出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まなべ かをり
眞鍋 かをり
眞鍋 かをり
眞鍋かをり
本名 同じ
生年月日 (1980-05-31) 1980年5月31日(40歳)
出生地 日本の旗 日本・愛媛県西条市
身長 165 cm[1][注 1]
血液型 A型
職業 タレント
活動期間 1999年 -
配偶者 吉井和哉
事務所 (1999 - 2008)アバンギャルド
(2008 - 2009)アヴィラ
(2012 -)ノースプロダクション
公式サイト 公式プロフィール
備考
日テレジェニック2000
テンプレートを表示

眞鍋 かをり(まなべ かをり、1980年5月31日 - )は、日本のマルチタレントである。本名同じ。姓の「眞鍋」の「眞(真)」は本人の意思により旧字体の「眞」を使用するが、ラテ欄では「真鍋」と表記されることもある。愛称はかをりん、をーりー。夫はミュージシャンの吉井和哉。

所属事務所はアバンギャルド→アヴィラ→ノースプロダクション(旧イースト・プロダクション、業務委託[3] を経て正式移籍[4])。愛媛県西条市出身。

略歴

愛媛県西条市で生まれる。西条市立西条小学校[5]、西条市立西条北中学校[6]、愛媛県立西条高等学校[7]卒業。横浜国立大学教育人間科学部(国際共生社会課程)に入学。大学入学前に初めて1人で入った渋谷の吉野家を出たところでスカウトされて芸能界入り。

1999年
雑誌「ホットドッグ・プレス」のドリームガールグランプリを受賞。
2000年
東洋紡水着キャンペーンガールと日本テレビ主催の日テレジェニックに選出される。
同年、日テレジェニックのメンバーとしてシドニーオリンピックのサポーターガールを務める。
2001年
DVD作品「TERRORS 闇夜〜DARKNESS〜」にてドラマ初主演[注 2]、映画「ウォーターボーイズ」でスクリーンデビューを飾る。志賀高原観光大使に任命される。
2003年
3月、横浜国立大学教育人間科学部(国際共生社会課程)卒業。
2004年
6月30日、ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」を開設。あっけらかんとした日常生活の着眼点と発想の面白さ、自らを「オイラ」と称する独特の文体からたちまち人気ブログとなる。
7月12日付のブログ記事「なりきりTommy february6」においてTommy february6を意識した眼鏡美人姿を披露したことがきっかけで、トラックバック数日本記録を樹立するに至り、マスコミから「ブログの女王」の称号を受ける。
2005年
8月、自身のブログをまとめた「眞鍋かをりのココだけの話」(インフォバーン刊)を発売。発行部数はブログ本としては異例の20万部を突破する大ベストセラーとなる。この年の話題の人物として、年末の紅白歌合戦に審査員として出演。
2007年
4月、テレビ東京のスポーツニュース番組「メガスポ!」でニュースキャスターに初挑戦。
7月、第4回納豆クイーンに選ばれる[注 3]
10月、第20回メガネベストドレッサー賞の芸能人部門に選ばれる。
2008年
11月、フードアナリスト4級の資格を取得するとともに、日本フードアナリスト協会のイメージキャラクターに就任[8]
2009年
9月、所属事務所・アヴィラと旧所属事務所・アバンギャルドに対し契約解除を通知。
12月に契約解除の確認を求めて東京地裁に訴訟を起こした[9][10]。2011年12月13日、アヴィラとの契約関係は2009年12月31日で終了していると東京地裁が判断を下したことを受け和解したことを発表[11][12]
2010年
10月31日、ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」を閉鎖。
2011年
5月31日よりlivedoor Blogにて「眞鍋かをり Official Blog」を開設。新ブログでは眞鍋の趣味である「一人海外旅行」を中心に日頃の何気ない日常を綴り、元祖ブログの女王のブログ再開ニュースは一躍ネットで話題になった)。
2012年
1月20日、ノースプロダクションに所属[4]
2月23日、眞鍋が元THE YELLOW MONKEYのヴォーカルである吉井和哉と交際中であることが報じられ、眞鍋もレギュラー出演していた「情報プレゼンター とくダネ!」で報道を認めた[13]。12月、歯の矯正をしていたことから「Go!クリニック スマイル大使」に任命される。
2013年
2月19日、眞鍋が7月の参議院選挙に自民党から出馬することを週刊誌の「女性自身」が報じた。しかし、眞鍋はレギュラー出演していたラジオ番組(大竹まこと ゴールデンラジオ!)で報道を否定した。
同月、GREEの有料メルマガ・Webマガジンサービス「Magalry」にて眞鍋かをり執筆による「Magalry 30女が◯◯について本気出して考えてみた」を連載開始。
2015年
4月17日、『高校講座 世界史』(NHKEテレ)にマジカル・ヒストリー倶楽部のリーダーとしてレギュラー出演。永松文太をプランナーとして迎え入れ、2人で番組を進行。
6月26日、ミュージシャンの吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)と結婚したことを自身のブログで発表した。また、妊娠しており、秋に出産予定であることも同時に報告している[14][15]
8月25日を最後に『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送)の火曜日レギュラーを卒業し、産休に入る[16]
9月、婚姻届を提出、10月に第1子の女児[17]を出産[18]。2016年1月2日放送の『歌う!人生ゲキジョー』(TBS系)の司会でテレビ復帰[19]
2016年
10月9日、愛媛県の「伊予観光大使」に任命[17]
2018年
6月、友人でもある犬山紙子の呼びかけで、虐待をなくすためのタレントチームを結成[20]。7月10日、厚生労働省を訪れ、加藤勝信大臣あてに児童虐待の根絶に向けた提案書と要望書を提出した[20]
10月、地元愛媛県西条市の「LOVE SAIJO応援大使」に就任[21]

