柏木由紀(かしわぎゆき)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    かしわぎ ゆき
    柏木 由紀
    柏木由紀 (cropped).jpg
    台北松山空港にて(2017年11月12日)
    プロフィール
    別名義 ユキ・レイソレ[1]
    愛称 ゆきりん
    生年月日 1991年7月15日
    現年齢 30歳
    出身地 日本の旗 日本
    鹿児島県鹿児島市
    血液型 B型
    公称サイズ(2019年[2][3]時点)
    身長 165 cm
    活動
    デビュー 2007年
    所属グループ AKB48
    元フレンチ・キス
    活動期間 2007年 -
    備考 AKB48チームB
    元NGT48チームNIII兼任
    元NMB48チームN兼任
    他の活動 歌手
    女優
    事務所 ワタナベエンターテインメント
    レーベル YukiRing→キングレコード
    公式サイト 柏木由紀 -YukiRing- OFFICIAL WEBSITE
    柏木由紀公式プロフィール
    主な出演作 テレビドラマ
    『ミエリーノ柏木』
    『西郷どん』
    『この恋はツミなのか!?』
    ラジオ
    『柏木由紀のYUKIRIN TIME』
    主な楽曲 「夜風の仕業」
    「ショートケーキ」
    「Green Flash」
    アイドル: テンプレート - カテゴリ
    ゆきりんワールド
    YouTube
    チャンネル
    • ゆきりんワールド
    活動期間 2020年2月2日 -
    ジャンル アイドル
    登録者数 55.2万人
    総再生回数 9144万回
    チャンネル登録者数、総再生回数は2022年5月7日時点。
    テンプレートを表示

    柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年〈平成3年〉7月15日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・AKB48チームBのメンバーである。NGT48チームNIIIおよびNMB48チームNの元兼任メンバー、ならびにAKB48の派生アイドルユニットであるフレンチ・キスの元メンバー。鹿児島県鹿児島市出身[4]。ワタナベエンターテインメント所属。愛称は、ゆきりん

    来歴

    レモンサワーフェスティバル2017 in 中目黒 開会式にて (2017年10月20日撮影)

    2005年

    • 10月、『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に応募し、最終審査まで残った。翌日に最終面接の打診を受け、母親に相談するが、最終面接当日に鹿児島空港に着いた際に車内で父親が反対し、上京できずにこの回は断念した[5]

    2006年

    • 7月、『モーニング娘。Happy8期オーディション』に応募した。三次選考進出者25名(参加総数6,883名)まで残ったが落選した。
    • 12月3日、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格した。
    • 12月9日、『AKB48 1st ANNIVERSARY LIVE 〜勢ぞろいだぜ!『A』『K』『B』!〜』において、チームBの候補生としてお披露目され、「何かメッセージを伝えられるような歌って踊れる歌手になりたい」と挨拶をした[6]

    2007年

    • 4月8日、AKB48劇場でのチームB 1st Stage「青春ガールズ」初日公演において、初代チームBの一員として公演デビューする[7][8]

    2009年

    • 3月25日、チームB夜公演においてワタナベエンターテインメントへの移籍が発表される[注 1]
    • 4月、TBS系列情報番組『ひるおび!』内の気象情報コーナー「ひるおび!天気」水・木曜担当レギュラーに抜擢される(同年9月末からは月・火曜担当)。当時、各局でオンエアされている朝・昼間帯の情報番組における女性気象情報コーナー担当者(いわゆる「お天気お姉さん」)の中では最年少であった。
    • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙』では9位で、メディア選抜入りする。
    • 8月23日、『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演終了後に発表された新体制において、新生チームBのキャプテンに就任することが発表され、翌年の2010年5月21日に就任する。
    • 9月、初のソロ写真集『以上、柏木由紀でしたっ』を発売。12月26日、TBS系列で放送された『ランク王国 歳末総力祭』の年間アイドル写真集ランキングにおいて、1位を獲得する。

    2010年

    • 2月、初のソロDVD『以上、グアムから柏木由紀でしたっ』をリリース。
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』では8位で、前年に続きメディア選抜入りする。
    • 6月28日、チームB「シアターの女神」公演において、同じビスケットエンターティメント所属の倉持明日香・高城亜樹と新ユニット「フレンチ・キス」を結成したことを発表。

    2011年

    • 4月から放送開始したテレビアニメ『SKET DANCE』で、主人公・藤崎佑助の妹「藤崎瑠海」役として声優を務める。
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙』では、3位になり選抜メンバーとなる[9][10]
    • 11月1日から鹿児島県の観光キャンペーンCMに出演[11][12]

    2012年

    • 3月 - 4月に開催の『りぼんフェスタ2012』において上映された秋元康原作のアニメ『まりもの花 〜最強武闘派小学生伝説〜』に声優として主演・まりも役で出演。
    • 5月、倉持・高城・大家志津香・佐藤夏希(2013年8月卒業)とともにワタナベエンターテインメントへ移籍する。
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では、3位になり選抜メンバーとなる[13][14]
    • 7月13日、中野サンプラザで行われた自身の『1stソロライブ 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜』で、総合プロデューサーの秋元康のGoogle+の記事によりソロデビューすることが発表される[15][16]
    • 7月17日、鹿児島県のPRを行う薩摩大使に就任[17]
    • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、戸賀崎智信より自らが率いるチームBキャプテンの座を、梅田彩佳にバトンタッチすることが発表される[18][19]
    • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』では、ベスト16入りして選抜メンバーとなる[20]
    • 9月26日、チームサプライズ『涙に沈む太陽』にてセンターを務め、MV内では金のミニドレスとファーコートという魅力的な服装で登場した。
    • 10月6日、TOKYO FM系列で自身初冠レギュラーラジオ番組『柏木由紀のYUKIRIN TIME』がスタートする。
    • 11月1日、新体制に移行し、柏木はキャプテンを退任してチームBに残留する。渡辺麻友がチームAに異動したことにより、チームB発足以来、チームBに所属し続けている唯一のメンバーとなる。
    • 11月11日、AKB48メンバー史上初の個人レーベル「YukiRing」を立ち上げたことを発表[21]

    2013年

    • 1月2日、初のソロライブDVD『1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜』をリリース。
    • 1月11日にテレビ東京系列で、自身初となる主演ドラマ『ミエリーノ柏木』放送がスタートする。
    • 2月6日、「YukiRing」レーベルからシングル『ショートケーキ』でソロデビュー[22]
    • 2月17日、『ショートケーキ』初回限定盤購入者の中から抽選された5,000人を対象に、自身の『2ndソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド、夢中にさせちゃうぞっ♡〜』を東京国際フォーラム・ホールAで開催。ゲストとして押尾コータローも出演。
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では、4位になり選抜メンバーとなる[23][24]
    • 10月16日、2ndシングル『Birthday wedding』リリース[25]
    • 11月7日、横浜アリーナで『柏木由紀 3rdソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜もっと夢中にさせちゃうぞ♡〜』を開催[26]。約1万人を動員し、AKB48グループメンバーのソロライブとしては過去最大規模となる[26]

    2014年

    • 2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』において、NMB48チームNとの兼任が発表される[27]
    • 4月5日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48グループ春コンinさいたまスーパーアリーナ〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』NMB48単独コンサートにおいて、NMB48メンバーとして初出演[28]
    • 4月30日のNMB48 チームN 4th Stage「ここにだって天使はいる」初日公演でNMB48の劇場公演に初出演[29]
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では、3位になり選抜メンバーとなる[30][31]

    2015年

    • 3月4日発売のAKB48の39thシングル『Green Flash』表題曲で小嶋陽菜とダブルセンターを務めた。加入9年目にしてAKB48のシングル表題曲のセンターは初となった[32]
    • 3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、NMB48との兼任解除および新しく発足するNGT48との兼任が発表される[33]
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では、自己最高順位の2位となり、選抜メンバーとなる[34][35]

    2016年

    • 1月10日、「NGT48劇場グランドオープン初日公演」に出演[36]。同時にチームNIIIの結成が発表される[37]
    • 4月14日から5月29日まで、現役メンバーでは初のソロ全国ツアーである『柏木由紀1st LIVE TOUR〜寝ても覚めてもゆきりんワールド 日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜』(新潟、大阪、名古屋、東京、鹿児島の全国5か所で6公演)が開催される[38]
    • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では、5位になり選抜メンバーとなる[39][40]
    • 7月25日より開催された舞台『マジすか学園 〜Lost In The SuperMarket〜』で主演を務める[41]
    • 12月31日、第67回NHK紅白歌合戦の番組企画として行われた「AKB48 夢の紅白選抜」では9位にランクインした[42]

    2017年

    • 7月20日、VOGUE GIRLとのタイアップで大人の女性にイメージチェンジするプロジェクトとして、肩下まであったロングヘアを25cmカットする様子が生配信され、後にファッション撮影が行われた[43][44][45]

    2018年

    • 1月22・23日、自身初の海外でのソロコンサートを中国・上海で開催[46]。また8月4日から10月16日まで初のアジアツアーを開催し、4都市5公演で6,000人を動員した[47]
    • 8月5日より、『西郷どん』に西郷吉二郎の妻・西郷園役で大河ドラマに初出演する[48][49]
    • 12月5日、5年ぶりの主演連続ドラマ『この恋はツミなのか!?』のオープニング曲である配信限定シングル『そっけない君』配信[50][51]

    2019年

    • 4月11日、肋軟骨を負傷したことを公表[52]。当面のライブパフォーマンスは「動ける範囲」で行うことを明らかにした[52]
    • 4月21日にNGT48劇場で行われたチームNIII 3rd Stage「誇りの丘」千秋楽公演をもってNGT48との兼任解除[53]
    • 5月3日、前日のSKE48松村香織の卒業により、AKB48グループ最年長メンバーとなる[注 2]
    • 6月30日、前年の「アイドル修業中♡」公演に続くプロデュース公演第2弾として、セットリストを考案した「僕の夏が始まる」公演がAKB48劇場で初日を迎え、出演する[54][55]

    2020年

    • 2月2日、YouTubeチャンネル『ゆきりんワールド』を開設[56]
    • 5月、7月19日に最終審査会が行われる「ミスいちごIDOL」オーディションの特別審査員に起用される[57][58]
    • 9月27日、自身初の生配信ソロライブ『柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜』を開催した[59]
    • 12月27日、初のディナーショーとなる『柏木由紀寝ても覚めてもゆきりんワールド〜ディナーショーでも夢中にさせちゃうぞっ♡〜』をホテルニューオータニで開催した[60]

    2021年

    • 1月19日、キングレコードへのレーベル移籍とCDとしては7年5か月ぶりとなるニューシングル『CAN YOU WALK WITH ME??』を3月3日にリリースすることを発表した[61]
    • 3月10日、YouTubeアーティストチャンネル『柏木由紀 - YouTube Official Channel』を開設[62]
    • 4月1日、YouTubeサブチャンネル『ゆきりんゲームチャンネル』を開設[63]
    • 4月9日、シングル『CAN YOU WALK WITH ME??』につづく、渡辺淳之介(所属する音楽事務所WACKの代表取締役)プロデュース企画第2弾プロジェクトとして、WACK所属の全7グループ(BiSH、BiS、EMPiRE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、ASP)に加入し、7グループ全ての新曲に参加することが発表された[64]。このプロジェクトで柏木は「柏レイソル」にインスパイアされた「ユキ・レイソレ」の名前で活動する[1]
    • 5月23日、横浜・ぴあアリーナMMにて開催された『17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE AKB48単独コンサート〜好きならば好きだと言おう〜』の演出を担当[65]
    • 6月3日放送の『主治医が見つかる診療所 芸能人“お悩み解決”人間ドックSP』(テレビ東京系)の番組企画で受診した人間ドックの結果、「脊髄腫瘍」「脊髄空洞症」の疑いと診断される[66][動 1]
    • 6月8日、「脊髄空洞症」の早期手術と治療のため、一時休養することを公式サイトで発表[67]。これにより、同月11日・12日に出演予定だった舞台『AKB48 THE AUDISHOW』2公演と、同月27日に出演予定だった『AKB48 Group Asia Festival 2021 ONLINE』はいずれも休演。また、7月7日・8日に予定されていたソロコンサート『寝ても覚めてもゆきりんワールド』と、8月31日に予定されていたWACK所属7グループとのコラボシングルのリリース[68]も延期となった[67][69]
    • 6月9日、自身初の報道番組挑戦となる『ABEMA Prime』(ABEMA news)の水曜週替わりMCを務める[70]。「医師の指導の下、身体に負荷がかからないと判断された仕事については、入院前まで継続させる」として、同番組には予定通り生出演した[71][72]。また番組内で、同月末に手術を受ける予定であることを明らかにした[73]
    • 6月16日放送から、水曜日レギュラーとして出演している(当時)『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)を休演した[74]
    • 6月22日、自身のTwitter、YouTubeチャンネル、Instagramの更新を一時休止することを発表[75]
    • 6月25日、脊髄髄内腫瘍に対し脊髄を切開して腫瘍を摘出する7時間以上に及ぶ手術を行い、成功した旨を28日に報告した[76]
    • 7月15日、自身のSNSで活動再開を報告[77][78]。この日が30歳の誕生日であり、AKB48にとって結成以来初めて現役で30歳代を迎えたメンバーになった[注 3]。また、約9年3か月ぶりとなる3rd写真集『Experience』を発売した[79][80]
    • 7月17日、『音楽の日2021』(TBS系)で復帰後初の生放送出演[81]
    • 9月17日、延期されていたソロコンサートとWACK所属7グループとのコラボシングル7作同時リリースの新たな日程を発表[82]
    • 9月22日、約3か月ぶりに『アッパレやってまーす!』への出演再開。しかし、翌週29日放送回をもって同番組を卒業することを発表した[83]
    • 9月29日、同日発売のAKB48の58thシングル『根も葉もRumor』では、グループ史上初の30歳代での選抜メンバーとなる[84]
    • 10月8日、WACK所属の7グループ36人を対象にした投票企画『VOTE!! WACK SELECT 7』の開催が発表される。この投票企画の上位7名とユキ・レイソレ(柏木)[85]の8名で新グループを結成し活動する予定[86]
    • 11月26日、パシフィコ横浜・国立大ホール、同29日に神奈川県民ホール・大ホールで延期されていた約2年ぶりとなる有観客でのソロコンサートを開催[82]
    • 11月30日、WACK所属7グループとのコラボシングル7作「柏木由紀なりのWACK(KASHiWACK)」を同時リリース[82]
    • 12月27日、プレミアムライブと『VOTE!! WACK SELECT 7』開票イベント『柏木由紀なりのWACK EXHiBiTiON and SELECT7』をTOKYO DOME CITY HALLで有観客で開催[86]

    2022年

    • 3月23日、ユキ・レイソレと『VOTE!! WACK SELECT 7』投票上位7名[注 4]による柏木プロデュースの新たなアイドルグループ「SPY」(エス・ピー・ワイ、"SELECT 7 plus YUKi"の略)のデビューシングル『あなたを狙い撃ち♡』を6月1日にリリースすることを『柏木由紀 - YouTube Official Channel』にて発表[87][動 2]
    • 冠ラジオ番組『柏木由紀のYUKIRIN TIME supported by DAIYAME』(TOKYO FM)が4月1日(3月31日深夜)の放送で最終回を迎え、9年半の歴史に幕を下ろした[88]
    • 5月18日発売予定のAKB48の59thシングル『元カレです』に選抜メンバー入り[89]。発売時のグループ最年長選抜記録(30歳10か月)を更新予定。
    • 5月22日、前日(21日)付で大場美奈(AKB48の9期生)のSKE48卒業(予定)に伴い[注 5]、柏木がAKB48最後の「現役一桁期生」となる予定[注 6]

