出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

しゃく ゆみこ
釈 由美子
釈 由美子
本名 釋 由美子
生年月日 (1978-06-12) 1978年6月12日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都清瀬市
身長 164 cm
血液型 B型
職業 女優、タレント、グラビアアイドル、実業家
ジャンル バラエティ番組、テレビドラマ、映画など
活動期間 1997年 -
活動内容 1997年:デビュー
1999年:歌手デビュー
配偶者 あり
事務所 トミーズアーティストカンパニー(2019年7月31日まで)[1]
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビ
『スカイハイ』
『ヒミツの花園』
『7人の女弁護士』
映画
『修羅雪姫』
『ゴジラ×メカゴジラ』
『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』
テンプレートを表示

釈 由美子(しゃく ゆみこ、1978年6月12日 - )は、日本の女優、タレント[2]。 実業家[3]でもあり、元グラビアアイドルでもある。164センチメートル(身長)[1]、85-58-84(スリーサイズ)[1]、靴サイズ23.5cm[1]、血液型はB型[1]。元トミーズアーティストカンパニー所属[1]で2019年にはプラチナムプロダクション所属となる。

目次

  • 1 来歴
  • 2 発表作
  • 3 広告塔
  • 4 人物
  • 5 出演
    • 5.1 テレビドラマ
    • 5.2 舞台
    • 5.3 バラエティ・ドキュメンタリー番組
    • 5.4 映画
    • 5.5 配信ドラマ
    • 5.6 テレビアニメ
    • 5.7 劇場アニメ
    • 5.8 ゲーム
    • 5.9 吹き替え
    • 5.10 CM
    • 5.11 PV
  • 6 発売作品
    • 6.1 写真集
    • 6.2 書籍
    • 6.3 イメージビデオ・DVD
    • 6.4 シングルCD
    • 6.5 アルバム
    • 6.6 その他
  • 7 受賞歴
  • 8 出典
  • 9 外部リンク

来歴

釈家の4人姉妹の次女として誕生。出身は、東京都清瀬市、もしくは埼玉県所沢市としている。吉祥女子高等学校を経て、学習院女子短期大学中退。

ゴールド・ラッシュ! (テレビ番組)落選。1997年、短大在学中に漫画雑誌 『週刊ヤングマガジン』の「Missキャンパスグランプリ」へ。1998年1月から10月まで、ワンダフルガールズに在籍。1999年、『ツインズな探偵』でテレビドラマ初出演、同10月にはマキシシングル 「セカンドチャンス」をメディアリングからリリースした。

2000年、第1回スイムスーツグランプリ2000フレッシュ部門、宇部興産キャンペーンガールに選ばれ、同年10月に「BUNSINラブソング」をリリースした。翌2001年には、『修羅雪姫』で映画初主演したほか、5月にはzetima移籍第1弾シングルであり、自身が作詞した楽曲 『ドラマティックに恋をして』をリリース。同年にはさらに第38回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞、2001年度雑誌愛読月間イメージキャラクターを務めた。

2002年、映画 『ゴジラ×メカゴジラ』に主演。翌2003年にはテレビドラマ 『スカイハイ』に主演した。

2011年1月スタートのNHK『隠密八百八町』に出演。

2012年2月、芸能武道十二騎神道流の昇段試験に合格、道士初段位となり黒帯を獲得する。

2013年1月5日、新潟県のスキー場にて、NHKで同月25日放送の『首都圏スペシャル』の収録中、自身初挑戦のバックカントリースキーのさなか転倒。左足関節外果(外くるぶし)骨折と左ひざの靱帯損傷で全治2カ月のケガを負うも、同月7日のドラマ収録に松葉杖をつきながらも仕事に復帰している[4]。また、レスキュー隊に救助された体験談を、自身のブログで述べている。

2015年10月10日にレストランなどを経営する実業家と婚姻届を提出、結婚した旨が、同月13日に報じられた[5]。釈も自身のオフィシャルブログにて入籍した事実を報告した[6]

