2017年2月17日). 2017年2月17日閲覧。
    32. ^ “相武紗季:唐沢寿明と“スキャンダル” 一線越える新聞記者役に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年1月6日). https://mantan-web.jp/article/20190105dog00m200029000c.html 2019年2月24日閲覧。 
    33. ^ “「演技の振り幅にびっくり」 ドラマ「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」第7話で相武紗季が見せた姿に大反響!”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2019年8月26日). 2020年4月5日閲覧。
    34. ^ “『同期のサクラ』相武紗季、怒りの“覚醒”にネット感動「今までで一番泣ける」”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2019年11月14日). 2019年11月30日閲覧。
    35. ^ “レイトン教授と永遠の歌姫”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。
    36. ^ 中村好伸 (2015年4月9日). “相武紗季にマッチングTRY!……新CM放送開始”. RBB TODAY. 2015年4月12日閲覧。
    37. ^ “メディア・ミックス”. TBS VISION. 2017年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月27日閲覧。
    38. ^ “ひび・あかぎれ治療薬のヒビケアから生まれたひび割れ予防のための薬用ハンドクリーム『ヒビケアプリベント』8月20日(火)新発売” (PDF) (プレスリリース), 池田模範堂, (2019年8月20日), https://www.ikedamohando.co.jp/pdf/20190820.pdf 2019年11月30日閲覧。 
    39. ^ “シンサイミライ学校の先生と仲間たち”. NHK. 2012年9月5日閲覧。
    40. ^ “君とボクの聖地巡礼〜神秘の奈良・国宝美仏めぐり〜”. TBS. 2017年1月15日閲覧。
    41. ^ 相武紗季 (2012年2月6日). 相武紗季インタビュー「“頑張ったやんけ”みたいに思ってもらえるように」. インタビュアー:本吉英人. TOKYO HEADLINE.. オリジナルの2013年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/u9eaO 2012年8月25日閲覧。 
    42. ^ “『レイトン教授と超文明Aの遺産』キャスト発表! 謎の少女アーリア役は忽那汐里!”. ファミ通.com. 2012年9月19日閲覧。
    43. ^ “相武紗季、伝説の写真集『10代』『surf trip』 2冊同時にデジタル復刊”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2018年10月7日). 2018年10月18日閲覧。

    外部リンク

    • ボックスコーポレーションによるプロフィール
    • 相武紗季 (@ai_bu) - Twitter
    • Aibu Saki (aibu_saki) - Instagram
    • 特集 あの人のとっておきセレクション 相武紗季さん NHKアーカイブス
    • 相武紗季 - NHK人物録
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=相武紗季&oldid=77661469」から取得



情報の検索

商品の検索