出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 みなみ
Minami Takahashi at AKB48 J!-ENT Live.jpg
歌唱する高橋みなみ
(2010年、ノキアプラザ[要出典])
基本情報
生誕 (1991-04-08) 1991年4月8日(29歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都八王子市[1]
ジャンル J-POP、ロック
職業 歌手、タレント
担当楽器 ボーカル、コーラス
活動期間 2005年 -
レーベル EMI RECORDS
事務所
  • プロダクション尾木
  • Mama&Son
共同作業者
  • AKB48
  • AKB48グループ
  • 秋元康
  • ノースリーブス
  • AKB48 チームサプライズ
  • チームドラゴン from AKB48
  • たかみなband
公式サイト
  • プロダクション尾木
  • Mama&Son Inc.
  • UNIVERSAL MUSIC

高橋 みなみ(たかはし みなみ、1991年〈平成3年〉4月8日 - )は、日本の女性歌手、タレント[2]。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーでチームAに所属し、メンバーとAKB48グループの初代総監督を兼務した[3]。同グループの派生ユニット・ノースリーブスのメンバーである[4]。愛称はたかみな。東京都八王子市出身[1]。プロダクション尾木に所属しており、プロダクション尾木の関連会社であるMama&Sonと業務提携している[5]。既婚[6]

略歴

AKB48時代(2013年、福島県大熊町にて。中央が高橋、左が加藤玲奈、右が北原里英)

2005年(平成17年)

2006年(平成18年)

2007年(平成19年)

2008年(平成20年)

2009年(平成21年)

2010年(平成22年)

2011年(平成23年)

2012年(平成24年)

2013年(平成25年)

2014年(平成26年)

2015年(平成27年)

2016年(平成28年)

2017年(平成29年)

2018年(平成30年)

2019年(平成31年、令和元年)

2020年(令和2年)

人物

身長は148.5 cm[60]。血液型はAB型、星座はおひつじ座。六星占術は木星人(-)。弟がいる[61]。マンチカンを飼っている[62]。母校は八王子市立中野北小学校である[63]。愛称は、元チームAの大島麻衣が名付けた「たかみな」である[64]。篠田麻里子はほぼ「みなみ」と呼んでいる[65]。峯岸みなみとは名前が同じ事が縁で仲が良く、Wみなみと親しまれている。20歳の時、将来に必要になると思って料理を始めた結果、大の料理好きになった。一番の得意料理は、肉じゃがである[66]。銀座のとんかつ屋「梅林」の常連客であり、カツ丼が大好物[67]。カレーの食べ歩きをしている[68]。嫌いな食べ物はブロッコリーである[69]。学生の頃から香水を買い集めているが、今は20歳を過ぎてから出会ったシャネルの香水を愛用している[70]。髪飾りのリボンをトレードマークにしている[71]

2012年の5月、外出中に洋服店内のアロマキャンドルから引火して髪の左半分が焦げてしまい、腰まであったロングヘアを肩までの長さに切らざるを得ないトラブルに遭遇した[72][73]。ソロデビューして歌手になることが夢であった[74]。好きなアーティストは、中森明菜、w-inds.、flumpool、Aqua Timez、サザンオールスターズ、米米CLUBで、特に中森は憧憬の歌手である[69]。桑田佳祐と対談した際、ツーショットを撮り、「この写真家宝、桑田さんみたいな大人になりたい」と投稿した[75]。好きな色は黒、白、ピンクである[69]。秋元康から「全ての知識を漫画から得てる」「漫画が教科書」と評され、自分でも「一杯手(を)出し過ぎてどれ(を)読み切ってないかわかんなくなっちゃう」「私の中でマンガは、暇つぶしではなくて、ちょっとした学びに近い」[76]と発言するほどの漫画好きである。AKB48のオーディションの応募時の「趣味」の欄には、「漫画(デスノート)」と記載していた[77]。愛読漫画は少年漫画系全般[69]で、特に『ONE PIECE』は愛読しており、『SMAP×SMAP』の「ONE PIECE王選手権」に出場したほか、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』[78]の深夜コーナーで理想の男性のタイプであるモンキー・D・ルフィのコスプレをした[78]。オフの日は基本的に寝ている[69]。特技は絵の模写[69]、フラフープである。首でフラフープを回すことが出来る[79]

