仲間由紀恵(なかまゆきえ)

  • 基本情報
  • 動画一覧
  • みんなの投稿
  • 投稿写真
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    なかま ゆきえ
    仲間 由紀恵
    生年月日 (1979-10-30) 1979年10月30日(40歳)
    出生地 日本の旗 日本・沖縄県浦添市[1]
    身長 160 cm
    血液型 A型
    職業 女優・タレント・司会者
    ジャンル テレビドラマ・映画・CM・舞台
    活動期間 1994年 -
    配偶者 田中哲司(2014年 - )[1]
    公式サイト プロダクション尾木 公式サイト
    主な作品
    テレビドラマ
    『神様、もう少しだけ』/『TRICK』シリーズ
    『ごくせん』シリーズ[1]/『功名が辻』[1]
    『ありふれた奇跡』/『テンペスト』シリーズ
    『花子とアン』/『相棒』シリーズ
    『偽装不倫』
    映画
    『トリック劇場版』シリーズ /『映画版 大奥』
    『私は貝になりたい』
    『ごくせん THE MOVIE』
    『劇場版テンペスト3D』
    テレビアニメ
    『 HAUNTEDじゃんくしょん』
    備考
    第56・57・59・60回『NHK紅白歌合戦』紅組司会
    テンプレートを表示

    仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、1979年〈昭和54年〉10月30日[1] - )は、日本の女優、タレント。沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。夫は俳優の田中哲司[2]

    目次

    • 1 プロフィール
    • 2 経歴
    • 3 人物
      • 3.1 家族
      • 3.2 交友関係
      • 3.3 仕事
      • 3.4 容姿
      • 3.5 その他
    • 4 出演
      • 4.1 テレビドラマ
      • 4.2 映画
      • 4.3 アニメ
      • 4.4 日本語吹き替え
      • 4.5 バラエティ番組・その他
      • 4.6 舞台
      • 4.7 ラジオ
      • 4.8 CM
      • 4.9 MV
    • 5 音楽
      • 5.1 仲間由紀恵 with ダウンローズ
      • 5.2 シングル(ソロ名義)
      • 5.3 シングル(参加作品)
      • 5.4 アルバム(ソロ名義)
    • 6 写真集
    • 7 テレビゲーム
    • 8 受賞歴
    • 9 脚注
      • 9.1 注釈
      • 9.2 出典
    • 10 外部リンク

    プロフィール

    • 日出女子学園高等学校出身[1][3]
    • 兄3人姉1人の5人兄弟の末っ子。
    • 普通自動車免許、スキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の資格を持つ。特技は琉球舞踊で、技能は師範代レベル。

    経歴

    • 1993年(平成5年) - 地元のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学[注 1]
    • 1994年(平成6年) - 沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリ。ドラマ初出演。
    • 1995年(平成7年) - 『青い夏』のドラマプロデューサーからプロダクション尾木を紹介される。上京。
    • 1996年(平成8年)
      • 東京パフォーマンスドールに一時在籍。
      • ともさかりえ主演の映画『友子の場合』に嶋田咲子役で出演。
      • 小室哲哉の音楽番組『TK MUSIC CLAMP』(フジテレビ)のエンディング曲「MOONLIGHT to DAYBREAK」を歌う(作曲は久保こーじ)。
      • プレイステーション用ゲーム『トゥルーラブストーリー』のCM出演、主題歌を担当。
    • 1997年(平成9年)
      • テレビアニメ『HAUNTEDじゃんくしょん』(テレビ朝日)でヒロイン・朝比奈睦月役(声の出演)。オープニングとエンディングの主題歌も担当。
      • 『ゲルゲットショッキングセンター』(ニッポン放送)水曜日のアシスタントを担当(半年間)。
      • 『しあわせ色写真館』(NHK)でテレビドラマ初主演(秋本香菜役、丹阿弥谷津子とのダブル主演)。
      • 『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』(フジテレビ)に出演(北見繭役)。
    • 1998年(平成10年)
      • 『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』でラピス・ラズリ役(声の出演)。
      • 『ミリオンナイツ』(TOKYO FM)水曜日レギュラーを担当。
      • ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)で主人公の亡くなった恋人の妹役で出演。
    • 1999年(平成11年) - ドラマ『君といた未来のために 〜I'll be back〜』(日本テレビ)に出演。
    • 2000年(平成12年)
      • 『リング0 バースデイ』で映画初主演。
      • 主演を務めたドラマ『TRICK』(テレビ朝日)の山田奈緒子役でブレイク[1]。『TRICK』はシリーズ化され、スペシャル版や劇場版も制作され、自身の代表作となった。
    • 2002年(平成14年)
      • ドラマ『ごくせん』(日本テレビ)に主演。ドラマは第3シリーズまで続き、スペシャル版や劇場版が制作されるなど『TRICK』と並び、自身の代表作となった[1]。特に第2シリーズの最終回は、最高視聴率32.5%を記録した。
      • 『第53回NHK紅白歌合戦』で初の紅白ゲスト審査員を務める。
    • 2005年(平成17年) - 『第56回NHK紅白歌合戦』で初の紅白司会を務める。
    • 2006年(平成18年)
      • 大河ドラマ『功名が辻』(NHK)に山内一豊(上川隆也)の妻の山内千代(見性院)役で主演。
      • 『第57回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者として2回目の紅白司会を務める。
    • 2007年(平成19年) - 『ナツひとり -届かなかった手紙』(新橋演舞場)で初座長公演を務める。
    • 2008年(平成20年)
      • 『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ)で初のチャリティーパーソナリティーを務める。
      • 『第59回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者として3回目の紅白司会を務める。
    • 2009年(平成21年)
      • 『フジテレビ開局50周年記念ドラマ第2弾 木曜劇場・ありふれた奇跡』に主演。
      • 『第60回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者として4回目の紅白司会を務める。
    • 2010年(平成22年) - 『第61回NHK紅白歌合戦』で2回目の紅白ゲスト審査員を務める。
    • 2011年(平成23年) - ドラマ『美しい隣人』(関西テレビ)では主演で悪役を演じ、新境地を開く。
    • 2014年(平成26年)
      • 連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)で主演の吉高由里子演じる村岡花子の友人葉山蓮子を演じる。
      • 9月18日、『ジョシデカ!-女子刑事-』(TBS)で共演した田中哲司と結婚[2]
      • 『第56回日本レコード大賞』(TBS)で初のレコード大賞司会を務める。
      • 『第65回NHK紅白歌合戦』で3回目の紅白ゲスト審査員を務める。
    • 2015年(平成27年)
      • 舞台『放浪記』で主演[4][5]
      • 『第57回日本レコード大賞』(TBS)で2回目のレコード大賞司会を務める。
    • 2018年(平成30年)
      • 3月1日、第1子妊娠を公表[6]。『MUSIC FAIR』(フジテレビ)4月28日放送分をもって産休に入る[7]
      • 6月下旬に第1子・第2子となる一卵性双生児の男児を出産したことを7月5日に発表[8]
    • 2019年(平成31年)
      • 1月1日放送の『相棒 season17 元日スペシャル』で女優復帰[9]

    人物

    家族

    • 父は遠洋漁業の漁師であったため、一旦漁に出ると数か月逢えない生活が日常であり、無線で会話するのが楽しみだったという。
    • 上から3番目の兄は自衛官(既婚者)で、陸上自衛隊北熊本駐屯地に勤務しており、東日本大震災後、救難・復旧活動のため被災地の宮城県へ派遣された[10]

    交友関係

    • 島谷ひとみ:ミュージカル『スター誕生』の共演がきっかけで親しくなる。2人で食事や海外旅行に行くほどの仲である。
    • 阿部寛:『TRICK』で10年来の付き合いがある先輩俳優で、仲間が結婚を発表した際には祝福のコメントを残している[11]
    • 生瀬勝久:『TRICK』シリーズ、『ごくせん』シリーズの2作全てで共演。その他にも『功名が辻』、『ウソコイ[12]』(関西テレビ)、『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』(日本テレビ)、舞台『琉球ロマネスク テンペスト』と『ナツひとり -届かなかった手紙-』でも共演。舞台『ナツひとり―届かなかった手紙―』の制作発表において生瀬は、先の3作品を中心に自分と仲間が出た作品はヒットするということを発言している。また、釣りをしに生瀬の家族旅行に同行したことがある[13]
    • 布施明:事務所の先輩で、仲の良い関係にあり、『ウソコイ』、『スター誕生』で共演、2人は『紅白歌合戦』でも顔合わせ。
    • 宇津井健:『ごくせん』シリーズ、舞台『ナツひとり -届かなかった手紙-』で共演[14]。脚本家・橋田壽賀子と仲間とのパイプを築いた。
    • 常盤貴子:過去に共演したことはないが、一緒に旅行に行くほどの仲。宿泊の際は部屋で2人で雑魚寝したという[15]

