出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと ほのか
松本 穂香
生年月日 (1997-02-05) 1997年2月5日(23歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府堺市[1][2]
身長 162 cm[3]
血液型 O型[4]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 2015年 -
事務所 フラーム
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
『ひよっこ』
『この世界の片隅に』
『病室で念仏を唱えないでください』
『竜の道 二つの顔の復讐者』
映画
『恋は雨上がりのように』
『あの頃、君を追いかけた』
『君は月夜に光り輝く』
『おいしい家族』
『わたしは光をにぎっている』
テンプレートを表示

松本 穂香(まつもと ほのか、1997年2月5日[3] - )は、日本の女優である。大阪府堺市出身[1]。フラーム所属。

略歴[編集]

高校時代から演劇部に所属して芝居を好み[5]、連続テレビ小説『あまちゃん』を観て女優を志す[6]

高校在学中に芸能事務所フラームのオーディションに自ら応募し合格[7]した。2015年1月に動画公開されたロッテの商品とのコラボレーションによる短編映画シリーズ『LOTTE SWEET FILMS』の第2弾「MY NAME」[8]に初めて出演し、女優としてデビュー[9]。続いて同年3月公開の『風に立つライオン』で長編映画デビューする[7]。一方で、高校卒業まで、大阪から新幹線で上京してオーディションを受けるも合格せずに当日に帰宅[10]する日々が続く[1]

高校卒業から半年を経た2015年9月に「東京で頑張るしかない」と意を決して上京し、担当マネージャーが有村架純と同じことから「有村架純の妹分」のキャッチフレーズ[7]で女優として本格的に活動を開始する[7][11]。翌2016年1月期のフジテレビ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で、有村が演ずる主人公が勤める介護施設の同僚役を演じて有村と初共演し、連続ドラマに初出演[6][12][13]。同年3月30日に、『ヨミガエラセ屋』で舞台に初出演して主役[6]を務めた。

2017年度前期のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でオーディションを経て念願だった朝ドラへの初出演を果たし[14][15]、ヒロインの有村と再共演した。有村演じるヒロイン・谷田部みね子が勤めるトランジスタラジオ工場の同僚・青天目澄子役を演じておかっぱ頭にメガネ姿で食いしん坊の女の子という個性的なキャラクターで脚光を浴び、ブレイク候補の1人として一躍注目を集める[15][16][17]。少年画報社『ヤングキング』2017年10月23日号で初めて漫画誌の表紙[18]に載る。

2018年1月より放送のauのCMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」への出演で注目を集め[19][20]、同年7月期のテレビドラマ『この世界の片隅に』で応募者約3,000人のオーディションを経て主人公のすず役[21]に抜擢され[20][22]、連続ドラマに初主演[23]。同年9月には初のフォトブック『negative pop』を刊行する[24]。同年末には、同年に輝いた女性としてファッション誌『VOGUE JAPAN』により「VOGUE JAPAN Women of the Year 2018」に選出される[25]

2018年冬季に伊藤健太郎とともにJR SKISKIのCMキャラクター[26]に採用される。

監督のふくだももこから「誰にも似てない、唯一無二の魅力がある[27]」「今の女優にいないタイプ[28]」との評を受け、2019年9月公開の映画『おいしい家族』にて長編映画で初主演を務め[28][29]、続いて11月公開の『わたしは光をにぎっている』[30]、翌2020年3月公開の『酔うと化け物になる父がつらい』[注 1][31]と主演作の公開が相次ぐ[32]。角川春樹監督の生涯最後の監督作品と位置づけられる2020年10月公開予定の『みをつくし料理帖』で主演を務める[33]

2020年4月、ラジオパーソナリティを初めて務めるTBSラジオ『新米記者・松本穂香です。』の放送が開始した[34]

人物[編集]

