満島ひかり(みつしまひかり)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    みつしま ひかり
    満島 ひかり
    満島 ひかり
    第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
    本名 満島 ひかり
    別名義 HIKARI(Folder5時代の名義)
    生年月日 (1985-11-30) 1985年11月30日(34歳)
    出生地 日本の旗 日本・鹿児島県鹿児島市[1]
    身長 162 cm
    血液型 A型
    職業 女優
    歌手
    ジャンル テレビドラマ
    映画
    舞台
    活動期間 1997年 -
    活動内容 1997年:Folder時代
    2000年:Folder5時代
    2003年:ソロ時代
    2004年:ぱれっと移籍
    2009年:ユマニテ移籍
    配偶者 石井裕也(2010年 - 2016年)
    著名な家族 満島真之介(弟)
    満島みなみ(妹)
    満島光太郎(弟)
    事務所 フリーランス
    主な作品
    テレビドラマ
    『モテキ』
    『おひさま』
    『それでも、生きてゆく』
    『Woman』
    『ごめんね青春!』
    『ど根性ガエル』
    『トットてれび』
    『カルテット』
    『監獄のお姫さま』
    映画
    『プライド』
    『愛のむきだし』
    『クヒオ大佐』
    『川の底からこんにちは』
    『悪人』
    『一命』
    『北のカナリアたち』
    『駆込み女と駆出し男』
    『愚行録』
    『海辺の生と死』
    テンプレートを表示
    サイン

    満島 ひかり(みつしま ひかり、1985年11月30日 - )は、日本の女優、タレント。本名同じ。

    鹿児島県鹿児島市[1]生まれ、沖縄県沖縄市育ち。芸能事務所には所属せず現在はフリーランス(元ユマニテ所属[2])。

    弟は俳優の満島真之介とバスケットボール選手の満島光太郎、妹はモデルの満島みなみ[3][4]

    目次

    • 1 来歴
      • 1.1 Folderデビュー以前
      • 1.2 FolderからFolder5
      • 1.3 ソロ活動(司会・グラビア・タレントから女優へ)
      • 1.4 私生活
    • 2 エピソード
    • 3 出演
      • 3.1 テレビドラマ
      • 3.2 映画
      • 3.3 短編映画
      • 3.4 アニメ映画
      • 3.5 舞台
      • 3.6 ドキュメンタリー
      • 3.7 バラエティ
      • 3.8 CM
      • 3.9 イメージキャラクター
      • 3.10 その他
    • 4 イベント
    • 5 DVD
    • 6 書籍
      • 6.1 写真集
      • 6.2 雑誌連載
    • 7 受賞歴
      • 7.1 映画
      • 7.2 ドラマ
      • 7.3 舞台
      • 7.4 その他
    • 8 脚注
    • 9 外部リンク

    来歴

    Folderデビュー以前

    沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵を目指せ!NEW・SUPER MONKEY'Sオーディション」で優勝。無料で1年通学できる権利を得たため、親を説得して入校[5]。11歳の時に篠山紀信が山田優など同スクールのメンバーを中心に撮影した写真集「少女たちのオキナワ」において、満島が写真集の1ページ目を飾る。

    FolderからFolder5

    7人組ユニット「Folder」に「HIKARI」名義で参加し、1997年にシングル「パラシューター」でデビュー、10万枚以上のヒットを記録。同時期に映画『モスラ2 海底の大決戦』にも子役で出演し、この経験が俳優を志す契機になった。2000年に5人組ユニット「Folder5」へ改組後も、3rdシングル「Believe」がアニメ「ONE PIECE」(フジテレビ)のオープニングテーマに起用されるなどし、ヒットした。

    ソロ活動(司会・グラビア・タレントから女優へ)

    Folder5の活動休止後、八雲学園高等学校在学中[6]の2003年9月からTOKYO MXの公開バラエティ番組『ゼベック・オンライン』のアシスタントとして本名の「満島ひかり」名義で芸能活動を再開。司会・グラビア・タレント活動を経て現在の女優業に転向した。この間、2004年4月にヴィジョンファクトリー(現・ライジングプロダクション)の子会社「ぱれっと」に、2009年にユマニテに移籍。

    『ウルトラマンマックス』(中部日本放送)で金子修介に抜擢され、主演舞台も用意されるなど一部では注目されたが長らく芽が出なかった。転機となったのは園子温監督の映画『愛のむきだし』。当時ほとんど無名ながら「もはや狂気とも呼べる領域に達した満島の芝居に全てが圧倒された」[7]と園監督に言わしめた演技が高く評価され、作品の話題性と相まって知名度が急上昇。同作品で報知映画賞、ヨコハマ映画祭、毎日映画コンクールなど、その他多くの映画新人賞を受賞、キネマ旬報賞では助演女優賞を獲得。その後も映画『プライド』、『カケラ』[8]、『悪人』、ドラマ『モテキ』(テレビ東京)などの話題作に出演。

    2010年、主演を務めた『川の底からこんにちは』でヨコハマ映画祭主演女優賞とエランドール賞新人賞を受賞した。映画『悪人』で第34回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。このほか、テレビドラマ4本映画2本に出演。

    2011年7月期のドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ)で連続ドラマ初ヒロインを務め、NHK朝ドラ2度目となる『おひさま』にも出演した。同年末にはドキュメンタリーのナレーターを2度務めた。このほか、3本の映画、1本のテレビドラマに出演(うち2本は3D映画)にも出演。映画『一命』で第35回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。

    2012年、NHK BSプレミアムドラマ『開拓者たち』で主演を務めた。映画『北のカナリアたち』に出演し3年連続となる第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。このほか、舞台1本に出演。

    2013年、民放初主演となる7月期ドラマ『Woman』(日本テレビ)の演技が高評価を得、多数の主演女優賞を受賞した(受賞歴参照)。なお同作は、「第30回ATP賞テレビグランプリ2013 - ドラマ部門・最優秀賞」[9]、「2014年日本民間放送連盟賞・番組部門・テレビドラマの部 最優秀賞」[10]、2014年 東京ドラマアウォード [11]等多数の作品賞を受賞し、演出の水田伸生も2013年度芸術選奨文部科学大臣賞[12][13]を受賞している。このほか、『100万回生きたねこ』を含む舞台3本、映画1本、テレビドラマ1本に出演した。

    2014年、7月期『若者たち2014』(フジテレビ)、10月期『ごめんね青春!』(TBS)と2期つづけて連続ドラマでヒロインを務めた。また、出演したドラマ『おやじの背中』(TBS)第2話「ウエディング・マッチ」(TBS)が平成26年度文化庁芸術祭賞テレビドラマ部門で優秀賞を受賞している[14][15]

    2015年、蜷川幸雄80周年記念シェークスピア舞台公演『ハムレット』にオフィーリア役で出演。同舞台は海外の台湾国立中正文化中心及びシェークスピアの聖地ロンドンのバービカン・センターでも上演された。映画『駆込み女と駆出し男』に出演し、第39回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。また7月期テレビドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ)にピョン吉役として声で出演した。

    2018年3月1日、所属事務所のユマニテから独立し、フリーで活動していくことが発表された[2]

    私生活

    主演を務めた『川の底からこんにちは』の監督・石井裕也と約1年の交際期間を経て2010年10月25日に結婚したが[16]、生活観や結婚観の違いから2016年の年明けに離婚[17]