    仕事

    • 『リング0 バースデイ』の山村貞子役のオーディションに合格してから見出され、『TRICK』や『ごくせん』などの主役に抜擢され、大ブレイクした。
    • 『ザテレビジョン』のドラマアカデミー賞主演女優最優秀賞を幾度となく受賞している。
    • NHK大河ドラマ『功名が辻』の放送開始時点では、女優としては最年少である26歳2か月で主役への起用となった(2006年(平成18年)当時。2008年(平成20年)の大河ドラマ『篤姫』で主役の宮崎あおいが放送開始時点で22歳1か月で更新)。
    • 大河ドラマ3回目の出演にして主役登板になった。大河ドラマにおいて女優が主役且つトップクレジットとなったのは1994年(平成6年)の『花の乱』の三田佳子以来である。
    • 翌年に大河ドラマ『功名が辻』が放送されることなどから2005年(平成17年)、『NHK紅白歌合戦』の司会に初起用される。この年はグループ司会制となり、司会の役割は決められなかったが、事実上の紅組司会を務めた。その後、2006年(平成18年)、2008年(平成20年)、2009年(平成21年)も正式紅組司会者として司会を担当(2007年(平成19年)も応援ゲストとして出演し、一青窈と秋川雅史の曲紹介を行った)。紅組司会4回は水前寺清子と並び歴代3位。
    • 2010年(平成22年)の紅白は、2002年(平成14年)に続いて、2回目のゲスト審査員を務めた。司会を務めた翌年にゲスト審査員に起用されるというケースは史上初。
    • 2回目の紅組司会を務めた2006年の紅白では、同年に「仲間由紀恵withダウンローズ」として音楽活動を展開したことから歌手としての出演も示唆されていた[16]が、実現はしていない。
    • 2008年には同年における紅白と『24時間テレビ』の司会を双方務めた。同年にこの2番組の司会を双方務めるケースは史上初である[注 2]

    容姿

    ヘアスタイルはデビュー当時からワンレングスで、ドラマや映画でも大きな変化はない。髪については、シャンプー「Lux(ラックス)」を販売しているユニリーバ・ジャパンが、全国600人の男女(16 - 39歳)を対象に実施した「髪が美しいと思う日本の有名人」のアンケートで1位に選ばれた(2005年(平成17年)9月)。松下電器産業(現:パナソニック)「きれいなおねえさん」シリーズのCMで見せた、彼女の黒髪がたなびく映像は、CG処理などを使用せず、そのまま撮影されたものだという。連続テレビ小説『花子とアン』出演時の特徴的な髪型である束髪も、かつらを用いる出演者が多い中、仲間は長髪をいかして地毛をそのまま結っている[17][18]。概してお色気よりもコミカルな演技でファンの心をつかむ[1]

    その他

    • 趣味はドライブ。
    • 水泳が得意[19]
    • 『TRICK』完結後の堤幸彦・阿部寛の座談会にて、収録前に行われていたマジックの練習が大嫌いだったと語る。
    • 唇を「パッ」と鳴らすのが癖で、これは『TRICK 新作スペシャル2』の決めゼリフでも使われている。
    • 2012年の大晦日夜は自宅で『第63回NHK紅白歌合戦』を視聴、同回の紅組司会・堀北真希の緊張ぶりが伝わり、「他人事のように思えなかった」と話している[20]
    • 友達はあまり多くないという[21]
    • 2016年8月20日放送の『ミュージックフェア』(フジテレビ)で「Pokemon GOにはまっている」と発言した[22]