趣味は、お菓子作りである。 中学はバレーボール部、高校時代は演劇部[6]で活動する。かつては性格が地味だったが、高校時代にオタク気質の部員が多い演劇部で「自分だけが変わっているわけではない」と実感し、演技を通してもの作りの楽しさを知る[35]

ロックバンド「キュウソネコカミ」のファンであると公言し、ライブへ一人で出掛ける[35]。江崎グリコ「LEE」のCMで、好きなバンドにキュウソネコカミを挙げるとCMソングが書き下ろされて、ライブに招待されるなどした[10]。お笑いも好きであり、ジャルジャルのファン[36]。サツマカワRPGのライブにも足を運んでいる[37]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

WEBムービー[編集]

ミュージックビデオ[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

雑誌[編集]

連載[編集]

ディスコグラフィ[編集]

配信シングル[編集]

書籍[編集]

フォトブック[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 渋川清彦とのダブル主演。
  2. ^ 2020年4月14日から放送される予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、撮影を中止し放送開始を延期することが4月9日に発表された[66]。その後6月に撮影を再開し、7月28日から初回2時間SPで放送されることとなった[67]
  3. ^ 葉山奨之とのW主演。映画『恋は雨上がりのように』のスピンオフ。
  4. ^ 役名の表記は「松本ほの香」[83]
  5. ^ TBS系日曜劇場『この世界の片隅に』劇中歌。

出典[編集]