2016年1月15日、第1子妊娠を報告[7]。3月13日に挙式・披露宴[8]。自身の38歳の誕生日にあたる6月12日に、第1子男児を出産[9]。2016年1月10日に亡くなった父親が残した遺書に書いてあった「男の子が産まれますように」という、男児を授かることができなかった父親の願いを叶えることができた。

2019年8月1日、トミーズアーティストカンパニーとの業務提携契約を7月31日をもって解除したことを、ブログで報告した[10][11]

発表作

グラビアアイドルとしてデビューした1997年から2000年代を通して8冊の写真集を発売。2000年代後半頃からは『釈ビューティ!』や『釈美スタイル』などといった女性向け美容本の発売が増えていたものの、2012年に至って久々となる写真集『I am 釈由美子写真集』を発売。[12] デビュー15周年を記念した企画によるもので、2003年刊行の『CHAOS』以来、撮影では10年ぶり、発売としては9年ぶり(30代となってから初[13])の水着写真集となった[14]

広告塔

2006年、株式会社ワークアウトワールド・ジャパンが運営するフィットネスクラブWOW'D(ワウディー)のアドバイザリースタッフとなった。[15]。2010年代以降 ― 雑誌『小悪魔ageha』のモデルとして知られる武藤静香のファッションブランド『Rady(レディー)』から2012年よりイメージモデル起用[16]。その活動の一環としてさっそく5月にファッションイベント『Girls Award〔ガールズアワード〕』の春夏公演に出場[17]。自身初のファッションショーの経験となった[18]。この年にはサッポロビールのオーストラリアワイン『イエローテイル』のイメージキャラクター起用もあった[19]