人物

家族 

[22]、母[22]、2歳下の弟[23]、7歳下の妹[23]がいる。ファザコン[24][25]。ボーイフレンドができると必ず父親に紹介する。母の実家が北海道札幌市[26]で祖父母が住んでいる[27]

「うめ」と名付けた犬を飼っている[28]

趣味・特技 

小学生の頃は、少年ジャンプを毎週地元のコンビニ「セブンエイト」で購入し『アウターゾーン』が好きだった[29]

一人海外旅行(『外国へ旅に行こう』と思いついたその日に出発することが多い。ノープランでホテル予約や観光をしており、自身のブログでも度々海外旅行記が掲載されている)。

大型スクーターを所有し、警視庁のグッド・ライダー宣言をしている[30]

30歳を超えてから運動に目覚め、ゴールドジムに通いだした。自宅でも毎日シャドーボクシングやランニングを行っており、ダイエットに成功中とのこと。格闘技にも挑戦中だとブログで明かした[31]。 

特技 

小学生の頃は陸上やミニバスケット、中学生の頃は剣道をしていた[32]

アナウンス(アナウンススクールに通っていた経験がある)、イラスト。

体が柔らかく、チアリーダーのように左右に大きく開脚してジャンプしたり[33]「I字バランス」のように足をハイキックして垂直に振り上げたり[34] することができる。

嗜好

納豆、お酒、チーズ。2010年11月にC.P.Aチーズプロフェッショナルを取得した[35]

交友関係

杉崎美香(『NIPPON@WORLD』で共演)と仲が良く、食事や旅へ行く様子がブログにアップされている[36][37]

同郷(愛媛県)の声優・水樹奈々とは2009年12月13日に、映画『レイトン教授と永遠の歌姫』の試写会で初対面を果たしている[38]

犬山紙子とは番組共演を機に意気投合し[39]、児童虐待をなくす活動をしているチーム「こどものいのちはこどものもの」を立ち上げている[40]

エピソード

ネット関連

出演

テレビ

現在の出演番組

レギュラー

不定期出演

インターネット(連載)

(Hanako.tokyo・2017年8月12日 - )[51]

テレビ

過去の出演番組

レギュラー

準レギュラー、不定期出演

ドラマ

映画

テレビアニメ

劇場アニメ

吹き替え

ゲーム

ラジオ

CM

インターネット(連載)

写真集

書籍

雑誌(連載)

ビデオ/DVD

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 公式プロフィールにおいては165cmと表記されていることが多いが眞鍋本人は自身のTwitterにおいて162.2cmと公表しており[2] 、2018年5月13日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ)に出演した際の自身のプロフィールには162cmと記載されている。
  2. ^ この頃は少年誌などの水着グラビアで人気を博し、水着メインの写真集も次々と発売してきたが、その後「脱水着宣言」をしてからは大人っぽくてちょっとセクシーな路線に変更。グラビアを引退してからは、タレントとしてバラエティ番組や情報番組などに出演し始める。
  3. ^ 自身はおやつや酒のつまみで食するほどの納豆好き。
  4. ^ FUDとは、不安、不確実、不信の頭文字であり (Fear、Uncertainty、Doubt) 販売戦術のひとつとして使用される場合がある。