    出演

    テレビドラマ

    • 青い夏(1994年、沖縄テレビ) - 友沢綺子 役
    • 日本一短い母への手紙2 第4話(1995年10月14日、日本テレビ)
    • 世にも奇妙な物語(フジテレビ)
      • 冬の特別編 「追っかけ」(1996年1月6日)
      • 2012年 春の特別編「スウィート・メモリー」(2012年4月21日) - 主演・赤井佳恵
    • 坊っちゃんちゃん(1996年3月31日、TBS) - 主人公の教え子 役
    • もう我慢できない!(1996年7月2日 - 9月17日、関西テレビ) - 雪子 役
    • イタズラなKiss(1996年10月14日 - 12月16日、テレビ朝日) - 矢田その子 役
    • 名探偵保健室のオバさん 第9話(1997年3月3日、テレビ朝日) - 高野理紗 役
    • 木曜の怪談'97「悪霊学園」(1997年5月、フジテレビ) - 小出郁代 役
    • 亡霊劇場(1997年6月 - 7月、日本テレビ)
    • D×D 第4話(1997年7月26日、日本テレビ) - 円城寺園子 役
    • しあわせ色写真館(1997年12月15日 - 18日、NHK) - 主演・秋本香菜 役(テレビドラマ初主演。丹阿弥谷津子とのダブル主演)
    • 踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年12月30日、フジテレビ) - 北見繭 役
    • 透明少女エア(1998年2月21日 - 3月28日、テレビ朝日) - 桂今日子 役
    • せつない 第14話「タイムカプセル」(1998年4月、テレビ朝日) - 横川美佐子 役
    • 連続テレビ小説(NHK)
      • 天うらら(1998年4月6日 - 10月3日) - 浅井由香 役
      • 花子とアン(2014年4月21日 - 9月27日) - 葉山蓮子 役
    • 神様、もう少しだけ(1998年7月7日 - 9月22日、フジテレビ) - 瀧村カヲル 役
    • 走れ公務員! 第5話(1998年11月10日、フジテレビ) - 松崎彩 役
    • 君といた未来のために 〜I'll be back〜(1999年1月16日 - 3月20日、日本テレビ) - 室井蒔 役
    • P.S.元気です、俊平(1999年6月24日 - 9月16日、TBS) - 桜小夜子 役
    • 二千年の恋(2000年1月10日 - 3月20日、フジテレビ) - 真代まりあ 役
    • TRICKシリーズ(2000年 - 、テレビ朝日) - 主演・山田奈緒子
      • TRICK(2000年7月7日 - 9月15日)
      • TRICK2(2002年1月11日 - 3月22日)
      • TRICK-Troisieme partie-(2003年10月16日 - 12月18日)
      • TRICK 新作スペシャル(2005年11月13日)
      • TRICK 新作スペシャル2(2010年5月15日)
      • TRICK 新作スペシャル3(2014年1月12日)
      • 警部補 矢部謙三 第5話(2010年5月7日、テレビ朝日) - 山田奈緒子 役(友情出演)
      • 警部補 矢部謙三2 最終話(2013年8月30日、テレビ朝日) - 山田奈緒子 役
    • 大河ドラマ(NHK)
      • 葵 徳川三代 最終話(2000年12月17日) - お楽 役
      • 武蔵 MUSASHI(2003年1月5日 - 12月7日) - 八重 / 琴 役(2役)
      • 功名が辻(2006年1月8日 - 12月10日) - 主演・山内千代(見性院)[23]
    • FACE〜見知らぬ恋人〜(2001年1月10日 - 3月7日、日本テレビ) - 主演・相沢早紀
    • 明日があるさ(2001年4月21日 - 6月30日、日本テレビ) - 受付嬢・仲間 役
    • ウソコイ(2001年7月3日 - 9月11日、関西テレビ) - 杉野恵美 役
    • ごくせんシリーズ(2002年 - 2009年、日本テレビ) - 主演・山口久美子
      • ごくせん 第1シリーズ(2002年4月17日 - 7月3日)
      • ごくせん 第1シリーズ 卒業スペシャル(2003年3月26日)
      • ごくせん 第2シリーズ(2005年1月15日 - 3月19日)
      • ごくせん同窓会スペシャル(2005年10月8日)
      • ごくせん 第3シリーズ(2008年4月19日 - 6月28日)
      • ごくせん 第3シリーズ 卒業スペシャル(2009年3月28日)
    • ナイトホスピタル〜病気は眠らない〜(2002年10月14日 - 12月16日、読売テレビ) - 主演・森沢麻紀
    • 顔(2003年4月15日 - 6月24日、フジテレビ) - 主演・平野瑞穂
    • 金曜エンタテイメント ほんとにあった怖い話 スペシャル3 - 病棟奇譚(2003年9月5日、フジテレビ)
    • さとうきび畑の唄(2003年9月28日、TBS) - 平山紀子 役
    • 乱歩R 第3話(2004年1月26日、読売テレビ) - 伊志田理恵 役
    • 東京湾景〜Destiny of Love(2004年7月5日 - 9月13日、フジテレビ) - 主演・李(木本)美香 / 金優里 役(2役)
    • 弟(2004年11月17日 - 21日、テレビ朝日) - 石原まき子(北原三枝) 役
    • ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年10月2日 - 6日、NHK) - 山辺(高倉)ナツ 役
    • 里見八犬伝(2006年1月2・3日、TBS) - 伏姫 役
    • エラいところに嫁いでしまった!(2007年1月11日 - 3月8日、テレビ朝日) - 主演・山本君子
    • エリートヤンキー三郎(2007年4月13日 - 6月29日、テレビ東京) - 占い師 役
    • 土曜プレミアム 島根の弁護士(2007年7月14日、フジテレビ) - 主演・山崎水穂
    • ひまわり〜夏目雅子27年の生涯と母の愛〜(2007年9月16日、TBS) - 主演・夏目雅子
    • ジョシデカ!-女子刑事-(2007年10月18日 - 12月20日、TBS) - 主演・畑山来実
    • 寧々〜おんな太閤記(2009年1月2日、テレビ東京) - 主演・寧々
    • ありふれた奇跡(2009年1月8日 - 3月19日、フジテレビ) - 主演・中城加奈
    • MR.BRAIN 第5話・第6話(2009年6月20日・27日、TBS) - 秋吉かなこ 役
    • アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜(2009年10月16日 - 12月18日、ABCテレビ・テレビ朝日) - 主演・鳴海遼子
    • TBS開局60周年記念ドラマ 99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜(2010年11月3日 - 11月7日、TBS) - 主演・平松(松沢)しのぶ(当時編)
    • 金曜プレステージ特別企画 目線(2010年12月17日、フジテレビ) - 主演・堂島あかり
    • 美しい隣人(2011年1月11日 - 3月15日、関西テレビ) - 主演・マイヤー沙希
    • テンペスト(2011年7月17日 - 9月18日、NHK BSプレミアム) - 主演・孫寧温=真鶴/母 役(二役)
    • 南極大陸(2011年10月16日 - 12月、TBS) - 倉持ゆかり 役
    • 金曜プレステージ特別企画 (フジテレビ) - 主演・桧山冬実
      • 悪女たちのメス(2011年12月9日)
      • 悪女たちのメス episode2(2012年12月21日)
    • 向田邦子新春ドラマスペシャル 花嫁(2012年1月2日、TBS) - 片倉巴 役
    • 恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方(2012年1月20日 - 3月23日、TBS) - 主演・木下凛
    • ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜(2012年7月7日 - 9月15日、日本テレビ) - 主演・上原蝶子
    • サキ(2013年1月8日 - 3月19日、関西テレビ) - 主演・網浜サキ
    • テレビ朝日開局55周年記念 黒澤明ドラマスペシャル 上意討ち 拝領妻始末(2013年2月9日、テレビ朝日) - いち 役
    • 土曜ドラマ 島の先生(2013年5月25日 - 6月29日、NHK) - 主演・夏村千尋
    • 人生がときめく片づけの魔法(2013年9月27日、読売テレビ) - 主演・乗田磨輝子
    • 土ドラ ハニー・トラップ(2013年10月19日 - 12月21日、フジテレビ) - 美山なつみ 役
    • 東野圭吾×阿部寛新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」(2014年1月2日、TBS) - 山田 役
    • フジテレビ開局55周年スペシャルドラマ 森光子を生きた女(2014年5月9日、フジテレビ) - 主演・森光子
    • 相棒(テレビ朝日) - 社美彌子 役
      • season13 第1・10・15・16話 (2014年10月15日・2015年1月1日・2月11・18日)
      • season15 (2016年10月12日 - 2017年3月22日)[24]
      • season16 (2017年10月18日 - 2018年3月14日)
      • season17 元日スペシャル(2019年1月1日)[9]
    • SAKURA〜事件を聞く女〜(2014年10月20日 - 12月22日、TBS) - 主演・水沢桜[25]
    • ドラマ10 美女と男子(2015年4月14日 - 8月25日、NHK) - 主演・沢渡一子[26]
    • 連続ドラマW 楽園(2017年1月8日 - 2月12日、WOWOW) - 主演・前畑滋子[27]
    • 貴族探偵(2017年4月17日 - 6月26日、フジテレビ) - ギリ(声の出演[28])/鈴木 役
    • 二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった(2017年3月25日・26日、テレビ朝日) - 主演・白峰涼[29]
    • 明日の約束(2017年10月17日 - 12月19日、関西テレビ・フジテレビ系) - 吉岡真紀子 役[30]
    • 偽装不倫(2019年7月 - 、日本テレビ) - 吉沢葉子 役[31]
    • 10の秘密(2020年1月 - (予定)、カンテレ) - 仙台由貴子 役[32]

    映画

    • 友子の場合(1996年8月、東映) - 嶋田咲子 役
    • ラブ&ポップ(1998年1月、ラブ&ポップ製作機構) - 高橋千恵子 役
    • ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒(1999年3月、大映) - 女性キャンパー 役(特別出演)
    • リング0 バースデイ(2000年1月、東宝) - 主演・山村貞子 役(映画初主演)
    • 溺れる魚(2001年2月、東映) - 相川真紀 役
    • LOVE SONG(2001年4月、SPE) - 主演・彰子
    • 明日があるさ THE MOVIE(2002年10月、東宝) - 受付嬢・仲間 役
    • TRICKシリーズ - 主演・山田奈緒子
      • トリック劇場版(2002年11月、東宝)
      • トリック劇場版2(2006年6月、東宝)
      • 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年5月、東宝)
      • トリック劇場版 ラストステージ(2014年1月、東宝)
    • g@me.(2003年11月、東宝) - 葛城樹里 役
    • SHINOBI(2005年9月、松竹) - 主演・朧
    • 大奥(2006年12月、東映) - 主演・絵島
    • 私は貝になりたい(2008年11月、東宝) - 清水房江 役
    • 激情版 エリートヤンキー三郎(2009年2月、東映) - シスター 役(友情出演)
    • ごくせん THE MOVIE (2009年7月、東宝) - 主演・山口久美子
    • 手のひらの幸せ (2010年1月、ゴー・シネマ)- 吹奏楽部顧問 役(友情出演)
    • FLOWERS -フラワーズ-(2010年6月、東宝) - 慧 役
    • 武士の家計簿(2010年12月、松竹) - 猪山駒 役
    • 琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ(2012年1月、アスミック・エース) - キンマムン様 役(友情出演)
    • 劇場版テンペスト3D(2012年1月、角川) - 主演・孫寧温=真鶴
    • 天空の蜂(2015年9月、松竹) - 赤嶺 役[33]
    • 相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断(2017年2月、東映) - 社美彌子 役[24]

    アニメ

    • HAUNTEDじゃんくしょん(1997年、テレビ東京) - 朝比奈睦月 役(主題歌も担当)
    • 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-(1998年8月、東映) - ラピス・ラズリ 役
    • ジョバンニの島(2014年2月、ワーナー・ブラザース映画) - 佐和子 役

    日本語吹き替え

    • ジュラシック・ワールド(2017年、日本テレビ) - 主演・クレア・ディアリング〈ブライス・ダラス・ハワード〉 役[34]