  1. ^ a b c 松本穂香 (2018年10月14日). <家族のこと話そう>志支える母の気遣い 女優・松本穂香さん. インタビュアー:五十住和樹. 東京新聞.. オリジナルの2019年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190514062102/https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201810/CK2018101402000189.html 2019年11月11日閲覧。 
  2. ^ 松本穂香 (2017年6月6日). 『ひよっこ』女優・松本穂香に聞く「新幹線」と「集団就職列車」(3ページ目). インタビュアー:鼠入昌史. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/2739?page=3 2020年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b “FLaMme official website”. フラーム. 2016年2月24日閲覧。
  4. ^ “vol.342 松本 穂香 -HONOKA MATSUMOTO-”. インターネットTVガイド. 今週のいちばん星. 東京ニュース通信社 (2017年5月14日). 2020年2月3日閲覧。
  5. ^ “松本穂香「“あまちゃんの中の人になりたい”って思った」”. 週刊女性PRIME. (2015年12月29日). http://www.jprime.jp/articles/-/7055 2018年6月1日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “有村架純の“妹分”松本穂香、月9デビュー!初舞台で座長の大役も”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年3月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151229/geo15122905040007-n1.html 2018年6月1日閲覧。 
  7. ^ a b c d 有村架純の妹分・松本穂香「このままじゃ終わってしまう」自ら掴んだチャンス…デビュー2年目、飛躍の年へ モデルプレスインタビュー. (インタビュー). ネットネイティブ. (2018年6月1日). モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1569172 2017年8月16日閲覧。 
  8. ^ a b “ロッテの人気お菓子 × 新人女優 × 新人監督 ショートムービー『LOTTE SWEET FILMS』 を公開 ロッテ公式チャンネル「Choco-motion TV」” (プレスリリース), 株式会社ロッテ, (2014年12月2日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000452.000002360.html 2016年2月24日閲覧。 
  9. ^ “有村架純の妹分の新人女優3人が、ロッテのお菓子とコラボした短編映画に主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年12月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2045425/full/ 2019年11月18日閲覧。 
  10. ^ a b 松本穂香 (2017年6月6日). 『ひよっこ』女優・松本穂香に聞く「新幹線」と「集団就職列車」. インタビュアー:鼠入昌史. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/2739 2020年2月3日閲覧。 
  11. ^ 松本穂香 (2019年11月10日). 松本穂香の上京物語 「東京で頑張るしかない」必死にもがき続けた日々. インタビュアー:望月ふみ. ハリウッドチャンネル. クラインクイン!.. https://www.crank-in.net/interview/70513/1 2019年11月18日閲覧。 
  12. ^ a b “いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう|登場人物相関図”. フジテレビ. 2017年5月1日閲覧。
  13. ^ “【はばたけ ’17NEWヒロイン】 有村架純先輩に続け!松本穂香、夢は朝ドラ出演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170110/geo17011005020006-n1.html 2017年8月16日閲覧。 
  14. ^ “朝ドラ「ひよっこ」“乙女寮”に注目美女集結 有村架純の妹分・松本穂香、「ソロモンの偽証」藤野涼子ら”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1659527 2019年11月18日閲覧。 
  15. ^ a b 松本穂香 (2017年10月23日). 『ひよっこ』澄子役で注目の松本穂香「私はヒロインタイプではない」. インタビュアー:斉藤貴志. oricon ME. ORICON NEWS.. https://www.oricon.co.jp/confidence/special/50364/ 2019年11月18日閲覧。 
  16. ^ “「ひよっこ」“おかっぱ頭のメガネっ娘”松本穂香が異彩を放つ 反響の大きさに「正直戸惑いました」”. モデルプレス. (2017年5月17日). https://mdpr.jp/interview/detail/1687146 2017年8月16日閲覧。 
  17. ^ 松本穂香 (2017年5月18日). 「あの子は誰?」と熱視線!「ひよっこ」“メガネっ娘”松本穂香の素顔とは…「あの頃より自分が好きになった」<モデルプレスインタビュー>. (インタビュー). ネットネイティブ. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1687463 2019年11月18日閲覧。 
  18. ^ “松本穂香、本日発売『ヤングキング』に登場!“ひよっこ”ではない一人前の魅力満載の超豪華グラビア!”. 【es】エンタメステーション. (2017年10月23日). https://entertainmentstation.jp/news/132215 2017年11月3日閲覧。 