    エピソード

    • イタリア系アメリカ人の祖父をもつクォーター。母親は鹿児島の出身[18]で、父方の祖母が奄美大島出身[19][18]。弟2人と妹1人がおり、俳優の満島真之介は上の弟。
    • スリーサイズはB75 W60.5 H89、足は25[20]
    • 名字の満島は、先祖は奄美大島に多い「満(みつ)」という一文字の名字を名乗っていたが、「みつ」という名の女性が一族にいた時期に「みつ・みつ」と姓名が同じになってしまうのを避けるために「満島」と改姓したという[5]
    • 『月刊 満島ひかり』のインタビューではFolder→Folder5のメンバーだったAKINAについて「アクターズスクールで一番仲良かったのは宮里明那ですね。とても、ひょうきん者で演歌好きな女の子だった」「自分の個性、ここは譲れないというのが一番あった子で、話が合いました」と語っている。AKINAは自身のブログで満島が結婚した際、「メンバーの満島」と書いて祝福した。この他元メンバーの石原萌もブログで満島の結婚を祝福している。
    • Folder5として2枚目のアルバム『FIVE GIRLS』にはHIKARIとして唯一のソロ「Turn to you」が収録されている。
    • 『愛のむきだし』では、監督から何度も演技の駄目出しを受けた。身体にはあざも出来るなど、精神的にも肉体的にもハードな状態だった。だが、自分をぶつけられる場を与えられたことで、「今までやり切れなかったことを全て吐き出すことが出来た。また、自分のベースを作った感覚もあった」と振り返っている[21]
    • 以前所属していた事務所が同じであった安藤サクラとは『愛のむきだし』で初共演して以来、親交がある[22]。学年・身長・足のサイズが同じ[23]
    • 黒柳徹子とは、2011年に『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演した際に「私の(役の)未来を演じるのは黒柳さんしかいない」と『おひさま』の最終回で自身の演じた筒井(須藤)育子の晩年役としての出演を直談判。結果、黒柳にとって24年ぶりとなる連続テレビ小説出演のきっかけを作ることになった[24]。逆に、2016年には黒柳が「共演して大好きだったし、どうせやっていただくなら似ているだけでなくて、演技の上手な人がいいと思って」との理由で黒柳の自伝のドラマ化作品『トットてれび』での黒柳役に満島を指名する[25]という縁もある。
    • 『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ』(文春ジブリ文庫)のPart3に「遅く起きた頭のがんがんする朝に」という一文を寄稿。(2013年4月10日)ISBN 978-4-16-812000-8[26]
    • 「Vogue Japan Woman of the Year 2013」受賞[27]
    • 「甘くて柔らかいデザート全般」が苦手で、特にプリンが一番嫌い。2014年6月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の「新・食わず嫌い王決定戦」で設楽統と対決した際はジーマーミ豆腐で敗北を喫した[28]
    • NHK Eテレ『100分de名著』「アンネの日記」 の朗読パートに出演(2014年8月6日 - 8月27日、全4回)。
    • 2014年12月16日キネマ旬報社刊「オールタイムベスト映画遺産 日本映画男優・女優100」ISBN 9784873768038[29]において15位を獲得。キネマ旬報社95周年記念ムック本第3弾。映画人・評論家・文化人181人のアンケート調査結果を基にランキングしたもの。同調査は1985年と2000年に次ぐ3回目。
    • 2015年、『週刊現代』1月17日・24日号の企画「いま日本で『本当にうまい役者』ベスト100人を決める女優編ベスト50」にて第1位を獲得。
    • 2015年、蜷川幸雄80周年記念シェークスピア舞台公演『ハムレット』にオフィーリア役で出演。ハムレット役の藤原竜也とは映画『デスノート』での兄妹役以来約8年ぶりの共演。オフィーリアの兄レアティーズ役には実弟の満島真之介[30]
    • 2015年11月に開催の「中島みゆき RESPECT LIVE 歌縁(うたえにし)」で、Folder5時代以来13年ぶりにライブステージに立つ[31]
    • 2015年11月22日に単独としては初パーソナリティを務める「J-WAVE SELECTION HELLO MY HONEY」がJ-WAVEで放送された。ゲストに安藤サクラとEGO-WRAPPIN'の中納良恵が登場。安藤と坂元裕二書き下ろしのショートラジオドラマに挑戦するなどした[32]
    • 2018年2月15日、Folder時代の同僚であった三浦大知の日本武道館ライブにサプライズゲストとして登場、三浦とのデュエットで『NOW AND FOREVER』を歌った[33]

    出演

    テレビドラマ

    • ウルトラマンマックス(2005年7月 - 2006年4月、中部日本放送) - エリー 役
    • ダンドリ娘(2006年6月 - 8月、フジテレビ) - 青木麗 役
    • ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 最終話(2006年9月19日、フジテレビ) - 青木麗 役
    • 紅の紋章(2006年10月 - 12月、東海テレビ) - 辻綾子 役
    • ブロッコリー(2007年1月20日、フジテレビ) - 橘香織 役
    • 帰ってきた時効警察 第3話(2007年4月27日、テレビ朝日) - 清原みつよ 役
    • 仮面ライダー電王 第17・18・33話(2007年5月20日・27日・9月16日、テレビ朝日) - 沢田由香 役[34]
    • 女刑事みずき〜京都洛西署物語〜 第3話(2007年7月19日、テレビ朝日) - 江藤泉 役
    • 足りない生活(2007年7月30日、VISION CAST:携帯ドラマ)
    • 結婚詐欺師(2007年11月18日、WOWOW) - 藤本ゆか 役
    • 借金カノジョ(2008年1月、VISION CAST:携帯ドラマ) - 松下久恵 役
    • 連続テレビ小説(NHK)
      • 瞳(2008年3月 - 9月) - 橋本純子 役[35]
      • おひさま(2011年4月4日 - 10月1日) - 筒井(須藤)育子 役
    • MAKE THE LAST WISH(2008年9月、MAKE 5 WISHES 製作委員会:WEBドラマ) - 小池ミナミ・ハナ 役
    • ネオコラ!東京環境会議 ビール瓶篇(2008年10月13日、フジテレビ)
    • 252 生存者あり episode.ZERO(2008年12月5日、日本テレビ) - 長峰ゆき 役
    • メン☆ドル 〜イケメンアイドル〜 第10話(2008年12月18日、テレビ東京) - ハッタイ 役
    • 怨み屋本舗REBOOT 第5話(#9・#10)(2009年9月5日・12日、テレビ東京) - 青山ちはる 役
    • BLOODY MONDAY(2010年1月23日 - 3月20日、TBS) - 敷村理沙 / 倉野理沙 / スパイダー役
    • 月の恋人〜Moon Lovers〜(2010年5月10日 - 7月5日、フジテレビ) - 安斎リナ 役
    • モテキ(2010年7月16日 - 10月1日、テレビ東京) - 中柴いつか 役
    • 太宰治短編小説集 vol.3「カチカチ山」(2010年9月28日、NHK-BS2) - 兎 役
    • さよならぼくたちのようちえん(2011年3月30日、日本テレビ) - 吉木万里 役[36]
    • それでも、生きてゆく(2011年7月7日 - 9月15日、フジテレビ) - 遠山双葉 役
    • 日中国交正常化40年記念ドキュメンタリードラマ 開拓者たち(2012年1月1日 - 22日、NHK BSプレミアム) - 阿部ハツ 役[37][38]
    • Woman(2013年7月3日 - 9月11日、日本テレビ) - 主演・青柳小春 役
    • かなたの子 第2話(2013年12月1日、WOWOWプライム) - 野宮朔美 役
    • 若者たち2014(2014年7月9日 - 9月24日、フジテレビ) - 佐藤ひかり 役
    • おやじの背中 第2話(2014年7月20日、TBS) - 青木誠 役
    • ごめんね青春!(2014年10月12日 - 12月21日、TBS) - 蜂矢りさ 役
    • ど根性ガエル(2015年7月11日 - 9月19日、日本テレビ) - ピョン吉 役(声)[39]
    • シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎(NHK BSプレミアム) - 主演・明智小五郎 役[40]
      • 『D坂の殺人事件』(2016年1月11日)
      • 『心理試験』(2016年1月23日)
      • 『屋根裏の散歩者』(2016年1月24日)
    • いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第1話・第6話(2016年1月18日・2月22日、フジテレビ) - 杉原音の母 役(第1話は声のみ)[41]
    • トットてれび(2016年4月30日 - 6月18日、NHK総合) - 主演・黒柳徹子 役[42][43]
    • キッドナップ・ツアー(2016年8月2日、NHK総合) - のりちゃん 役[44]
    • シリーズ・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語(NHK BSプレミアム) - 主演・明智小五郎 役(『何者』『黒手組』) / 女流作家 役(『人間椅子』)[45]
      • 『何者』(2016年12月26日)
      • 『黒手組』(2016年12月27日)
      • 『人間椅子』(2016年12月28日)
    • カルテット(2017年1月17日 - 3月21日、TBS) - 世吹すずめ 役[46]
    • 破獄(2017年4月12日、テレビ東京) - 佐久間光 役[47]
    • 監獄のお姫さま(2017年10月17日 - 12月19日、TBS) - 若井ふたば 役[48]
    • シリーズ・江戸川乱歩短編集 満島ひかり×江戸川乱歩(2018年12月30日、NHK BSプレミアム) - 主演[49]
    • 甲子園とオバーと爆弾なべ(2019年8月7日、NHK BSプレミアム)