座右の銘は、漫画『最遊記』に登場する「無一物」から取った「何物にもとらわれず縛られずただあるがままに己を生きる」[69]である。SPEEDの今井絵理子に似ていると言われることがある[80]。また大島優子に似ていると言われることがある。髪型を合わせると、マネージャーまで大島と間違えるほどである[81]

20歳になった2011年4月8日、「成人になった証」として初めてピアスの穴を空けた[82]。持病は酷い花粉症で、「花粉症のベテラン」と言われている[83]

先述の通り令和元日に入籍。夫は高橋より15歳年上である[84]

AKB48関連

AKB48の主力メンバーの一人だった。AKB48のチームAキャプテンを務めていた時からAKB48のイベント、記者会見等においてグループ全体を代表して挨拶やコメントをする場合は大抵高橋がその役目を負い、AKB48グループ総監督というポジションに就いたこともあって、名実ともにAKB48全体のリーダーとされた[注 1]。秋元康も「AKB48とは高橋みなみの事である」と公言しており[85]、高橋自身も、AKB48を「ファミリー」と考えていた[86]。元々は劣等生のタイプだった[64]。折井あゆみが卒業して公演前の円陣の掛け声をする者がいなくなり、駒谷仁美から[87]、「『どうするか〜』ってなった時に、『じゃ、たかみなやってみなよ』って言われた」ことから、「『誰も引っ張る人がいないんならやってみたいな』っていう気持ちになって」、それ以降リーダーシップを取るようになった。

AKB48のメンバーとしてデビュー前に芸名を考えようとしていたが、結局高橋は本名のまま「高橋みなみ」で変えなかった[88]。性格は感受性豊かで涙もろく[89]、イベントやテレビ番組などでしばしば涙を流すこともあった[90][注 2]。元々運動神経はかなり鈍くスキップもできないほどだったこともあって、加入当初は最もダンスが苦手な方で、練習では「いつも居残り」[91]、『チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」』の振り入れの際には、夏まゆみから「できないコ(高橋)がいるから(振り付けを)変えましょう」と言われ、振り付けが簡単になったこともある[92]

『週刊AKB』のDVD (Vol.7 - Vol.9) には、特典映像として「みなみ高橋のすべる話」が収録された[注 3]。峯岸が通学していた中学校の卒業式に立ち会ったり[93]、秋元のチームKキャプテン辞任発言が報じられた『AKB48のオールナイトニッポン』の生放送中には、ニッポン放送に駆け付けた。後輩の横山由依を「私の推しメン」と呼び、AKB48に在籍中は一貫していた[94]

AKB48で歌唱した楽曲

シングルCD選抜楽曲

アルバムCD選抜楽曲

その他の歌唱した楽曲

劇場公演ユニット曲

チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

チームA 2nd Stage「会いたかった」公演

チームA 3rd Stage「誰かのために」公演

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」公演

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

研究生「ただいま恋愛中」公演

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

篠田チームA ウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演

ソロ作品

シングル

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 商品コード 形態 備考
NAYUTAWAVE RECORDS
1 2013年4月3日 Jane Doe 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
Type A
Type B
Type C
劇場盤
UPCH-80309
UPCH-80310
UPCH-80311
PRON-5005
EMI RECORDS
2 2017年9月26日 孤独は傷つかない 8位 CD+DVD 初回生産限定盤 UPCH-89361

配信限定

リリース日 曲名
- 2013年8月16日 瞳の扉

アルバム

リリース日 タイトル 最高位 発売形態 商品コード 形態
1 2016年10月12日 愛してもいいですか? 9位 CD+DVD
CD
UPCH-29224
UPCH-20425
初回限定盤
通常盤

その他の楽曲

  1. 奇跡は夜生まれる(作詞:秋元康、作曲:田辺恵二、編曲:生田真心)
  2. 愛しさのアクセル(作詞:秋元康、作曲・編曲:野中"まさ"雄一)
  3. 誰か教えて(作詞:秋元康、作曲:春行、編曲:立山秋航)
  4. ペロリとペペロ(作詞:秋元康、作曲:関屋直樹、編曲:野中"まさ"雄一)
  5. Still(作詞:秋元康、作曲:藤本貴則、編曲:鳴瀬シュウヘイ)
  6. お手上げララバイ(作詞:秋元康、作曲:横健介、編曲:野中"まさ"雄一)
  7. ふと思うコト(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:ats-)
  8. All Of You(作詞:秋元康、作曲:長谷川湊、編曲:Boyz Toyz)