    人物

    • 愛称はゆきりんだが、指原莉乃などからは「かしわぎちゃん」と呼ばれており、また前田敦子からは「ゆきりそ」、宮澤佐江からは「りんちゃん」、篠田麻里子や小嶋陽菜からは「かしわげちゃん」、板野友美からはスーパーマリオブラザーズのキャラクターのノコノコに似てることから「ノコりん」[90]、横山由依からは「ヨッシー」と呼ばれていた時期があった[91] が、後にきりん(さん)と呼ばれるようになった。
    • AKB48の2008年5月4日の公演で、柏木の着用していた服が黒かったことから、菊地あやかに「ブラック柏木」と呼ばれ始めた。その後、「メールに返信しない」「約束をドタキャンする」「ボソッと毒を吐く」[注 7]などのエピソードが語られたことから、「見た目はお嬢様っぽい清純派なのに実は腹黒い」イメージがメンバーの中で定着してしまい[93]、他のメンバーからも「ブラック」と呼ばれるようになった[注 8]。メンバーから「みんなが思うほど清楚そうじゃない」とも言われた[94]
    • 子供の頃は体が弱い方で、冬にはいつも風邪をひいて熱を出しているような状態であり、中学生になってもすぐ体調を崩して学校を休んだりしていて、多い時は一か月の半分以上休んだこともあった。そんな時にテレビなどで見た女性アイドルに元気をもらった感じがしたことから「私もみんなを元気に出来るようなアイドルになりたい」という思いが強くなっていったという[95]
    • 夢は「一生アイドルでい続ける事」[96]。また「アイドル専門学校をつくりたい」とも述べている[97]。しかし今では学校の方は「現実的に無理」と語っている[98]
    • 性格はマイペースで、「自由」「自由人」と言われている[99][100]。自分のマイペースさについて本人は、「その場で10人中9人が『今からご飯に行こう』って言っても、帰りたい時は帰れるタイプ」「流されない」「ひとりの時間が必要なタイプ」と語っていた時期もあったが[92]、現在はそうでなく、自分から誘うことも多い[98]
    • 本人が言うには「私はいつもポジティブ思考。AKB48でもトップ3に入る自信があります」。悩み事と落ち込むことの少なさではAKB48の中で3本指に入る自信があるという[101]。高橋みなみや仲谷明香、米沢瑠美などからは、「芯が強い」「熱い心ってゆうか 絶対にブレない芯が 自分のポリシーみたいなのが心の奥にある」と言われている[102][103][104]。AKB48選抜総選挙の開票イベントの司会を務めた徳光和夫からは、「性格的に一番強いのは彼女」と言われている[105]
    • 指原莉乃は柏木について、「他人に興味がないタイプ」「尋常じゃないくらい人付き合いが悪い」と証言した[106]
    • 自他共に認める雨女である。フレンチ・キスのCD発売日やイベントの日など、大事な日に雨が降ることが多々ある[107][108][109]
    • よくメンバーに私服やジャージがダサいことを指摘される。2011年5月29日に行われた全国握手会のイベントでは、「私服がダサそうなメンバー」に参加メンバーから満場一致で選ばれた[110]
    • レッスン用の靴を2011年12月の時点で5年間、履いていた[111]。それを見た大島優子が柏木の19歳の誕生日にレッスン用の靴をプレゼントした[112]。また、携帯電話も同じ端末を約4年間使用していた[113]
    • 小学校4年生から中学校1年生の途中まで吹奏楽部に所属し、小学校6年生の時には部長を務めた。当初フルートをやりたかったが、身長が高い(腕が長い)という理由でトロンボーンを担当した[114]。『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演』の「アイドルの夜明け」の担当楽器もトロンボーンだった。
    • 「GIVE ME FIVE!」にて初めてドラムの演奏を経験した[115]。柏木によれば、秋元康の“ドラムは真面目な人”“イメージ的にドラムは柏木”という意向で柏木がドラム担当に選ばれた。柏木はキーボード、トロンボーンが出来ることを事前に伝えていたため困惑したが、周囲が“柏木がドラムで大丈夫?”と言っていたらしいことを聞いて、“やってやろうじゃないか”と思ったという[115]。練習の結果、「腕、肩、脚、腰や歯(左の歯をくいしばる癖がある)の痛みに悩まされ、体の重心が左に傾き、普段立っている時でも首が左に曲がるくらいの“ドラム仕様の体”になっていた[116]。一方で、以前は出来なかった腹筋運動が出来るようになった[116]
    • 父親を鹿児島に残し母親とともに上京、柏木自身は、映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』の撮影で鹿児島を訪れるまで、4年間帰郷しなかった[117]。「(芸能界に入るのは)絶対にダメ!」と言っていた「(父)親の反対を押し切って東京に出てきたので、すぐには帰れないというのもあった」のに加え、「地元の友達にも東京に出てくるギリギリのタイミングで打ち明けた部分もあったので、自分が満足できるようになるまではなかなか帰れないな」と思っていたという。
    • アイドルを目標としていたため、「演技をやるなんてこれっぽっちも思ったことがなかった」ということもあり、「ドラマや映画はほとんど見ないで20年間生きてきた。だから(ドラマに出演するようになり)演技の引き出しのなさに困ってます」とのこと[97]
    • 家族や友人とは鹿児島弁で会話することもあり[118]、「標準語に感情を乗せるのが難しい」という[97]
    • 浮腫みやすい体質で、本人いわく「一度浮腫むと、三日は浮腫む」[119]
    • 2022年1月19日のNHK『きょうの健康』のシリーズ「あの人の健康法」で脊髄髄内腫瘍の発見と入院、退院後の様子が取り上げられた(1月15日の『先どり きょうの健康』で要約版を放送)[120]
    • SILENT SIRENの梅村妃奈子と交友関係がある[121]

    趣味・嗜好・特技

    • 趣味は、音楽鑑賞、カラオケ、塗り絵、けん玉、デザイン文字の模写。本人が言うには「手先を使う単純作業や1人遊びが好き」[122]。また、卓球も好きである。
    • 好きな男性のタイプはピンクの似合う人[123]、精神年齢が大人の人[124]である。しかし、現在は「別にそんなことない」と語っている[98]
    • 好きな食べ物はスイカやサーモンなど[125] を、嫌いな食べ物はニンジンや牛乳、セロリなどを挙げている[123]
    • 好きな言葉は「なんとかなる」[126]
    • 好きな数字は「14」。理由は、大ファンである元モーニング娘。のメンバー・石川梨華の「い(1)し(4)」のゴロ合わせによる[127]
    • 肘の皮フェチである[128]
    • 長い移動時間が好きである[129]
    • 自宅が大好きで、仕事の合間の10分でも帰宅したいほど[130]
    • 特技は、リコーダー・トロンボーン演奏[131]、音ゲー、タイピング、とうもろこしをきれいに食べること[123]
    • 肩関節が柔らかい[123]
    • 走幅跳の鹿児島県代表に選ばれたことがある[132]

    ファン

    • 幼稚園の頃からポケットビスケッツのファンになる。小学2年生のときにクラスの発表会で『POWER』を振り付きで歌ったことがきっかけで、「人前で歌って踊ることが楽しい」と気づいた。
    • 幼少時には『美少女戦士セーラームーン』のファンであった。2014年に発売されたセーラームーンデザインの下着も購入したという[133]
    • 憧れのアイドルは松田聖子[134]と松浦亜弥[135]。また元モーニング娘。メンバーの石川梨華の大ファンで、「今でも神だと思う。生まれ変われるなら石川さんになりたいです。声も顔も見た目も全部」と発言するほど[97]。石川とは対談が実現し、その模様は自身のソロデビューシングル「ショートケーキ」の劇場盤のボーナストラックに収録された[136]
    • プロ野球は読売ジャイアンツのファンである[137]

    苦手

    • 潔癖症であり、自分のスリッパを愛用[138]。一方で風呂が苦手で面倒くさいと考えている。ただ「明日は大事な日」と思ったら必ず風呂に入り、シャワーは毎日浴びていると言う[139]
    • 友達やメンバーとカラオケに行くのが苦手[140] で、行くとすれば基本的に母親とか[141]、メンバーだと横山由依、大家志津香だけである[98]
    • 料理が苦手で、高校生の頃まで卵を割ることが出来なかった。また、生卵の殻を菜箸で剥こうとしたことがある[142][143]
    • 携帯電話を見たり弄ったりすることはあまりせず、メールのやり取りを苦手にしている。「AKB」というフォルダを作ったが、約2週間誰からもメールが来なかったということもあった[144]。一方、メンバーの誕生日にはいち早くお祝いメールを送ることがある[145][146][147]
    • 鳩が苦手である[148]
    • 他人から言われて一番嫌だった言葉は「胴長」。渡辺麻友からは水着で撮影の時に「ゆきりんってダックスフントみたい」と言われた[127]

    AKB48

    • キャッチフレーズは「寝ても覚めてもゆきりんワールド夢中にさせちゃうぞ」である[149]。このフレーズについては「痛いってわかってるけど、やる。好きな世界を楽しんでいる感じ」と語っている[92]
    • AKB48の仕事については「AKBのメンバーのなかでも一番楽しんでいる自信がある」「アイドルになるのが夢だったから、今やっていることは本当にすべてが楽しいし、精いっぱい全力でやれる」「AKB48で活動しているのが、一番楽しい」「(AKB48からの)卒業って考えられない。AKB48を解散する時までやりたい」と語っている[150][151]。また「(AKB48での)仕事でいちばん好きなのは、今も昔もファンの人の前で歌って踊ること」と述べた[92]
    • 「(髪の毛は)黒髪で、盛ったりしない」「私服でも、ダボダボのつなぎとかは着ない」「ピアスの穴を開けていない」「眉毛をいじらない」などと、理想のアイドル像へのこだわりが強い[92][152]。「アイドルは常に笑っていないといけない」が口癖で人前では絶対に涙を見せず、倉持明日香から「寝顔も澄まし顔」と評される“アイドル魂”の持ち主である[153]。「嬉しい(という感情)が笑顔になるタイプ」「私の中にうれしいの涙はないんです。悔しい、悲しいときしか涙腺は響かない」とのこと[97]
    • チームBキャプテンを務めていた際には、アイドルとキャプテンという対極的な存在に関して「葛藤があり(中略)、表向きにはあまりキャプテンっぽくしないように…みたいなのはあります」と述べた[152]
    • 握手会に参加することを大切にしている。握手会の日にテレビ番組出演が決まったことがあったが、「握手会に出たいから」と申し出て、出演を辞退したことがある[92]。一人一人ときちんと目を合わせ、しっかりと手を握ることから「握手会の女王」と評され、これが2011年選抜総選挙での大躍進に繋がったとされる[9]
      • 受験を控えたあるファンが、緊張しすぎてずっと下を向いて握手していた。何秒間か柏木は何も言わなかったため、顔をあげたところ、「やっと目が合ったね。受験頑張ってね」と言った。このエピソードは雑誌『VoCE』(講談社)の2011年10月号の特集「『ぶりっ子』上等!大人女子こそ」内で紹介された[154]
    • 『週刊AKB』にて結成された「AKB激辛部」の部長を務めるが、実は辛いものはあまり好きではない[155]
    • 渡辺麻友とは互いの関係性を「親子」と表現している[156]。高橋みなみは「普段はツッコミどころの多いアイドル・ゆきりんですが、まゆゆと一緒のときだけは、彼女のお母さんに変身します」と述べている[157]
    • 片山陽加、仲谷明香と「チーム控えめ」、片山、仲谷、田名部生来と「キューテェーちーむ」を結成している[158]
    • AKB48関連以外の芸能人の中では真野恵里菜と親しく、共に食事に出かけたりしている[159][160]
    • 2007年、当時まだチームBとして劇場デビューをしていないにもかかわらず、『AKB48 春のちょっとだけ全国ツアー 〜まだまだだぜAKB48!〜』(3月10日 - 4月1日)に大島優子の代役として、秋元才加の代役を務めた井上奈瑠(2008年9月卒業)とともに出演した。この大抜擢の理由についてAKB48劇場支配人・戸賀崎智信は、「(チーム)Bのなかで目立っていたし、ダンスができたからです」と語っている。またこの件について戸賀崎は、「それがアンダーの起源ですね」とも語っている[161]。また、2014年4月から2015年5月までAKB48チームBを兼任していた元乃木坂46の生駒里奈は、「曲によってセクシーだったりアイドルっぽかったり、全然雰囲気が違うんです。一曲一曲、丁寧にやってるからこそ、あんなに“伝わる”パフォーマンスができるんだなって思いました」と柏木のパフォーマンスに圧倒されたと述べている[162]
    • 『チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演ではソロユニット「夜風の仕業」を担当。旧チームBメンバーでは初の、AKB48全体でも大島優子、秋元才加に続く3人目のソロユニット担当となった。
    • チームBメンバーが選ぶ、チームBの「ダンス王」に選ばれた[163]
    • SKE48の「アイドル研究会」に所属している。会員番号は5番。
    • 『AKBINGO!』の「ラッキーガールランキング2012」の企画で、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48の正規メンバー総勢140人のうち、「2012年最も運勢の悪いメンバー」に選ばれた[164]
    • 前項の記述とも関係するが、HKT48では同郷ということで宮脇咲良を推しメンにしている[注 9]
    • 『根も葉もRumor』の選抜で小嶋陽菜(2017年4月卒業)の28歳10か月を抜いて歴代最年長選抜となった[注 10]