    バラエティ番組・その他

    • TK MUSIC CLAMP(フジテレビ) - 司会が小室哲哉の時にエンディング曲を歌っていた時期がある
    • DAISUKI!(日本テレビ) - アイキャッチの“「DAISUKI!」ガール”
    • 歌謡チャリティーコンサート(2001年11月23日、NHK) - 司会
    • NHK紅白歌合戦(NHK)
      • 第53回NHK紅白歌合戦(2002年) - ゲスト審査員
      • 第54回NHK紅白歌合戦(2003年) - 応援ゲスト
      • 第56回NHK紅白歌合戦(2005年) - 紅組司会
      • 第57回NHK紅白歌合戦(2006年) - 紅組司会
      • 第58回NHK紅白歌合戦(2007年) - 応援ゲスト
      • 第59回NHK紅白歌合戦(2008年) - 紅組司会
      • 第60回NHK紅白歌合戦(2009年) - 紅組司会
      • 第61回NHK紅白歌合戦(2010年) - ゲスト審査員
      • 第65回NHK紅白歌合戦(2014年) - ゲスト審査員
    • 思い出のメロディー(NHK) - 司会
      • 第35回(2003年8月9日)
      • 第46回(2014年8月9日)
    • 仲間由紀恵が挑む世紀の美女伝説スペシャル・悲劇の女王クレオパトラ2000年の謎(2004年7月21日、テレビ東京)
    • 仲間由紀恵の感動!大好きブルガリア(テレビ東京)
    • 仲間由紀恵の蒼い地球シリーズ(2007年 - 、テレビ東京)
      1. 環境破壊・温暖化…ペンギンたちが泣いている(2007年1月1日)
      2. 温暖化 人類に迫る…自然界の逆襲(2008年1月1日)
      3. 今、守りたい…日本の四季と世界遺産(2009年1月1日)
      4. 守りたい日本の絶景(2010年1月6日)
      5. 太古の地球と宇宙から見た蒼い星(2011年1月1日)
      6. 絶滅危惧種の現実 そして人類との共存(2012年1月1日)
      7. 美しい自然を守れ 今 私たちに出来る事(2013年1月1日)
      8. 世界遺産を守る日本人(2014年1月1日)
      9. 世界遺産を目指せ!環境の守り人たち(2015年1月4日)
      10. ネクスト世界遺産 歴史と自然の守り人(2016年1月3日)
    • ドリームライブ(2008年・2009年、日本テレビ) - 司会
    • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 (2008年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー
    • 僕らが伝えなきゃ〜HY 沖縄から“命”を歌う〜 (2010年8月15日、NHK総合) - ナレーション
    • NHK BSプレミアム キックオフスペシャル(2011年4月1日、NHK BSプレミアム)[注 3]
    • 謎の巨大生物を追う〜仲間由紀恵 小笠原の海をゆく〜(2012年6月30日・7月1日、NHK BSプレミアム)
    • 輝く!日本レコード大賞(TBS)
      • 第56回(2014年12月30日) - 総合司会[35]
      • 第57回(2015年12月30日) - 総合司会[36]
    • 美空ひばり27回忌追悼 夢と希望の熱唱全記録(2015年6月22日、TBS) - 語り[37]
    • MUSIC FAIR(2016年4月2日 - 、フジテレビ) - 司会[38]
    • ご対面バラエティー 7時にあいましょう(2016年4月25日 - 、TBS) - ナレーション、スペシャルレギュラー(不定期出演)[39]
    • プラネットアースII(2016年12月25日 - 、NHK BSプレミアム) - 語り
    • NHKスペシャル ブループラネット(2018年5月6日 - 、NHK) - 語り

    舞台

    • スター誕生(2004年3月17日 - 4月18日、青山劇場)
    • ナツひとり -届かなかった手紙-(2007年11月1日 - 11月26日、新橋演舞場)
    • 琉球ロマネスク テンペスト(2011年2月6日 - 28日、赤坂ACTシアター / 3月5日 - 20日、新歌舞伎座)
    • CBGK Premium Stage リーディングドラマ 『Re:』(2012年3月25日、CBGKシブゲキ!!)
    • CBGK Premium Stage リーディングドラマ 『Re:』Session2 (2012年9月30日、CBGKシブゲキ!!)
    • 舞台『放浪記』(2015年10月14日 - 11月、シアタークリエ)[4][5]

    ラジオ

    • 仲間由紀恵とみんな仲間たち(1995年 - 1996年、地方AMラジオ局向け)
    • ゲルゲットショッキングセンター(1998年、ニッポン放送)
    • マイ プレイリスト Love for Japan 〜kizashi〜(2012年3月29日、ニッポン放送) - パーソナリティ

    CM

    2016年(平成28年)現在

    • JA共済連(2000年 - )
      • 「自動車共済」カーレースゲーム篇
      • 「自動車共済」何?!篇
      • 「自動車共済」そんなバナナ篇
      • 「こども共済」気になる篇(2019年2月 - )[40]
    • 西日本旅客鉄道(JR西日本)
      • ICOCA (2003年 - 2005年)
      • J-WESTカード(2003年 - 2008年5月・2013年4月 - )
      • DISCOVER WEST(2008年 - )
    • 月桂冠「つき」(2014年8月 - )[41]
    • セブン&アイ・ホールディングス
      • イトーヨーカドー「ネットスーパー」(2015年6月 - )[42]
    • 江崎グリコ
      • バンホーテンチョコレート(2016年1月 - )共/吉田鋼太郎[43][44]
      • ビフィックス1000「軽やかなおなか」篇(2016年4月 - )[45][46]

    過去

    • ソニー・コンピュータエンタテインメント プレイステーション (1995年頃)
    • 大鵬薬品工業 チオビタドリンク(1996年)
    • アスキー トゥルー・ラブストーリー(1996年)※ ゲームソフト、主題歌も
    • 常盤薬品工業 ラピス・スーパーダイエット(1998年 - 1999年)
    • 数研出版 チャート式(1998年)
    • 東芝 高速デジタルカメラ・アレグロM4(1999年)
    • JCB 1999円キャンペーン・ハワイ篇(1999年)
    • 日本コカ・コーラ ジョージア(2000年 - 2002年)
      • 「カフェレーチェ」アイ・ラブ・ユキエ 篇(2001年)
    • ローソン(2001年 - 2006年)
    • 日清食品 チキンラーメン(2001年 - 2011年)
    • KDDI
      • au携帯電話(2002年4月 - 2009年9月)
      • モバイルSuica(2006年2月)
      • 『ひかりone』(2008年 - 2009年)
      • 『ECO就任篇』(2009年10月 - )※ 企業CM
      • 『ECO現地視察 ソーラーフォン篇』(2009年11月 - )※ 企業CM
    • 省エネルギーセンター 夏の省エネキャンペーン(2003年、2004年)・冬の省エネキャンペーン(2003年)
    • ボシュロム ReNu(2003年 - 2005年)
    • 大塚製薬 アミノバリュー(2003年 - 2004年)
    • 江崎グリコ
      • ジャイアントコーン(2004年 - )
      • ポッキー(2004年 - 2006年)
      • パナップ(2005年 - )
    • 国税庁 確定申告(2005年、2006年)
    • 武田薬品工業 ベンザブロック(2005年 - 2011年)
    • アサヒ飲料
      • WONDA モーニングショット(2005年)
        • 『朝のタクシー編』荒川良々らと共演(2006年9月 - )
        • 『朝の駅編』タカアンドトシらと共演(2006年12月 - )
        • 『朝のショット編』横峰さくららと共演(2006年3月 - )ほか多数
      • WONDAアフターショット(2007年 - )
        • 『食後にピッタリ編』彦摩呂と共演(2007年4月 - )
        • 『食後の日本代表編』彦摩呂と共演(2007年4月 - )ほか多数
    • ダイハツ工業 ムーヴ
      • 『広さにびっくり篇』 加賀まりこと共演(2006年10月 - )
      • 『みんなでハンドパワー篇』 Mr.マリック、井上朋子と共演(2006年10月 - )
      • 『室内空間キスギテマス篇』 Mr.マリックと共演(2006年12月 - )
      • 『MOVEで筋トレ篇』 草野仁と共演(2007年4月 - )
      • 『ニュースキャスター篇』(フジテレビ限定、2008年12月 - )
      • 「女優豹変」篇 (2009年5月 - )
    • 最高裁判所 裁判員制度 (2006年)
    • ロッテ キシリトール
      • 『おいしい進化篇』 (2007年3月 - )
      • 『テヅカモデルノ篇』 (2007年3月頃 - )
      • 『どうして篇』 (2007年5月 - 2009年4月)
    • 森永製菓 小さなチョコビスケット(2011年10月 - )共/大野智[47]
    • キリンビバレッジ 潤る茶(2008年5月 - 2009年4月)
    • サッポロビール 麦とホップ(2010年1月 - )共/田村正和[48]
    • 資生堂
      • 資生堂 アクア・水分ヘアパック(1998年 - 1999年)
      • 資生堂 プラウディア(2001年)
      • エフティ資生堂 スーパーマイルドシャンプー(2002年 - 2003年)
      • 資生堂 BEAUTY VOLTAGE(2003年)
      • 資生堂 ビューティーフーズ 美系(2005年)
      • 資生堂 TSUBAKI(2006年 - )
      • 資生堂 ザ・コラーゲン(2011年 - )
    • ファイザー 禁煙ファミリー篇(2012年1月 - )共/温水洋一[49]
    • パナソニック電工→パナソニック
      • きれいなおねえさん(2005年 - 2013年)
      • Panasonic Beauty(2010年 - 2013年)
    • パナホーム(2012年10月 - )[50]