  19. ^ “松本穂香:「ひよっこ」の“メガネっ娘”がauの新CMシリーズに からあげ好きも明かす”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年1月29日). https://mantan-web.jp/article/20180129dog00m200017000c.html 2019年11月18日閲覧。 
  20. ^ a b “「この世界の片隅に」TBSで連続ドラマ化 CMで注目の松本穂香がヒロイン”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/05/kiji/20180504s00041000436000c.html 2019年11月18日閲覧。 
  21. ^ “「この世界の片隅に」松本穂香が主演!ひよっこ女優がオーディション勝ち抜く”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100531 2018年5月5日閲覧。 
  22. ^ 石井百合子 (2018年7月15日). “「この世界の片隅に」松本穂香ヒロイン抜擢の理由”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102247 2019年11月18日閲覧。 
  23. ^ “松本穂香、“ひよっこ”から主演女優へ!7月スタート「この世界の片隅に」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年5月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180505/geo18050506000003-n1.html 2019年11月18日閲覧。 
  24. ^ “松本穂香が初のフォトブック「私の1年が見えるような作品に」”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年9月17日). https://news.mynavi.jp/article/20180917-693996/ 2019年11月18日閲覧。 
  25. ^ “松本穂香:“今年輝いた女性”に選出 「VOGUE JAPAN Women of the Year」受賞に「キラキラした場所に立っていいのかな」”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年11月26日). https://mantan-web.jp/article/20181126dog00m200028000c.html 2019年11月18日閲覧。 
  26. ^ “松本穂香 冬のヒロインに決定 今日俺!伊藤健太郎とW主演 JR SKISKI”. デイリースポーツ. (2018年12月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/20/0011920109.shtml 2019年1月26日閲覧。 
  27. ^ “松本穂香の魅力は?「おいしい家族」など主演作の監督3人が力説”. 映画ナタリー. (2019年9月23日). https://natalie.mu/eiga/news/348610 2019年11月18日閲覧。 
  28. ^ a b 名鹿祥史 (2019年7月31日). “松本穂香、主演映画の監督から「今の女優にいないタイプ」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0110258 2019年11月18日閲覧。 
  29. ^ “松本穂香の長編初主演映画『おいしい家族』 浜野謙太&板尾創路と家族に”. CINRA.NET. (2019年1月23日). https://www.cinra.net/news/20190123-oishiikazoku 2019年1月26日閲覧。 
  30. ^ “松本穂香、中川龍太郎監督の最新作で主演! モスクワ国際映画祭に正式出品”. 映画.com. (2019年4月3日). https://eiga.com/news/20190403/6/ 2019年11月18日閲覧。 
  31. ^ “家族崩壊エッセイ「酔うと化け物になる父がつらい」松本穂香&渋川清彦で映画化”. 映画.com. (2019年3月3日). https://eiga.com/news/20190303/3/ 2019年11月18日閲覧。 
  32. ^ 石井健 (2019年11月15日). “松本穂香、相次ぐ主演 きょう公開「わたしは光をにぎっている」”. 産経ニュース (産経デジタル). https://www.sankei.com/entertainments/news/191115/ent1911150005-n1.html 2019年11月18日閲覧。 
  33. ^ “松本穂香主演で「みをつくし料理帖」映画化! 角川春樹氏、最後の監督作に”. 映画.com. (2019年8月6日). https://eiga.com/news/20190806/13/ 2019年11月18日閲覧。 
  34. ^ a b “松本穂香がパーソナリティーに挑戦、TBSラジオ『新米記者・松本穂香です。』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年3月25日). https://www.cinra.net/news/20200325-matsumotohonoka 2020年4月5日閲覧。 
  35. ^ a b 松本穂香 (2016年3月10日). 松本穂香インタビュー『“有村架純の妹分はラッキー? でも私はおもしろ系―違う分野を進みたい』. インタビュアー:吉田可奈. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/special/48718/ 2016年3月10日閲覧。 
  36. ^ “松本穂香、前のめりの“ジャルジャル”トーク”. Narinari.com. (2019年3月5日). https://www.narinari.com/Nd/20190353515.html 2020年2月3日閲覧。 
  37. ^ 松本穂香 [@matsuhonon] (2019年10月5日). "サツマカワRPGさんの単独ライブに行かせて頂きました☺️🌸 めちゃめちゃ笑った。。。 めちゃめちゃ面白い。。。 ずっとみてられる。。。 プレイヤーチェンジ!!" (ツイート). Twitterより2020年2月3日閲覧