    AKB48・NMB48・NGT48での参加楽曲

    シングル選抜楽曲

    AKB48名義

    • BINGO!
    • 桜の花びらたち2008
      • 最後の制服
    • Baby! Baby! Baby!
      • 初日
    • 大声ダイヤモンド
      • 大声ダイヤモンド (Team B ver.) -「チームB」名義
    • 10年桜
      • 桜色の空の下で
    • 涙サプライズ!
      • 初日 -「チームB」名義
    • 言い訳Maybe
    • RIVER
    • 桜の栞
      • マジスカロックンロール
      • 遠距離ポスター - 「チームPB」名義
    • ポニーテールとシュシュ
      • マジジョテッペンブルース
    • ヘビーローテーション
      • ラッキーセブン
      • 野菜シスターズ
    • Beginner
    • 『チャンスの順番』に収録
      • 予約したクリスマス
      • ラブ・ジャンプ - 「team B」名義
    • 桜の木になろう
    • Everyday、カチューシャ
      • これからWonderland
      • ヤンキーソウル
    • フライングゲット
      • 青春と気づかないまま
      • 野菜占い
    • 風は吹いている
    • 『上からマリコ』に収録
      • ノエルの夜
      • 呼び捨てファンタジー - 「Team B」名義
    • GIVE ME FIVE!
      • 羊飼いの旅 - 「スペシャルガールズB」名義
    • 真夏のSounds good !
      • ちょうだい、ダーリン!
      • 君のために僕は…
    • ギンガムチェック
      • 夢の河
    • UZA
      • 正義の味方じゃないヒーロー - 「Team B」名義
    • 永遠プレッシャー
      • とっておきクリスマス
    • So long !
      • そこで犬のうんち踏んじゃうかね? - 「梅田TeamB」名義
    • さよならクロール
      • ロマンス拳銃 - 「Team B」名義
      • ハステとワステ - 「BKA48」名義
    • 恋するフォーチュンクッキー
      • 最後のドア
      • 涙のせいじゃない
    • ハート・エレキ
      • Tiny T-shirt - 「Team B」名義
    • 『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』に収録
      • Mosh & Dive
      • Party is over
    • 前しか向かねえ
    • ラブラドール・レトリバー
      • 今日までのメロディー
      • Bガーデン - 「Team B」名義
    • 心のプラカード
    • 希望的リフレイン
      • ロンリネスクラブ - 「Team B」名義
    • Green Flash
      • 春の光 近づいた夏
      • 履物と傘の物語
    • 僕たちは戦わない
      • バレバレ節 - 「WONDA選抜」名義
      • 君の第二章
    • ハロウィン・ナイト
      • 一歩目音頭
    • 唇にBe My Baby
      • 365日の紙飛行機
      • 金の羽根を持つ人よ - 「Team B」名義
      • 背中言葉
    • 君はメロディー
      • 混ざり合うもの - 「乃木坂AKB」名義
    • 翼はいらない
      • 恋をすると馬鹿を見る - 「Team B」名義
      • 君はどこにいる? - 「NGT48」名義
    • LOVE TRIP/しあわせを分けなさい
      • 光と影の日々
      • BLACK FLOWER
    • ハイテンション
    • シュートサイン
      • みどりと森の運動公園 - 「NGT48」名義
      • 悲しい歌を聴きたくなった - 「まゆゆきりん」名義
    • 願いごとの持ち腐れ
      • あの頃の五百円玉
    • 11月のアンクレット
      • 予想外のストーリー - 「ボーカル選抜」名義
    • ジャーバージャ
      • 友達でいましょう - 「NGT48」名義
    • Teacher Teacher
      • 君は僕の風 - 「AKB48グループ センター試験選抜」名義
      • 新しいチャイム - 「Team B」名義
    • NO WAY MAN
    • ジワるDAYS
      • 必然性 - 「IZ4648」名義
    • サステナブル
    • 失恋、ありがとう
      • 愛する人
    • 根も葉もRumor
      • 離れていても
    • 元カレです
      • ヤラカソウ - 「Team B」名義

    AKB48 チームサプライズ名義

    重力シンパシー公演

    • 重力シンパシー
    • 涙に沈む太陽
    • キンモクセイ
    • 旅立ちのとき
    • AKBフェスティバル
    • キミが思ってるより…
    • ハートのベクトル

    バラの儀式公演

    • 未来が目にしみる
    • 愛しさを丸めて
    • 失恋同盟
    • バラの儀式
    • 美しい狩り
    • 愛の川
    • ほっぺ、ツネル

    NGT48名義

    • 青春時計
      • 空き缶パンク
      • 暗闇求む
    • 世界はどこまで青空なのか?
      • ナニカガイル
      • ぎこちない通学電車
    • 春はどこから来るのか?
      • 蒸発した水分
    • 世界の人へ
      • 心に太陽 - 「Team NIII」名義

    NMB48名義

    • らしくない
      • 休戦協定 - 「Team N」名義
    • Don't look back!
      • 恋愛ペテン師 - 「Team N」名義

    アルバム選抜楽曲

    AKB48名義

    『神曲たち』収録曲

    • Baby! Baby! Baby! Baby!
    • 初日 - 「チームB」名義
    • 君と虹と太陽と

    『ここにいたこと』収録曲

    • 少女たちよ
    • 恋愛サーカス - 「Team B」名義
    • 風の行方
    • チームB推し - 「Team B」名義
    • ここにいたこと

    『1830m』収録曲

    • ファースト・ラビット
    • ノーカン - 「Team B」名義
    • 僕たちは 今 話し合うべきなんだ
    • 大事な時間
    • やさしさの地図
    • 行ってらっしゃい
    • 青空よ 寂しくないか?

    『次の足跡』収録曲

    • After rain
    • シャワーの後だから
    • 僕は頑張る
    • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義

    『ここがロドスだ、ここで跳べ!』収録曲

    • 愛の存在
    • To goで - 「倉持Team B」名義
    • よわむしけむし - ソロ楽曲

    『0と1の間』収録曲

    • やさしくありたい
    • ミュージックジャンキー - 「Team B」名義

    『サムネイル』収録曲

    • あの日の自分
    • ひび割れた鏡

    『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』収録曲

    • 靴紐の結び方
    • クサイモノだらけ

    NMB48名義

    『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜』収録曲

    • イビサガール
    • 電車を降りる - 「Team N」名義
    • ハートの独占権

    その他の参加楽曲

    シングル『心の羽根』(「チームドラゴン from AKB48」名義)

    • 心の羽根
    • 世界中の雨

    サウンドトラック『Wreck-It Ralph』に収録

    • Sugar Rush - 「AKB48」名義

    シングル『やさしくするよりキスをして』(「渡辺美優紀」名義)に収録

    • 春風ピアニッシモ - 「AKB48」名義

    配信限定楽曲

    • 近いのに離れてる
    • 恋人いない選手権

    未音源化曲

    • 私に似てる(ニンテンドー3DS用ソフト『AKB48+Me』収録曲)
    • ありふれた愛(GREE『AKB48 ステージファイター』CMソング)
    • 恋のバイトル(ディップ『バイトル』CMソング)[165]

    ぱちスロAKB48 勝利の女神[166]

    • あなたの代わりはいない
    • 君のニュース
    • ヘビーローテーション
    • AKBフェスティバル

    ぱちんこAKB48-3 誇りの丘[166]

    • 誇りの丘
    • 残酷な雨
    • やさしさに甘えられない

    劇場公演ユニット曲

    AKB48名義

    チームB 1st Stage「青春ガールズ」

    • 禁じられた2人
    • ふしだらな夏

    チームB 2nd Stage「会いたかった」

    • 涙の湘南
    • 恋のPLAN
    • 背中から抱きしめて
    • リオの革命

    ※ 全員参加曲ではあるが、「スカート、ひらり」ではフロントメンバー(スカひらセブン)で登場する。

    チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」

    • てもでもの涙

    チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」

    • 口移しのチョコレート

    THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

    • 記憶のジレンマ(倉持明日香・北原里英のスタンバイ)

    チームB 5th Stage「シアターの女神」

    • 夜風の仕業(ソロユニット曲)
    • キャンディー(佐藤亜美菜のユニットアンダー、または河西智美休演時に亜美菜ポジションで出演[注 11]。)

    梅田チームB ウェイティング公演

    • 涙に沈む太陽(チームサプライズ 「重力シンパシー」公演)

    倉持チームB「パジャマドライブ」公演

    • 純情主義

    木﨑チームB「ただいま 恋愛中」公演

    • 春が来るまで

    AKB48 高橋朱里→岩立チームB「シアターの女神」公演

    • キャンディー

    NMB48名義

    チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」

    • ジッパー
    • 初めての星
    • 100年先でも

    NGT48名義

    チームNIII 1st Stage「PARTYが始まるよ」

    • あなたとクリスマスイブ

    チームNIII 2nd Stage「パジャマドライブ」

    • 純情主義

    チームNIII 3rd Stage「誇りの丘」

    • 残酷な雨

    作品

    シングル

    リリース日 タイトル 最高位 販売形態 規格品番 形態 備考
    YukiRing(avex)
    1 2013年2月6日 ショートケーキ 2位 CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD
    AVCA-62288/B
    AVCA-62289/B
    AVCA-62290/B
    AVCA-62291/B
    AVCA-62292/B
    AVCA-92293/B
    AVC1-62294
    初回盤タイプA
    初回盤タイプB
    初回盤タイプC
    通常盤タイプA
    通常盤タイプB
    通常盤タイプC
    劇場盤
    [167]
    2 2013年10月16日 Birthday wedding 2位 CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    CD+DVD
    AVCA-74024/B
    AVCA-74025/B
    AVCA-74026/B
    AVCA-74027/B
    AVCA-74028/B
    AVCA-74029/B
    初回盤タイプA
    初回盤タイプB
    初回盤タイプC
    通常盤タイプA
    通常盤タイプB
    通常盤タイプC
    キングレコード
    3 2021年3月3日 CAN YOU WALK WITH ME?? 4位 CD+Blu-ray
    CD
    KICM-92081
    KICM-2082
    初回限定生産盤
    通常盤

    配信限定シングル

      配信開始日 タイトル 販売形態 規格品番 形態 収録アルバム
    1 2018年12月5日 そっけない君 ダウンロード配信
    ミュージックカード
    ミュージックカード
    ミュージックカード
    ミュージックカード

    AVZ1-94255
    AVZ1-94256
    AVZ1-94257
    AVZ1-94259

    TYPE-A(mu-moショップ限定盤)
    TYPE-B(mu-moショップ限定盤)
    TYPE-C(mu-moショップ限定盤)
    TYPE-E(セブンネット(ワタナベ商店)限定盤)

    ソロ楽曲

    • 夜風の仕業(作詞:秋元康、作曲:島崎貴光、編曲:増田武史)
    • 沈黙(作詞:秋元康、作曲:重永亮介、編曲:五十嵐“IGAO”淳一)
    • ぽっかり(作詞:秋元康、作曲:渡辺翔、編曲:五十嵐“IGAO”淳一)
    • 真夜中の歯磨き(作詞:秋元康、作曲:SHIKI、編曲:酒井陽一)
    • 火山灰(作詞:秋元康、作曲:川浦正大、編曲:五十嵐“IGAO”淳一)
    • 広い世界の中で出逢えたこと(作詞:柏木由紀、作曲:重永亮介、編曲:若田部誠)
    • よわむしけむし(作詞:秋元康、作曲・編曲:伊藤心太郎)
    • miss you(作詞:柏木由紀、作曲:本田光史郎、編曲:松ヶ下宏之)

    参加作品

    発売日 曲名 収録された作品
    2017年8月2日 別れても好きな人(「ヒデ&ゆきりん」名義) 中山秀征カヴァーアルバム『50』[168]
    2017年10月25日 夢はひそかに(原題: A Dream Is A Wish Your Heart Makes) V.A.『Thank You Disney』[169]
    2017年11月15日 UFO(「柏木由紀&渡辺麻友(AKB48)」名義) V.A.『地球の男にあきたところよ〜阿久悠リスペクト・アルバム』[170]

    コラボシングル

    リリース日 タイトル 最高位 販売形態 規格品番 形態 備考
    キングレコード
    2021年11月30日 柏木由紀なりのWACK 大全集 7CD+Blu-ray NKZM-1015/1022 豪華盤(完全生産限定) <KING e-SHOP>限定商品
    柏木由紀なりのBiSH-BAD TEMPER- 9位 CD KICM-2098 通常盤
    柏木由紀なりのEMPiRE-時間が足りない- 14位 CD KICM-2099 通常盤
    柏木由紀なりのBiS-ANYTiME ANYTHiNG- 12位 CD KICM-2100 通常盤
    柏木由紀なりの豆柴の大群-ずっと気になるズッキーニ- 11位 CD KICM-2101 通常盤
    柏木由紀なりのGO TO THE BEDS-TRUE SONG- 10位 CD KICM-2102 通常盤
    柏木由紀なりのPARADISES-夏のバカヤロー- 15位 CD KICM-2103 通常盤
    柏木由紀なりのASP-AGAiNST THE WORLD- 16位 CD KICM-2104 通常盤

    映像作品

    発売日 タイトル レーベル 規格 最高順位
    (オリコン[171][172]
    2010年2月24日 柏木由紀1stDVD「以上、グアムから柏木由紀でしたっ」 リバプール DVD 49位
    2010年7月28日 柏木由紀2ndDVD「Love Letter」 69位
    2013年1月2日 1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜 AKS DVD 6位
    BD 5位
    2013年6月19日 2ndソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜夢中にさせちゃうぞっ♡〜 YukiRing DVD 6位
    BD 11位
    2014年3月19日 3rdソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜もっと夢中にさせちゃうぞっ♡〜 DVD 6位
    BD 4位
    2016年11月23日 柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜 DVD 3位
    BD 11位

    タイアップ

    楽曲 タイアップ 収録作品 備考
    ショートケーキ[173] テレビ東京系ドラマ『ミエリーノ柏木』主題歌 1stシングル「ショートケーキ」 [167]
    それでも泣かない テレビ東京系ドラマ『ミエリーノ柏木』挿入歌 [174]
    Birthday wedding リクルート「ゼクシィ」CMソング 2ndシングル「Birthday wedding」 [175]
    そっけない君 MBSテレビ/TBSテレビ ドラマイズム『この恋はツミなのか!?』オープニングテーマ 1stデジタルシングル「そっけない君」 [176]

    出演

    テレビドラマ

    • マジすか学園(2010年1月9日 - 3月27日、テレビ東京) - ブラック 役。
    • 桜からの手紙 〜AKB48 それぞれの卒業物語〜(2011年2月26日 - 3月6日、日本テレビ) - 柏木由紀 役。
    • マジすか学園2 第1話・第10話・最終話(2011年4月15日・6月17日・7月1日、テレビ東京) - ブラック 役。
    • 花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011(2011年7月10日 - 9月18日、フジテレビ) - 岸里樹理 役。[177]
    • ミエリーノ柏木(2013年1月11日 - 3月29日、テレビ東京) - 主演・柏木 役[167][178][注 12]
    • So long ! 第3話(2013年2月13日、日本テレビ) - 後藤翠 役。
    • 福岡恋愛白書8 メグとアイくん(2013年3月22日、九州朝日放送) - 井上紗枝 役[注 13]
    • タガーリン(2013年4月13日 - 6月22日、フジテレビ) - 主演・江島千尋 役[注 14]
    • WONDA×AKB48 ショートストーリー「フォーチュンクッキー」 第4話(2013年7月7日、フジテレビ) - 相田千明 役。
    • よろず占い処 陰陽屋へようこそ(2013年10月8日 - 12月17日、関西テレビ) - 鮎川珠希 役。
    • 黒服物語(2014年10月24日 - 12月12日、テレビ朝日) - 美樹(星亜希子) 役。
    • マジすか学園5 第2話(2015年8月25日、日本テレビ) - ブラック 役。
    • AKBホラーナイト アドレナリンの夜 第13話「ドンドン」(2015年11月19日、テレビ朝日) - 主演・佐奈 役[179]
    • 桜坂近辺物語 第1夜「近辺1」(2016年3月7日、フジテレビ) - 月沢真由 役[180]
    • AKBラブナイト 恋工場 第1話「初めての朝」(2016年4月21日、テレビ朝日) - 主演・美貴 役[181]
    • キャバすか学園 第4・5話(2016年11月27日・12月4日、日本テレビ) - 柏木 役[182]
    • 大河ドラマ 西郷どん(2018年8月5日 - 12月16日、NHK) - 西郷園 役[48][49]
    • この恋はツミなのか!?(2018年12月3日 - 24日、毎日放送 / 2018年12月5日 - 26日、TBS) - 主演・駒田多恵 役[50][注 15]
    • あざとくて何が悪いの? ミニドラマ(2020年4月17日、テレビ朝日) - カナコ 役[183]