    MV

    • 華原朋美『見上げてごらん夜の星を』(2014年、アルバム『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』に収録)[51]

    音楽

    久保こーじプロデュースのもと歌手としても活動していた。リリースしたシングル7曲のうちの最高位は、『心に私がふたりいる』のオリコン70位(他の4曲は100位外)。2011年現在、音楽活動は休止している(所属のアンティノスレコードの解散に伴い、親会社であるエピックレコードジャパンに移されている)。

    小室哲哉がプロデュースしたプレイステーション用ソフト「ガボールスクリーン」には「SHUBI-DUBA, DUBI-DUBA」という楽曲のプロモーションビデオが収録されている。

    仲間由紀恵 with ダウンローズ

    2006年(平成18年)1月31日よりauテレビCMのイメージキャラクターとして結成されたユニット。メンバー構成はヴォーカルが仲間、MC担当がダウン(藤田正則)、DJ担当がローズ(井田篤)で、オフィシャルサイトも作られた。

    2006年1月31日、CM曲「恋のダウンロード」を着うたフル限定で配信。50万件以上という好アクセスにより3月15日に2か月限定でCD化され、音楽ダウンロードサイトMoraで最高3位、オリコン初登場8位となる。7月21日に『恋は無期限』を着うた配信。8月1日に着うたフル配信限定でリリース。その後すぐに解散した。

    CMキャラクター名義にてオリコンシングルチャートでTOP10入りするのは、牛若丸三郎太(時任三郎)の『勇気のしるし』以来16年ぶりとなった。

    携帯電話の着うたフルでのデビューは史上初とされているが、2005年(平成17年)6月に河村隆一率いるユニットTourbillonが先行着うた配信という形で着うたデビューを果たしている。

    シングル(ソロ名義)

      発売日 タイトル 収録曲 備考
    1st
    1996年6月24日
    MOONLIGHT to DAYBREAK
    1. MOONLIGHT to DAYBREAK
    2. MOONLIGHT to DAYBREAK(moonlight dance re-mix)
    3. MOONLIGHT to DAYBREAK(オリジナルカラオケ)
    • オリコン最高74位
    • 『TK MUSIC CLAMP』のエンディングテーマ、久保こーじ作曲、No! Galersのカバー。
    • 『TK MUSIC CLAMP』にはPRODUCTSガールとして出演(第2回と第27回)し、小室哲哉のギターをバックに歌った。
    • プレイステーション用音楽ソフト第1弾EPSシリーズ「MOONLIGHT to DAYBREAK」(SCPS-40002)も同時発売された。
    2nd
    1996年12月12日
    トゥルー・ラブストーリー〜恋のように僕たちは〜
    1. トゥルー・ラブストーリー ~恋のように僕たちは~
    2. トゥルー・ラブストーリー ~恋のように僕たちは~(After School Mix)
    3. トゥルー・ラブストーリー ~恋のように僕たちは~(オリジナルカラオケ)
    • オリコン最高122位
    • 『トゥルー・ラブストーリー』主題歌
    3rd
    1997年5月21日
    心に私がふたりいる
    1. 心に私がふたりいる
    2. トレモロ
    3. 心に私がふたりいる(オリジナルカラオケ)
    4. トレモロ(オリジナルカラオケ)
    • オリコン最高70位
    • アニメ『HAUNTEDじゃんくしょん』主題歌
    4th
    1997年8月1日
    負けない愛がきっとある
    1. 負けない愛がきっとある
    2. ONE MORE CHANCE
    3. 負けない愛がきっとある(オリジナルカラオケ)
    4. ONE MORE CHANCE(オリジナルカラオケ)
    • オリコン最高76位
    • 負けない愛がきっとある
      カプコン『ロックマンX4』オープニングテーマ
    • ONE MORE CHANCE
      『ロックマンX4』エンディングテーマ、『みすて・ないでデイジー』エンディングテーマ
    5th
    1997年11月21日
    遠い日のメロディー
    1. 遠い日のメロディー
    2. ヴィオラの夢
    3. 遠い日のメロディー(オリジナルカラオケ)
    4. ヴィオラの夢(オリジナルカラオケ)
    • オリコン最高178位
    • よみうりテレビ・日本テレビ系番組『キスだけじゃイヤッ!!』エンディングテーマ曲)
    6th
    1998年11月26日
    青い鳥
    1. 青い鳥
    2. 晴れた日と日曜日の朝は
    3. 青い鳥(オリジナルカラオケ)
    • オリコン最高173位
    • CDエクストラ仕様
    7th
    2000年2月2日
    Birthday
    1. Birthday
    2. I Feel You
    3. Birthday(オリジナルカラオケ)
    • オリコン200位圏外
    • 『タイガアドベンチャー』主題歌(後期)、『リング0 バースデイ』イメージソング
    • 初のマキシシングル
    • CDエクストラ仕様

    シングル(参加作品)

    1. 愛してる (2001年2月21日)(オリコン30位)
      • 高橋克典 with 仲間由紀恵名義
    2. 恋のダウンロード (2006年3月15日)(オリコン初登場8位)
      • 仲間由紀恵 with ダウンローズ名義
    3. 恋は無期限 (2006年7月21日・配信限定/未CD化)
      • 仲間由紀恵 with ダウンローズ名義
    4. 北陸ロマン -プレミアムデュエットバージョン-(2015年3月14日・配信限定/2015年9月16日CD発売)
      • 谷村新司×仲間由紀恵名義。約9年振りのシングル。北陸新幹線キャンペーンソング[52]

    アルバム(ソロ名義)

      発売日 タイトル 収録曲 備考
    1st
    1998年1月21日
    遠い日のメロディー
    1. SNOW BIRD
    2. 遠い日のメロディー(アルバム・ヴァージョン)
    3. ダメな恋
    4. 心に私がふたりいる
    5. ONE MORE CHANCE
    6. ヴィオラの夢
    7. SHUBI-DUBA,DUBI-DUBA
    8. 負けない愛がきっとある
    9. トレモロ
    10. トゥルー・ラブストーリー〜恋のように僕たちは〜
    11. MOONLIGHT to DAYBREAK(アコースティック・ヴァージョン)
    • オリコン最高49位
    • 初回盤は40ページフォトブック仕様
    • CDエクストラ仕様
    • 2002年7月1日にエピックレコードより再発売された

    写真集

    • Pastel (近代映画社、1997年)
    • SADA-KO in「リング0」 -仲間由紀恵写真集 (角川書店、1999年)
    • 20th-Nakama Yukie (集英社、2000年)
    • digi+KISHIN DVD 仲間由紀恵 (ポニーキャニオン、2002年)
    • g@me 写真集 ☆TOKYO STREAM (2003年)
    • 山田奈緒子フォトブック 〜Naoko Yamada in TRICK〜 (近代映画社、2010年)
    • フォトブック「仲間由紀恵」 (集英社、2010年)

    テレビゲーム

    • プレイステーション「MOONLIGHT to DAYBREAK / 仲間由紀恵 EPSシリーズ」(1996年、アンティノスレコード)
    • プレイステーション「ガボールスクリーン」(1996年12月6日、アンティノスレコード)
    • プレイステーション「ロックマンX4」(1997年、アンティノスレコード) - 主題歌を担当

    受賞歴

    • 2002年
      • 第33回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『ごくせん 第1期』)
    • 2003年
      • 第37回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『顔』)
      • 第39回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『トリック』)
    • 2004年
      • 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『東京湾景〜Destiny of Love』)
    • 2005年
      • 第44回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『ごくせん 第2期』)
    • 2006年
      • 第14回橋田賞
    • 2008年
      • 第31回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『大奥』)
      • 第57回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『ごくせん 第3期』)
    • 2009年
      • 第32回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『私は貝になりたい』)
    • 2011年
      • ドラマ・オブ・ザ・イヤー(冬クール)主演女優賞(『美しい隣人』)
    • 2014年
      • 第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『花子とアン』)[53]