    映画

    • モスラ2 海底の大決戦(1997年12月13日、監督:三好邦夫、東宝) - 浦内汐里 役[50]
    • デスノート / デスノート the Last name(2006年6月17日 / 11月3日、監督:金子修介) - 夜神粧裕 役
    • エクステ(2007年2月17日、監督:園子温) - 椎名百合子 役
    • 僕の彼女とその彼氏(ゆうれい) Drop in Ghost(2007年2月24日、監督:森敦司) - 主演・佐伯小夜 役※初主演
    • 少林少女(2008年4月26日、監督:本広克行) - 高橋ひかり 役
    • プライド(2009年1月17日、監督:金子修介) - 緑川萌 役
    • 愛のむきだし(2009年1月31日、監督:園子温) - ヨーコ(尾沢洋子) 役
    • ちゃんと伝える(2009年8月22日、監督:園子温) - 女子高生 役
    • クヒオ大佐(2009年10月10日、監督:吉田大八) - 浅岡春 役
    • 食堂かたつむり(2010年2月6日、監督:富永まい) - ミドリ 役
    • カケラ(2010年4月3日、監督:安藤モモ子) - 主演・北川はる 役
    • 川の底からこんにちは(2010年5月1日、監督:石井裕也) - 主演・佐和子 役
    • 悪人(2010年9月11日、監督:李相日) - 石橋佳乃 役
    • ラビット・ホラー3D(2011年9月17日、監督:清水崇) - 主演・今里キリコ 役
    • 一命(2011年10月15日、監督:三池崇史) - 美穂 役
    • スマグラー -おまえの未来を運べ-(2011年10月22日、監督:石井克人) - 田沼ちはる 役
    • 北のカナリアたち(2012年11月3日、監督:阪本順治) - 戸田真奈美 役
    • 夏の終り(2013年8月31日、監督:熊切和嘉) - 主演・知子 役
    • ハロー!純一(2014年2月15日、監督:石井克人) - 主演・アンナ先生 役[51]
    • 駆込み女と駆出し男(2015年5月、監督:原田眞人) - お吟 役
    • 愚行録(2017年2月18日、監督:石川慶) - 光子 役 [52]
    • 海辺の生と死(2017年7月29日、監督:越川道夫、フルモテルモ / スローラーナー) - 主演・トエ 役[53]
    • 最高の人生の見つけ方(2019年10月11日、監督:犬童一心) - 北原美春 役

    短編映画

    • ラスト・エクスタシー(2010年札幌国際映画祭で上映、監督:大山千賀子) - 主演・あかね 役

    アニメ映画

    • ONE PIECE FILM GOLD(2016年7月23日) - カリーナ 役[54]
    • メアリと魔女の花(2017年7月8日) - 赤毛の魔女 役[55]

    舞台

    • 偽伝、樋口一葉(2006年12月6日 - 10日、シアターモリエール) - 主演・樋口一葉 役
    • 見よ、飛行機の高く飛べるを(2007年2月8日 - 12日、俳優座) - 北川操 役
    • 苦情の手紙(2007年8月21日、シアターサンモール、朗読劇)
    • 農業少女(2007年8月30日・31日・9月1日、渋谷ギャラリールデコ) - 百子 役
    • ルドンの黙示(2008年8月20日 - 24日、全7回公演、新国立劇場小劇場) - マリア 役(2008年11月・5日・10日・17日・20日・25日、CS)
    • ネジと紙幣 based on 女殺油地獄(2009年9月17日 - 27日、天王洲 銀河劇場 他) - 兼坂和佳 役
    • 鎌塚氏、すくい上げる(2012年8月9日 - 26日、本多劇場 他) - 花房センリ 役
    • 100万回生きたねこ(2013年1月8日 - 27日、東京芸術劇場 他) - 主演・白猫 役
    • いやむしろわすれて草(2013年5月16日 - 26日、青山円形劇場) - 主演
    • 秋のソナタ(2013年10月25日 - 11月3日、東京芸術劇場) - 佐藤オリエとの2人芝居
    • ハムレット(2015年1月22日 - 2月15日、彩の国さいたま芸術劇場)(2015年2月20日 - 3月1日、梅田芸術劇場)(2015年3月26日 - 3月29日、国立中正文化中心)(2015年5月21日 - 5月24日、バービカン・センター) - オフィーリア 役
    • かもめ(2016年10月 - 12月、東京芸術劇場プレイハウス 他) - ニーナ 役[56]
    • 百鬼オペラ「羅生門」(2017年9月8日 - 25日、Bunkamura シアターコクーン / 兵庫、静岡、名古屋公演) - 主演(柄本佑とW主演)[57]
    • お気に召すまま -As You Like It-(2019年7月 - 、東京芸術劇場プレイハウス / 豊橋、新潟、兵庫、熊本、北九州公演) - ヒロイン・ロザリンド 役[58]

