出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しのざき あい
篠崎 愛
시노자키 아이(Shinozaki Ai) 2017 아시아 모델 페스티벌 레드카펫 (3)(cropped).jpg
『2017アジア モデルフェスティバル』にて(2017年6月)
プロフィール
愛称 あいちゃん
あいてぃん
おしの
生年月日 1992年2月26日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本・東京都
血液型 A型
公称サイズ(2020[1]時点)
身長 160 cm
スリーサイズ 87 - 60 - 88 cm
カップサイズ G
活動
ジャンル グラビアアイドル
所属グループ AeLL.(活動休止中)
活動期間 2008年 - 現在
他の活動 歌手、女優
レーベル フォーサイド・レコード
L's Shit recordings
ソニー・ミュージックレコーズ
公式サイト shinozakiai0226.com
受賞歴 「制コレGP」準グランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

篠崎 愛(しのざき あい、1992年2月26日 - )は、日本のグラビアアイドル。女性アイドルグループ「AeLL.」のメンバー。

略歴[編集]

1992年2月26日、東京都に生まれる[2]

2002年6月、アイドルに憧れて「ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション」に応募。モーニング娘。の「I Wish」を歌う[3]

2006年、14歳(中学3年生)の時にグラビアアイドルとしてデビューした[4]。女子中学生専門のグラビア雑誌Chu→Bohの看板娘として人気を博す[5]

2007年6月、『週刊ヤングジャンプ』の読者投票型アイドルオーディション「制コレGP」で準グランプリを獲得[6]。また、ドラマ『24のひとみ』(TBS系)で女優デビューを果たす[4]

2008年、シングル「M」をリリースし、歌手デビューを果たす[7]

2010年、所属事務所をマーブルから「シャイニングウィル」へと変える[6]

2011年1月、4人組アイドルユニットである「AeLL.」メンバーとしても活動を開始[8]。同年、『ヤングアニマル』で2011年度ミスヤングアニマルグランプリを獲得[9]。11月には、初の主演映画『パンツの穴 THE MOVIE 童貞喪失ラプソディ』が公開された[10]

2013年、イメージDVD『Ai's Origin』が、TBS『ランク王国』が選ぶ「2013年間アイドルDVD売上げTOP10」で1位を獲得[11]

2015年4月、プライベートレーベル「L's Shit recordings」より、デビューシングル「A-G-A-I-N」をリリースし、ソロ歌手として活動を開始[12]

2016年、韓国の雑誌MAXIM KOREA(2016年2月号)の表紙を飾る。発売前の予約で品切れになり(同誌の歴史上唯一)、「品切れ女」として話題になる[13]

2018年10月7日、TC Candlerが選ぶ「世界で最も美しい顔100人 2018年」にノミネートされたと、TC Candlerの公式Instagramから発表された[14](同年12月28日、84位入選と発表された[15])。

2018年12月、契約満了により「シャイニングウィル」を退所[16]

2019年8月25日、「世界で最も美しい顔100人 2019年」にノミネートされたとTC Candlerの公式Instagramから発表された[17]

2020年、MAXIM KOREAが選ぶ「歴代表紙ランキング」で1位に選ばれる。これは同誌が創刊200号を記念して歴代の表紙モデルから選定したもの[13]

2020年3月、オフィシャルサイトを開設。

2020年6月より、株式会社IndigoMagicOrchestraと業務提携

人物[編集]

エピソード[編集]

出版[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

AeLL.」としてのシングル・アルバムは「AeLL.#作品」を参照

舞台[編集]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

DVD[編集]

ドラマ[編集]

歌番組[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

PV[編集]

ゲーム[編集]

ネット[編集]

ネット番組[編集]

Web限定CM[編集]

ウェブサイト[編集]