  38. ^ “二宮監督本気出しすぎ! 虚実入り交じる映画「MATSUMOTO TRIBE」公開で映画業界ざわつく”. ねとらぼ (アイティメディア). (2017年4月13日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/13/news154.html 2017年5月1日閲覧。 
  39. ^ “japanlove”. 2018年4月18日閲覧。
  40. ^ 岐阜新聞映画部 [@gifunpmovieclub] (2017年3月9日). "【映画部 春の特別興行】 映画『JAPAN LOVE』の上映&トークショーの開催決定! なんと、劇場初公開という貴重な作品です。 出演者の #ボビー・オロゴン さん、 #山田邦子 さん、#松本穂香 さんのご登壇も決まりましたので、ぜひお越しください!" (ツイート). Twitterより2020年4月1日閲覧
  41. ^ “きりゅうシネマ「リクエスト・コンフュージョン」監督・脚本をマキタカズオミ”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年5月10日). https://natalie.mu/stage/news/231747 2018年4月18日閲覧。 
  42. ^ “堀田真由×松本穂香×阿部進之介、オムニバスサスペンスホラー「狂い華」公開決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年9月8日). http://natalie.mu/eiga/news/247945 2017年9月8日閲覧。 
  43. ^ “実写『恋は雨上がりのように』清野菜名、磯村勇斗、戸次重幸ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2104556/full/ 2018年1月24日閲覧。 
  44. ^ “「ひよっこ」松本穂香&ボイメン水野勝、高杉真宙主演「世界でいちばん長い写真」に出演!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年8月7日). http://eiga.com/news/20170807/16/ 2018年4月18日閲覧。 
  45. ^ “道尾秀介原案、津田寛治&駒井蓮主演「名前」18年初夏公開決定 追加キャストに筒井真理子ら”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年11月6日). http://eiga.com/news/20171106/3/ 2018年4月18日閲覧。 
  46. ^ 松本穂香 [@matsuhonon] (2018年9月1日). "昨日から公開の映画「SUNNY強い気持ち・強い愛」に出演させて頂いております!初めての大根監督作品!ドキドキ嬉しかったです。ぜひ劇場で見つけてみてください〜! #SUNNY強い気持ち・強い愛" (ツイート). Twitterより2020年4月1日閲覧
  47. ^ “山田裕貴×乃木坂46齋藤飛鳥、台湾映画「あの頃、君を追いかけた」日本版の製作決定”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年10月3日). https://natalie.mu/eiga/news/251246 2017年10月18日閲覧。 
  48. ^ a b “YouTuber松本穂香が暴走、映画『アストラル・アブノーマル鈴木さん』特報”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年12月18日). https://www.cinra.net/news/20181122-asabszk 2018年12月18日閲覧。 
  49. ^ “映画「チワワちゃん」で松本穂香演じる“クマ”のビジュアルが公開”. NEWSポストセブン (小学館). (2019年1月11日). https://www.news-postseven.com/archives/20190111_845896.html 2020年4月1日閲覧。 
  50. ^ “永野芽郁、朝ドラ後初の映画主演 北村匠海と初共演で『君は月夜に光り輝く』実写化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2121477/full/ 2018年12月18日閲覧。 
  51. ^ “松本穂香主演作「おいしい家族」が秋に公開、板尾創路や浜野謙太と家族に”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年1月23日). https://natalie.mu/eiga/news/316994 2019年3月3日閲覧。 
  52. ^ “松本穂香、中川龍太郎監督の最新作で主演! モスクワ国際映画祭に正式出品”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年4月3日). https://eiga.com/news/20190403/6/ 2020年4月1日閲覧。 
  53. ^ “宮沢氷魚映画初主演『his』2020年1月公開決定 今泉力哉監督が男性同士の恋愛を描く”. Real Sound (blueprint). (2019年7月30日). https://realsound.jp/movie/2019/07/post-395446.html 2019年7月30日閲覧。 
  54. ^ “「酔うと化け物になる父がつらい」実写映画化、松本穂香&渋川清彦がW主演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年3月3日). https://natalie.mu/comic/news/322266 2019年3月3日閲覧。 
  55. ^ “松本穂香が青春特有の危うさと儚さを体現『君が世界のはじまり』今夏公開”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年3月31日). https://www.crank-in.net/news/75303/1 2020年4月1日閲覧。 
  56. ^ 青くて痛くて脆い公式ウェブサイトaokuteitakutemoroi-movie.jp(2020年4月18日).2020年4月20日閲覧。