    その他のテレビ番組

    • ひるおび!(2009年4月1日 - 2020年3月、TBS) - 「ひるおび!天気」担当、2009年9月24日まで水・木曜レギュラー→同年9月28日から月・火曜レギュラー→2012年4月以降は不定期出演。
    • ケータイ発ドラマ 激恋…運命のラブストーリー…第2部(2010年4月8日 - 5月27日、NHK総合) - 神田愛花、松井絵里奈、有末麻祐子とともにお便りコーナーで登場。
    • G.I.ゴロー(2010年5月10日 - 5月24日、TBS)
    • 奇跡ゲッター ブットバース!!(2010年11月20日 - 2011年7月30日、TBS)
    • フレンチ・キスのキス旅(2014年7月1日 - 9月23日、テレビ東京)
    • フレンチ・キスのキス旅2(2015年7月5日 - 9月27日、テレビ東京)
    • クイズ!ドレミファドン!(2016年10月11日・2017年4月4日、フジテレビ) - 司会。
    • はじめて!ゴルフ〜目指せ120切り〜(2017年1月10日 - 8月1日、女性チャンネル♪LaLa TV / 1月12日 - 8月24日、ゴルフネットワーク)[184]
    • はじめて!ゴルフ2〜目指せ120切り〜(2017年9月5日 - 2018年2月6日、女性チャンネル♪LaLa TV / 2017年9月8日 - 2018年2月9日、ゴルフネットワーク)[185][186]
    • 柏木由紀のMusic Journey(2018年6月24日、BSフジ)
    • OTOSEN(2018年8月26日、9月30日・10月7日 - 12月2日、BSフジ)
    • そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?(2020年2月11日 - 2021年3月9日、朝日放送テレビ) - 不定期出演からレギュラー出演。
    • 芸能界常識チェック!トリニクって何の肉!?(2021年4月20日 - 2022年3月1日、朝日放送テレビ) - 準レギュラー出演。

    テレビアニメ

    • テイルズ オブ ジ アビス 第1話(2008年10月3日、毎日放送) - メイド 役。
    • SKET DANCE 第3話 - 第51話(2011年4月21日 - 2012年3月29日・不定期出演、テレビ東京) - 藤崎瑠海 役。

    OVA

    • まりもの花 〜最強武闘派小学生伝説〜 - 主人公・野上まりも 役[187]。 - 「りぼんフェスタ2012」上映作品。

    ナレーション

    • ソーシャルトリップ(2013年3月10日、テレビ東京)[188]
    • 青春サラブレッド〜北の大地 馬にかけた彼女たちの挑戦〜(2021年9月23日、テレビ北海道)[189]

    舞台

    • AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - 高島麻里亜 役[注 16]
    • マジすか学園 〜Lost In The SuperMarket〜(2016年7月25日 - 8月5日、赤坂ACTシアター) - 主演・ブラック 役[190]

    ラジオ

    • AKB48 今夜は帰らない…(2008年11月29日 - 2010年8月16日、CBCラジオ)
    • AKB48柏木由紀と高城亜樹のオールナイトニッポンモバイル(2010年1月20日 - 2012年、ニッポン放送)
    • フレンチ・キスのKissラジ!(2011年4月2日 - 2013年3月31日・2014年10月5日・2015年10月11日[注 17]、TOKYO FM)
    • 柏木由紀のYUKIRIN TIME supported by DAIYAME(2012年10月6日 - 2022年4月1日、TOKYO FM)
    • アッパレやってまーす! 水曜日(2016年4月6日 - 2021年9月29日、MBSラジオ)脊髄空洞症の手術のための休養に入るのに伴い2021年6月16日から9月15日まで休演[74]。同年9月22日に復帰したが[83]、9月29日で卒業となった[191]

    CM

    • 恋のうた2(2009年6月 - 10月、ユニバーサルミュージック)[192]
    • 本物。鹿児島県(2011年11月 - 2012年3月、鹿児島県観光連盟・鹿児島県観光交流局観光課 [193][194]
    • ゼクシィ(2013年9月22日 - 10月下旬、リクルート)[175]
    • 夏こそ磨け!「男の身だしなみ」キャンペーン(2014年7月2日 - 9月、P&G)[195]
    • あるあるCity5周年 ホログラムシアターオープン(2017年4月 - 2018年3月、あるあるCity)[196]

    イメージキャラクター

    • 薩摩大使(鹿児島県観光大使)(2012年7月17日 - 、鹿児島県)[197]
      • 鹿児島県内公共交通機関 車内アナウンス(2013年12月中旬 - 2014年3月)[198]
      • みるかご(2014年1月 - 3月)[199]
      • 「鹿児島は黒」キャンペーン(2015年1月21日 - 2017年)[200]
    • サカゼン・ゼンモール(2013年 - 2019年3月、坂善商事)[201]
    • あるあるCity アンバサダー(2017年3月 - 2019年3月、北九州市・あるあるCity・エイベックス・エンタテインメント)[202][203]
    • RAVIJOUR「Up grade」プロジェクト 初代アンバサダー(2018年4月 - 2019年2月、ベリグリ株式会社)[204][205]
    • 宮交シティ45周年&応援大使(2018年6月 - 9月、株式会社宮交シティ)

    キャンペーン

    • 柏木由紀×ジャンカラ VRコラボキャンペーン(2018年3月26日 - 5月31日、東愛産業)[206]
    • 「絶品かっぱえびせん」柏木由紀激推しパッケージ(2022年2月14日 - 、カルビー)[207]

    ゲーム

    • 萌える麻雀 もえじゃん!(2008年、ハドソン PlayStation Portableソフト) - 大元太陽 役。

    ミュージック・ビデオ

    • CLIFF EDGE「SA・YO・NA・RA〜君を忘れないよ〜」(2009年10月)[208]
    • SDN48「負け惜しみコングラチュレーション」(2012年3月)[209]

    ネット番組

    • ABEMA Prime(2021年6月9日・9月1日・10月20日・11月24日・2022年2月9日、ABEMA) - 水曜週替わりMC(不定期)[70]
    • ABEMA Prime・衆院選特別番組『ひろゆき&柏木由紀と考える総選挙2021 日本は変わる?変わらない?』(2021年10月31日、ABEMA) - ひろゆきとともにダブルMC。

    ネット配信

    • CROW'S BLOOD(2016年7月23日 - 8月27日、Hulu) - 宇津井麻衣 役[210]
    • 作って食べてゆきりんワールド(2019年12月16日 - 2020年、cookpadLive)

    プロデュース

    AKB48劇場公演

    • 柏木由紀プロデュース「アイドル修業中♡」公演(2018年5月4日 - 11月17日、AKB48 16期生・ドラフト3期生)

    その他

    • 柏木由紀 × RAVIJOUR コラボランジェリー「スイートブラックグラマーアップ」(2018年10月12日発売、ベリグリ)

    ライブ

    ライブツアー

    公演年 ツアータイトル 日程・会場
    2016年 柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜[211]
    2018年 YUKIRIN WORLD LIVE IN ASIA 2018〜寝ても覚めてもゆきりんワールド

    アジア縦断み〜んな夢中にさせちゃうぞっ♡〜[212]

    2019年 柏木由紀 2nd Tour 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜あなたを夢中にさせちゃうぞっ♡〜[213]

    ワンマンライブ

    開催年 タイトル 日程・会場
    2012年 柏木由紀 1stソロライブ 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜[214] 7月13日 中野サンプラザ
    2013年 1stシングルリリースイベント 柏木由紀 2ndソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜夢中にさせちゃうぞっ♡〜[215] 2月17日 東京国際フォーラムホールA
    柏木由紀 3rdソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜もっと夢中にさせちゃうぞっ♡〜[216] 11月7日 横浜アリーナ
    2017年 シアターオープン記念SPライブ 柏木由紀×あるあるCity Vol.1 [202]
    柏木由紀×あるあるCity Vol.2 [217][注 18]
    YUKI KASHIWAGI TALK&ACOUSTIC LIVE IN LAGUNASIA [218]
    2018年 LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル[219] 1月3日 ラグナシアジョイアマーレの浜辺特設ステージ
    YUKI KASHIWAGI ACOUSTIC LIVE IN LAGUNASIA
    柏木由紀 アコースティックライヴ[220]
    2019年 柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜夢中にさせちゃうぞっ♡〜 in Tokyo
    2020年 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜ディナーショーでも夢中にさせちゃうぞっ♡〜 [221]

    海外公演

    開催年 タイトル 日程・会場
    2018年 YUKIRIN WORLD LIVE IN SHANGHAI 2018
    寝ても覚めてもゆきりんワールド〜上海でも夢中にさせちゃうぞっ♡〜[46]
    2019年 柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜夢中にさせちゃうぞっ♡〜 in Shanghai 11月9日 上海 上海世博中心 大会堂(紅庁)

    オンラインライブ

    開催年 タイトル 日程・会場 配信プラットフォーム
    2020年 柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜[222] SHOWROOM

    フェス・対バンライブ

    公演年 タイトル 日程・会場 出演者
    2017年
    COUNT DOWN TV GIRLS FES 2017[223]
    3月14日 国立代々木競技場 第一体育館
    • NGT48
    • Little Glee Monster
    • Flower
    • SILENT SIREN
    • miwa
    • 佐々木彩夏
    • 柏木由紀
    2018年
    Thank You Disney Live 2018[224]
    2月17日 中野サンプラザ
    • SKE48
    • 柏木由紀
    • SOLIDEMO
    • Beverly
    • May J.
    • 宮本笑里
    • Miracle Vell Magic
    • Thank You Disney Special Band

    イベント

    公演年 イベント名 日程・会場
    2016年

    B-LEAGUE 横浜ビー・コルセアーズvs川崎ブレイブサンダース 神奈川ダービーイベント [225]

    11月5日 横浜国際プール
    TOKYO FM presents 柏木由紀1st Tour 寝ても覚めてもゆきりんワールド 日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜 DVD&Blu-rayリリース記念特番 公開収録[226] 11月6日 学習院大学内 百周年記念講堂
    2017年 開設67周年記念弥彦競輪 ふるさとカップG3[227] 8月1日 弥彦競輪場
    「KitaQフェスinTOKYO」あるあるCity5周年公式アンバサダー 柏木由紀 トークショー[228] 11月25日 アーツ千代田 3331
    fabbit Conference 全国大会[229] 12月5日 ザ・プリンス パークタワー東京
    2018年 宮交シティ 45周年&応援大使就任記念
    AKB48『柏木由紀』フリートークショー in 宮交シティ[230]
    6月24日 宮交シティ紫陽花ホール
    2018 広島ファッションウィーク「ファッションウォーク」[231] 10月7日 本通・金座街
    大河ドラマ「西郷どん」キャストトーク&コンサート[232] 10月20日 鹿児島県鹿屋市文化会館
    2020年 第53回「NHK福祉大相撲」[233] 2月11日 東京都両国国技館

    サポート参加ミュージシャン

    名前 パート 期間
    開始 終了
    松ヶ下宏之 ギター
    ピアノ
    コーラス
    1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜
    継続中
    [注 19]
    山口寛雄 ベース 1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜
    継続中
    [注 20]
    江口信夫 ドラム 1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜
    継続中
    [注 21]
    星村麻衣 キーボード
    コーラス
    1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜
    継続中
    [注 19]
    Ayasa ヴァイオリン 1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜
    継続中
    [注 21]
    デンジャー今西 ベース 柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜 シアターオープン記念SPライブ 柏木由紀×あるあるCity Vol.1
    小久保里沙 ドラム 柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜
    継続中
    [注 19]
    佐藤帆乃佳 ヴァイオリン 柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜
    丸木美花 キーボード B-LEAGUE 横浜ビー・コルセアーズvs川崎ブレイブサンダース 神奈川ダービーイベント COUNT DOWN TV GIRLS FES 2017
    EITA ギター B-LEAGUE 横浜ビー・コルセアーズvs川崎ブレイブサンダース 神奈川ダービーイベント
    鈴木英俊 ギター TOKYO FM presents 柏木由紀1st Tour 寝ても覚めてもゆきりんワールド 日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜 DVD&Blu-rayリリース記念特番 公開収録
    西原史織 ヴァイオリン COUNT DOWN TV GIRLS FES 2017
    継続中
    [注 19]
    宮田“レフティ”リョウ ギター
    キーボード
    ベース
    柏木由紀×あるあるCity Vol.2 継続中[注 22]
    山田”Anthony”サトシ ベース 柏木由紀×あるあるCity Vol.2
    井出泰彰 ギター
    キーボード
    コーラス
    柏木由紀×あるあるCity Vol.2
    矢吹正則 ドラム 柏木由紀×あるあるCity Vol.2
    菊池真義 ギター 柏木由紀×あるあるCity Vol.2
    土屋佳代 キーボード
    コーラス
    柏木由紀×あるあるCity Vol.2
    香取真人 ギター LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル 柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜
    ICCHAN. ドラム LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル 柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜
    北村真奈美 キーボード
    コーラス
    LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル 柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜
    Kung-fu-jumper マニピュレーター YUKIRIN WORLD LIVE IN ASIA 2018
    寝ても覚めてもゆきりんワールド〜上海でもっと夢中にさせちゃうぞっ♡〜
    柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜
    井手上誠 ギター YUKIRIN WORLD LIVE IN ASIA 2018
    〜寝ても覚めてもゆきりんワールドアジア縦断み〜んな夢中にさせちゃうぞっ♡〜
    哲之 ドラム YUKIRIN WORLD LIVE IN ASIA 2018
    〜寝ても覚めてもゆきりんワールドアジア縦断み〜んな夢中にさせちゃうぞっ♡〜
    小林修己 ベース YUKIRIN WORLD LIVE IN ASIA 2018
    〜寝ても覚めてもゆきりんワールドアジア縦断み〜んな夢中にさせちゃうぞっ♡〜

    書籍

    著書

    • まゆゆきりん「往復書簡」〜一文字、一文字に思いを込めて〜(2017年12月27日、双葉社) - 渡辺麻友との共著[234][235]
    • アイドル誕生! 〜こんなわたしがAKB48に!?〜(小学館ジュニア文庫)(2018年6月20日、小学館)[236][237]

    雑誌連載

    • 週刊ヤングジャンプ(2010年8月19日 - 2011年、集英社) - 北原里英・指原莉乃・渡辺麻友とともに「AKB48当番連載 ぐるぐる4」にて「ゆきりんのTHE アイドルクエスト」を連載。

    Web連載

    • an・an Beauty+(2021年4月21日 - 、マガジンハウス) - 「寝ても覚めても美容LOVE! 柏木由紀のぞっこん ビューティライフ」[238]

    写真集

    • 以上、柏木由紀でしたっ(2009年9月28日、東京ニュース通信社)[239] ISBN 978-4-86336-066-2
    • ゆ、ゆ、ゆきりん…(2012年4月19日、集英社)[240] ISBN 978-4-08-780644-1
    • Experience(2021年7月15日、集英社)[79][80] ISBN 978-4-08-790035-4

    カレンダー

    • 柏木由紀 2012年 カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
    • 柏木由紀 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
    • 壁掛 AKB48-05 柏木由紀 カレンダー 2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
    • 卓上 AKB48-133 柏木由紀 カレンダー 2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
    • 壁掛 柏木由紀 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
    • 卓上 柏木由紀 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)

    その他

    • 柏木由紀 360°VR LIVE 限定VRビューアー&クリアファイル・ステッカー付きBOOK 特別版(2018年4月26日、宝島社)[241][242]
    • 柏木由紀 360°VR LIVE 限定VRビューアー&ステッカー付きBOOK 通常版(2018年4月26日、宝島社)[241][243]