出典

  1. ^ 特命少女 眞鍋かをり プロフィール
  2. ^ “Twitter 眞鍋かをりのツイート”. 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ なかなか移籍を正式発表できない眞鍋かをり(リアルライブ、2010年3月6日付)
  4. ^ a b お知らせ 平成24年1月20日、眞鍋かをりが弊社所属となりました。
  5. ^ 『誰だって波瀾爆笑』2018年5月13日放送、スタジオに設置のフリップで紹介[放映時間00:04:44〜]
  6. ^ “あいつ今何してる?|2018-11-21(水)放送”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション (2018年11月21日). 2018年11月22日閲覧。
  7. ^ “眞鍋かをり 高校時代の思い出は「学校に行くのがおデート」”. デイリー (2021年1月9日). 2021年1月29日閲覧。
  8. ^ 日本フードアナリスト協会はフードアナリスト®イメージキャラクターに『眞鍋かをり』さんを起用決定(ドリームニュース)
  9. ^ “真鍋かをりさん、契約解除求める 「国税聴取で屈辱」”. 47NEWS. 共同通信社. (2010年2月19日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021901000417.html 2012年10月12日閲覧。 
  10. ^ 眞鍋かをり、事務所に堂々の宣戦布告(デイリースポーツ、2010年11月21日付け)
  11. ^ 眞鍋かをり 前所属事務所と和解 契約は09年末で解消(スポニチアネックス、2011年12月14日付け)
  12. ^ お知らせ(眞鍋かをりオフィシャルブログ、2011年12月15日付け)
  13. ^ 真鍋かをり、吉井和哉と熱愛 結婚?「どうですかね~」(スポニチアネックス、2012年2月24日)
  14. ^ “「いつも応援してくださっている皆様、関係者の皆様へ」”. 眞鍋かをりOfficial Blog (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  15. ^ “真鍋かをりが吉井和哉との結婚、妊娠を発表”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  16. ^ “眞鍋かをり「ゴールデンラジオ」卒業 25日ラスト出演、産休へ”. Sponichi Annex (2015年8月12日). 2015年8月12日閲覧。
  17. ^ a b “眞鍋かをり、伊予観光大使に「これからは愛媛の時代」”. サンデースポーツ. (2016年10月9日). http://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sanspo.com/geino/amp/20161009/geo16100916120022-a.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAabk3orJot3W-AGwASA%253D 2021年1月30日閲覧。 
  18. ^ ““真打ち”眞鍋かをり出産 おめでたラッシュでママタレ枠争奪戦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/21/kiji/K20151021011359680.html 2015年10月21日閲覧。 
  19. ^ “眞鍋かをり、出産後初のテレビ出演「子育ては予想以上に大変」”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2015年12月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151225-OHT1T50140.html 2015年12月28日閲覧。 
  20. ^ a b “#こどものいのちはこどものもの 眞鍋かをりOfficial Blog”. livedoor blog (2018年7月10日). 2021年1月29日閲覧。
  21. ^ “プレスリリース:眞鍋かをりさん「LOVE SAIJO応援大使」就任イベントを東京・新橋で開催しました!”. 西条市経営戦略部シティプロモーション推進課 (西条市). (2018年10月5日). http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/citypromo/ouentaisisyuninnibentokaisaigo.html 2021年1月29日閲覧。 
  22. ^ a b “タレント 眞鍋かをりさん(上)3歳半の子どもに今も授乳 「おっぱいのおかげで子育てが楽になった」”. 読売新聞ヨミドクター (2019年4月24日). 2021年1月27日閲覧。
  23. ^ a b “眞鍋かをり 第一子・長女の私の心が軽くなった瞬間 p1”. 日経DUAL (2018年7月9日). 2021年1月27日閲覧。
  24. ^ “眞鍋かをりファザコンを告白 「父親が悲しむから結婚先延ばし」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年9月9日). http://www.j-cast.com/2009/09/09049278.html?p=all 2014年11月20日閲覧。 
  25. ^ “今夜くらべてみました|2013-06-05(水)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月20日閲覧。
  26. ^ “第二のふるさと 札幌での眞鍋かをりさんが懐かしい思い出を語る(みなみらしい眞鍋かをり情報ブログ)”. ココログ (2015年6月28日). 2021年1月27日閲覧。
  27. ^ “広げよう『里親』の輪 CASE3眞鍋かをりさんの場合 眞鍋かをりさんが子育てで大切にする「幸せになる力」って?”. 朝日新聞社メディアビジネス局. 2021年1月27日閲覧。