    脚注

    [ヘルプ]

    注釈

    1. ^ 同期に阿波根綾乃、島紘子がいる。
    2. ^ 後の2012年(平成24年)に嵐が同2番組の双方の司会担当を果たした際、『スポーツ報知』(2012年10月17日付)に「嵐がこのケースの史上初」と誤って紹介されている。
    3. ^ 「BSプレミアム大使」に就任。その記念すべき第一声となる挨拶を行った。以後もBSプレミアムの番組案内スポットのアイキャッチ(テレビを見ていながら、BSプレミアムのロゴ「Pマーク」が翼のように生えるものや、黒のドレスを着て絵画を見るシーンなど)に登場している。

    出典

    1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.123.
    2. ^ a b “仲間由紀恵:田中哲司と結婚を発表「機が熟した」 コメント全文”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (毎日新聞デジタル). (2014年9月18日). http://mantan-web.jp/2014/09/18/20140918dog00m200073000c.html 2014年9月20日閲覧。 
    3. ^ 小島聡 (2002年1月21日). “2/3 出身校から見るアイドル [アイドル・タレント]”. All About. オールアバウト. 2014年9月20日閲覧。
    4. ^ a b “仲間由紀恵主演で舞台『放浪記』が復活へ”. シアターガイド. (2014年10月10日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/10/10_02.php 
    5. ^ a b “仲間由紀恵魅せた!「放浪記」で豪快側転”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1552702.html 2015年10月14日閲覧。 
    6. ^ “仲間由紀恵が妊娠を発表 今夏出産 「新しい家族が増えることを心待ち」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/01/0011029010.shtml 2018年3月1日閲覧。 
    7. ^ “仲間由紀恵産休でカトパンが「MUSIC FAIR」代役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年4月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180423-OHT1T50169.html 2018年4月24日閲覧。 
    8. ^ “仲間由紀恵、一卵性の双子男児を出産「大事に大事に育てていきたい」”. eltha (oricon ME). (2018年7月6日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2114953/full/ 2018年7月6日閲覧。 
    9. ^ a b “仲間由紀恵が相棒元日SPで帰ってくる!女優復帰、6月下旬双子出産後初ドラマ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年12月19日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181219/geo18121906000015-n1.html 2018年12月19日閲覧。 
    10. ^ 仲間由紀恵の兄が被災地で救難・復旧活動! サンケイスポーツ 2011年4月4日
    11. ^ “阿部寛、結婚した仲間由紀恵を祝福「ど~んと見抜いていた」” (日本語). サンスポ (2014年9月18日). 2019年10月18日閲覧。
    12. ^ “ウソコイ” (日本語). フジテレビ. 2019年10月18日閲覧。
    13. ^ 2009年7月12日放送回 日本テレビ 『行列のできる法律相談所』
    14. ^ “仲間由紀恵、“祖父”宇津井さんの「笑顔ばかりが目に浮かぶ」” (日本語). サンスポ (2014年3月15日). 2019年10月18日閲覧。
    15. ^ 2019年1月4日放送回 TBS 『A-Studio』
    16. ^ 『日刊スポーツ』2006年11月18日付
    17. ^ “仲間由紀恵「撮影の合間もお嬢さま言葉で話しています」「花子とアン」ではなの“腹心の友”葉山蓮子役を演じる”. テレビファン・ウェブ. 共同通信社. p. 2 (2014年4月26日). 2014年4月27日閲覧。
    18. ^ “『花子とアン』#27 第4週「嵐を呼ぶ編入生」(5)”. ドラマスタッフブログ. 日本放送協会 (2014年4月26日). 2014年4月27日閲覧。
    19. ^ “MUSIC FAIR 【杉山清貴・エレファントカシマシファン・西野カナ・E?girls】の番組概要”. gooテレビ番組. エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社. 2019年2月13日閲覧。
    20. ^ “「笑っていいとも!増刊号」2013年1月13日(日)放送内容”. テレビ紹介情報. 価格.com. 2019年2月13日閲覧。
    21. ^ “笑っていいとも! (2013年1月8日放送回) の番組概要ページ”. gooテレビ番組. エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社. 2019年2月13日閲覧。
    22. ^ “MUSIC FAIR 【和田アキ子・石井竜也・SCANDAL・Little Glee Monster】の番組概要ページ”. gooテレビ番組. エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社. 2019年2月13日閲覧。
    23. ^ “仲間由紀恵が06年「功名が辻」で大河初主演決定!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年6月20日). オリジナルの2005年6月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050623030931/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005062101.html 2019年11月29日閲覧。 
    24. ^ a b “仲間由紀恵、2シーズンぶり『相棒』で反町隆史の上司に 新人事発動”. ORICON STYLE. (2016年9月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2078394/full/ 2016年9月14日閲覧。 
    25. ^ まんたんウェブ (2014年8月22日). “〈仲間由紀恵〉7年ぶり刑事ドラマ主演 潜入捜査官役で佐藤隆太とタッグ”. 2014年8月22日閲覧。
    26. ^ “仲間由紀恵が上から目線の美人芸能マネジャーに!”. ザテレビジョン. (2015年2月3日). https://thetv.jp/news/detail/54973/ 2019年11月29日閲覧。 
    27. ^ 仲間由紀恵主演、宮部みゆき『楽園』初映像化,ORICON STYLE,2016年9月22日
    28. ^ “月9・貴族探偵、仲間由紀恵の配役に「使い方が貴族すぎ」「すごい無駄使い」”. シネマトゥデイ (2017年4月18日). 2017年5月14日閲覧。
    29. ^ “仲間由紀恵が主演「そして誰もいなくなった」日本初映像化”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1659544 2017年2月12日閲覧。 
    30. ^ “仲間由紀恵、“毒親”怪演で井上真央とバトル「愛をもって演じていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2096948/full/ 2017年9月8日閲覧。 
    31. ^ “仲間由紀恵、不倫妻役に挑戦 杏と姉妹役に「頼りがいのある妹」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2135861/full/ 2019年5月21日閲覧。 
    32. ^ “向井理、シングルファザー役で新ドラマ『10の秘密』主演 共演に仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎ら”. Real Sound (株式会社blueprint). (2019年11月21日). https://realsound.jp/movie/2019/11/post-448972.html 2019年11月21日閲覧。 
    33. ^ “仲間由紀恵が本木雅弘の恋人 原発テロ『天空の蜂』で鍵を握る女に”. シネマトゥデイ (2015年2月23日). 2015年2月23日閲覧。
    34. ^ “仲間由紀恵&山本耕史が『ジュラシック・ワールド』新吹き替え版に起用”. オリコン (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
    35. ^ “「日本レコード大賞」総合司会に“初共演”仲間由紀恵&安住紳一郎アナ”. 音楽ナタリー. (2014年11月17日). http://natalie.mu/music/news/131398 2014年11月17日閲覧。 
    36. ^ “『レコ大』司会、2年連続で安住アナ&仲間由紀恵 クマムシに特別賞”. ORICON. (2015年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2062604/full/ 2015年11月20日閲覧。 
    37. ^ “仲間由紀恵、ひばりさんに“なりきり”語り…27回忌追悼特番”. Sponichi Annex (2015年6月15日). 2015年6月15日閲覧。
    38. ^ “仲間「MUSIC FAIR」司会者に”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年2月24日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/02/24/0008832311.shtml 2016年2月24日閲覧。 
    39. ^ “仲間由紀恵、バラエティー初レギュラー 意外?笑いのセンス抜群”. スポニチアネックス. (2016年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/14/kiji/K20160414012401380.html 2016年4月17日閲覧。 
    40. ^ “仲間由紀恵、双子出産後初のCMで“親バカスイッチ”ON”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年2月13日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190212-OHT1T50257.html 2019年2月13日閲覧。 
    41. ^ “月桂冠「つき」新CMに仲間由紀恵さんを起用 8月から放映” (プレスリリース), 月桂冠株式会社, (2014年8月12日), http://www.gekkeikan.co.jp/company/news/201408_01.html 2019年2月13日閲覧。 
    42. ^ “仲間由紀恵のCM出演情報”. ORICON NEWS. oricon ME. 2019年2月13日閲覧。
    43. ^ “新婚・吉田鋼太郎、仲間由紀恵と1年半ぶり夫婦役共演「とても幸運な時間」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年1月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2065102/full/ 2019年2月13日閲覧。 
    44. ^ “CM|バンホーテンチョコレート”. グリコ. 2016年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月13日閲覧。
    45. ^ “仲間由紀恵 グリコ ビフィックス1000 「軽やかなおなか」篇”. CM Watch (2016年3月31日). 2019年2月13日閲覧。
    46. ^ 江崎グリコ商品紹介(2016年4月)[リンク切れ]
    47. ^ “仲間由紀恵と大野智が初共演! メイド役とお坊ちゃんの掛け合いが見どころ……森永「小さなチョコビスケット」TVCM”. RBB TODAY (イード). (2011年10月20日). https://www.rbbtoday.com/article/2011/10/20/82216.html 2019年2月13日閲覧。 
    48. ^ “「サッポロ 麦とホップ」新TVCMのお知らせ 〜田村正和さんにたのもしい援軍、仲間由紀恵さんが登場!〜” (プレスリリース), サッポロビール, (2010年1月21日), http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000010235/index.html 2019年2月13日閲覧。 
    49. ^ “仲間由紀恵さん、温水洋一さんが夫婦役で登場 禁煙啓発キャンペーン『しあわせ禁煙生活』 新CM「禁煙ファミリー」篇が2月23日(木)よりスタート” (プレスリリース), ファイザー株式会社, (2012年2月22日), オリジナルの2012年5月16日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120516090427/http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2012/2012_02_22_01.html 2019年2月13日閲覧。 
    50. ^ “パナホームの新イメージキャラクターに仲間由紀恵さんを起用” (プレスリリース), パナソニック ホームズ株式会社, (2016年9月26日), https://homes.panasonic.com/company/news/release/2012/0926.html 2019年2月13日閲覧。 
    51. ^ “華原朋美 新作MVに豪華ゲスト…夏木マリ、澤穂希、仲間由紀恵”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/09/kiji/K20141009009068480.html 2019年2月13日閲覧。 
    52. ^ “仲間由紀恵、多忙の合間にボイトレ 谷村新司も歌声絶賛”. ORICON (2015年8月17日). 2015年8月17日閲覧。
    53. ^ 「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、KADOKAWA、 6-10頁。