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ 実際はワタナベエンターテインメント傘下のビスケットエンターティメントへの所属であった。後にワタナベエンターテインメントに移籍。
    2. ^ AKB48メンバーとしては、鈴木まりやの卒業日翌日の2017年6月11日から最年長である。
    3. ^ 2014年に『パピコ』(江崎グリコ)のキャンペーンで行われた『大人AKB48 オーディション』で選ばれた塚本まり子(1976年7月16日生まれ)が30歳代で加入して約4か月の期間限定で活動していた例はある。また、AKB48グループとしては、SDN48のデビュー時点(2009年8月1日)で仲里安也美(1976年7月12日生まれ)と西国原礼子(1977年11月24日生まれ)が30歳代であった。
    4. ^ ハシヤスメ・アツコ、セントチヒロ・チッチ(以上、BiSH) / ユイ・ガ・ドクソン、月ノウサギ、テラシマユウカ、ヤママチミキ、ユメノユア(以上、GANG PARADE)
    5. ^ 当初卒業日が4月30日の予定をしていたが、前日(29日)に新型コロナウイルスに感染したため延期となった。
    6. ^ AKB48単独としては宮崎美穂(5期生)が同年4月15日付で卒業したため、一足先に最後の「現役一桁期生」となった。
    7. ^ 本人曰く「正直に何でも言っちゃうだけ」[92]
    8. ^ 後に「マジすか学園」の登場人物名にもなった。
    9. ^ ゲスト出演した日本テレビ『HaKaTa百貨店』第1回放送にて指名。
    10. ^ 2013年7月にグループを卒業した篠田麻里子が29歳11か月で参加した10周年記念シングル「君はメロディー」(2016年3月発売)のイレギュラーな例を含めても歴代最年長で、30代の選抜メンバー誕生は結成16年目のAKB48史上初となる[84]
    11. ^ 河西ポジションに亜美菜がスライド
    12. ^ 柏木の出身地である鹿児島県では南日本放送(TBS系列)が放送した。
    13. ^ 友情出演。
    14. ^ 澤部佑とのダブル主演。
    15. ^ 伊藤健太郎とのダブル主演。
    16. ^ 高橋みなみとダブルキャスト。
    17. ^ 『フレンチ・キスのKissラジ!〜一夜限りの復活スペシャル!』が2014年10月5日に、『フレンチ・キスのKissラジ!Last』が2015年10月11日に放送された。
    18. ^ 22日はスペシャルトーク&アコースティックライブ、23日はスペシャルライブ。
    19. ^ a b c d 「シアターオープン記念SPライブ 柏木由紀×あるあるCity Vol.1」で一旦終了も、「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜ディナーショーでも夢中にさせちゃうぞっ♡〜」からサポート再開。
    20. ^ 「柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜」(東京公演)で一旦終了も、「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜ディナーショーでも夢中にさせちゃうぞっ♡〜」からサポート再開。
    21. ^ a b 「柏木由紀1st Tour 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡〜」で一旦終了も、「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜ディナーショーでも夢中にさせちゃうぞっ♡〜」からサポート再開。
    22. ^ 「柏木由紀 寝ても覚めてもゆきりんワールド〜オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ〜」で一旦終了も、「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜まだまだ夢中にさせちゃうぞっ♡〜」からサポート再開。