  57. ^ “角川春樹氏、ラスト映画『みをつくし料理帖』が来秋公開「この映画に身を尽くす」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月6日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190806/geo19080606010017-n1.html 2019年8月6日閲覧。 
  58. ^ “有村架純、緊張する後輩・松本穂香を愛くるしい笑顔で勇気づける”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170130/geo17013017260029-n1.html 2017年1月31日閲覧。 
  59. ^ “松本穂香、メガネっ娘からオシャレ女子に変身!朝ドラ出演後初の民放ドラマ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年7月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170713/geo17071305050013-n1.html 2017年7月13日閲覧。 
  60. ^ 登場人物紹介 NHK for School 昔話法廷
  61. ^ “青柳翔主演ドラマ「食い逃げキラー」に松本穂香や浅香航大が出演、特報も公開”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月15日). https://natalie.mu/eiga/news/269527 2018年4月18日閲覧。 
  62. ^ “平成物語 - フジテレビ” (日本語). フジテレビ. http://www.fujitv.co.jp/heisei-story/ 2018年4月5日閲覧。 
  63. ^ “ドラマ「この世界の片隅に」すず役は松本穂香、周作役は松坂桃李!伊藤沙莉らも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月5日). https://natalie.mu/eiga/news/280578 2018年5月5日閲覧。 
  64. ^ “松本穂香と松尾諭がW主演、ネットの過激動画巡るドラマ「JOKER×FACE」放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月23日). https://natalie.mu/eiga/news/313447 2018年12月27日閲覧。 
  65. ^ “伊藤英明:12年ぶりTBSドラマ主演で“僧医”に 中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香も出演 「病室で念仏を唱えないでください」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年10月31日). https://mantan-web.jp/article/20191030dog00m200071000c.html 2019年11月27日閲覧。 
  66. ^ “関西テレビ ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」撮影中止、放送開始を延期を発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/09/kiji/20200409s00041000148000c.html 2020年4月9日閲覧。 
  67. ^ "玉木宏&高橋一生『竜の道』7.28スタート 『由利麟太郎』終了後に". マイナビニュース. マイナビ. 2020-06-11. 2020年8月5日閲覧
  68. ^ “松本穂香、玉木宏&高橋一生の妹役 復讐劇『竜の道』ヒロイン”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2156796/full/ 2020年3月6日閲覧。 
  69. ^ SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』、TBSテレビ、2017年12月26日閲覧。
  70. ^ “『恋は雨上がりのように』スピンオフ!葉山奨之×松本穂香ドラマ配信”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100589 2018年5月7日閲覧。 
  71. ^ “NHKドキュメンタリー - コズミック フロント☆NEXT▽宇宙が真空崩壊?宇宙の未来をパパに習ってみた”. NHK. 2018年4月15日閲覧。
  72. ^ “NHK歳末たすけあい・NHK海外たすけあい”. NHK放送センター. 2018年4月15日閲覧。
  73. ^ “松本穂香、氷点下50度ブルルン滞在記 24日放送「ウルルン」で永久凍土のロシア・サハ共和国へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/09/kiji/20190308s00041000343000c.html 2019年3月9日閲覧。 
  74. ^ “異例のひらがな1文字番組 8・12NHK「ん」松本穂香がコメディー挑戦 日常の違和感テーマ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年7月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/29/kiji/20200729s00041000240000c.html 2020年7月29日閲覧。 
  75. ^ “松本穂香、伊藤健太郎が湯浅政明の新作アニメ「きみと、波にのれたら」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月18日). http://natalie.mu/eiga/news/320288 2019年2月18日閲覧。 
  76. ^ “松本穂香と瀬戸利樹が幼なじみに、長編アニメ「君は彼方」2020年秋公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月3日). http://natalie.mu/eiga/news/369472 2020年3月3日閲覧。 
  77. ^ “江崎グリコ ビーフカレーLEE(リー)新CM「辛い(うまい)」篇に松本穂香さんが出演しています”. CM Watch. (2016年6月1日). http://cm-watch.net/glico-lee/ 2017年5月13日閲覧。 