    ドキュメンタリー

    • ザ・ノンフィクション「せとうち発 潜水家族」(2011年12月11日) - ナレーション
    • ヒューマンドキュメンタリー「車輪の一歩 激闘 車いすバスケット」(2011年12月30日) - ナレーション
    • BS1スペシャル 「それでも日本人ジャーナリストは戦場に立つ」(2013年6月1日、NHK BS1) - ナレーションとドラマパートの主演
    • 7年ごとの記録 28歳になりました(2013年8月、NHK) - 語り
    • 女優 満島ひかり まだ見ぬ世界へ〜シェークスピアに挑む〜(2015年2月25日、NHK BSプレミアム)[59]
    • SWITCHインタビュー 達人達 満島ひかり×海部陽介(2017年7月15日、NHK Eテレ)
    • にっぽん紀行「ガミガミおばちゃんの駄菓子屋」(2018年3月29日、NHK) - 語り
    • ドキュメンタリードラマスペシャル「リセット〜あの日、人生を変えた〜」(2019年6月2日、NHK BS1) - ナビゲーター

    バラエティ

    • ゼベック・オンライン(2003年9月30日 - 2005年3月30日、TOKYO MX) - 初日は卒業アシスタントへ労いの花束贈呈&自己紹介。番組はストリーミング放送もしていた。
    • トットふたり〜黒柳徹子&満島ひかりスペシャルトーク(2016年6月4日、NHK総合)

    CM

    • バンダイ「DXマックススパーク」(2005年)
    • バンダイ「ワンダーカプセル ウルトラマンシリーズ」(2005年)
    • MEGA EGG(2005年11月1日-2007年5月31日、エネルギア・コミュニケーションズ(中国電力系ネットサービス))
    • ニベア花王「ウォータリングリップ ディープモイスチャー」(2010年9月 - )
    • 三井住友カード「三井住友VISAプライムゴールドカード」(2010年10月 - )
    • LIXIL(トステム)
      • 「インプラス」看護師役(2010年10月 - )
      • 「リクシルって知っテル?」(2011年6月18日 - )
      • 「SATIS ECO4」CM/節水トイレ(嫁養子の葛藤)篇」妻役(2011年11月5日 - )
    • サントリー「ナチュライ」(2011年7月19日 - )
    • エムティーアイ「ルナルナ」(2012年7月17日 - )
    • 大塚製薬「カロリーメイト」(2012年11月17日 - )中島みゆきの「ファイト!」をカバー
    • 「カロリーメイト」新社会人へ篇(2013年4月 - )米米CLUBの浪漫飛行をカバー
    • 「カロリーメイト」人間とチーター篇(2014年2月 - )
    • トヨタ自動車TOYOTOWNシリーズ「ハイブリッドの樹」篇・「住人たち」篇(2013年6月4日 - )
    • 資生堂
      • 「MAQuillAGE」(2014年2月21日 - )
      • 「専科」(2016年3月 - )
    • サントリー「プレミアムボス ザ・ラテ」(2016年)[60]
    • 東芝ライフスタイル(2016年)[61]
    • キリンビール「一番搾り」(2017年9月 - )

    イメージキャラクター

    • 平成20年秋の全国交通安全運動(2008年9月21日 - 30日、東京都・警視庁・区市町村)

    その他

    • ステファニー「Pride〜A Part of Me〜 feat.SRM」(2009年) - 歌唱参加。
    • Doughnuts Hole「おとなの掟」(2017年) - テレビドラマ『カルテット』主題歌。満島を含む主要キャスト4名による期間限定ユニットでの歌唱参加。
    • MONDO GROSSO「ラビリンス」(2017年) - 歌唱参加。アルバム『何度でも新しく生まれる』収録曲[62]
    • EGO-WRAPPIN'プロデュースの楽曲『群青』のMVを配信。12inchアナログもリリース(2017年)- MVの演技及びボーカルとして参加。[63]

    イベント

    • 写真集「HIAKRI photographs」リリースイベント(2002年6月30日、福家書店新宿サブナード店)
    • DVD「キラリラ・ティーン」リリースイベント(2005年5月22日、LaOXアソビックシティー1番館、石丸電気SOFT2)
    • ウルトラマンフェスティバル2005(2005年8月13日、池袋サンシャインシティ)
    • 写真集「あそびましょ。」リリースイベント(2005年8月27日、福家書店新宿店)
    • DVD「ゆっくり、お茶でもしませんか」リリースイベント(2005年8月27日、秋葉原アソビックシティー)
    • ウルトラマンマックススペシャルショー(2005年11月13日、東武動物公園)
    • 宝島コレクションマーケット(2006年1月8日、東京国際展示場)
    • 映画「デスノート the Last name」試写会舞台挨拶(2006年10月22日、大阪御堂会館 / 10月24日、東京国際フォーラムA)
    • DVD「ダンドリ娘」リリースイベント(2006年12月23日、石丸電気SOFT1) - 浅木一華、小松彩夏と参加。
    • 映画「僕の彼女とその彼氏ゆうれい Drop in Ghost」舞台挨拶(2007年1月19日、東京ウィメンズプラザ)
    • ジャンプフェスタ 2008 「L change the WorLd」 デスノート スピンオフ公開直前スペシャル(2007年12月22日、幕張メッセ国際展示場)
    • NHK WONDER STREET(2008年8月16日、代々木公園ケヤキ並木通り特設会場) - 香子、田野アサミ、電撃チョモランマ隊と参加。
    • 「中島みゆき RESPECT LIVE 歌縁(うたえにし)」(2015年11月、東京 / 大阪)[31]
    • 若尾文子 v.s 満島ひかり-20世紀から21世紀へ 恋する惑星対談-(2015年12月3日、東京・ユーロライブ)[64]

    DVD

    • キラリラ・ティーン(2005年5月20日)
    • ゆっくり、お茶でもしませんか(2005年8月27日)
    • 満島ひかり Perfect Collection(2005年12月22日 ライブドア)
    • クラリズム(2006年5月25日 GPミュージアムソフト)
    • 月刊 満島ひかり(2010年3月26日 イーネット・フロンティア)

    書籍

    写真集

    • 少女たちのオキナワ(1997年6月20日) ISBN 9784103262084
    • アクターズスクールの不思議(1997年8月10日) ISBN 9784594601164
    • HIAKRI photographs(2002年7月15日) ISBN 9784847027185
    • あそびましょ。(2005年8月18日) ISBN 9784054028159
    • aURA(2005年12月24日) ISBN 9784775601044
    • ルドンの黙示 PHOTOBOOK(2008年8月20日)
    • 月刊 満島ひかり(2010年2月10日) ISBN 978-4-10-790213-9

    雑誌連載

    • T.Tennis(2006年3月号 - 2007年3月号、学習研究社)
    • Papyrus 28号 - 短編小説連作「まつげのここち」
    • 広告(2015年2月号、博報堂)