    出典

    1. ^ a b “AKB48柏木由紀、WACK加入ネームがついに決定 “ユキ・レイソレ”に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年4月16日). https://mdpr.jp/news/detail/2536588 2021年4月16日閲覧。 
    2. ^ 柏木由紀 PROFILE.ワタナベエンターテインメント公式サイト、2019年6月4日閲覧。
    3. ^ AKB柏木由紀、身長が伸びた 所属事務所早くもプロフィル更新「修正された!笑」.スポーツ報知 (報知新聞社).(2019年6月4日) 2019年6月4日閲覧。
    4. ^ “AKB48の柏木由紀さんを起用したイメージアップポスターを作成しました”. 商工労働水産部観光交流局. 鹿児島県 (2013年1月15日). 2013年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月19日閲覧。
    5. ^ 『duet』(集英社)2009年6月号「4年前のチームAのオーディションにも応募したんです」
    6. ^ “AKB48 1st Anniversary LIVE! 勢ぞろいだぜ『A』『K』『B』! - Part3『チームB候補生』”. スクランブルエッグ. 2019年4月17日閲覧。
    7. ^ “4月8日チームB 1st公演初日チケット販売方法及び公開ゲネプロ観覧について”. AKB48オフィシャルブログ (2007年4月3日). 2019年4月18日閲覧。
    8. ^ 渡辺麻友、柏木由紀「チームB」『まゆゆきりん 「往復書簡」』双葉社、2017年12月27日、56頁。 ISBN 978-4-575-31329-1。2019年4月18日閲覧。
    9. ^ a b “柏木由紀「恐れ多い」“神7”崩し3位”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2011年6月10日). オリジナルの2011年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110612114803/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/10/0004156343.shtml 2011年6月10日閲覧。 
    10. ^ “【AKB第3回総選挙】柏木由紀「まだまだ頑張ります」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年6月9日). https://www.oricon.co.jp/news/88655/full/ 2016年6月20日閲覧。 
    11. ^ “AKB48柏木由紀、鹿児島県の“顔”に! 故郷の観光PRにCM出演で一役”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2003207/full/ 2011年10月28日閲覧。 
    12. ^ “AKB柏木由紀が鹿児島の顔! 観光PRのCM起用”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/28/kiji/K20111028001911620.html 2011年10月28日閲覧。 
    13. ^ “AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2012年6月6日). 2012年6月6日閲覧。
    14. ^ “【第4回AKB総選挙】ゆきりんは3位!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年6月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2012653/full/ 2016年6月20日閲覧。 
    15. ^ “AKB48柏木由紀のソロデビュー決定! 秋元康がGoogle+で電撃発表!”. シネマトゥデイ (2012年7月13日). 2016年6月20日閲覧。
    16. ^ “AKB柏木由紀、ソロデビュー決定に驚嘆「ほんとのほんと?」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年7月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2014310/full/ 2016年6月20日閲覧。 
    17. ^ “ゆきりん「薩摩大使」さしこら「全国の全大使に負けたくない」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/18/kiji/K20120718003700720.html 2016年6月20日閲覧。 
      「AKB柏木さん薩摩大使就任へ」『読売新聞』2012年7月14日西部朝刊33頁
      「AKB柏木さん薩摩大使 ポスター撮影、古里PRに意欲」『読売新聞』2012年7月18日西部朝刊鹿児版29頁
      「柏木由紀さんの県ポスター完成 大島紬姿など2種類=鹿児島」『読売新聞』2012年9月3日西部朝刊鹿児版27頁
    18. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ! AKB、新チーム体制発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2012年8月24日閲覧。 
    19. ^ “組閣後新体制”. AKB48オフィシャルブログ (2012年8月24日). 2012年8月24日閲覧。
    20. ^ “【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに”. ORICON STYLE (oricon ME). https://www.oricon.co.jp/news/2016888/full/ 2012年9月18日閲覧。 
    21. ^ “柏木由紀 2・6ソロデビュー!ドラマ初主演も発表”. スポーツニッポン新聞社 (2012年11月11日). 2012年11月11日閲覧。
    22. ^ “「YukiRing」オフィシャルサイト”. 2012年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧。
    23. ^ “AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2013年6月8日). 2013年6月8日閲覧。
    24. ^ “【第5回AKB総選挙】ゆきりんは4位 自身初のランクダウン”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2025403/full/ 2016年6月20日閲覧。 
    25. ^ “柏木由紀、史上初の抜擢「女の子の憧れです」”. モデルプレス (2013年9月12日). 2016年6月20日閲覧。
    26. ^ a b “柏木由紀、横アリで最大規模ソロライブ「今日が一番幸せ」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年11月8日). http://natalie.mu/music/news/103079 2013年11月8日閲覧。 
    27. ^ “【AKB組閣】“チームB一筋”柏木由紀、NMB48初兼任「私、最年長…」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2034425/full/ 2016年2月24日閲覧。 
    28. ^ “柏木由紀「オバちゃんて呼ばないで」 NMB48として初ステージ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2036050/full/ 2014年4月5日閲覧。 
    29. ^ “柏木由紀、大阪・NMB48劇場に初降臨 山本彩らとパフォーマンス”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年5月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1358490 2021年6月6日閲覧。 
    30. ^ “「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2014年6月7日). 2016年6月20日閲覧。
    31. ^ “【第6回AKB総選挙】柏木由紀が3位「トップ3本当にうれしい」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年6月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2038350/full/ 2016年6月20日閲覧。 
    32. ^ “AKB新曲で柏木初センター こじはる頼り? たかみな&さや姉がラップ挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2047718/full/ 2017年1月30日閲覧。 
    33. ^ “AKB48波乱の単独ライブで新ユニット誕生、人事異動、卒業発表”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月27日). http://natalie.mu/music/news/142145 2016年6月20日閲覧。 
    34. ^ “「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
    35. ^ “【第7回AKB総選挙】柏木由紀、地元九州で堂々の自己最高2位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2053943/full/ 2015年6月6日閲覧。 
    36. ^ “NGT48初日公演は感激の幕開け 北原里英らが涙”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590453.html 2016年1月10日閲覧。 
    37. ^ “NGT48、柏木由紀ら16人でチームN3結成”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590455.html 2016年1月10日閲覧。 
    38. ^ “柏木由紀、現役メンバーでは初のソロ全国ツアー”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1617266.html 2016年3月17日閲覧。 
      “柏木由紀、ソロ初の全国ツアー開催「みーんな夢中にさせちゃうぞっ?」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月16日). http://natalie.mu/music/news/179923 2016年3月17日閲覧。 
    39. ^ “「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月18日). 2015年6月20日閲覧。
    40. ^ “【第8回AKB総選挙】AKB柏木由紀5位、昨年2位の座守れず”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2073619/full/ 2016年6月20日閲覧。 
    41. ^ “柏木由紀、黒髪で挑む初主演舞台「マジすか学園」開幕”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年7月25日). http://natalie.mu/music/news/195821 2017年1月29日閲覧。 
    42. ^ “AKB48“紅白選抜”全順位発表<1位〜48位/全メンバー最終獲得票数>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1651212 2018年3月28日閲覧。 
    43. ^ “インスタLIVEでヘアカットの様子を生配信! AKB48柏木由紀が大胆イメチェンでモードに変身。”. VOGUE GIRL (2017年7月15日). 2017年7月31日閲覧。
    44. ^ “AKB48 柏木由紀がVOGUE GIRL誌面上で大胆ヘアカット! 新・ショートボブの全貌を大公開!”. VOGUE GIRL (2017年7月20日). 2017年7月31日閲覧。
    45. ^ “柏木由紀がファッションアイコンに! 「新・ショートボブで出会うモードな私」。”. VOGUE GIRL (2017年8月4日). 2017年8月4日閲覧。
    46. ^ a b “ゆきりんワールド世界進出!柏木由紀が上海でソロライブ”. 音楽ナタリー. (2017年12月19日). https://natalie.mu/music/news/261800 2018年10月18日閲覧。 
    47. ^ “柏木由紀が初アジアツアー完走「めちゃ楽しかった」”. 日刊スポーツ. (2018年10月18日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/akb48/news/201810180000120_m.html 2018年10月18日閲覧。 
    48. ^ a b “『西郷どん』新キャスト発表! 坂本龍馬が出会う西郷家&維新の礎を築くキーパーソン”. NHKオンライン. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年6月13日). 2018年6月13日閲覧。
    49. ^ a b “柏木由紀「西郷どん」で大河初出演 起用理由は?”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年6月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1772762 2018年6月14日閲覧。 
    50. ^ a b “柏木由紀が5年ぶり連ドラ主演、童顔癒し系プロ棋士”. 日刊スポーツ・コム. (2018年11月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201811030001074.html 2018年11月10日閲覧。 
    51. ^ “柏木由紀、主演ドラマ主題歌のタイトル決定 11・21から試聴も開始”. オリコンニュース. (2018年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2123672/ 2018年11月17日閲覧。 
    52. ^ a b “柏木由紀が肋軟骨負傷、当面活動「動ける範囲」で”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年4月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201904110000847.html 2019年4月11日閲覧。 
    53. ^ “柏木由紀、兼任解除のNGT48の成長に感慨「本当に良いグループ」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2133997/full/ 2019年4月21日閲覧。 
    54. ^ “柏木由紀選曲公演はAKB48隠れ名曲満載「賛否両論込みで話題になれば」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2138790/full/ 2019年7月4日閲覧。 
    55. ^ “<AKB48「僕の夏が始まる」公演レポ>柏木由紀、後輩の言葉に感激 選曲新公演でレア曲発掘”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月30日). https://mdpr.jp/music/detail/1847690 2019年7月4日閲覧。 
    56. ^ “AKB48柏木由紀、YouTuberデビュー「キャラを作らない、素でやる!」”. Music Voice. (2020年2月2日). https://www.musicvoice.jp/entame/140258/ 2020年5月14日閲覧。 
    57. ^ “柏木由紀が“日本一いちごなアイドル”を選出、「ミスいちごIDOL」オーディション初開催”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年5月14日). https://natalie.mu/music/news/379038 2020年5月14日閲覧。 
    58. ^ “AKB48 柏木由紀「いちご×アイドル」のアイコンを選出、初代『ミスいちごIDOL』決定”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2020年7月20日). https://news.dwango.jp/idol/51967-2007 2020年7月20日閲覧。 
    59. ^ “柏木由紀、初の配信ソロライブでディナーショー初開催発表「思ったより卒業しないので」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2172983/full/ 2020年12月28日閲覧。 
    60. ^ “柏木由紀、宅配便の出し方に苦戦 ホテルに直接持参で「納品しました!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2180516/full/ 2020年12月28日閲覧。 
    61. ^ “柏木由紀、アイドルを「一生続けられる職業に」 渡辺淳之介氏と新たな試みで後輩の道しるべに”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2182224/full/ 2021年1月20日閲覧。 
    62. ^ “柏木由紀、新たなYouTubeチャンネルを開設 「アルバム発表?」とファン期待”. ニュースサイトしらべぇ (株式会社NEWSY). (2021年3月10日). https://sirabee.com/2021/03/10/20162529619/ 2021年6月6日閲覧。 
    63. ^ “柏木由紀、YouTubeゲームチャンネル開設「マイペースに自分の趣味として」”. マイナビニュース (マイナビ). (2021年4月2日). https://news.mynavi.jp/article/20210402-1863394/ 2021年6月6日閲覧。 
    64. ^ “柏木由紀絶句、BiSHなどWACK所属7組に加入決定「心臓バクバク」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年4月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2189901/full/ 2021年4月9日閲覧。 
    65. ^ “AKB48、柏木由紀演出で48曲ノンストップライブ 大人数の「誘惑のガーター」も<セットリスト>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年5月23日). 2021年5月23日閲覧。
    66. ^ “柏木由紀、10万人に1人の難病の可能性と診断 YouTubeで報告と説明「様子を見て治療したい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年6月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/06/03/kiji/20210603s00041000698000c.html 2021年6月3日閲覧。 
    67. ^ a b “柏木由紀 脊髄空洞症の治療に伴う休養についてのお知らせ”. 柏木由紀オフィシャルサイト (2021年6月8日). 2021年6月8日閲覧。
    68. ^ “柏木由紀、前代未聞の7グループと7作同時リリース 豆柴の大群加入曲はクロちゃん作詞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2193484/full/ 2021年5月15日閲覧。 
    69. ^ “AKB柏木由紀 一定期間の休養 国指定難病「脊髄空洞症」の手術と治療のため”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2021年6月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/06/08/kiji/20210608s00041000207000c.html 2021年6月8日閲覧。 
    70. ^ a b “AKB48 柏木由紀が『ABEMA Prime』にて報道番組MCに初挑戦 「自分の意見を考えるきっかけにしたい」”. リアルサウンド テック (株式会社blueprint). (2021年6月5日). https://realsound.jp/tech/2021/06/post-785705.html 2021年6月6日閲覧。 
    71. ^ “AKB48柏木由紀が一時休養へ 「脊髄空洞症」の治療のため”. ABEMA TIMES (株式会社AbemaTV). (2021年6月8日). オリジナルの2021年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210608051622/https://times.abema.tv/news-article/8661557 2021年6月8日閲覧。 
    72. ^ “柏木由紀、あす『ABEMA Prime』出演 休養発表後初の生放送 #アベプラ”. ABEMA TIMES (株式会社AbemaTV). (2021年6月8日). https://times.abema.tv/articles/-/8661696 2021年6月10日閲覧。 
    73. ^ “柏木由紀、今月末に脊髄空洞症の手術へ”. サンスポ (産経デジタル). (2021年6月9日). https://www.sanspo.com/article/20210609-ZJZ7VZNHNJK37CRA4VOL2RYMIE/ 2021年6月9日閲覧。 
    74. ^ a b “脊髄空洞症治療の柏木由紀、レギュラーラジオ休演 ケンコバがエール「手術まで安静に」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2196908/full/ 2021年6月16日閲覧。 
    75. ^ “柏木由紀、治療専念でSNS休止「乗り越えてきます」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2197787/full/ 2021年6月22日閲覧。 
    76. ^ “柏木由紀、脊髄髄内腫瘍の手術成功 現在はリハビリ”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年6月28日). https://mdpr.jp/news/detail/2646856 2021年6月28日閲覧。 
    77. ^ “難病で手術した柏木由紀、30歳誕生日に仕事復帰を報告「とにかく健康第一で」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年7月15日). https://hochi.news/articles/20210715-OHT1T51046.html 2021年7月15日閲覧。 
    78. ^ “柏木由紀 YouTubeで肉声復帰報告 誕生日での復帰は「奇跡が起きただけなんです」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年7月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/07/15/0014505183.shtml 2021年7月15日閲覧。 
    79. ^ a b “柏木由紀、9年ぶり写真集は「全アイドルのバイブル」 “柏木由紀メソッド”完全披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年3月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2186124/full/ 2021年3月4日閲覧。 
    80. ^ a b “柏木由紀最新写真集 7/15発売!!”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 集英社 (2021年3月4日). 2021年3月4日閲覧。
    81. ^ “柏木由紀、『音楽の日』で復帰後初ステージ 7時間手術から驚異の回復力 中居正広の声がけに「わっしょい!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年7月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2200624/full/ 2021年7月17日閲覧。 
    82. ^ a b c “柏木由紀、ソロ公演&WACKコラボ7作リリースの日程を発表”. サンスポ (産経デジタル). (2021年9月17日). https://www.sanspo.com/article/20210917-E5TC5F4RQZNMTMB5HLTUITOCCU/ 2021年9月17日閲覧。 
    83. ^ a b "柏木由紀 「アッパレ」卒業発表で爆笑 ケンコバ、アンガ「大丈夫?言ってあるやつだよね?」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 September 2021. 2021年9月23日閲覧
    84. ^ a b “休養中の柏木由紀、AKB48史上初の30代選抜 10年ぶり単独シングル選抜18人発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年7月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2199277/full/ 2021年7月18日閲覧。 
    85. ^ 新グループのプロデューサーも兼任する。
    86. ^ a b “柏木由紀“WACK版・神7総選挙”企画 ネット投票上位7人と新グループ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年10月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202110080000804.html 2021年10月8日閲覧。 
    87. ^ "柏木由紀 初のプロデュース!史上最強新人アイドルグループ『SPY』誕生!". 柏木由紀オフィシャルサイト. キングレコード. 2022年3月23日. 2022年4月24日閲覧
    88. ^ "柏木由紀が冠ラジオ最終回で涙「マジで滅多に泣かないのに」". ナリナリドットコム. Narinari.com. 2022年4月1日. 2022年4月24日閲覧
    89. ^ "AKB48 新曲「元カレです」初披露『世界がガン見する"GANMIダンス"』". OKMUSiC. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2022年3月28日. 2022年4月24日閲覧
    90. ^ 板野友美 Google+(2012年9月29日)
    91. ^ 「よこやまさん」 本人公式ブログ(2012年11月16日)
    92. ^ a b c d e f 『オリ★スタ』(2011年9月5日発行、オリコン・エンタテインメント)
    93. ^ AKB48の最も腹黒い人は全員一致で… 日刊スポーツ 2011年3月5日付記事
    94. ^ “柏木由紀は意外と腹黒!? AKB48の“怪しい噂”とは!?”. ザテレビジョン (2011年11月15日). 2014年7月14日閲覧。
    95. ^ AKB48グループ公式インタビュー集『あなたがいてくれたから』(朝日新聞出版)44-49ページより。
    96. ^ “AKB48柏木由紀、学生4000人の前で“一生アイドル”宣言”. ORICON STYLE (2011年11月5日). 2014年7月14日閲覧。
    97. ^ a b c d e “柏木由紀 総選挙で3位躍進もドラマで演技の難しさ痛感”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/07/kiji/K20110807001364450.html 2021年8月13日閲覧。 
    98. ^ a b c d “柏木由紀本人がウィキペディアを検証したら恥ずかしいことだらけだった!”. YouTube. ゆきりんワールド (2021年1月21日). 2021年2月24日閲覧。
    99. ^ 質問回答!そのにじゅう 仲谷明香公式ブログ(2010年1月19日)[リンク切れ]
    100. ^ 質問ちゃん40 片山陽加公式ブログ(2012年8月16日)
    101. ^ (AKB的人生論)柏木由紀 「楽しもう」の気持ちで - 朝日新聞デジタル 2013年12月6日[リンク切れ]
    102. ^ 「梅ちゃん生誕祭」 米沢瑠美公式ブログ(2011年1月12日)(現在は削除。参考:梅ちゃん生誕祭[リンク切れ]
    103. ^ 質問回答 仲谷明香公式ブログ(2011年1月2日)[リンク切れ]
    104. ^ PowerPush AKB48 高橋みなみ&柏木由紀が語る初ドキュメンタリー映画の裏側 ナタリー 2011年2月2日付記事
    105. ^ “2011年8月11日放送『なるほど!ハイスクール!』”. TVでた蔵 (2011年8月11日). 2014年7月14日閲覧。
    106. ^ “2012年8月13日放送『笑っていいとも!』”. TVでた蔵 (2012年8月13日). 2014年7月14日閲覧。
    107. ^ AKB48のフレンチ・キスが1日イベントを実施…なのに大雨は雨女・柏木由紀のせい!? シネマトゥデイ 2011年5月11日付記事
    108. ^ 22日間の公演初日ゆきりんのせいで雨です 日刊スポーツ 2012年5月3日付記事