  78. ^ “西日本鉄道 アイランドシティセンターマークスタワー新CMに松本穂香さんが出演しています”. CM Watch. (2017年5月13日). http://cm-watch.net/centermarkstower/ 2017年5月13日閲覧。 
  79. ^ “「ひよっこ」眼鏡の澄子、松本穂香が伊藤園CM登場”. 日刊スポーツ. (2017年8月24日). オリジナルの2017年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170831232218/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1876643.html 2017年8月24日閲覧。 
  80. ^ “ほうじ茶の魅力をほっこりとした世界観でお届け ほうじ茶女子として松本穂香さんとニッチェの江上敬子さん・近藤くみこさんが登場 「お~いお茶 ほうじ茶」新作TV-CM『や~るじゃん、ほうじ茶』篇 8月30日(水)より放映開始” (プレスリリース), 伊藤園, (2017年8月24日), https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24974 2018年11月28日閲覧。 
  81. ^ “ほうじ茶の魅力をほっこりとした世界観でお届け ほうじ茶女子として松本穂香さんとMIO YAE(ミオヤエ)が登場 「お~いお茶 ほうじ茶」新作TV-CM『ほうじ茶女子会』篇 9月24日(月)より放映開始” (プレスリリース), 伊藤園, (2018年9月21日), https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=25218 2018年11月28日閲覧。 
  82. ^ “神木隆之介、“意識高すぎ”高校生に!au新シリーズCMに松本穂香と参戦”. シネマカフェ (イード). (2018年1月29日). http://www.cinemacafe.net/article/2018/01/29/55124.html 2018年1月29日閲覧。 
  83. ^ “意識の高い神木隆之介、学力判明 auのCM「意識高すぎ!高杉くん」新作”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年4月13日). https://www.cinra.net/news/gallery/142847/4 2018年5月15日閲覧。 
  84. ^ “『選べる学割』 新CM 「購買部」篇 2018年3月1日(木)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI株式会社, (2018年3月1日), https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/180301/prl1803010010003-s1.htm 2018年3月24日閲覧。 
  85. ^ “意識の高い神木隆之介、学力判明 auのCM「意識高すぎ!高杉くん」新作”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年4月13日). https://www.cinra.net/news/20180413-takasugikun 2018年4月15日閲覧。 
  86. ^ “『au STAR』 新CM 「転校生」篇 2018年6月5日(火)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2018年6月5日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201806044608 2019年8月31日閲覧。 
  87. ^ “中川大志の怪演が話題! au新CMで高杉&細杉くんの運動神経が明らかに” (日本語). マイナビニュース (2018年7月2日). 2019年1月1日閲覧。
  88. ^ “細杉くんの家族が次々登場!!『家族で選べるプラン』新CM「お見舞い」篇 2018年10月1日(月)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2018年10月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201809288548 2019年8月31日閲覧。 
  89. ^ “高杉くんと松本さんが駅のホームで急接近!? 新CM 「一緒に」篇 2018年12月14日(金)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2018年12月14日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201812131416 2019年8月31日閲覧。 
  90. ^ “新年は三太郎・高杉くんシリーズと“一緒に”スタート! 新CM「一緒にいこう」篇” (プレスリリース), KDDI, (2019年1月4日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201812281855 2019年8月31日閲覧。 
  91. ^ “細杉くんが見事なドラム演奏を披露!意識高すぎ!高杉くん新CM 「ドラム」篇 1月29日(火)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年1月29日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201901282599 2019年8月31日閲覧。 
  92. ^ “意識高すぎな高杉くんのおばあちゃんが初登場!新CM「おばあちゃん」篇 2月1日(金)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年2月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201901312733 2019年8月31日閲覧。 
