出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

もとかりや ユイカ
本仮屋 ユイカ
本名 本仮屋 ユイカ
生年月日 (1987-09-08) 1987年9月8日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都目黒区
身長 165 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ、映画
活動期間 1999年 -
著名な家族 本仮屋リイナ(妹)
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
『ファイト』
『僕の歩く道』
『薔薇のない花屋』
『そこをなんとか』
映画
『スウィングガールズ』
『Dear Friends』
『ラブレター 蒼恋歌』
その他
『わくわくサイエンス』
『王様のブランチ』総合司会
テンプレートを表示

本仮屋 ユイカ(もとかりや ユイカ、1987年9月8日 - )は、日本の女優。本名同じ。東京都目黒区出身[1]。スターダストプロモーション所属。

来歴

10歳の時に芸能事務所テアトルアカデミーに所属し[要出典]、『わくわくサイエンス』(NHK教育)でテレビ初出演[1]。日本大学芸術学部演劇学科を卒業[2][3]

連続ドラマでは2001年『3年B組金八先生』(TBS)第6シリーズに生徒役として出演[1]。2005年に連続テレビ小説『ファイト』(NHK)で主演を務めたほか、『僕の歩く道』(関西テレビ)、『薔薇のない花屋』(フジテレビ)にも出演。映画では2006年から2007年にかけて、『Dear Friends』、『ラブレター 蒼恋歌』に主演。2008年に映画『相棒 -劇場版-』に出演している。

2007年、松任谷由実の曲をもとにしたショートフィルム『Yuming Films Project』中の一編「リフレインが叫んでる」に出演した。

2012年4月7日より、約9年に渡り司会を務めた優香の後任として、TBSの情報バラエティ『王様のブランチ』のメインキャスターに起用され[4]、2015年9月26日まで3年半の間出演した[5]

2013年7月公開の劇場版アニメ映画『それいけ!アンパンマン とばせ! 希望のハンカチ』で声優デビュー[6]

人物

姓の「本仮屋」の「仮屋」は、薩摩藩における代官所の意[7]で、祖父の出身地である鹿児島県に多い[8]。妹は元東海テレビ放送アナウンサーの本仮屋リイナ[9][10]

座右の銘は「初志貫徹」。これは『3年B組金八先生』の劇中で演じた青沼美保が立志式の際に記したもので、2005年元旦にも書き初めとして表した[要出典]

趣味はジョギング、音楽鑑賞、読書、水泳。日焼けしやすく、日傘を持ち歩くことを欠かさない。好物は、和菓子、叔母が作る春雨サラダ、焼餅。好きな歌手は松任谷由実とaikoで、前者は「常にiPodの最近再生した曲ベスト10に入っている。」とのこと[11]

『スウィングガールズ』で共演した貫地谷しほりと仲良くなり「珍名コンビ」と呼ばれ、現在も親友である[要出典]

出演

テレビドラマ

配信ドラマ

映画

劇場アニメ

舞台

webドラマ・ムービー

情報番組

教育番組・教養番組

音楽番組

ドキュメンタリー

CM

ラジオ

その他

写真集

脚注

注釈

  1. ^ 演奏会でトロンボーンを披露。2010年9月5日(NHK-BShi)および9月10日(NHK-BS2)の『クラシック倶楽部』でもほぼ同様の内容を放送。
  2. ^ 本放送は4月から。3月はパイロット版扱いだが、東日本大震災の影響で3月6日の1回のみの放送に終わった。
  3. ^ 平日ワイド番組『土屋礼央 レオなるど』(2016年3月28日 - 、毎週月〜木曜)、『金曜ブラボー。』(2015年4月3日 - 、毎週金曜)内で15:36 - 15:41に放送(以前は15:40頃から始まることもままあった)。またABCラジオでも14:54 - 15:00に先行ネットされていた。