    受賞歴

    映画

    • 2009年度
      • モントリオール・ファンタジア国際映画祭 最優秀女優賞(『愛のむきだし』)
      • 第1回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(『愛のむきだし』『プライド』)
      • 第34回報知映画賞 新人賞(『愛のむきだし』『クヒオ大佐』『プライド』)
      • 第31回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(『愛のむきだし』『クヒオ大佐』『プライド』)
      • 第83回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(『愛のむきだし』『クヒオ大佐』『プライド』)
      • 第64回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(『愛のむきだし』)
      • 第14回日本インターネット映画大賞 新人賞(『愛のむきだし』『クヒオ大佐』『プライド』)
      • 第19回日本映画プロフェッショナル大賞 新人奨励賞(『プライド』)
      • 第19回日本映画批評家大賞 新人賞(小森和子賞)(『愛のむきだし』)
    • 2010年度
      • モントリオール・ファンタジア国際映画祭 最優秀女優賞(『川の底からこんにちは』)
      • 第34回山路ふみこ映画賞 新人女優賞(『悪人』)
      • 第32回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『カケラ』『川の底からこんにちは』)
      • 第34回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『悪人』)
      • 第15回日本インターネット映画大賞 助演女優賞(『悪人』他)
    • 2011年度
      • 第35回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『一命』)
      • 第6回アジア・フィルム・アワード 助演女優賞ノミネート(『一命』)
    • 2012年度
      • 第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『北のカナリアたち』)
    • 2015年度
      • 第39回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『駆込み女と駆出し男』)
      • 第25回日本映画批評家大賞 助演女優賞(『駆込み女と駆出し男』)[65]
    • 2017年度
      • 第9回TAMA映画賞 最優秀女優賞(『海辺の生と死』『愚行録』)[66]
      • 第32回高崎映画祭 最優秀主演女優賞(『海辺の生と死』)
      • 第27回日本映画批評家大賞 主演女優賞(『海辺の生と死』)[67]

    ドラマ

    • 2011年度
      • 東京ドラマアウォード 助演女優賞(『モテキ』『さよならぼくたちのようちえん』)[68]
    • 2012年度
      • 第20回橋田賞 新人賞(『それでも、生きてゆく』『おひさま』他)[69]
    • 2014年度
      • 第40回放送文化基金賞 演技賞(『Woman』)[70]
      • 東京ドラマアウォード 主演女優賞(『Woman』)[71]
      • 第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『ごめんね青春!』)[72]
    • 2015年度
      • 第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞(『ど根性ガエル』)[73]
      • 第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『ど根性ガエル』)[74]
    • 2016年度
      • 第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(『トットてれび』)[75]
      • コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 主演女優賞(『トットてれび』)[76]
    • 2017年度
      • 第54回ギャラクシー賞 テレビ部門個人賞(『トットてれび』『シリーズ・江戸川乱歩短編集II妖しい愛の物語』『カルテット』)[77]
      • 第43回放送文化基金賞 演技賞(『トットてれび』)[78]
      • 第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『監獄のお姫さま』)[79]

    舞台

    • 2013年度
      • 第21回読売演劇大賞 杉村春子賞(『100万回生きたねこ』『いやむしろわすれて草』)

    その他

    • 2011年 エランドール賞 新人賞
    • 2013 53rd ACC CM Festival クラフト賞 テレビCM部門 演技賞(『カロリーメイト』『TOYOTOWN』)