  93. ^ “流行のタイムスリップ写真に挑戦!!意識高すぎ!高杉くん「タイムスリップ写真」篇 3月18日(月)よりOA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年3月18日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201903154292 2019年8月31日閲覧。 
  94. ^ “高杉くんと細杉くんがあっち向いてホイで真剣勝負!意識高すぎ!高杉くん「真剣勝負」篇5月7日(火)OA開始” (プレスリリース), KDDI, (2019年5月7日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201904265897 2019年8月31日閲覧。 
  95. ^ “高杉くんと細杉くんがカラオケバトル!『au WALLET ポイント』新CM「カラオケ」篇8月29日(木)よりOA” (プレスリリース), KDDI, (2019年8月28日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201908270065 2019年8月31日閲覧。 
  96. ^ “筋肉痛必至!な松本穂香さんの新CM 超急勾配の坂道を自転車で全力疾走! 大王製紙「エリス コンパクトガード」新CM『いけいけコンパクトガード』篇、2018年11月3日(土・祝)よりオンエア開始” (プレスリリース), 大王製紙, (2018年10月31日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000273.000001310.html 2018年11月11日閲覧。 
  97. ^ “松本穂香:「JR SKISKI」の新ヒロインに スノボ初挑戦で伊藤健太郎から指南”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年12月21日). https://mantan-web.jp/article/20181220dog00m200005000c.html 2018年12月21日閲覧。 
  98. ^ “松本穂香さんを起用し、Re就活プロモーションを展開。” (プレスリリース), 学情, (2019年5月1日), https://company.gakujo.ne.jp/re_pr/ 2019年5月6日閲覧。 
  99. ^ LOTTE SWEET FILMS|お口の恋人 ロッテ
  100. ^ ブラ・リサイクルキャンペーン ワコール
  101. ^ “Saku、注目の新人女優“松本穂香”が出演する新曲「春色ラブソング」MV公開”. OKMusic (株式会社オーケーライフ). (2016年1月26日). http://okmusic.jp/#!/news/109588 2016年2月24日閲覧。 
  102. ^ a b “JUON、ソロアルバム収録曲MVを2作同時公開 松本穂香が主役の連動した作品に”. Real Sound (株式会社blueprint). (2016年5月18日). http://realsound.jp/2016/05/post-7556.html 2018年4月18日閲覧。 
  103. ^ “中孝介「花」新MVに松本穂香&奥野瑛太”. 音楽ナタリー. (2016年10月19日). http://natalie.mu/music/news/206104 2016年10月20日閲覧。 
  104. ^ “ラスボス・般若、6/3野音ワンマン前に新作「生きる」をリリース”. ライブドアニュース (LINE株式会社). (2017年6月8日). http://news.livedoor.com/article/detail/13147494/ 2018年4月18日閲覧。 
  105. ^ “milet新曲MVで松本穂香が路上で寝転んだり、車の上で踊ったり”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月14日). https://natalie.mu/music/news/319861 2019年2月14日閲覧。 
  106. ^ “JAPAN MADE PROJECT TOKYO “URBAN SENTO” コンセプトの「余白のあるくらし」をテーマにしたイメージソング「新しい光」を発表!! 同時に映画監督・中川龍太郎によるミュージックビデオを公開出演は女優の松本穂香、小野莉奈” (プレスリリース), アーバンリサーチ, (2020年3月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000584.000003710.html 2020年4月18日閲覧。 
  107. ^ 舞台「ヨミガエラセ屋」オフィシャルサイト- Pay It Forward Project
  108. ^ “SHINPA vol.5 ENDLESS SUMMER - LOFT PROJECT SCHEDULE”. LOFT9 Shibuya. 2018年4月18日閲覧。
  109. ^ “上映企画「SHINPA vol.8」開催、今泉力哉や渡辺大知の短編を再び”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月16日). https://natalie.mu/eiga/news/265301 2018年4月18日閲覧。 
  110. ^ “「この世界の片隅に」松本穂香が歌う「山の向こうへ」の先行配信が決定!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年8月12日). https://thetv.jp/news/detail/158141/ 2019年11月11日閲覧。 
  111. ^ “松本穂香が“知らない私を解放”した1stフォトブック「Negative Pop」発売”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年7月11日). https://natalie.mu/eiga/news/290594 2018年9月4日閲覧。 
  112. ^ “邦画1位は「宮本から君へ」 おおさかシネマフェス”. 大阪日日新聞. (2020年1月31日). https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200131/20200131032.html 2020年3月11日閲覧。 

外部リンク[編集]

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松本穂香&oldid=78898419」から取得