作詞

作曲・編曲

現段階で作曲・編曲した公開されている音源はない。

タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品 備考
Jane Doe 関西テレビ系ドラマである『サキ』のオープニングテーマ 1stシングル『Jane Doe』
瞳の扉 アニメ映画である『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』の日本語版主題歌[96] 2ndシングル『孤独は傷つかない』
All of you CM:新生銀行カードローン レイク『ボクにはボクの使い方 ボクのレイク』「ボクのレイクはじまる」篇 AKB48 6thアルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』
あの空 『いじめをノックアウト』のキャンペーンソング 1stアルバム『愛してもいいですか?』
GIRLS TALK CM:アヴァベルオンライン『アヴァベルオンラインプレイ編』

出演

テレビ

現在の出演番組

過去の出演番組

テレビドラマ

テレビアニメ

映画

ナレーション

吹き替え

舞台

ラジオ

現在の出演番組

過去の出演番組

ウェブラジオ

プロモーション・ビデオ

CM・イメージキャラクター・広告

ネット配信

WEBドラマ

イベント

ライブ

単発

ツアー

日程 ツアータイトル 規模・会場
2017年7月15日 - 9月25日 高橋みなみ 2017ライブハウスツアー〜たかみなについて行きますreborn〜
2018年11月4日 - 11月17日 高橋みなみ東名阪ツアー〜HEY SAY〜

書籍、カレンダー

著書

写真集

連載

カレンダー

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2012年10月までの旧体制下でのAKB48では各チームに「キャプテン」が置かれるのみで、グループ全体のリーダーは存在しなかったが、旧体制時代から高橋は他のメンバーや出演番組スタッフ・運営側、ファンからもグループ全体のリーダーとして認識されていた。
  2. ^ 「誰かのために -What can I do for someone?-」のPVでも、再開直後の劇場公演で、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地を思って涙しながら歌う様子が撮影されている。
  3. ^ Vol.7では高橋以外にチームAの大家志津香・指原莉乃・前田敦子・仲川遥香が出演。Vol.8-Vol.9では、高橋・指原に加え、チームAの小嶋陽菜、チームBの小林香菜・小森美果が出演。
  4. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP

出典

  1. ^ a b “八王子出身の高橋みなみ、今年は地元で年越し”. ナタリー. (2016年10月18日). http://natalie.mu/music/news/205850 2016年10月18日閲覧。 
  2. ^ 高橋みなみオフィシャルブログ - ブログのプロフィール欄
  3. ^ “AKB高橋みなみ総監督、生放送で所信表明へ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年8月31日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2016370/full/ 2012年9月19日閲覧。 
  4. ^ 高橋みなみ「あっという間」ノースリーブス12周年
  5. ^ “峯岸みなみ卒業で注目したいノースリーブスの今後” (2019年12月11日). 2020年11月14日閲覧。
  6. ^ “高橋みなみ結婚 「神7」3人目 15歳上IT社員と” (2019年5月2日). 2020年11月14日閲覧。
  7. ^ “【エンタがビタミン♪】「たかみなだけファンがいた」。AKB48初期メンバーで高橋みなみが最初にファンレターをもらった理由。”. Techinsight (2011年11月16日). 2016年4月18日閲覧。
  8. ^ “【高橋みなみ】なぜか政治家転身説が出たこともあるけど… たかみなが卒業する理由 (1/3ページ)”. 夕刊フジ (2016年3月10日). 2016年4月18日閲覧。
  9. ^ “【エンタがビタミン♪】伸びた大島優子。縮んだ高橋みなみ。AKB48メンバーに起きた身長の変化とは?”. Techinsight. (2012年7月29日). http://japan.techinsight.jp/2012/07/takamina-148cm-blog20120727.html 2016年4月18日閲覧。 
  10. ^ 『Making of 桜の花びらたち2008』内本人発言
  11. ^ 高橋 みなみ (2010年8月4日). “高橋みなみです!”. ノースリーブス official blog. 2010年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月4日閲覧。
  12. ^ AKB48高橋みなみ、じゃんけん選抜“即死”で「気合い」痛感
  13. ^ 高橋みなみ、NMB48公演に飛び入り nikkansports.com 2011年4月4日付記事
  14. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果 - AKB48オフィシャルブログ〜TOKYO DOMEまでの軌跡〜 2011年6月10日
  15. ^ <速報>AKB48「24thじゃんけん大会」2回戦 小嶋陽菜vs高橋みなみ
  16. ^ メンバーも気づかない!?たかみな 山手線アナウンス Sponichi Annex 2012年3月19日付記事
  17. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  18. ^ AKB48夢舞台初日に「再組閣」 宮澤&高城が“海外移籍”へ…波乱の幕開け ORICON STYLE 2012年8月24日閲覧
  19. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  20. ^ AKB48高橋みなみ:ソロデビュー発表 「夢の場所で夢がかなうなんて」と感涙 毎日新聞 2012年8月25日閲覧
  21. ^ AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会
  22. ^ AKB48・高橋みなみソロデビュー曲のタイトルは「Jane Doe」
  23. ^ AKB48・高橋みなみのソロデビュー曲が、フジ系ドラマ「サキ」のオープニングに決定 Walker plusニュース 2012年12月19日
  24. ^ 高橋みなみ オフィシャルブログがOPEN!!
  25. ^ a b “高橋みなみ ソロデビューシングル「Jane Doe」発売記念 スペシャルライブ決定!!”. UNIVERSAL MUSIC (2013年3月29日). 2016年3月1日閲覧。
  26. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  27. ^ 【AKBじゃんけん速報】たかみな「負けそうな気した」
  28. ^ “AKB48大組閣祭り『あなたの推しメンはどこの所属に? 波乱の組閣イベントに密着』”. ORICONSTYLE 音楽特集. oricon ME (2014年2月24日). 2015年11月25日閲覧。
  29. ^ “AKB48高橋みなみがキャプテン復帰 こじはる&ぱるるも移籍<AKB48大組閣祭り>”. モデルプレス. (2014年2月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1331954 2015年11月25日閲覧。 
  30. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  31. ^ 【AKBじゃんけん大会】山本彩「通天閣スタイル」でたかみなに勝利
  32. ^ 高橋みなみの卒業宣言 AKB48劇場9周年特別記念公演スピーチ全文 ORICON STYLE(2014年12月8日)
  33. ^ 「48の申し子」たかみな、4・8に初コンサート ORICON STYLE(2014年12月8日) 2015年4月20日閲覧。
  34. ^ a b 高橋みなみ初のソロコン大成功、総選挙1位宣言も 音楽ナタリー(2015年4月9日)2015年4月20日閲覧。
  35. ^ “あゆ、ATSUSHIらに委嘱=矯正支援官を新設-法務省”. 時事ドッドコム (時事通信社). (2015年4月22日). オリジナルの2015年4月23日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/20150423064146/http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015042200865 2015年4月23日閲覧。 
  36. ^ あゆ、ATSUSHIら杉良太郎発案の矯正支援官に 日刊スポーツ(2015年4月22日) 2015年4月23日閲覧。
  37. ^ “「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  38. ^ “【第7回AKB総選挙】たかみな、ラストは自己最高4位 前田敦子登場で抱擁も”. oricon ME (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  39. ^ 高橋みなみじゃんけん大会ヒストリー