    109. ^ (水・ω・)ノ 倉持明日香公式ブログ(2012年5月22日)
    110. ^ “雨女”AKB柏木、ファン12,000人に謝罪?「私服ダサ」名指しされ、踏んだり蹴ったり シネマカフェ 2011年5月30日付記事
    111. ^ 高橋みなみのGoogle+(2011年12月10日)
    112. ^ 大島優子 (2010年8月9日). “スニスニ for you”. サイバーエージェント. 2014年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
    113. ^ “自己暗示。”. 柏木由紀オフィシャルブログ (2012年7月27日). 2014年7月14日閲覧。
    114. ^ 『週刊ヤングジャンプ』No.52特大号「ゆきりんのTHEアイドルクエスト第4回」(2010年11月25日発売、集英社)
    115. ^ a b “話が違う! ドラマー柏木由紀 秋元氏が選んだワケ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/07/kiji/K20120207002586270.html 2014年7月14日閲覧。 
    116. ^ a b “柏木由紀 褒められて上達 おまけに「腹筋ができるようになった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/07/kiji/K20120207002587060.html?feature=related 2014年7月14日閲覧。 
    117. ^ AKB48柏木由紀さん、ふるさと鹿児島を語る asahi.com 2011年3月8日付記事
    118. ^ “DOCUMENTARY of AKB48(2/5)”. 音楽ナタリー. 2014年7月14日閲覧。
    119. ^ すぐに。 本人公式ブログ(2012年10月10日)
    120. ^ “【あの人の健康法】AKB48柏木由紀 突然見つかった脊髄の病気 アイドルとしての将来は?”. NHK. (2022年1月13日). https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1371.html 2022年1月15日閲覧。 
    121. ^ “柏木由紀&サイサイひなんちゅ、偶然の再会に感激”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年1月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1555985 2021年3月16日閲覧。 
    122. ^ 地味じゃないのよ 本人公式ブログ(2010年9月22日)
    123. ^ a b c d 『週刊AKB』 DVD Vol.5 「100の激白」
    124. ^ 『FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」(2011年5月1日号、光文社)
    125. ^ はじめまして★ 本人公式ブログ(2009年4月8日)
    126. ^ ブランチ。 本人公式ブログ(2012年4月28日)
    127. ^ a b “2012年7月5日放送『AKBINGO!』”. TVでた蔵 (2012年7月5日). 2014年7月14日閲覧。
    128. ^ “2010年10月31日放送『新堂本兄弟』”. TVでた蔵 (2010年10月31日). 2014年7月14日閲覧。
    129. ^ はぴば。 本人公式ブログ(2010年12月26日)
    130. ^ わわ短 足← 本人公式ブログ(2010年8月24日)
    131. ^ ありがとう! 柏木由紀 公式ブログ ゆきりんblog〜晴れのちゆき〜
    132. ^ 『週刊AKB』DVD Vol.8 体力測定メイキング映像
    133. ^ “2014年4月1日(火)「有吉AKB共和国」”. gooテレビ番組. NTT Resonant (2014年4月1日). 2014年7月14日閲覧。
    134. ^ “柏木由紀、アイドルカバー満載の1stソロライブパッケージ化”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年10月23日). http://natalie.mu/music/news/78684 2014年7月14日閲覧。 
    135. ^ “ゆきりん「めっちゃ不安」なソロライブ あややで「研究します」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/17/kiji/K20120417003062150.html 2014年7月14日閲覧。 
    136. ^ “ゆきりん夢かなった!“憧れ”石川梨華と初対談”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2013年1月14日). オリジナルの2013年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130116091742/http://www.sanspo.com/geino/news/20130114/akb13011405050001-n2.html 2021年6月6日閲覧。 
    137. ^ “歓喜G党! 秀ちゃん「実力主義奏功」ゆきりん「私も負けない」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/27/kiji/K20140927009002120.html 2021年8月13日閲覧。 
    138. ^ “タガーリン”. 柏木由紀オフィシャルブログ (2013年5月7日). 2014年7月14日閲覧。
    139. ^ “柏木由紀は風呂嫌い!? 「明日大事な日だなって思ったら入ります」”. RBB TODAY (2014年6月26日). 2014年7月14日閲覧。
    140. ^ むふ 本人公式ブログ(2010年12月24日)
    141. ^ にゅ 本人公式ブログ(2011年1月24日)
    142. ^ “「自立したい」。AKB柏木由紀が語る新成人の目標にメンバーが“無理”。”. エンタがビタミン♪ (2012年1月9日). 2014年7月14日閲覧。
    143. ^ “2011年12月11日放送『新堂本兄弟』”. TVでた蔵 (2011年12月11日). 2014年7月14日閲覧。
    144. ^ “メールは苦手?ゆきりん“AKBフォルダ”に2週間着信なし”. スポーツニッポン新聞社 (2011年11月22日). 2014年7月14日閲覧。
    145. ^ (穴・ω・)ノ 倉持明日香公式ブログ(2011年9月11日)
    146. ^ 「幸せ」 高城亜樹公式ブログ(2011年10月3日)
    147. ^ 10月15日 仲谷明香公式ブログ(2011年10月15日)[リンク切れ]
    148. ^ “GW〜○○の巻〜”. 柏木由紀オフィシャルブログ (2009年5月5日). 2014年7月14日閲覧。
    149. ^ “柏木由紀ソロライブレポート!サプライズに涙…9変化×全17曲に2000人のファンが熱狂<セットリスト>”. モデルプレス. (2012年7月15日). http://mdpr.jp/music/detail/1192329 2016年8月14日閲覧。 
      “NMB48兼任・柏木由紀に「人間関係に不安は?」と質問”. モデルプレス. (2014年4月15日). http://mdpr.jp/news/detail/1352308 2016年8月14日閲覧。 
    150. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』(2012年5月16日発売、講談社)
    151. ^ 南日本新聞「柏木由紀の心呼吸」(2012年5月16日掲載)
    152. ^ a b 前田敦子と大島優子は違う ゆきりん「AKBが良くなるならという意志強い」柏木由紀インタビュー(2) Sponichi Annex 2011年11月1日付記事
    153. ^ ゆきりん大躍進!堂々3位で新「神7」 日刊スポーツ2011年6月10日付記事
    154. ^ AKB48柏木由紀に学ぶ「策略的ぶりっ子」の特徴とは? - モデルプレス 2011年8月26日
    155. ^ 『週刊AKB』DVD Vol.4 激辛部メイキング映像
    156. ^ ときめき。 本人公式ブログ(2012年3月27日)
    157. ^ 『FRIDAY』(2012年12月21日号、講談社)
    158. ^ ちーむ 仲谷明香公式ブログ(2010年9月6日)[リンク切れ]
    159. ^ ごはん 本人公式ブログ(2012年5月20日)
    160. ^ でーと 真野恵里菜ブログ(2012年5月20日)
    161. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』(2011年8月11日発行、光文社)
    162. ^ 西中賢治 (2014年6月17日). “「アイドル」として受け入れてもらうこと|イマ輝いているひと、生駒里奈「10代の女の子が見た“アイドル”の世界」”. cakes. note. 2020年12月12日閲覧。
    163. ^ 『AKB48 VISUAL BOOK 2010 featuring team B』(2010年7月22日発売、集英社)より。
    164. ^ “2012年1月12日放送『AKBINGO!』”. TVでた蔵 (2012年1月12日). 2014年7月14日閲覧。
    165. ^ “CMソングは秋元康氏書き下ろしの新曲「恋のバイトル」ディップ「バイトル」新CM「恋のバイトル」篇 2015年9月1日(火)から全国で放映開始” (プレスリリース), ディップ株式会社, (2015年8月29日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000002302.html 2016年12月11日閲覧。 
    166. ^ a b AKB48 in KYOURAKU DOME.AKS
    167. ^ a b c “AKB柏木由紀に個人レーベル誕生”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2012年11月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/11/11/0005519279.shtml 2012年11月11日閲覧。 
    168. ^ “柏木由紀が中山秀征のカヴァー・アルバムにデュエット参加 “ヒデ&ゆきりん”結成”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年6月27日). https://tokyopopline.com/archives/85811 2017年6月29日閲覧。 
    169. ^ “AAA西島&宇野・柏木由紀・SKE48ら16組参加 10・25ディズニー名曲カバー集”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2096403/full/ 2017年8月29日閲覧。 
    170. ^ “柏木由紀&渡辺麻友が「UFO」 阿久悠トリビュート盤に吉田拓郎も参加”. ORICON NEWS. (2017年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2099778/full/ 2017年10月28日閲覧。 
    171. ^ “柏木由紀のDVD売上ランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2017年11月27日閲覧。
    172. ^ “柏木由紀のBlu-ray売上ランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2017年11月27日閲覧。
    173. ^ “AKB48 柏木由紀初主演ドラマ『ミエリーノ柏木』 2013年1月11日テレビ東京にて放送スタート!”. YukiRing公式サイト(エイベックス・マーケティング). 2012年12月1日閲覧。
    174. ^ ミエリーノ柏木:テレビ東京
    175. ^ a b “柏木由紀、ソロ第2弾はゼクシィCMソング ウェディングドレスで出演も”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2013年9月12日). http://eiga.com/news/20130912/1/ 2017年4月19日閲覧。 
    176. ^ “AKB48/NGT48・柏木由紀が、童顔で巨乳の女流棋士を熱演! 自身による主題歌のタイトルは「そっけない君」に決定”. M-ON! Press (2018年11月17日). 2018年11月17日閲覧。
    177. ^ “AKB48総選挙3位の柏木由紀、新『イケ☆パラ』超セレブお嬢様役に起用”. ORICON NEWS. (2011年6月24日). https://www.oricon.co.jp/news/89171/full/ 2021年9月26日閲覧。 
    178. ^ “柏木由紀、初主演ドラマ「ミエリーノ柏木」1月スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2012年11月28日). http://natalie.mu/music/news/80652 2012年11月28日閲覧。 
    179. ^ “ゆきりんが引っ越したばかりの部屋の“騒音”に悩む?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年11月18日). http://thetv.jp/news_detail/68159/ 2016年12月10日閲覧。 
    180. ^ “バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年2月25日). http://natalie.mu/owarai/news/177495 2016年2月25日閲覧。 
    181. ^ “柏木由紀「彼氏や結婚より、子どもが欲しい!」”. ORICON STYLE. (2016年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2070349/full/ 2016年4月19日閲覧。 
    182. ^ “AKB48柏木由紀、豊満バスト&美脚あらわ 再びのキャバ嬢姿に「さすが」「やっぱり似合う」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1642897 2016年12月10日閲覧。 
      “ストーリー”. キャバすか学園. 日本テレビ放送網 (2016年). 2016年12月10日閲覧。
    183. ^ あざとくて何が悪いの?(テレビ朝日公式)毎週土曜よる21時55分〜 [@azatokute] (2020年4月6日). "#あざとくて何が悪いの? スタジオには… #千葉雄大 "あざとい女"ミニドラマには… #松本まりか #柏木由紀 参戦の豪華第2弾は4/17(金)23:15〜❤️❤️ 下記リンクで第1弾を無料配信中💖😘 予習がてらに是非!" (ツイート). Twitterより2021年3月16日閲覧
    184. ^ “柏木由紀「これは運命!」6ヶ月間真面目に挑戦”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月10日). https://mdpr.jp/news/detail/1644423 2016年12月10日閲覧。 
    185. ^ “柏木由紀 ゴルフコースデビュー目指すシーズン2スタート”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年9月7日). https://news.dwango.jp/idol/23946-1709 2021年10月17日閲覧。 
    186. ^ “はじめてゴルフ〜目指せ120切り〜 2ndシーズン|”. 女性チャンネル♪LaLaTV. ジュピターエンタテインメント (2017年). 2017年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月7日閲覧。
    187. ^ “AKB柏木由紀:宮澤佐江とアニメ「まりもの花」ヒロインの声優に 「りぼんフェスタ」で上映”. MANTAN WEB (MANTAN). (2012年2月4日). https://mantan-web.jp/article/20120203dog00m200056000c.html 2021年7月17日閲覧。 
    188. ^ “高城亜樹INジャカルタ!3/10放送「ソーシャルトリップ」特別ナレーターにAKB48柏木由紀” (プレスリリース), エクスコムグローバル株式会社, (2013年3月2日), https://www.innovations-i.com/release/7744.html 2021年9月25日閲覧。 
    189. ^ “青春サラブレッド〜北の大地 馬にかけた彼女たちの挑戦〜”. テレビ北海道公式サイト. 2021年9月22日閲覧。
    190. ^ “舞台「マジすか学園」〜Lost In The SuperMarket〜”. ネルケプランニング. 2016年7月16日閲覧。
    191. ^ “柏木由紀「アッパレ」卒業 約6年レギュラー務める 後任はAKB48・村山彩希”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/30/kiji/20210930s00041000279000c.html 2021年9月30日閲覧。 
    192. ^ “恋に効くCD第2弾『恋のうた2』、五十嵐隼士が“恋の天使”に”. ORICON STYLE. (2009年6月4日). https://www.oricon.co.jp/news/66678/full/ 2017年4月19日閲覧。 
    193. ^ 本物。の旅かごしま - 鹿児島県観光サイト
    194. ^ 鹿児島県/TVCMにAKB48柏木由紀さん起用 - 流通ニュース(ロジスティクス・パートナー) 2011年10月25日
    195. ^ “夏こそ磨け!「男の身だしなみ」キャンペーン新TVCM 柏木由紀 夏の”男の身だしなみ”面接官に就任!” (プレスリリース), P&G, (2014年7月1日), http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201406301864/ 2017年4月19日閲覧。 
    196. ^ あるあるCity5周年 ホログラムシアターオープン CM - YouTube
    197. ^ “柏木由紀が“薩摩大使”に就任。「いつか鹿児島でライブをして、堂々『ただいま!』と叫びたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2014529 2018年3月6日閲覧。 
    198. ^ “ゆきりんが車内アナウンス 鹿児島県 バスや市電、フェリー”. 西日本新聞経済電子版 (西日本新聞社). (2013年12月10日). http://qbiz.jp/sp/article/28779/1/ 2018年3月6日閲覧。 
    199. ^ “鹿児島の魅力をAR動画アプリ「みるかご」で観よう♪”. isuta (マッシュメディア). (2014年1月13日). https://isuta.jp/category/iphone/2014/01/326196 2018年3月6日閲覧。 
    200. ^ “柏木由紀が“黒由紀姫”に変身 地元・鹿児島をPR”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2047476 2018年3月6日閲覧。 
    201. ^ “柏木由紀 新イメージキャラクターに決定!!”. yukiring. (2013年10月1日). http://yukiring.jp/news/detail.php?id=1004609 2018年3月6日閲覧。 
    202. ^ a b “柏木由紀、北九州市「あるあるCity」アンバサダー就任。5月に新シアターでSPライブ”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年4月10日). https://www.barks.jp/news/?id=1000140716 2017年4月19日閲覧。 
    203. ^ “あるあるCity6周年記念AKB48/NGT48柏木由紀さんが今年も公式アンバサダー就任決定!” (プレスリリース), あるあるCity, (2018年4月20日), https://aruarucity.com/photo/topics/00000137/00000137.pdf 2021年6月6日閲覧。 
    204. ^ “「ラヴィジュール」が15周年 アンバサダーに柏木由紀を起用”. WWDJAPAN. (2018年4月25日). https://www.wwdjapan.com/articles/605975 2022年4月17日閲覧。 
    205. ^ ““AKB最年長”柏木由紀、下着ブランドアンバサダー就任「女性に見てほしい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2110247/ 2018年4月25日閲覧。 
    206. ^ “目の前に柏木由紀が! 柏木由紀×ジャンカラ、VRコラボキャンペーン実施決定”. M-ON!Press (エムオン・エンタテインメント). (2018年3月5日). http://www.m-on.press/music-news/0000141995 2018年3月6日閲覧。 
    207. ^ “AKB48柏木由紀さん激推しおつまみ!タイアップ動画配信スタート!ビール好きの97%が認めた※1お酒に合う人気シリーズの新商品『絶品かっぱえびせん 石垣の塩®と炙り明太子味』” (プレスリリース), カルビー株式会社, (2022年2月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000852.000030525.html 2022年3月3日閲覧。 
    208. ^ “CLIFF EDGE切ないラブソングPVでAKB48ゆきりん主演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年11月5日). http://natalie.mu/music/news/23352 2017年4月19日閲覧。 
    209. ^ “SDN48ラスト曲MVにAKB柏木が出演 芹那の10年後は大女優!?”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年2月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2006813/full/ 2017年4月19日閲覧。 
    210. ^ “【Hulu】秋元康×ハリウッド日米共同製作ドラマ 柏木、珠理奈らも出演決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2073433/full/ 2016年6月15日閲覧。 
    211. ^ “柏木由紀、AKB初のソロ全国ツアー決定「絶対夢中にさせちゃうぞっ!」”. オリコン (2016年3月16日). 2016年5月18日閲覧。
    212. ^ “柏木由紀「今が一番いい」更新を 充実ソロ活動語る”. 日刊スポーツ (2018年7月30日). 2018年9月12日閲覧。
    213. ^ “柏木由紀の新曲ビジュアル公開、年明けZeppツアーも決定”. 音楽ナタリー (2018年11月24日). 2018年11月24日閲覧。
    214. ^ “ソロデビューもまだなのに! AKB柏木由紀、異例の単独ライブに「信じられない」”. オリコン (2012年4月24日). 2018年1月14日閲覧。
    215. ^ “柏木由紀、2ndソロライブ開催決定”. モデルプレス (2012年12月18日). 2018年1月14日閲覧。
    216. ^ “AKB柏木由紀、横アリで1万人動員ソロ公演決定「今年のNo.1ライブ目指す」”. オリコン (2013年8月30日). 2018年1月14日閲覧。
    217. ^ “柏木由紀、あるあるCityでトーク&ライブ”. 音楽ナタリー. (2017年7月27日). https://natalie.mu/music/news/242549 2018年1月14日閲覧。 
    218. ^ “柏木由紀が蒲郡に、トーク&アコースティックライブinラグナシア開催”. 音楽ナタリー. (2017年9月13日). https://natalie.mu/music/news/248627 2018年1月14日閲覧。 
    219. ^ “ラグーナミュージックフェス2018”. ラグーナテンボス. 2017年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧。
    220. ^ “柏木由紀 アコースティックライヴ”. あるあるCity. 2018年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧。
    221. ^ “柏木由紀、初の配信ソロライブでディナーショー初開催発表「思ったより卒業しないので」”. オリコン (2020年9月27日). 2021年1月6日閲覧。
    222. ^ “柏木由紀が昼夜2公演の配信ライブ開催「オンラインでも夢中にさせちゃうぞっ」”. 音楽ナタリー (2020年9月9日). 2020年9月26日閲覧。
    223. ^ “COUNT DOWN TV GIRLS FES 2017”. TBS. 2017年3月19日閲覧。
    224. ^ “Thank You Disney”. avax. 2017年12月15日閲覧。
    225. ^ “柏木由紀、Bリーグで自身初のハーフタイムショー 新曲初披露も”. オリコン (2016年11月6日). 2017年3月19日閲覧。
    226. ^ “「柏木由紀のYUKIRIN TIME」スピンアウト特別番組 公開収録のお知らせ”. TOKYO FM (2016年11月1日). 2017年3月19日閲覧。
    227. ^ “【エンタがビタミン♪】柏木由紀が“ふるさとカップGIII”イメージキャラクター 弥彦競輪イベントに登場”. テックインサイト (2017年8月1日). 2018年1月14日閲覧。
    228. ^ “ロバートや柏木由紀も! 東京で北九州を楽しむ「KitaQフェスinTokyo」開催”. マイナビニュース (2017年11月16日). 2018年1月14日閲覧。
    229. ^ “12月5日開催!fabbit Conference 全国大会”. fabbit. 2018年5月16日閲覧。
    230. ^ “AKB48『柏木由紀』フリートークショー in 宮交シティ” (2018年6月1日). 2018年6月2日閲覧。[リンク切れ]
    231. ^ “広島ファッションウィーク2018開催!”. 広島PARCO. 2018年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月16日閲覧。
    232. ^ “NEW!!【10/5(金)必着!】大河ドラマ「西郷どん」キャストトーク&コンサートの観覧者を募集します!”. 西郷(せご)どんどん!かごんま!「西郷(せご)どん」キャンペーン公式ウェブサイト (2018年8月31日). 2018年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧。
    233. ^ “第53回「NHK福祉大相撲」 放送は2月22日午後4時30分から”. NHK厚生文化事業団. 2020年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧。
    234. ^ “「AKB48」渡辺麻友と柏木由紀の最初で最後の共著が発売”. エンタMEGA (ユニベルシテ). (2017年12月8日). http://japan-culture-labo.com/8983 2017年12月15日閲覧。 
    235. ^ 渡辺麻友、柏木由紀『まゆゆきりん「往復書簡」〜一文字、一文字に思いを込めて〜』双葉社、2017年12月27日、1-216頁。 ISBN 978-4-575-31329-1。
    236. ^ “柏木由紀、AKB48になるまでをジュニア小説化 コンプレックスや初恋を初告白”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2111273/full/ 2018年5月11日閲覧。 
    237. ^ 柏木由紀『アイドル誕生! 〜こんなわたしがAKB48に!?〜』小学館〈小学館ジュニア文庫〉、2018年6月20日、1-200頁。 ISBN 978-4-09-231239-5。
    238. ^ “【新連載】寝ても覚めても美容LOVE! 柏木由紀の『ぞっこん ビューティライフ』”. anan Beauty+. マガジンハウス (2021年4月21日). 2021年5月31日閲覧。
    239. ^ 柏木由紀『柏木由紀1st写真集「以上、柏木由紀でしたっ」』松村昭人、東京ニュース通信社、2009年9月28日。 ISBN 978-4-86336-066-2。
    240. ^ 柏木由紀『柏木由紀写真集 ゆ、ゆ、ゆきりん…』箭内道彦、集英社、2012年4月19日、1-160頁。 ISBN 978-4-08-780644-1。
    241. ^ a b “ゆきりんが目の前で歌って踊るVRブック発売”. 音楽ナタリー. (2018年4月6日). https://natalie.mu/music/news/276883 2018年4月6日閲覧。 
    242. ^ 柏木由紀『柏木由紀 360°VR LIVE 特別版 限定VRビューアー&クリアファイル・ステッカー付きBOOK』宝島社、2018年4月26日。 ISBN 978-4-8002-8344-3。
    243. ^ 柏木由紀『柏木由紀 360°VR LIVE 通常版 限定VRビューアー&クリアファイル・ステッカー付きBOOK』宝島社、2018年4月26日。 ISBN 978-4-8002-8196-8。