    脚注

    [ヘルプ]
    1. ^ a b “海辺の生と死 インタビュー: 満島ひかり×永山絢斗、戦時下の奄美で生まれた究極の恋の物語”. 映画.com (2017年7月28日). 2018年3月6日閲覧。
    2. ^ a b “満島ひかりが独立!所属事務所が退社を発表、今後はフリーに”. 女性自身 (光文社). (2018年3月1日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1614988/ 2018年3月1日閲覧。 
    3. ^ “人気女優を姉に持つ水原佑果&満島みなみ、スタバ新作発表会で競演!”. シネマカフェ (イード). (2015年4月14日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/04/14/30616.html 2015年4月15日閲覧。 
    4. ^ “満島ひかりの弟・光太郎、フクオカと入団で基本合意 バスケB3リーグ”. 琉球新報. (2016年7月20日). オリジナルの2016年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160926102645/http://ryukyushimpo.jp/news/entry-319860.html 2016年9月27日閲覧。 
    5. ^ a b 2011年10月12日放送「徹子の部屋」出演時に、本人が発言。[要文献特定詳細情報]
    6. ^ 「愛のむきだし」で引用された「さそり」役の梶芽衣子は先輩。
    7. ^ QuickJapan vol.81
    8. ^ 『カケラ』では監督の意向から体毛を剃ることを禁止され、腋毛を生やした。
    9. ^ “第30回 ATP賞”. ATP - 全日本テレビ番組製作社連盟. 2014年2月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
    10. ^ “日本民間放送連盟賞/2014年(平成26年)入選作品・事績 テレビドラマ番組”. 日本民間放送連盟 (2014年9月18日). 2015年4月15日閲覧。
    11. ^ “国際ドラマフェスティバル:東京ドラマアウォード”. 国際ドラマフェスティバル事務局. 2015年4月15日閲覧。
    12. ^ “平成25年度(第64回)芸術選奨文部科学大臣賞及び同新人賞の決定について”. 文化庁 (2014年3月13日). 2014年10月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
    13. ^ “平成25年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁. 2015年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
    14. ^ “平成26年度(第69回)文化庁芸術祭賞の決定について”. 文化庁 (2014年12月25日). 2015年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
    15. ^ “平成26年度(第69回)文化庁芸術祭”. 文化庁. 2015年4月15日閲覧。
    16. ^ “満島ひかり、映画監督・石井裕也氏と交際1年で入籍”. eltha (2010年10月26日). 2015年6月22日閲覧。
    17. ^ “満島ひかりさんが離婚 「生活観や結婚観の違いに悩み」”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月16日). http://www.asahi.com/articles/ASJ5J5R4PJ5JUCVL02C.html 2016年5月16日閲覧。 
    18. ^ a b “満島ひかり 自身のラブシーンに「“結構やるねえ”と思われるかもしれませんが…」”. ananニュース (2017年7月1日). 2018年3月6日閲覧。
    19. ^ “満島ひかり「私のルーツ」…奄美の島を舞台に単独主演『海辺の生と死』”. シネマカフェ (2017年2月1日). 2018年3月6日閲覧。
    20. ^ “公式プロフィール”. ユマニテ. 2013年7月13日閲覧。
    21. ^ 「第64回毎日映コンの顔:/3 園子温/満島ひかり/西島隆弘」 毎日新聞、2010年2月9日付夕刊5頁
    22. ^ 後に『クヒオ大佐』やドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ)でも共演。
    23. ^ 『GINZA』2010年9月号、マガジンハウス、2010年。
    24. ^ “黒柳徹子、24年ぶり朝ドラ出演 司葉子と『おひさま』最終回でヒロイン親友役”. Oricon Style. (2011年9月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2002038/full/ 2016年6月8日閲覧。 
    25. ^ “満島ひかり&黒柳徹子が“Wタマネギ頭”で会見!”. Smartザテレビジョン. (2016年4月22日). http://thetv.jp/news_detail/76777/ 2016年5月17日閲覧。 
    26. ^ ダビンチNEWS 2013年8月19日、風の谷のナウシカ
    27. ^ 授賞式2013年11月26日パレスホテル東京、VAGUE JAPAN Woman of the year 2013
    28. ^ 2014年6月26日放送 とんねるずのみなさんのおかげでした - TVでた蔵
    29. ^ キネマ旬報社ブログ、[1]
    30. ^ 彩の国さいたま芸術劇場ブログ、ハムレット
    31. ^ a b “満島ひかり、女優転身後初ライブ!豪華女性11人が中島みゆきを歌う”. SANSPO.COM (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
    32. ^ “満島ひかりがJ-WAVE初ナビゲート、ゲストは安藤サクラとEGO-WRAPPIN'の中納良恵”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月21日). http://natalie.mu/eiga/news/166754 2015年11月24日閲覧。 
    33. ^ “三浦大知×満島ひかり、サプライズ登場で18年ぶりFolder“再結成””. 報知新聞社. (2018年2月15日). p. 1. http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180215-OHT1T50298.html 2018年2月16日閲覧。 
    34. ^ DVDでは「仮面ライダー電王 VOL.5」DSTD-7605に第17・18話が、「仮面ライダー電王 VOL.9」DSTD-7609に第33話が収録されている。
    35. ^ 瞳の出演回詳細:第7・24 - 28・31・32・35 - 41・43 - 47・50・51・53 - 56・58・65・67・71・73 - 78・83・88・95・97 - 107・109・111 - 115・119・138・155・156回(156回中60回出演)
    36. ^ “満島ひかり&芦田愛菜、19歳差の“アカデミー賞女優”の共演決定”. ORICON STYLE. (2011年2月22日). http://career.oricon.co.jp/news/85044/full/ 2011年11月16日閲覧。 
    37. ^ “満島ひかり:日中国交正常化記念ドラマに“大陸の花嫁”役で主演 NHK「開拓者たち」”. 毎日新聞デジタル. (2011年6月20日). オリジナルの2011年6月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110622042537/http://mantan-web.jp/2011/06/20/20110620dog00m200042000c.html 
    38. ^ “満島ひかり、ドキュメンタリードラマ『開拓者たち』に主演「いいドラマになった」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2011年12月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2004786/full/ 2016年2月15日閲覧。 
    39. ^ “満島ひかり ピョン吉の声担当「どうして私なんだろう?」”. Sponichi Annex (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
    40. ^ “満島ひかりが明智小五郎演じるドラマ「江戸川乱歩短編集」、共演に菅田将暉ら”. 映画ナタリー (2016年1月10日). 2016年1月12日閲覧。
    41. ^ “満島ひかりが月9「いつ恋」出演、ドラマのテーマ伝える音の亡き母役”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年2月15日). オリジナルの2016年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160215200130/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160213-OHT1T50100.html 2016年2月15日閲覧。 
    42. ^ “黒柳徹子役は満島ひかり ドラマ「トットてれび」出演者決定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月26日). オリジナルの2016年2月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160229090602/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/26/kiji/K20160226012110850.html 2016年2月26日閲覧。 