    外部リンク

    • プロダクション尾木 公式サイト - 所属事務所による公式プロフィール
    • 仲間由紀恵オフィシャルブログ - Ameba Blog
    • ソニー・ミュージックエンタテインメント 公式サイト - 所属レコード会社によるアーティスト紹介
    • 「仲間由紀恵 with ダウンローズ」公式サイト
    • 仲間由紀恵 - NHK人物録
    • 特集 あの人のとっておきセレクション 仲間由紀恵さん(第1回) NHKアーカイブス
    • 特集 あの人のとっておきセレクション 仲間由紀恵さん(第2回) NHKアーカイブス
    「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仲間由紀恵&oldid=75179251」から取得
    1. 向井理、冬ドラマでパパに 仲間由紀恵ら共演で秘密だらけの本格サスペンス  cinemacafe.net
    2. 向井理が「10の秘密」でシングルファザー役、仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎と共演(コメントあり)  ナタリー
    3. 向井理が秘密に翻弄される新ドラマ『10の秘密』 仲間由紀恵と元夫婦役  CINRA.NET(シンラドットネット)
    4. 向井理、カンテレドラマでシングルファザー役に挑戦 元妻役に仲間由紀恵  ORICON NEWS
    5. 向井理が娘を奪われる父に! 元妻役に仲間由紀恵、1月ドラマ『10の秘密』  クランクイン!
    6. Google ニュースですべての記事を表示
    【2020冬ドラマ】フジ1/14「10の秘密」向井理×仲間由紀恵×仲里依紗×渡部篤郎でどんな秘密!?PR動画解禁  navicon [ナビコン]仲間由紀恵、20代を振り返り「自分が見えていない恥ずかしい人」  ザテレビジョンSixTONES・松村北斗、ピアニスト挑戦 向井理主演『10の秘密』出演決定  クランクイン!仲間由紀恵が語った「思い出すと恥ずかしい」若かりしころの“黒歴史”とは (2019年11月23日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース仲間由紀恵、フジ系『10の秘密』は「徐々に謎が解き明かされます」  サンケイスポーツ仲間由紀恵、20代を振り返る「若かりし頃の自分ほど、思い出すと恥ずかしいものはない。」  music.jpニュース向井理、主演ドラマ決定 仲間由紀恵・仲里依紗らも出演<10の秘密  モデルプレスKinKi Kids×坂本真綾が共演!三浦春馬&橋本環奈もゲストに「堂本兄弟」クリスマスSP  cinemacafe.net【冬ドラマ一覧】2020年1月スタート! 注目の新ドラマ情報まとめ!!  ORICON NEWS仲間由紀恵さん「またあの美しい姿を見られると信じている」  NHK NEWS WEBのん、剛力彩芽、武井咲、比嘉愛未、小池栄子、柴崎コウ...沢尻エリカの代役候補にネットの希望は?  J-CASTニュース星野源が1位!えっ!?出てた?意外な出演で驚いた30代の男性有名人ランキング  シネマトゥデイ仲間由紀恵、常盤貴子ら芸能界の友達とのエピソードを語る「おしゃれイズム」  cinemacafe.net「沢尻の代打」川口春奈が紅白司会に? 2020年大晦日に向け、早くもカウントダウンか  J-CASTニュース「今日だけはまっすぐ小栗旬」霜降り明星・粗品が1万人を前に“第九”を堂々朗読  www.fnn.jp仲間由紀恵、“超せっかち”な子育てライフを明かす…「今夜くらべてみました」  cinemacafe.net仲間由紀恵、目標は“ダイコン役者” 松下奈緒はオオナガナス手に「まんま私」  ORICON NEWS仲間由紀恵、産後初の連ドラ出演に充実感「日々、楽しい」  ORICON NEWS仲間由紀恵、「偽装不倫」で杏と“正反対”の姉に!「いい雰囲気」  シネマカフェ仲間由紀恵、夫との双子の育児生活語る「安心して任せられる」|E-TALENTBANK co.,ltd.  E-TALENTBANK仲間由紀恵、公式ブログを開設「て~げ~気分でよろしくお願いします」  ORICON NEWS仲間由紀恵が分娩室で流した、人気ロックグループの曲  ザテレビジョン仲間由紀恵、もう1つの“不倫”に視聴者から賛否の声…「偽装不倫」3話  cinemacafe.net杏が5年ぶりに登場!仲間由紀恵が明かす“子育てエピソード”も…「おしゃれイズム」  cinemacafe.net仲間由紀恵、出産後初連ドラに“不倫の恋に落ちる妻”役を選んだ理由 (1) 役づくりの方法は…  マイナビニュース仲間由紀恵が杏につかみかかる!? 『偽装不倫』息ぴったりの姉妹役  マイナビニュース仲間由紀恵、双子の子育ての苦労を語る「できるだけ時短を…」|E-TALENTBANK co.,ltd.  E-TALENTBANK沖縄出身の仲間由紀恵「またあの美しい姿を」首里城の再建を願う  スポーツ報知仲間由紀恵の不倫相手役に瀬戸利樹が決定!「甘えたい気持ちはすごくよく分かる」 (1/3)  ザテレビジョン仲間由紀恵「子どもには栄養価の高いものを」 松下奈緒らと「直売所」の新鮮野菜をアピ-ル | Daily News  Billboard JAPAN『偽装不倫』仲間由紀恵が激白 夫・谷原章介の“本性”に視聴者動揺「最低…」  クランクイン!杏と仲間由紀恵はママ友、子育てのため『偽装不倫』時短撮影|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン浜辺美波が名探偵に、安田顕と謎解きミステリー『アリバイ崩し承ります』実写化  岩手日報谷原章介:仲間由紀恵との“ごくせんコンビ”復活の背景は… 「偽装不倫」Pが明かす驚愕の事実  MANTANWEB(まんたんウェブ)杏&宮沢氷魚、仲間由紀恵&瀬戸利樹2つの恋のその後は?「続編希望」の声が殺到「偽装不倫」最終回  cinemacafe.netくりぃむ上田、“大ファン”仲間由紀恵からのメッセージに困惑?「俺が思ってる仲間さんと…」|E-TALENTBANK co.,ltd.  E-TALENTBANK仲間由紀恵、ウェディングドレス姿を公開「綺麗~」など感嘆の声  スポーツ報知『偽装不倫』 仲間由紀恵の年下“不倫相手”に瀬戸利樹、夫役が谷原章介  クランクイン!『偽装不倫』妻・仲間由紀恵の“うそ”を暴く夫・谷原章介にSNS興奮「旦那覚醒!!」  クランクイン!『偽装不倫』夫・谷原章介が不倫する妻・仲間由紀恵に逆襲 「怖すぎる」と話題  クランクイン!偽装不倫:仲間由紀恵の“夫”谷原章介の演技に反響 「あなそれ」東出昌大とダブる?  毎日新聞木村多江や仲間由紀恵も!最新作『貞子』に連なる『リング』シリーズの女優たち  シネマカフェ杏「偽装不倫」撮了で感謝!