    動画

    1. ^ 【脊髄空洞症】皆様にご報告があります - YouTube(ゆきりんワールド、2021年6月3日公開)
    2. ^ 遂に解禁!柏木由紀がプロデュースするアイドルグループ〇〇〇の全貌を発表します。 - YouTube(柏木由紀 - YouTube Official Channel、2022年3月23日公開)

    外部リンク

    • 柏木由紀オフィシャルサイト
    • 柏木由紀 -YukiRing- OFFICIAL WEBSITE
    • 柏木由紀 KING RECORDS OFFICIAL SITE
    • 柏木由紀 公式プロフィール - AKB48公式サイト
    • 柏木由紀 公式プロフィール - ワタナベエンターテインメント
    • フレンチ・キス 公式プロフィール
    • 柏木由紀 公式プロフィール 2016年1月16日時点の オリジナル よりアーカイブ - NGT48 Official Site
    • 柏木由紀 オフィシャルブログ - Ameba(2011年3月7日 - )
    • 柏木由紀 (@Yukiriiiin__K) - Twitter(2014年7月1日 - )
    • 柏木由紀 STAFF (@Yukirin_staff) - Twitter(2021年3月1日 - )
    • 柏木由紀(Yuki Kashiwagi) (@yukikashiwagi_official) - Instagram(2017年7月1日 - )
    • 柏木由紀30歳記念写真集 (@yukikashiwagi_photobook) - Instagram(2021年6月9日 - )
    • ゆきりんワールド - YouTubeチャンネル(2020年2月2日 - )
    • 柏木由紀 - YouTube Official Channel - YouTubeチャンネル(2021年3月10日 - )
    • ゆきりんゲームチャンネル - YouTubeチャンネル(2021年4月1日 - )
    • 柏木由紀 (yukirin_official) - note
    • 柏木由紀 - 755
    • 柏木由紀 - Vine
    • AKB48_柏木由纪 - 新浪微博(簡体字中国語)
    • 柏木 由紀(AKB48 チームB) - SHOWROOM
    • 柏木由紀 - AKB48 Google+ アーカイブブログ
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=柏木由紀&oldid=89594005」から取得
    1. AKB・柏木由紀、異常なまでのエゴサーチ告白「1日30回ぐらい」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    2. AKB48の柏木由紀、本田仁美の厳しい助言明かす 「ありがたい」と感謝も…向井地美音「すごくビビってました」  サンケイスポーツ
    3. 柏木由紀 YouTube動画で大バズリ「メークをしたら整形って言われたのが私は嬉しい」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    4. 『Mステ』柏木由紀、AKB48過去映像全てに自分が!?「勝手に記録を更新していきたい」  COCONUTS
    5. AKB48柏木由紀、本田仁美に怯える理由「誰もそんなこと言ってくれない」感謝も明かす  モデルプレス
    6. Google ニュースですべての記事を見る

    柏木由紀プロデュースによるアイドル・グループ SPYのデビュー・シングルに収録、iNNOCENT ASS「EVERYONE is GOOD and BAD」MV公開  Skream!
    「もっと前かがみになって」グラビア撮影で要求されたら... 柏木由紀が明かした「対処法」とは(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    活動15周年・柏木由紀が語る“今”のAKB48「みんなの目的地が見つかった、次は個人の力を見せる番かな」(エンタメNEXT) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    「整形疑惑、うれしかった」“ガチすっぴん”が話題の柏木由紀 コンプレックスをあえて晒した理由(オリコン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀がWACKメンバーをプロデュース!SPY(SELECT 7 plus YUKi)「あなたを狙い撃ち 」MV撮影レポート - 音楽ナタリー 特集・インタビュー  音楽ナタリー
    【AKB48】柏木由紀、年齢の離れた後輩に「お母さんでもいいので、気軽に話して」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀 結婚相手に求めるものは? 意外な答えに東野幸治が苦笑「話の通じない人と付き合い過ぎ」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    「センターなのに8秒」柏木由紀、AKBでの「歌割格差」自虐 15年間ソロパートなし(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB48柏木由紀「自分を変えてまで好かれようと思わない」、たどり着いた“自分らしさ”とは(WEBザテレビジョン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀がグラビア巡り本音|ニフティニュース  ニフティニュース
    柏木由紀、AKB48 劇場公演舞台裏に密着 グループ最年長メンバーとして担う“案内人”の役割  リアルサウンド
    ゆきりん AKB活動歴より若いメンバーに絶句「共通の会話が」最年長30歳(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    小栗有以、柏木由紀の言葉で気づいた「今やるべきこと」AKB48愛と悔しさ胸にヒロインも初挑戦(マイナビニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB48柏木由紀 デビュー20周年までアイドル現役宣言!?「5年後は私は36歳だよ」  スポニチアネックス Sponichi Annex
    AKB48、BiSH、GANG PARADEメンバーからなるSPYのMVメイキング公開(動画あり / コメントあり / 写真21枚)  音楽ナタリー
    AKB48、いつの間にか「ダンス集団」に変貌 「ちょっと前までおにぎり作ってれば...」最年長の柏木由紀も実感(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB48 山田杏華 挑戦したいことは?「ゆきりんさんにメイクを教えてもらいたい!」(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB48、新チームBは12年前の公演リバイバルで“オリメン”柏木由紀の助言に感謝「相談したり…」(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀、街で見かけたアノ人に一か八かで声掛け「本人でした!!」ファンもびっくり!  COCONUTS
    AKB・柏木由紀、異常なまでのエゴサーチ告白「1日30回ぐらい」 (2022年5月12日)  Excite Bit コネタ
    「なりたい自分になるために」AKB48新センター本田仁美が韓国で学んだこと(エンタメNEXT) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    向井地美音「過去最高に団結力のあるチームAを見せていきたい」 AKB48チームAが公演初日を迎える(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀、握手会での非礼な一部ファンに憤激 “なんか顔太ったね”発言に「はぁ?」「どういう神経?」(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    華原朋美の“びっくり発言”を聞いて鈴木おさむが思ったこと。「やっぱりスターはおもしろい」〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB柏木由紀「そんな金に困ってないよ」一晩500万円のうわさに激怒  ニッカンスポーツ
    AKB48・柏木由紀、デビュー15周年 同期は全員卒業も「1人残って楽しくやらせていただいてます」  クランクイン!
    柏木由紀&BiSHハシヤスメ、チッチら新グループ結成へ【WACK版総選挙順位一覧】  ORICON NEWS
    キャリア14年の柏木由紀がたどり着いた最強のアイドルの形「“アイドル”の可能性を広げたい」(ライブレポート / 写真9枚 / コメントあり)  音楽ナタリー
    74歳・柏木由紀子、全員70代の美人女優と豪華自宅で“子役会”!「華やか」「若い」と反響 (2022年5月12日)  Excite Bit コネタ
    AKB48柏木由紀さん激推しおつまみ!タイアップ動画配信スタート!ビール好きの97%が認めた※1お酒に合う人気シリーズの新商品『絶品かっぱえびせん 石垣の塩®と炙り明太...  PR TIMES
    柏木由紀「うるせーな」失礼コメントに怒り 「橋本環奈と比べると普通」に「比べるなよ!」  J-CASTニュース
    柏木由紀率いる“新人アイドル”・SPYがあなたを狙い撃ち♡デビュー作に「大声ダイヤモンド」カバーも(コメントあり)  音楽ナタリー
    柏木由紀「BiSHの一員になる」コラボ第1号楽曲解禁 七変化ジャケも  ニッカンスポーツ
    柏木由紀「辞めるつもりは全くない」、AKB48の精神を体現する“大アイドル”継続の秘けつは突出した「受け入れる力」(WEBザテレビジョン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀が豆柴の大群加入で母も歓喜!「ずっと気になるズッキーニ」MVで見せる“THEアイドル”感(動画あり / コメントあり / 写真24枚)  音楽ナタリー
    「30歳」アイドル卒業の節目?柏木由紀&須田亜香里がどこまで押し上げる  ニッカンスポーツ
    AKB48柏木由紀、ハロメンとドラマ共演 dTV版『真夜中にハロー!』で(オリコン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀、菜々緒意識の“クールビューティー”メイク「やっぱりメイクってすごい」(オリコン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀、解散発表のBiSHハシヤスメ・アツコらと新グループ結成!WACK所属7人とシングルリリースへ  中日新聞
    「元気になりました‼」柏木由紀がコロナ療養終え活動再開「おかえり」「無理しないで」ファン歓声  中日新聞
    AKB17期研究生に道産子メンバー 小濱心音と水島美結が初々しさ満点の“初”インタビュー(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    コロナ感染していた柏木由紀「元気になりました!」26日から仕事復帰  ニッカンスポーツ
    『特捜9 season5』『ちむどんどん』出演の山田裕貴、『明日、私は誰かのカノジョ』出演の井上想良が所属 春ドラマ出演俳優所属のワタナベエンターテインメントが新人を募集(デビュー) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB48・柏木由紀、“おでこ全開”の自分に照れ 「実ははずかしい」(クランクイン!) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀:難病判明の「主治医が見つかる診療所」に帰還 「人間ドックを勧めるようになった」  MANTANWEB
    柏木由紀、悪質なデマに警鐘を鳴らす SNSとの付き合い方を説く  リアルサウンド
    結婚をサプライズ発表「結婚?え?」「まさかのタイミングで」お見合い婚  goo
    AKB柏木由紀さんコロナ感染 メンバーの濃厚接触なし  産経ニュース
    柏木由紀がホスト・キャバクラ・スロットにドハマり中!?「憧れちゃうんですよね」  モデルプレス
    柏木由紀、「腹チラ」新衣装披露 「かっこかわいい」「大人っぽくてオシャレ」と好評  J-CASTニュース
    須田亜香里、同い年・柏木由紀と比較されることに疑問「アイドルを究められなかった須田と比べるのは…」(TOKYO FM+) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    AKB48柏木由紀「全てこだわりまくりました」参加のユニット「SPY」6・1シングル発売  ニッカンスポーツ
    柏木由紀、肌荒れを隠さない“どすっぴん”姿に「素敵すぎる」「好感度しかない」  WEBザテレビジョン
    柏木由紀さん“30代のポジティブ論”「人頼みじゃなくて自分で人生をつくりたい」  DailyMORE (株式会社集英社)
    AKB柏木由紀が延期のソロ活動日程発表「目指すアイドル像をお届け」  ニッカンスポーツ
    現役AKB48柏木由紀の現在…電車移動や一般人に混じってアノ街散歩も  COCONUTS
    柏木由紀罰ゲームは「何でもやります」向井地美音「ガチで頭脳勝負とか」AKB冠番組復活  ニッカンスポーツ
    AKB柏木由紀が再現ドラマで医師役「珍しくかっこいい姿を見て」  ニッカンスポーツ
    柏木由紀とBiSHのコラボMVメーキング映像をユーチューブで公開  ニッカンスポーツ
    柏木由紀、手術やソロコン…怒濤の2021年振り返る (2021年12月23日)  Excite Bit コネタ
    柏木由紀のWACK加入プロジェクト再開!まずは渡辺淳之介と対談(動画あり / コメントあり)  音楽ナタリー
    30歳も走り続ける柏木由紀のアイドル美学「目の前にファンがいる限り」  ニッカンスポーツ
    「柏木由紀ソロコンサート 寝ても覚めてもゆきりんワールド」2日間の両ステージの模様をWOWOWでライブ配信&放送決定!  PR TIMES
    柏木由紀出演『真夜中にハロー!』dTV版、3.25独占配信 本編未公開映像も  マイナビニュース
    柏木由紀がWACK総出演「TIF2021」に潜入、BiSHとプリクラ撮ってご満悦(動画あり / 写真10枚)  音楽ナタリー
    柏木由紀「目を背けていたら一生変われない」 コンプレックス解消法に共感の声!  ananweb
    柏木由紀「すっかり元気になってしまった私をお届けしたい」復帰後初パフォーマンス「どえらいダンス」披露  スポーツ報知
    柏木由紀、オーディションでは「碧いうさぎ」選曲 導き出した“必勝法”とは?  マイナビニュース
    7時間以上の手術を終えたAKB48柏木由紀に主治医「油断せず治療していく必要」リハビリ開始、歩行も  中日新聞
    柏木由紀プロデュースの“SPY”とマンガート ビームスがコラボ!クッション付きCD発売決定  TV LIFE
    AKB柏木由紀が誕生日の7月15日に仕事復帰「みんな~ただいま。もう安心したでしょ?」笑顔で報告  中日新聞
    柏木由紀、MBSラジオ『アッパレやってまーす!』卒業「本当にありがとうございました!」 後任は村山彩希  ORICON NEWS
    【柏木由紀さん】崩れにくい「アイドル肌」に欠かせない! 推しベースメイクアイテムを公開(MAQUIA ONLINE) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀が“やりたくない仕事”を明かす 「一通りやった上でダメだなって…」  Sirabee/しらべぇ
    AKB48柏木由紀がソロ曲を “特別な場所”で歌う・・・「夢がかなった!」 | RKBオンライン  rkb.jp
    AKB48柏木由紀ソロ・プロジェクト第2弾MV公開 首の痛みと戦い撮影  ニッカンスポーツ
    柏木由紀“どハマり”して困っているもの (2022年2月8日)  Excite Bit コネタ
    AKB48・柏木由紀、30歳になっても「アイドルをやり続ける」決意と覚悟  クランクイン!
    AKB48が紅白2年連続落選 柏木由紀が胸中「正直なところ悔しい!です!」  ORICON NEWS
    AKB48が18曲全力ライブ! 最年長・柏木由紀は“おにぎりダンス”恋チュン懐かしむ(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース
    柏木由紀、イチゴを手にした“バレンタイン”自撮りSHOTに「あざとかわいい…」「このゆきりん最高にセクシー」とファン歓喜  WEBザテレビジョン
    「脊髄髄内腫瘍」手術のAKB柏木由紀が約4カ月ぶりライブ出演  ニッカンスポーツ
    AKB48柏木由紀、後輩・大盛真歩の恥ずかしい過去を暴露!「ファンに『大丈夫?』って言われたいみたい」  COCONUTS
    柏木由紀の期間限定のヘアカラーに「めっちゃ似合ってる!」「すぐ戻すのもったいない」  TV LIFE
    柏木由紀1カ月ぶり肉声「奇跡が起きました」驚異回復力で「8日間で退院」  ニッカンスポーツ
    柏木由紀、ポジティブになるコツを伝授 「ほんと参考になる!」と絶賛の声も  しらべぇ
    画像・写真 | 柏木由紀、新しい可能性を探すアコースティック公演「30代も末永くよろしくお願いします」 2枚目  ORICON NEWS
    AKB48柏木由紀初挑戦!「元AKBメンバーには負けたくない」『プレバト!!』  TV LIFE
    柏木由紀が冠ラジオ最終回で涙「マジで滅多に泣かないのに」 (2022年4月1日)  Excite Bit コネタ
    AKB48柏木由紀「メンバーのみんなへ」レッスン場で"あれ"を大盤振る舞い!さすがと絶賛の声  COCONUTS
    画像・写真 | 柏木由紀、渋谷周辺に選挙カーでゲリラ発売記念イベント「正直、AKB48でもやりたい」 9枚目  ORICON NEWS
    【8/26(木)20:00~】 AKB48・柏木由紀さん×ローラ メルシエのインスタライブ配信決定!  PR TIMES
    オトナのゆきりん しっとり25曲「30代の柏木由紀も末永くよろしく」  デイリースポーツ
    高橋みなみ、休養発表の柏木由紀に「元気な三十路ゆきりんを待ってます」  ニッカンスポーツ
    AKB柏木由紀、2年連続紅白落選も「まだまだ諦めてないです」  ニッカンスポーツ
    柏木由紀が「ユキ・レイソレ」に BiSHらWACK7グループ加入のコラボ企画  クランクイン!
    柏木由紀 復活ソロコンで “生着替え” 実況「今、ドレスを脱ぎました!」  東スポWeb
    柏木由紀 AKBでコロナ大量感染の余波…4日の「ABEMAPrime」欠席を発表  スポニチアネックス Sponichi Annex
    AKB48柏木由紀、結婚観明かす「私の人生は結婚がゴールじゃない」  モデルプレス



情報の検索

商品の検索