    43. ^ “満島ひかり、黒柳徹子役に決定 NHKドラマ『トットてれび』出演者発表”. ORICON STYLE (2016年2月26日). 2016年3月8日閲覧。
    44. ^ “妻夫木聡、初の父親役「いつかは自分の子どもを持ちたい」”. ORICON STYLE. (2016年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2075711/full/ 2016年7月26日閲覧。 
    45. ^ “満島ひかり 好評の名探偵で再登場「ドキドキしながら乱歩が苦手でも楽しめる」”. スポニチアネックス. (2016年12月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/22/kiji/20161222s00041000169000c.html 2016年12月22日閲覧。 
    46. ^ “松たか子、5年ぶり連ドラ主演 満島ひかりと初共演で“弦楽四重奏”挑戦”. ORICON STYLE. (2016年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2082246/full/ 2016年11月30日閲覧。 
    47. ^ “吉田羊、念願かないビートたけしと初共演 ドラマ『破獄』満島ひかりも出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2087992/full/ 2017年3月25日閲覧。 
    48. ^ “小泉今日子、満島ひかり、菅野美穂が共演、宮藤官九郎脚本のドラマが10月スタート”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年7月26日). http://natalie.mu/eiga/news/242263 2017年7月26日閲覧。 
    49. ^ “満島ひかり、江戸川乱歩ドラマ第3弾で3人の女演じ分け「映像の中で遊んだ」”. 映画ナタリー. (2018年11月14日). https://natalie.mu/eiga/news/307903 2018年12月29日閲覧。 
    50. ^ 2006年にリリースされたDVDの特典映像に新撮によるコメントが収録されている。
    51. ^ “映画『ハロー!純一』公式サイト”. 2015年11月5日閲覧。
    52. ^ “妻夫木聡と満島ひかりが兄妹演じるミステリー、直木賞候補作「愚行録」映画化”. 映画ナタリー. (2016年3月17日). http://natalie.mu/eiga/news/180021 2016年3月17日閲覧。 
    53. ^ “満島ひかり、4年ぶり映画主演「一生抱えていかなきゃいけない作品」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2085355/full/ 2017年3月29日閲覧。 
    54. ^ “劇場版「ONE PIECE」最新作に満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也が参戦!”. 映画.com (2016年3月29日). 2016年3月29日閲覧。
    55. ^ “メアリと魔女の花 天海祐希、大竹しのぶ、小日向文世ら豪華キャストが出演 新予告編も公開”. 毎日新聞 (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
    56. ^ “熊林弘高演出「かもめ」に、満島ひかり×田中圭×坂口健太郎×渡辺大知”. ステージナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/stage/news/181761 2016年4月5日閲覧。 
    57. ^ “柄本佑&満島ひかり、舞台初共演でW主演 『百鬼オペラ「羅生門」』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2088745/full/ 2017年4月6日閲覧。 
    58. ^ “満島ひかり、坂口健太郎、満島真之介ら共演『お気に召すまま』今夏上演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年2月15日). https://www.cinra.net/news/20190215-okinimesumama 2019年2月15日閲覧。 
    59. ^ 女優 満島ひかり まだ見ぬ世界へ〜シェークスピアに挑む〜(NHK) Archived 2015年2月24日, at the Wayback Machine.、2015年2月25日閲覧
    60. ^ “タモリ「BOSS」新CMで満島ひかりと雲の上に立つ”. お笑いナタリー (2016年2月24日). 2016年2月25日閲覧。
    61. ^ “美容師満島ひかり、ふらっと訪れた鎌倉に住む”. 日刊スポーツ. (2016年11月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1735993.html 2016年11月10日閲覧。 
    62. ^ MONDO GROSSOの14年ぶり新曲、ボーカルは満島ひかりだった(2017年4月28日)、ナタリー、2017年5月8日閲覧。
    63. ^ 満島ひかりが“生と死の境”に、島田大介監督の「群青」MV完成(2017年9月13日)、ナタリー、2018年1月6日閲覧
    64. ^ “若尾文子と満島ひかりによるトークショーが実現、代表作の上映も”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月18日). http://natalie.mu/eiga/news/166293 2015年11月18日閲覧。 
    65. ^ “日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
    66. ^ “第9回TAMA映画賞|第27回映画祭TAMA CINEMA FORUM”. TAMA映画フォーラム実行委員会. 2017年10月7日閲覧。
    67. ^ “第27回受賞作品”. 日本映画批評家大賞. 2018年6月9日閲覧。
    68. ^ “芦田愛菜、7歳で主演女優賞「東京ドラマアウォード」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2011年10月25日). http://eiga.com/news/20111025/13/ 2018年2月16日閲覧。 
    69. ^ “満島ひかりが橋田賞新人賞に”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年7月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120711-981707.html 2018年2月16日閲覧。 
    70. ^ “第40回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表(受賞のことば)”. 公益財団法人放送文化基金. 2018年2月16日閲覧。
    71. ^ “満島ひかりが主演女優賞受賞に2人の“子供”とニッコリ”. NewsWalker (KADOKAWA). (2014年10月25日). https://news.walkerplus.com/article/51729/ 2018年2月16日閲覧。 
    72. ^ “【特集】第83回ドラマアカデミー賞-結果発表(助演女優賞)”. ザテレビジョン (KADOKAWA). https://thetv.jp/feature/drama-academy/archives/83/supporting_actress/ 2018年2月16日閲覧。 
    73. ^ “第1回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. ORIGINAL CONFIDENCE. oricon. 2018年2月16日閲覧。
    74. ^ “【特集】第86回ドラマアカデミー賞-結果発表(助演女優賞)”. ザテレビジョン (KADOKAWA). https://thetv.jp/feature/drama-academy/archives/86/supporting_actress/ 2018年2月16日閲覧。 
    75. ^ “春ドラマ、「主演女優賞」に黒柳徹子演じた満島ひかり”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2075570/full/ 2018年2月16日閲覧。 
    76. ^ “【2016年間ドラマ賞】「主演女優賞」に“トットちゃん”満島ひかり「玉ねぎ頭は、宝物で溢れて重たかった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2086845/full/ 2018年2月16日閲覧。 
    77. ^ “第54回ギャラクシー賞入賞作品一覧”. 放送批評懇談会. 2018年2月16日閲覧。
    78. ^ “第43回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表(受賞のことば)”. 公益財団法人放送文化基金. 2018年2月16日閲覧。
    79. ^ 「発表! 第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン』第24巻第8号、KADOKAWA、2018年2月23日、 26-30頁。