メルマガ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “篠崎愛”. shining-will.co.jp. 有限会社シャイニングウィル. 2020年12月10日閲覧。
  2. ^ 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、582頁。 ISBN 978-4-90467408-6。
  3. ^ “374回目のゲストは・・・篠崎愛さん!”. nack5.co.jp. 株式会社エフエムナックファイブ. 2020年12月9日閲覧。
  4. ^ a b “あどけなさと迫力ボディで挑発! 現役女子高生グラドル、篠崎愛の最新DVD”. 株式会社マイナビ (2009年2月13日). 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ “篠崎愛”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2020年12月10日閲覧。
  6. ^ a b 「篠崎愛「Fカップ巨乳発育の軌跡」」『BREAK Max』第11巻第11号、コアマガジン、2012年9月18日、 36-37頁、 ASIN B0093NCO90。
  7. ^ ““必ずブレイクするアイドル”篠崎愛が歌手デビュー”. LINE Corporation (2008年3月29日). 2013年4月27日閲覧。
  8. ^ “グラドル篠崎愛らアイドルユニット・AeLL.がデビュー”. オリコン株式会社 (2011年4月30日). 2013年5月1日閲覧。
  9. ^ 蒼之スギウラ (2012年6月7日). “「サムライ&ドラゴンズ」な篠崎愛さんのコスプレPV公開イベントをリポート”. アイティメディア株式会社. 2013年5月31日閲覧。
  10. ^ “篠崎愛、伝説の作品主演でプレッシャーも”. 日テレNEWS24 (2011年11月19日). 2013年5月31日閲覧。
  11. ^ “バックナンバー「2013年12月28日」”. tbs.co.jp. Tokyo Broadcasting System Television, Inc. 2014年8月14日閲覧。
  12. ^ “篠崎愛、4月にソロ歌手デビュー「目標は倖田來未さん」 グラビアは継続”. oricon.co.jp. オリコン株式会社 (2015年2月26日). 2015年3月8日閲覧。
  13. ^ a b “篠崎愛が韓国人気男性誌の歴代表紙ランキング1位に!! 今でも韓国で人気のワケ”. sportsseoulweb.jp. 有限会社ピッチコミュニケーションズ (2020年1月22日). 2020年12月9日閲覧。
  14. ^ TC Candler (2018年10月7日). “(no title)”. instagram.com. 2020年12月10日閲覧。
  15. ^ 「働く大人女子の春の大人カラーメイク」『steady』第15巻第3号、宝島社、2020年3月7日。
  16. ^ “篠崎愛、所属事務所退社を報告”. modelpress. 株式会社ネットネイティブ (2019年1月1日). 2020年12月10日閲覧。
  17. ^ TC Candler (2019年8月25日). “(no title)”. instagram.com. 2020年12月10日閲覧。
  18. ^ a b c d “篠崎愛『グラビアの美少女』U15特集(#398)”. scramble-egg.com. Scramble-Egg Inc (2007年9月3日). 2013年4月27日閲覧。
  19. ^ “「サドンアタック」篠崎 愛さんの出演する新テレビCMが公開に”. 4Gamer.net. Aetas株式会社 (2013年7月24日). 2020年12月10日閲覧。
  20. ^ 「ウィキ直し!」『TV Bros』第28巻第3号、東京ニュース通信社、2014年、 ASIN B00I3RQ0BK。
  21. ^ 藤本エリ (2013年8月30日). “クラウドファンディングで「AeLL.村にソーラーパネルを!」 篠崎愛さん率いるエコアイドルAeLL.にインタビュー”. ガジェット通信. 2013年9月2日閲覧。
  22. ^ “篠崎愛DVD『愛 LOVE YOU』発売記念イベント”. scramble-egg.com (2007年6月2日). 2012年9月10日閲覧。
  23. ^ “篠崎愛写真集『みるく色の愛』発売記念イベント、CD『M』発売記念イベント”. scramble-egg.com (2008年6月4日). 2012年9月13日閲覧。
  24. ^ “グラビアアイドル・篠崎愛が堂々宣言「AKB48はウザイ」”. news.livedoor.com (2013年7月11日). 2013年7月18日閲覧。
  25. ^ “「月曜から夜ふかし」で篠崎愛が「AKB48はグラビアをやめて」と発言”. news.livedoor.com (2014年5月27日). 2014年5月30日閲覧。
  26. ^ “グラビアアイドル・篠崎愛、高校卒業後はプライベートでセーラー服”. ザテレビジョン (2010年6月9日). 2021年1月22日閲覧。
  27. ^ “童顔&Fカップの現役女子高校生グラドル・篠崎愛の胸はまだまだ成長中!”. ザテレビジョン (2010年3月2日). 2021年2月17日閲覧。
  28. ^ “篠崎愛、セクシーナース姿で“悩める男性”にエール”. oricon.co.jp (2015年6月25日). 2015年6月25日閲覧。
  29. ^ “篠崎愛、Gカップ封印のナース姿で熱唱”. ザテレビジョン (2015年6月25日). 2021年2月25日閲覧。
  30. ^ “メンズケシミンWebCM YouTubeで公開!”. 篠崎愛スタッフオフィシャルブログ (2019年11月5日). 2020年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]

AeLL

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=篠崎愛&oldid=82011631」から取得