出典

  1. ^ a b c “本仮屋ユイカ”. KINENOTE. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ “卒業生の活躍”. 日本大学芸術学部. 日本大学. 2018年5月10日閲覧。
  3. ^ a b “本仮屋ユイカ、演劇学科出身も“舞台”初挑戦「うっかりしていて…」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2011年10月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2003104/full/ 2015年12月3日閲覧。 
  4. ^ a b “本仮屋ユイカ:優香の後任で 「王様のブランチ」新司会に 「楽しい番組に」と意気込み”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2012年4月5日). https://mantan-web.jp/article/20120405dog00m200068000c.html 2019年7月24日閲覧。 
  5. ^ a b “本仮屋ユイカ、『王様のブランチ』卒業 谷原章介のねぎらいに涙声”. ORICON STYLE (2015年9月26日). 2015年9月26日閲覧。
  6. ^ a b “本仮屋ユイカ:25歳の挑戦! 25作目の劇場版「アンパンマン」でアニメ声優に”. まんたんウェブ. (2013年5月3日). http://mantan-web.jp/2013/05/03/20130502dog00m200083000c.html 2013年5月3日閲覧。 
  7. ^ “「仮屋」さんの名字の由来、語源、分布。 - 日本姓氏語源辞典・人名力” (日本語). 日本姓氏語源辞典. 2020年5月12日閲覧。
  8. ^ “「本仮屋」さんの名字の由来、語源、分布。 - 日本姓氏語源辞典・人名力” (日本語). 日本姓氏語源辞典. 2020年5月12日閲覧。
  9. ^ “本仮屋ユイカの妹 ミス青山学院大学を経て女子アナに内定”. NEWSポストセブン. 小学館 (2012年11月26日). 2013年4月11日閲覧。
  10. ^ “ユイカ妹・本仮屋リイナ、異例の入社日即デビュー”. サンケイスポーツ. (2013年4月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130411/oth13041105230020-n1.html 2013年4月11日閲覧。 
  11. ^ “ユーミン!”. オフィシャルブログ「Expression to Yuika」 (2007年9月7日). 2013年4月11日閲覧。
  12. ^ “遠藤憲一が“女子力”高い大学生に 『民王』連ドラ化で菅田将暉とW主演”. ORICON (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
  13. ^ “上川隆也主演「佐方貞人」シリーズ第3弾 新パートナーは本仮屋ユイカ”. ORICON STYLE. (2016年11月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2081295/full/ 2016年11月11日閲覧。 
  14. ^ “渡瀬恒彦さん 未公開主演ドラマ放送決定「判事失格!? 弁護士夏目連太郎の逆転捜査」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年3月17日). https://thetv.jp/news/detail/104000/ 2019年7月24日閲覧。 
  15. ^ “吉本実憂“不良少女”役で新境地「挑戦しがいのある役」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2096723/full/ 2017年9月4日閲覧。 
  16. ^ “萩原聖人:SPドラマで妹を殺された刑事役に 本仮屋ユイカ&加藤雅也と初共演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年3月7日). https://mantan-web.jp/article/20180306dog00m200035000c.html 2018年3月7日閲覧。 
  17. ^ “本仮屋ユイカ:佐々木蔵之介主演“大人恋愛ドラマ”に出演 “魔性の秘書”役「自分にこんな感覚が…」”. MANTANWEB. (2018年10月4日). https://mantan-web.jp/article/20181003dog00m200053000c.html 2018年12月16日閲覧。 
  18. ^ “稲葉友が松居大悟のドラマ「平成ばしる」で主演、阿部純子や松重豊も参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月30日). https://natalie.mu/eiga/news/310083 2018年12月5日閲覧。 
  19. ^ “プレミアムドラマ ベビーシッター・ギン!”. NHK. 2019年8月4日閲覧。
  20. ^ “身分は曖昧。昇進も関係なし。再雇用警察官が刑事の勘と人脈を武器に難事件に挑む!:再雇用警察官”. テレ東プラス. テレビ東京 (2020年5月11日). 2020年7月4日閲覧。
  21. ^ “ドラマ「マイラブ・マイベイカー」主演は本仮屋ユイカ! 飯島寛騎、竹財輝之助も参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月13日). https://natalie.mu/eiga/news/375140 2020年4月13日閲覧。 
  22. ^ “本仮屋ユイカ映画「ゴースト」超えの熱演 主演ドラマで“官能的に”パンをこねる”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月3日). https://hochi.news/articles/20200703-OHT1T50170.html 2020年7月4日閲覧。 
  23. ^ “dTV×FODドラマ「Love or Not」メイキング”. フジテレビONE/TWO/NEXT (2017年4月11日). 2017年4月11日閲覧。
  24. ^ “濱田岳がバイクにまたがり日本一周、実録マンガ原作のドラマ予告公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年9月21日). http://natalie.mu/eiga/news/249511 2017年9月21日閲覧。 
  25. ^ “映画『闇金ウシジマくん2』菅田将暉、窪田正孝ほか追加キャスト13人決定!”. クランクイン!!. ハリウッドチャンネル (2014年2月3日). 2014年2月10日閲覧。
  26. ^ “「ピーチガール」もも&とーじが制服デート!? 追加キャストも発表”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年2月13日). http://eiga.com/news/20170213/4/ 2017年2月13日閲覧。 
  27. ^ “「ウルトラマンジード」劇場版公開、本仮屋ユイカがゲスト出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年11月23日). http://natalie.mu/eiga/news/257886 2017年11月23日閲覧。 
  28. ^ “藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明出演×綾田俊樹演出でアラン・エイクボーンのヒット・コメディーを上演”. シアターガイド (2015年9月15日). 2015年9月16日閲覧。
  29. ^ “本仮屋ユイカ 舞台「妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』」公演スタート!”. スターダストプロモーション (2017年5月7日). 2017年9月4日閲覧。
  30. ^ 本仮屋ユイカ (2018年12月7日). 本仮屋ユイカ「私の考える“演じる”という概念を全部リニューアルする可能性がある舞台だと思ったら、すごく前向きな気持ちになりました」. インタビュアー:田中隆信. ウォーカープラス.. https://www.walkerplus.com/article/171698/ 2018年12月7日閲覧。 
  31. ^ ““キットカットブレイク”を本格的な4篇のショートフィルムで描く『ビタースウィート~オトナの交差点~』9月30日(火)よりコンセプトシネマとして「ネスレシアターon YouTube」にて公開~月川翔監督、本仮屋ユイカ主演、ミッキー・カーチス他、豪華俳優陣!Kが主題歌&俳優に初挑戦~” (プレスリリース), ネスレ日本, (2014年9月18日), http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/documents/20140918_kitkat.pdf 2019年7月24日閲覧。 
  32. ^ a b “本仮屋ユイカ、5年ぶりの写真集は「毎日筋肉痛になるくらいアクロバティックな撮影でした」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170109/geo17010914190019-n1.html 2017年1月9日閲覧。 
  33. ^ “本仮屋ユイカ、胸をたわわに「また最高傑作出た」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年2月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002150000330.html 2020年2月15日閲覧。 

関連項目

外部リンク

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=本仮屋ユイカ&oldid=78294721」から取得