  28. ^ “眞鍋かをりに「まさか子供が!??」 うろたえるスタッフ”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2008年12月4日). http://www.j-cast.com/tv/2008/12/04031467.html 2013年7月15日閲覧。 
  29. ^ 『誰だって波瀾爆笑』2018年5月13日放送、スタジオに設置のフリップで紹介[放映時間00:13:03〜]
  30. ^ “「眞鍋かをり」からのお願い 〜 グッド・ライダー宣言 〜”. 警視庁. 2014年3月13日閲覧。
  31. ^ http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/archives/cat_10049042.html
  32. ^ “タレント 眞鍋かをりさん(下)仕事を次々むちゃ振りされ「ゴロでもいいから打つ」の気合いで20年”. 読売新聞ヨミドクター (2019年4月26日). 2021年1月27日閲覧。
  33. ^ 眞鍋かをりのココだけの話(2005年4月19日更新分)
  34. ^ 眞鍋かをり/スペシャルDVD(h.m.p社)
  35. ^ “真鍋かをり難関資格「チーズプロ」ゲット”. 日刊スポーツ. (2010年11月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101121-704850.html 
  36. ^ “大好きなひとと。。。 眞鍋かをりOfficial Blog”. livedoor (2011年6月8日). 2021年1月27日閲覧。
  37. ^ “二人旅行記~スイス編~① 眞鍋かをりOfficial Blog”. livedoor (2011年9月17日). 2021年1月27日閲覧。
  38. ^ 眞鍋かをり (2009年12月13日). “神”. 眞鍋かをりのココだけの話. 2009年12月13日閲覧。[リンク切れ]
    nanaparty(水樹奈々) (2009年12月13日). “愛媛娘っ☆”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年12月13日閲覧。
  39. ^ “極上空間 #414眞鍋かをり×犬山紙子”. BS朝日 (2019–04-20). 2021年1月27日閲覧。
  40. ^ “クラウドファンディング こどもギフト 眞鍋かをりOfficial Blog”. livedoor (2018年11月20日). 2021年1月27日閲覧。
  41. ^ a b 『眞鍋かをりさん激怒「応援してない!」のに選挙ポスター掲載:社会:スポーツ報知』報知新聞社、2009年7月30日。
  42. ^ http://kokkai.hourei.info/kokkai5-14.html
  43. ^ 『眞鍋かをり、城内実氏の選挙援軍報道に困惑 - MSN産経ニュース』産経デジタル、2009年7月29日。
  44. ^ 「えっ」と思った…眞鍋&城内ポスター撤去で決着,夕刊フジ,2009年7月31日
  45. ^ 眞鍋かをり (2012年9月16日). “眞鍋かをり Official Blog”. 2012年9月30日閲覧。
  46. ^ 『眞鍋かをりのココだけの話…といろんなはなし』95-98ページ「2006 Best Selection 9/17「夫婦別姓制度はまだなのか」より。
  47. ^ CA、スパイウェア撲滅キャンペーンに眞鍋かをりらが参加
  48. ^ 本物がいい加減なことをしていると偽物につけ入られる事例2件
  49. ^ 有名人ブログ:ココセレブ:Specialインタビュー: Vol.55 眞鍋かをりさん 【3】今、一番気になるのは同世代の女性
  50. ^ 眞鍋かをり ツイッター開始翌日にフォロワー1万越え 2011年7月6日 9時50分配信アメーバニュース
  51. ^ “眞鍋かをりの即決!2000円で美味しいお取り寄せ”. マガジンハウス. 2021年1月30日閲覧。
  52. ^ “NHK高校講座|世界史|出演者紹介”. NHK. 2015年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月1日閲覧。
  53. ^ “「ビビット」新レギュラーに眞鍋かをり、田嶋陽子氏ら参戦”. スポニチアネックス. (2016年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013450470.html 2016年9月30日閲覧。 
  54. ^ “バカリズムらが、番組で認めた【秘】情報をSNSで拡散!”. ウォーカープラス. (2014年9月24日). http://news.walkerplus.com/article/50678/ 2014年9月24日閲覧。 
  55. ^ “眞鍋かをり10年ぶり連ドラ テレ東「ウルトラマンR/B」で主人公の母親役”. スポーツ報知. (2018年10月26日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181025-OHT1T50193.html 2018年10月26日閲覧。 
  56. ^ “「ウルトラマンR/B」初日に湊兄妹変身!内田雄馬は「トレギア大好きおじさんです」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年3月8日). https://natalie.mu/eiga/news/323107 2019年3月9日閲覧。 
  57. ^ 大正製薬商品情報(2015年4月1日
  58. ^ 政府広報コマーシャル https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg18360.html
  59. ^ 眞鍋かをりのサンカクなキモチ

外部リンク

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=眞鍋かをり&oldid=81917355」から取得