    外部リンク

    • 満島ひかり🍋Hikari Mitsushima (hikarimitsushima) - Instagram
    • 満島ひかり (0o.mitsuhima.o0) - Instagram(2015年2月14日 - 2015年7月27日)
    • ブログ「きょうのひかり」のアーカイブ(2009年1月22日 - 2011年12月26日)1年近くのブランクを経て突如終了。
    • 満島ひかり - KINENOTE ウィキデータを編集
    • 満島ひかり - テレビドラマデータベース
    • 満島ひかり - NHK人物録
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=満島ひかり&oldid=74938324」から取得
  • 『SWITCH』佐内正史特集で満島ひかりを撮り下ろし 池松壮亮、忌野清志郎も  CINRA.NET(シンラドットネット)沢尻エリカ容疑者の代役絞られた…帰蝶役に貫地谷しほり、水川あさみ、満島ひかりら5人前後に  サンケイスポーツFolderってどんなグループだったの?三浦大知と満島ひかりの原点がここにある  ニコニコニュース沢尻エリカ NHK大河“代役”満島、堀北の名も重鎮の意向で混迷(FRIDAY)  Yahoo!ニュース沢尻エリカの大河ドラマ代役は?本命4人をNHKドラマウオッチャーがズバリ  女子SPA!グルメもお土産も『瀬長島ウミカジテラス』で。泡盛は 割りが定番! 沖縄県那覇市女子のリアル【ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ】  DailyMORE (株式会社集英社)満島ひかりが美しく、無邪気な表情で魅せる新CM「江原道 モイスチャーファンデーション/BEAUTYは、これからだ。」公開  PR TIMES満島ひかり、独立を決断した理由「周りの人に火を噴いてしまう」  クランクイン!満島ひかり、見どころは「違ったどきどき」  日テレNEWS24満島ひかり、台風の被災者思い涙「エンターテインメントって何ができるんだろう…」  ORICON NEWS台湾人気俳優が見た東京・台北・北京 エンタメ業界の違い。日本エンタメの強さは…(鎮目博道) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース満島ひかり、葛藤抱えた現代女性を好演「同じ年代の色んな方の人生を想像して」  cinemacafe.net満島ひかり、劇場から男の子の手を引いて登場しザワつく|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかり:舞台「お気に召すまま」で新しい挑戦 「できることは全てや…  マイナビニュースNHK大河「緊急登板」が消えた女優3人 芸能プロ関係者が明かす  livedoor使う写真は自分で用意! 週刊誌と直接交渉する女優・満島ひかり  テレビ東京満島ひかり「違ったドキドキがある」 坂口健太郎らとシェ-クスピアに挑む | Daily News  Billboard JAPAN満島ひかり、沖縄舞台の映画出演しない理由語る「米兵さんに悪いことをされる役で…」  ORICON NEWS満島ひかり、チェロ、ブラック、ダイヤモンド……。  PR TIMESKohGenDo新ミューズに、満島ひかりさんが就任/江原道 モイスチャー ファンデーションがリニューアル  PR TIMES鬼才・園子温監督おすすめ映画15本〈『ヒミズ』『愛のむきだし』から最新作『愛なき森で叫べ』まで〉  FILMAGA by Filmarks【動画】満島ひかり、男の子の手を引いて歩くオドロキ写真|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかり×坂口健太郎『お気に召すまま』WOWOWで放送!「あの日あの場所で出来ることは全てやった」  エンタステージ自らの足で、混沌の森の舞台へ 恋愛喜劇「お気に召すまま」、満島ひかり  朝日新聞川口春奈 沢尻エリカより超セクシー肢体の「隠れDカップ巨乳」  ニフティニュース姉・満島ひかりが戒めた!?酒豪の弟・真之介がソフトドリンクで会食の“怪”  徳間書店「天才×天才」のん&満島ひかりの貴重な2ショットにファン歓喜  クランクイン!「餃子を待つ満島ひかり」に共感 一番搾りCM好感度|エンタメ!|NIKKEI  日本経済新聞満島ひかり、坂口健太郎ら出演の『お気に召すまま』東京・追加公演が決定  http://spice.eplus.jp/『令和版ねるとん』  ドワンゴジェイピーnews映画ファンに人気の満島ひかり出演のおすすめ映画16本!  FILMAGA by Filmarks満島ひかり 訣別前事務所と和解!復帰作に弟起用で苦渋の決断  女性自身満島ひかり「サクラちゃんとは仲良いです」に視聴者から「推せる」の声…「あさイチ」  シネマカフェ満島ひかり:ちょっぴり甘めのブラックドレスでシンプルに ネイルでアクセント  毎日キレイ満島ひかりにテレビ局困惑…嫌な仕事には連絡返さない方針に  女性自身満島ひかりさん出演! 沖縄が最高に熱かった1990年夏をドラマ化  沖縄タイムス満島ひかり&真之介&坂口健太郎、シェイクスピアの恋愛喜劇に出演!「お気に召すまま」  cinemacafe.net満島真之介 新事務所社長を直撃!姉・ひかりとの合流を否定  女性自身満島ひかりが「沖縄に帰って来ないようにしていた」理由 フリーランスになった理由  琉球新報満島ひかり&真之介、坂口健太郎ら共演、舞台『お気に召すまま』ビジュアル  CINRA.NET(シンラドットネット)ロン・モンロウ:話題の中国人美女が犬飼貴丈との“同棲生活”語る 仮面ライダー好きの一面も? その“素顔”は…  MANTANWEB森山未來が戦友・満島ひかりの舞台に美女と“陣中見舞い”した夜(FRIDAY)  Yahoo!ニュース満島ひかりと同じドラマに! 市民感激 沖縄が沸いた1990年夏を描く作品、撮影終了  沖縄タイムス満島ひかり、テレビ出演で「非常識」説の報道を自ら否定…マイナス報道続出の怪 | ビジネスジャーナル  Business Journal満島ひかり、吉永小百合のウェディングドレス姿に感動「あまりにもおキレイすぎて」 | AbemaTIMES  AbemaTIMES前川清&満島ひかり、吉永小百合と“家族”に!「最高の人生の見つけ方」に出演  映画.com『BEAUTYは、これからだ。』満島ひかりが美しすぎる、自然派化粧品CMの注目度が急上昇 (2019年9月4日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース満島ひかり、永山絢斗とは破局していた?鶴瓶を相手に見せた“消沈ポーズ” (2019年7月23日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース石橋貴明、満島真之介におねだり「姉ちゃんと一回会わせてくれ」 | AbemaTIMES  AbemaTIMES満島ひかり:変顔、おどけたポーズ、子供の頃の写真も… 江原道の新ミューズ就任でCMに  毎日キレイ沖水甲子園準Vをドラマに 満島ひかり出演 13日から那覇市で撮影  琉球新報沖縄を舞台にした映画に出演しない満島ひかり 複雑な心境を明かす  livedoor沖水、甲子園準Vをドラマに 満島ひかり出演 那覇市で撮影  女性自身「3万年前の航海」達成 海部陽介代表が満島ひかりさんに語った“日本人の謎”  文春オンライン前川清、満島ひかりが吉永小百合×天海祐希『最高の人生の見つけ方』に出演|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!  TV LIFE坂口健太郎さん、満島ひかりさん共演の舞台『お気に召すまま』。気鋭の演出家・熊林弘高氏はシェイクスピア作品をどう魅せる?【オススメ ステージ】  DailyMORE (株式会社集英社)熊林弘高の初シェイクスピア作品、自由な身体で“性の混乱”を追求(公演レポート)  ナタリー堤真一のBBQ、満島ひかり餃子など一番搾り新CM  日刊スポーツ今夜『ONE PIECE FILM GOLD』満島ひかりらゲスト声優ふり返り  シネマトゥデイ満島ひかり、久しぶりにフラッシュ浴びてご機嫌 一回転するなどノリノリ  ORICON NEWS満島ひかり、中学後輩の映画監督が慶應卒業し駆け付ける|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかり、『最高の人生の見つけ方』で前川清&吉永小百合の娘役に 「とても大切な日々でした」  リアルサウンド満島 ひかり プロフィール | 文春オンライン  文春オンライン『満島ひかり×江戸川乱歩』第3弾に宮藤官九郎、ハライチ岩井、高良健吾  CINRA.NET(シンラドットネット)【インタビュー】園子温監督×満島真之介 まだ“序章”――二人で世界へ突き進む  cinemacafe.net満島ひかり、“海を越えた3万年前の祖先”にせまる!  文春オンライン「マスコミは信じないで」満島ひかりの独立騒動に大物アーティストの“影” |  アサジョ満島ひかり、若手女優がこぞって憧れるワケ  ORICON NEWS満島ひかり 弟の満島真之介と4年ぶり共演…舞台「お気に召すまま」  デイリースポーツ満島ひかりと安藤サクラは絶縁 女優の“不仲”はなぜ起きる?|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかりが安藤サクラとの「絶縁説」を否定「凄く特別な関係」  livedoor満島ひかり、自由な表現のルーツは「音楽グループでデビュー」と明かす  映画.com演技派女優・満島ひかりが“干され状態”になっている? |  アサジョ吉永小百合、天海祐希、ムロ、満島、前川、ももクロ勢揃い|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかり、ママチャリを駆ってひとり焼き肉5時間超|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかりさん「あーたし元気にな~れ~」! 口の上にえんぴつを乗せる姿が必見の新CMスタート! 「洗顔専科 オールクリアオイル」新CMを、2018年7月20日(金)より全国で順次放送開始  PR TIMES満島ひかりが雑誌「OCEANS」に登場 本誌だけに語る“すずめちゃん”誕生秘話「ずっとフレッシュでいたい」本人の今とこれから。  PR TIMES満島ひかり、安藤サクラとの出会いは「今でも宝物」 - 映画 Movie Walker  Movie Walker満島ひかりさんの、“声がとても良い”ということを全力で語る!  シネマズby松竹ミッツ・マングローブ「今もっとも“降板映え”する女優・満島ひかり」  AERA dot.満島ひかり、事務所退社の理由は…「マスコミさんに書かれたけど信じないで~」  デイリースポーツオンライン舞台降板の満島ひかり 「注意できる人がいない」|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン満島ひかりがフリーに 所属事務所が発表「自由に独りでやってみたい」  マイナビニュース満島ひかり、Folder時代も女優の糧に「昔の自分も感じながら」  シネマトゥデイ満島真之介、話題作での連続好演で評価うなぎ上りも、不安材料は「強すぎる性欲」か!? (2019年10月16日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース誕生日当日に 松田龍平が自宅前で満島ひかり似の美女とケンカ?  livedoor満島ひかり、恋人・永山絢斗と初2ショット 交際には触れず  ORICON STYLE前川清&満島ひかり、『最高の人生の見つけ方』出演 吉永小百合と家族に  クランクイン!満島ひかり、奄美の子どもたちから大人気! 共演俳優が嫉妬で蹴られるも笑み浮かべる  シネマカフェ満島ひかりさん「花よりコロッケ」? 忙しくも懸命に生きる女性を描く新CM 「洗顔専科」新TVCM 『おかえり娘』篇 2018年3月下旬より全国で順次放送開始  PR TIMES満島ひかり、「江原道」新ミューズに就任 代表アイテムがリニューアル  モデルプレス『満島ひかり×江戸川乱歩』最新シリーズにハライチ・岩井勇気&宮藤官九郎&高良健吾ら出演、“ある人物”登場も!?  music.jpニュース岡村隆史、満島ひかりのノリのよさを絶賛 「皆好きになってしまう」  ニッポン放送満島ひかり「苦しいも悲しいも楽しいも愛おしいもあって」 Charaの新曲MVで「光を集める」  ハフィントンポスト満島ひかり・小泉今日子が“関係の終わらせ方”を語る「結婚していたことがあって…」|E-TALENTBANK co.,ltd.  E-TALENTBANK満島ひかり ルーツの地で「やっちまった」禊ぎの撮影|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE  日本経済新聞満島ひかりが映画祭でワガママぶり全開?背景に安藤サクラか  livedoor満島ひかり、EGO-WRAPPIN'提供による楽曲“群青”を発表-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/164206  rockinon.com清志郎の追悼ライブに出演!のん、女優として復活の鍵は“満島ひかり”か? |  アサジョ満島ひかり、「バツ1になりました」と報告 独特な恋愛観も披露  クランクイン!



情報の検索

商品の検索