  40. ^ “AKB48全国・劇場盤大握手会 高橋みなみ 今後の参加スケジュールと最終参加日のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年10月21日). 2015年10月22日閲覧。
  41. ^ a b “AKBたかみな、“デビュー曲以来”約10年ぶり単独センター ファン祝福に感涙”. oricon ME (2015年10月25日). 2015年10月26日閲覧。
  42. ^ “高橋みなみプロデュース公演、AKB劇場で開催決定”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年11月7日). 2015年11月25日閲覧。
  43. ^ “高橋みなみ卒業日は3月28日「そこに向け頑張る」”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年11月23日). 2015年11月23日閲覧。
  44. ^ “たかみなプロデュースで8公演 テーマ&選抜メンバー発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年11月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2062748/full/ 2015年11月25日閲覧。 
  45. ^ 高橋みなみから横山由依へグループ総監督継承式 日刊スポーツ新聞社、2015年12月8日
  46. ^ a b “高橋みなみ、挫折がリーダーの原点「前田敦子にはなれない」 あの名言の重圧も告白”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年12月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2062746/full/ 2015年12月4日閲覧。 
  47. ^ “たかみな卒コンは3・27ハマスタ 卒業公演は誕生日4・8に延期”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2064756/full/ 2016年1月6日閲覧。 
  48. ^ “AKB48高橋みなみプロデュース公演、最終日は小嶋陽菜の逆サプライズに涙”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年2月28日). http://news.mynavi.jp/news/2016/02/28/217/ 2016年2月29日閲覧。 
  49. ^ “高橋みなみ、卒業後に会員限定でソロライブ開催”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年2月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1610765.html 2016年2月29日閲覧。 
  50. ^ “卒業生も集結!AKB48高橋みなみ、卒コン全31曲でセンター務める”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月28日). http://natalie.mu/music/news/181294 2017年2月23日閲覧。 
  51. ^ “高橋みなみ:AKB48を卒業 「明日から高橋みなみとして頑張ります」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2016年4月8日). http://mantan-web.jp/2016/04/08/20160408dog00m200032000c.html 2016年4月8日閲覧。 
    “たかみな、劇場の床を撫で卒業 AKB人生3775日完全燃焼”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2069882/full/ 2016年4月18日閲覧。 
  52. ^ “東京未来ビジョン懇談会 参加者一覧”. 東京都報道発表資料. (2017年1月20日). http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/01/20/14_01.html 2017年4月22日閲覧。 
  53. ^ “高橋みなみ、26歳誕生日に初の全国ツアー発表 ノースリーブス集結に感涙”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2088910/full/ 2017年4月16日閲覧。 
  54. ^ “AKB48向井地美音&加藤玲奈、事務所移籍 高橋みなみ&小嶋陽菜が発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1712404 2017年9月6日閲覧。 
  55. ^ a b “たかみな、盟友あっちゃん結婚を生祝福 勝地涼との電話も明かす「幸せにしますって」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2116654/full/ 2018年7月31日閲覧。 
  56. ^ “高橋みなみ結婚報告「令和元日」の理由明かした”. 日刊スポーツ. (2019年5月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905020000001.html 2019年5月2日閲覧。 
  57. ^ “高橋みなみ東京五輪の聖火ランナーに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年12月26日). https://hochi.news/articles/20191226-OHT1T50177.html 2019年12月26日閲覧。 
  58. ^ “高橋みなみがレギュラーラジオ終了発表「お祭りに」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年9月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202009030000413.html 2020年9月3日閲覧。 
  59. ^ “たかみな コロナ禍で結婚式断念していた「今年やる予定だったんですけど」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年10月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/07/kiji/20201007s00041000227000c.html 2020年10月7日閲覧。 
  60. ^ 日刊スポーツ 2020年1月23日閲覧