人物

出演

テレビドラマ

舞台

バラエティ・ドキュメンタリー番組

映画

配信ドラマ

テレビアニメ

劇場アニメ

ゲーム

吹き替え

CM

PV

第40回エリザベス女王杯 プレゼンターの釈由美子

発売作品

写真集

書籍

イメージビデオ・DVD

シングルCD

アルバム

その他

受賞歴

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “釈 由美子 Shaku Yumiko”. トミーズアーティストカンパニー. 2018年4月19日閲覧。
  2. ^ 『釈由美子とは』 Weblio辞書,タレントデータバンク
  3. ^ a b 姉・由美子さんと妹(恵美子さん)は、姉妹で女性専用エステサロン「Sister」を共同経営」(テレビ朝日「大胆MAP」 2009年2月15日)
  4. ^ 釈由美子レスキュー隊に救助されていた - デイリースポーツ 2013年1月12日
  5. ^ “釈由美子が結婚 同じ年、沢村一樹似の実業家男性と交際半年で”. スポニチ アネックス (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  6. ^ “「ご報告。」2015年10月13日”. 釈由美子official Blog『本日も余裕しゃくしゃく』 (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  7. ^ “釈由美子 第1子妊娠を発表「父の遺志を継いで授かった待望の赤ちゃん」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/15/kiji/K20160115011861280.html 2016年1月15日閲覧。 
  8. ^ “釈由美子 6カ月目の赤ちゃん大興奮”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年3月14日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/14/0008890832.shtml 2016年3月14日閲覧。 
  9. ^ “釈由美子 誕生日に第1子男児出産「最高の奇跡ですよね」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年6月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/12/kiji/K20160612012771810.html 2016年6月12日閲覧。 
  10. ^ “釈由美子 事務所との業務提携契約解除を報告「41歳の転機」 先月に給与過少見積もり判明”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年8月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/01/kiji/20190801s00041000390000c.html 2019年8月1日閲覧。 
  11. ^ “ご報告”. 釈由美子オフィシャルブログ「本日も余裕しゃくしゃく」 (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  12. ^ 『釈由美子、ビキニで脅威の美バスト×くびれ披露!「120点満点」』 2012年7月13日 モデルプレス
  13. ^ 『釈由美子、10年ぶりに水着写真集「コーフンしましたか?」』 2012年6月8日 モデルプレス
  14. ^ 『釈由美子、34歳魅惑のSEXY美ボディ解禁!スギちゃんとの濃厚ラブシーン熱望』 2012年9月9日 モデルプレス
  15. ^ 釈由美子ワウディー・イメージモデル就任)
  16. ^ 『人気モデルプロデュースブランド、イメージモデルに釈由美子起用』 2012年2月17日 モデルプレス
  17. ^ 『月商1.5億円 武藤静香ブランド「Rady」 釈由美子起用でショー参加』 2012年5月15日 Fashionsnap.com
  18. ^ 『<速報>釈由美子、「裸になるより恥ずかしかった」ファッションショー初出演』 2012年5月26日 モデルプレス
  19. ^ 釈由美子:小栗&山田の結婚にがっくり「生徒に先を越されるとは」 2012年3月13日 まんたんウェブ
  20. ^ “釈由美子 「由美子」の由来に「愕然」”. JCASTニュース (2008年9月14日). 2019年5月20日閲覧。
  21. ^ 2011年9月30日付の本人ブログ「本日も余裕しゃくしゃく」より
  22. ^ “GACKTとの関係に終止符!? 釈由美子「幸せな結婚」までの不運な道のり”. デイリーニュースオンライン (2015年10月25日). 2019年5月26日閲覧。
  23. ^ “釈由美子の不思議ちゃん伝説、「小さいおじさん」にアレをイジられてる!?”. exciteニュース (2015年3月24日). 2019年5月26日閲覧。
  24. ^ 2011年10月20日付、アメーバニュースより
  25. ^ 2012年4月12日付の本人のブログ[1]
  26. ^ “釈由美子20万馬券!結婚がらみ初馬券で”. デイリースポーツオンライン (株式会社デイリースポーツ). (2015年11月15日). http://sp.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/15/0008569390.shtml#btnMore 2015年11月15日閲覧。 
  27. ^ “「仮面ライダージオウ」キバ編で杉田智和が仮面ライダーギンガに!ゲストに釈由美子”. 映画ナタリー. (2019年5月4日). https://natalie.mu/eiga/news/330251 2019年5月4日閲覧。 
  28. ^ “釈由美子ピチピチのボディースーツ姿「胸が苦しい」”. 日刊スポーツ (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  29. ^ MIA MS-06SHAKU 釈由美子専用ザクII
  30. ^ 1. セカンドチャンス; 2. わかんない; 3. 風のゴンドラ; 4. BUNSINラブソング; 5. MIRAI; 6. セカンドチャンス(Another Groove Mix); 7. わかんない(Room 503 French Mix); 8. 風のゴンドラ(Breezy Mix); 9. BUNSINラブソング; 10. MIRAI(Cheerful Clap Mix)
  31. ^ 部分タイトル (1)LOVE涙色(松浦亜弥)(2)secret base~君がくれたもの~(ZONE)(3)桜並木道(Whiteberry)(4)春~spring~(Hysteric Blue)(5)あたらしい日々(PUFFY)(6)ドラマティックに恋をして(釈由美子)(7)RUN!RUN!RUN!(大槻真希)(8)サバイバル・ゲーム(Strawberry JAM)(9)レントゲン(12.ヒトエ)(10)さぁ!恋人になろう(メロン記念日)(11)サイクリングビート330(センチメンタル・バス)(12)Liv la la la Luv(FLIP FLAP)(13)あしたは消えない(椎名へきる)(14)会えない長い日曜日(藤本美貴)
  32. ^ 釈由美子人形が100通り以上のパターンで「おしゃべり」し缶ビールをお酌する.
  33. ^ 角川書店の雑誌『月刊ガンダム・エース』とニュータイプ別冊の『季刊キャラクターモデル』で販売した誌上通販限定モデル。
  34. ^ ヘアカラーリングアワード - 〔エンタメ〕.リンク道.com.2016年元日閲覧。

外部リンク

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=釈由美子&oldid=74770789」から取得