仲間由紀恵と得た現場の工夫  女性自身「偽装不倫」仲間由紀恵、年下男性と不倫する妻役に『今までに演じたことのない役』<インタビュー> (1/3)  ザテレビジョン仲間由紀恵 首里城焼失に心痛…ドラマ撮影で見た奇跡の夕陽  女性自身仲間由紀恵のプライベートが意外? よその夫婦旅行に便乗、双子育児も淡々  めるも夫の趣味に合わせた?仲間由紀恵の“変化”に視聴者からツッコミ殺到! |  アサジョ仲間由紀恵、谷原章介と夫婦役も不貞に走り「何してんのヤンクミ!」の声? |  アサジョ今夜の『偽装不倫』谷原章介が妻・仲間由紀恵の不倫相手と遭遇! 杏は大ピンチに…  クランクイン!仲間由紀恵 癒しは不倫マンガ…育児と撮影で多忙も深夜に熟読  女性自身仲間由紀恵、『40歳離婚』を決意か 田中哲司は2017年にスタイリストと浮気報じられる  ニフティニュース今夜『偽装不倫』杏、姉・仲間由紀恵の不倫相手とばったり会ってしまい…  クランクイン!仲間由紀恵、最近ハマっている飲み物を紹介「おススメですよ!」 (2019年8月15日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース杏は「頼もしい姉貴」 双子の母の“後輩”仲間由紀恵、子育てエピソード披露  クランクイン!仲間由紀恵が語った出産時のエピソード「エレカシを聴きながら」  livedoor仲間由紀恵、「大好きなエレカシを聞きながら出産した」  SmartFLASH仲間由紀恵がブログを開設するも、私生活が見られずファンはガッカリ - エキサイトニュース  エキサイトニュースキムタクが乗っていた車が人気!? ドラマに登場して話題となった車5選  くるまのニュース天皇の“愛人”だった女官たち……知られざる皇室ロマンスと女の牢獄【日本のアウト皇室史】|サイゾーウーマン  サイゾーウーマン「偽装不倫」仲間由紀恵が不倫妻を演じる配役の妙 2年前、夫に不倫騒動  livedoor桐山漣“藤堂”に「滅茶苦茶良い人」、仲間由紀恵“葉子”の励ましにも共感の声…「偽装不倫」9話  cinemacafe.net双子ママ仲間由紀恵「食育」大事です 出産後初の公の場  スポニチアネックス Sponichi Annex杏や仲間由紀恵も ドラマ現場の「時短」背景に炎上対策も|NEWSポストセブン  NEWSポストセブン仲間由紀恵が不倫道まっしぐら 『偽装不倫』嘘と真実を使い分け、人生をサバイブする姉妹  リアルサウンド【大河のころ 仲間由紀恵(2)】3カ月ごとにナーバスの波「やっていけるのか」  SANSPO.COM仲間由紀恵、「大奥 最終章」にナレーションで参加!  シネマカフェ仲間由紀恵の“不貞妻”役挑戦に「実際の夫婦関係を心配する声」が続出! (2019年5月23日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース仲間由紀恵のウエディングドレス姿が美しい…“電撃結婚”ショットに反響  クランクイン!「偽装不倫」瀬戸利樹『自覚はないけど甘え上手と言われます』“仲間由紀恵の不倫相手役”で話題<インタビュー> (1/4)  ザテレビジョン【大河のころ 仲間由紀恵(4)】私生活でも「一豊と千代」…夫・田中哲司と助け合っています  SANSPO.COM仲間由紀恵、産休明けで「MUSIC FAIR」復帰へ「今までの自分に無い目線でお話が聞けるかも」  ザテレビジョン仲間由紀恵が出産後初CM「親バカスイッチ」オン  日刊スポーツ杏も仲間由紀恵も…『偽装不倫』打ち上げで深夜の笑顔(SmartFLASH)  Yahoo!ニュース仲間由紀恵が『めちゃイケ』最終回に“ぼかし”出演? 売れてからも積み重ねた黒歴史【有名人の消し去りたい“黒歴史”】 (2019年6月16日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース仲間由紀恵、常盤貴子夫婦の旅行に便乗! 驚きのエピソードにくりぃむ上田ア然  めるも1位 仲間由紀恵、2位 新垣結衣、3位 綾瀬はるか…“美髪ランキング”発表 (1/3)  ザテレビジョン私生活のストレスをドラマにぶつけそうな仲間由紀恵 (2019年5月23日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース偽装不倫:第6話 谷原章介、“妻”仲間由紀恵への疑惑が確信へ…  MANTANWEB(まんたんウェブ)仲間由紀恵 朝5時起きで双子の育児 夫と分担「安心して任せられる」  スポニチアネックス Sponichi Annex夫への当て付け!? 仲間由紀恵が復帰ドラマで“不倫妻役”を選んだ理由 (2019年5月25日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース杏と仲間由紀恵“双子ママ”の2人が意気投合でテレビ局に無茶な要求 (2019年6月10日) - エキサイトニュース  エキサイトニュースこの人も?沖縄出身の女優たち ガッキー、比嘉愛未、仲間由紀恵…まだまだたくさん!  琉球新報仲間由紀恵、双子の育児でせっかちママに「食事も時短で」  SmartFLASH「偽装不倫」の現場で仲間由紀恵が杏に子育て相談 谷原章介もアドバイス  livedoor偽装不倫:“不倫される夫”谷原章介の演技に「ゾクゾク」 仲間由紀恵への“反撃”に「東出昌大モードに」の声も  MANTANWEB(まんたんウェブ)仲間由紀恵(39)黒歴史が発覚!?危険過ぎてモザイク放送された過去が明らかに!  ニコニコニュースヤンクミの恋が実った?仲間由紀恵&谷原章介の夫婦役に騒然  livedoor仲間由紀恵:技ありワンピで品良く脚見せ パンプスでシンプルに  毎日キレイ【大河のころ 仲間由紀恵(1)】千代役が染みつき自然と涙「初めての経験」  SANSPO.COM仲間由紀恵、『ごくせん』元生徒の意外な転身に驚き!10年後に日テレアナに  RBB TODAY【仲間由紀恵】仲間由紀恵復帰で…“浮気3度”夫・田中哲司が捨てられる日|日刊ゲンダイDIGITAL  日刊ゲンダイ浮気夫・田中への当てつけか……2年ぶり連続ドラマで不倫妻役の仲間由紀恵に離婚説が急浮上 (2019年6月20日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース仲間由紀恵が3・2より『MUSIC FAIR』司会に復帰「気持ちを新たに」  GetNavi web仲間由紀恵、セミを大量に捕まえて…幼少期の“やんちゃ”エピソードに驚き (2019年7月13日) - エキサイトニュース  エキサイトニュース『偽装不倫』 仲間由紀恵をバックハグ! 瀬戸利樹が「かわいい」と話題  クランクイン!仲間由紀恵、出産後初ドラマは元日の相棒スペシャル  日刊スポーツ北川景子、初の“ショートヘア”に 主演役作りで30センチ以上カット「別人になれた」  ORICON NEWS【仲間由紀恵】杏&仲間由紀恵がドラマで急接近 “双子ママの悩み”  日刊ゲンダイ仲間由紀恵 朝5時に起きて双子の育児「こんなもんなのかなって」  livedoor



情報の検索

商品の検索