  61. ^ “インフォメーション 2011年12月4日”. ノースリーブスの週刊ノースリー部. ニッポン放送 (2011年12月4日). 2016年4月24日閲覧。
  62. ^ 高橋みなみ インスタグラム
  63. ^ 高橋みなみ インスタグラム 2021年2月20日閲覧
  64. ^ a b “お誕生日vol.35(高橋みなみ)”. ワイマック (2011年1月4日). 2016年4月18日閲覧。
  65. ^ “篠田、たかみなの「変化」を喜ぶ”. livedoorNEWS (2014年6月13日). 2016年4月18日閲覧。
  66. ^ 高橋みなみ 『写りな、写りな』 光文社、2016年、48 - 49頁。 ISBN 9784334902087。 
  67. ^ 高橋みなみ Twitter 2015年9月11日 2016年3月25日閲覧。
  68. ^ 高橋みなみ 『写りな、写りな』 光文社、2016年、50 - 53頁。 ISBN 9784334902087。 
  69. ^ a b c d e f g 『週刊AKB Vol.3 Disc2 特典編 AKB48 高橋みなみ 100の激白』
  70. ^ 高橋みなみ 『写りな、写りな』 光文社、2016年、84 - 85頁。 ISBN 9784334902087。 
  71. ^ “たかみな、非おしゃれ脱却へ「変わったんです!」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2057193/full/ 2016年3月14日閲覧。 
  72. ^ “たかみな危機一“髪”!買い物袋に引火「髪もチリチリ」に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/10/kiji/K20120510003218320.html 2016年3月14日閲覧。 
  73. ^ “たかみな、AKB人生10年で一番の反省は「髪が燃えた」ボヤ騒ぎ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2068891/full/?ref_cd=tw_pic 2016年3月25日閲覧。 
  74. ^ “高橋みなみソロデビュー「夢が叶う時が来た」”. TOKYO HEADLINE (2012年12月24日). 2016年4月18日閲覧。
  75. ^ “高橋みなみ インスタグラム” (2017年8月24日). 2020年6月6日閲覧。
  76. ^ “2016年10月にソロファーストアルバムを発売! 歌手・高橋みなみ本気の「愛してもいいですか?」”. 電子書籍ランキング.com (2016年9月27日). 2017年1月9日閲覧。
  77. ^ オーディション AKB48オフィシャルブログ〜TOKYO DOMEまでの軌跡〜2005年10月7日付記事
  78. ^ a b “2010年8月28日放送 18:30 - 1:45 日本テレビ 24時間テレビ”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2016年4月18日閲覧。
  79. ^ “私を選んでネ ガチでぶっちゃけ世論調査”. あけましてAKB!2011年もガチでいきます 生で晴れ着で大集合大新年スペシャル. 日本テレビ (2011年1月1日). 2016年4月18日閲覧。
  80. ^ 「妹よ。」(2011年2月11日時点のアーカイブ) elly Official Web Site diary 2010年8月4日付記事
  81. ^ 大島優子 (2010年6月2日). “おぅ、間違えないで!”. サイバーエージェント. 2014年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  82. ^ 「高橋みなみでス☆ 20才の証」 - 『no3b official blog』2011年4月23日付(2011年4月25日時点のアーカイブ)
  83. ^ “インフォメーション 2016年3月20日”. ノースリーブスの週刊ノースリー部. ニッポン放送 (2016年3月20日). 2016年4月18日閲覧。
  84. ^ 高橋みなみ Twitter
  85. ^ “AKB48“卒業宣言” 高橋みなみ支えた「努力」と「責任感」”. 日刊ゲンダイ (2014年12月13日). 2016年4月24日閲覧。
  86. ^ 『リーダー論』p.78 - 80
  87. ^ 「『高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』」での高橋本人へのインタビュー。ただ、『見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』公式パンフレットでは、戸島花が高橋へ勧めたと記されている。
  88. ^ “2012年7月12日放送 日本テレビ AKBINGO!”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2012年7月12日). 2016年4月18日閲覧。
  89. ^ “「AKBとは、高橋みなみのことである」たかみなのエピソードベスト10”. Ranking Share. GMOインターネット (2014年6月13日). 2016年4月18日閲覧。
  90. ^ AKB48高橋みなみ、監督の言葉に号泣 - 「みんな泣くやろ〜!」 - マイコミジャーナル 2011年1月22日
  91. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』[要ページ番号]
  92. ^ 『見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』公式パンフレット
  93. ^ 「高橋みなみでス☆ 発売!!!!!」(2011年3月5日時点のアーカイブ) ノースリーブスofficial blog 2011年3月3日付 本人投稿記事
  94. ^ AKB48横山由依、高橋みなみの激励にお腹で回答!? ユーキャンWEB動画第2弾.マイナビニュース (マイナビ). (2013年1月21日) 2019年5月15日閲覧。
  95. ^ “たかみな、「いじめノックアウト」キャンペーンソングを作詞 秋元氏がプロデュース”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2068667/full/ 2016年3月21日閲覧。 
  96. ^ AKBたかみな、『スマーフ 2』吹替声優に続き日本語版主題歌も担当 ORICON STYLE 2016年12月17日閲覧
  97. ^ “テレ東『大食い』30年目で大刷新 新MC・高橋みなみ「興奮と感動を味わえるのは大食いだけ」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2018年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2118351/full// 2018年8月28日閲覧。 
  98. ^ “初登場の菅田琳寧(7 MEN 侍)と高橋成美が優等生席へ、高橋みなみは柏木由紀に対抗心? 『トリニクって何の肉!?』”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2020年11月10日). https://music-book.jp/music/news/news/530506 2020年12月11日閲覧。 
  99. ^ “高橋みなみ、ソロ活動始動で特番MC「ゼロからのスタート」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2066011/full/ 2016年2月3日閲覧。 
  100. ^ 公式サイト( https://www.asahi.co.jp/konnatokoroni/ )より
  101. ^ “高橋みなみ、オードリー若林とMC初タッグ うわさの芸能人以上の逸材を発掘”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2073202/full/ 2016年6月14日閲覧。 
  102. ^ “高橋みなみ BS日テレ特番司会 夢追い人から刺激”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/14/kiji/20170313s00041000524000c.html 2017年3月25日閲覧。 
  103. ^ “人々が何かを辞める瞬間を陣内智則ら見守る、高田純次&高橋みなみMC特番”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年9月1日). http://natalie.mu/owarai/news/246979 2017年9月1日閲覧。 
  104. ^ “出川哲朗とバリバリ働く女性のトークSP第2弾、高橋みなみが進行”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年4月5日). https://natalie.mu/owarai/news/276627 2018年4月6日閲覧。 
  105. ^ Inc, Natasha. “カンニング竹山と高橋みなみがナビゲーター、子供の職場を親が見学する新番組(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月6日閲覧。
  106. ^ “AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第25話”. テレビ朝日. 2016年1月7日閲覧。
  107. ^ “高橋みなみ、ショートアニメ『ぶっぷな毎日』出演 泣き虫キャラ担当”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2088608/full/ 2017年4月5日閲覧。 
  108. ^ AKB48・高橋みなみ「スマーフ2」でハリウッド映画の声優に初挑戦! 映画.com 2013年6月13日閲覧。
  109. ^ 高橋みなみ、韓流ドラマで吹替えに初挑戦「今度は男と女の修羅場を演じたい」 週プレNEWS 2013年6月20日閲覧。
  110. ^ “たかみな&朝井リョウ、異色コンビでラジオ新番組 ノースリーブス後枠”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2082995/ 2017年1月3日閲覧。 
  111. ^ “高橋みなみが金曜パーソナリティに!平日朝ワイド『なな→きゅう』で期間限定” (日本語). www.joqr.co.jp. 2020年11月3日閲覧。
  112. ^ 徳光・たかみなのラジオ紅白歌合戦 2015(2015年12月8日時点のアーカイブ) ニッポン放送 2015年12月14日閲覧。
  113. ^ “AKB48高橋みなみ、ラジオで「10年目の決断」”. 音楽ナタリー. http://natalie.mu/music/news/171902 2016年1月9日閲覧。 
  114. ^ “たかみな2時間まるごと生ラジオ!昼の帯番組「自分らしい言葉で」”. スポニチアネックス. (2016年3月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/24/kiji/K20160324012271250.html 2016年3月24日閲覧。 
  115. ^ “高橋みなみ×安部礼司がコラボ!” (プレスリリース), TOKYO FM, (2018年3月13日), https://www.tfm.co.jp/company/pdf/news_0ab20a96081cd50809df64aed5a263325aa747594b221.pdf 2018年3月21日閲覧。 
  116. ^ “「ノースリーブスのオールナイトニッポン」一夜限りで放送”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/305937 2018年10月31日閲覧。 
  117. ^ “「AVABEL ONLINE」のスペシャルアンバサダーに高橋みなみさんが就任”. 4Gamer.net. Aetas (2016年4月1日). 2016年4月17日閲覧。
  118. ^ “高橋みなみ、卒業後初CMで小林幸子からのエールを受ける”. 音楽ナタリー. (2016年4月8日). http://natalie.mu/music/news/182761 2016年4月8日閲覧。 
  119. ^ “リニューアルしたDAM CHANNELを4/10スタート! DAM CHANNEL 第13代MCに高橋みなみさんが就任! AKB48の総監督からカラオケ総監督に” (プレスリリース), 第一興商, (2015年3月29日), http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2016.html?file=160329 2015年3月29日閲覧。 
  120. ^ “高橋みなみ、ソロ活動は寂しい「あれだけ人数がいたので…」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2079115/full/ 2016年9月28日閲覧。 
  121. ^ “高橋みなみの卒業フォト日記『写りな、写りな』発売記念のトークイベントをニコニコ生放送で放送決定!”. ニコニコ生放送. ドワンゴ. 2016年4月17日閲覧。
  122. ^ “生配信『高橋みなみファーストアルバム発売特番』収録曲のフル尺初解禁も?”. billboard JAPAN (2016年9月2日). 2016年9月5日閲覧。
  123. ^ a b 高橋みなみ支援官初任務「矯正に関心を持って」 日刊スポーツ新聞社 2015年10月3日閲覧。
  124. ^ “AQUA XMAS ILLUMINATION2015 点灯式”. 三菱地所リテールマネジメント. 2015年10月29日閲覧。
  125. ^ “たかみな、卒業日未定でフワフワ「最後の日がわからない」”. ORICONSTYLE (oricon ME). (2015年10月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2061500/full/ 2015年10月30日閲覧。 
  126. ^ “高橋みなみ上梓「リーダー論」初版6万部、“1冊でも多く”指原の新書超え狙う”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年12月22日). http://natalie.mu/music/news/170191 2016年3月2日閲覧。 
  127. ^ “たかみな、西川貴教から苦情「新しい恋愛が始まらない」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2067715/full/ 2016年3月2日閲覧。 
  128. ^ “高橋みなみ:ガールズアワードMCで卒業後“初仕事” 「緊張してハゲそう」”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年4月9日). http://mantan-web.jp/2016/04/09/20160409dog00m200011000c.html 2016年4月9日閲覧。 
  129. ^ “『ハウステンボスFES』に欅坂46出演へ たかみなが九州応援サポーターに”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2071009/full/ 2016年6月11日閲覧。 
  130. ^ “高橋みなみがリーダーの極意「やってみますか」大事”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年6月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1670083.html 2016年7月1日閲覧。 
  131. ^ “たかみな カナダ人気女性歌手とコラボ「英語学ばなきゃ」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/27/kiji/K20160427012478990.html 2016年4月27日閲覧。 
  132. ^ “たかみな、武道館で「GIRLS TALK」熱唱!”. Walkerplus (KADOKAWA). (2016年12月3日). http://news.walkerplus.com/article/94496/ 2017年1月3日閲覧。 
  133. ^ “たかみな、永野と“新コンビ”結成 衣装の色かぶりで「ペー・パー子さんみたい」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年4月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2088493/full/ 2017年4月2日閲覧。 
  134. ^ “4度目の日本開催となる『RockCorps 2017』、セレブレーションイベントにフィフス・ハーモニー出演決定”. billboard JAPAN (2017年4月5日). 2017年5月14日閲覧。
  135. ^ “高橋みなみレギュラーラジオ番組のフェスが開催!カイワレハンマー、Awesome City Club、緑黄色社会が出演!” (プレスリリース), TOKYO FM, (2018年3月20日), https://www.tfm.co.jp/company/pdf/news_beac9bbd90d97e26899ffe19e4a17d375ab095f90ca9c.pdf 2018年3月21日閲覧。 
  136. ^ “高橋みなみ、27歳になり衝撃「三十路のラインが見えてきた」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2018年4月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2109374/full/ 2018年4月12日閲覧。 
  137. ^ “高橋みなみ「子どもが生まれるなら…」 全国矯正展視察 子ども向けの作業品に熱視線”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/31/kiji/20190531s00041000194000c.html 2019年5月31日閲覧。 
  138. ^ “高橋みなみの番組イベントにみきとP、キタニタツヤ、majiko登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年7月8日). https://natalie.mu/music/news/338893 2019年10月6日閲覧。 
  139. ^ “パラ応援大使の高橋みなみ、ボッチャを体験して「思わず本気に」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年10月5日). https://hochi.news/articles/20191005-OHT1T50136.html 2019年10月5日閲覧。 
  140. ^ “高橋みなみ、AKB卒業後初ソロライブで西川貴教と「HOT LIMIT」熱唱!独立宣言も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年4月16日). http://natalie.mu/music/news/183855 2016年4月17日閲覧。 
  141. ^ “高橋みなみが地元八王子でカウントダウンライブ!! 2017年には全国ツアー開催も発表!!”. LiveFans. (2017年1月2日). http://www.livefans.jp/report/pc/16867 2017年1月3日閲覧。 
  142. ^ “高橋みなみが卒業フォト日記「青春の集大成」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年2月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1608080.html 2016年2月23日閲覧。 

関連項目

外部リンク


「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=高橋みなみ&oldid=81953596」から取得