出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ありむら かすみ
有村 架純
有村 架純
第21回秋華賞表彰式
(2016年10月16日)
生年月日 (1993-02-13) 1993年2月13日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県伊丹市
身長 160 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 2010年 -
著名な家族 有村藍里(姉)[1]
事務所 フラーム
公式サイト FLaMme > 有村架純
主な作品
テレビドラマ
『ハガネの女』シリーズ
『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』シリーズ
『あまちゃん』
『スターマン・この星の恋』
『失恋ショコラティエ』
『弱くても勝てます』
『ようこそ、わが家へ』
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
『ひよっこ』シリーズ
映画
『劇場版SPECシリーズ』
『ストロボ・エッジ』
『映画 ビリギャル』
『僕だけがいない街』
『アイアムアヒーロー』
『何者』
『3月のライオン』
『ナラタージュ』
『コーヒーが冷めないうちに』
『花束みたいな恋をした』
アニメ映画
『思い出のマーニー』
舞台
『ジャンヌ・ダルク』
テンプレートを表示

有村 架純(ありむら かすみ、1993年〈平成5年〉2月13日 - )は、日本の女優。兵庫県伊丹市出身[2]。フラーム所属。

来歴

2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校[3]在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格。

2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり[4]、4月に親元を離れて上京[4][5]。 同年5月、『ハガネの女』(テレビ朝日)でドラマ初出演を果たし、同年12月、FLaMme mobileで携帯ブログをスタートした。

2011年1月、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演を果たし、同年11月に『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演を果たした。

2013年4月、出生地である伊丹市より「伊丹市大使」に任命される[2]。同年7月より、アメーバブログをスタート。また、連続テレビ小説 『あまちゃん』(NHK)で、小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博し、数ヶ月で大ブレイクを果たした。ニホンモニターによる「2013タレントCM起用社数ランキング」で圏外からトップ10入り、VIPタイムズ社(『日本タレント名鑑』発行元)による業界人1,000人を対象としたアンケートで選ばれた「2014年にブレイクを期待するタレント」で女性部門1位となるなど、注目を集めた[6][7]

2014年7月公開のスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』でオーディションを経てダブルヒロインの1人・マーニー役に抜擢され、同作に声優として出演を果たす[8]。同年10月、舞台劇 『ジャンヌ・ダルク』で初舞台を踏む。同年映画 『ストロボ・エッジ』の役作りのため、デビュー以来一度も短くしたことのなかった髪を20cmカットした。

2015年5月、主演映画『映画 ビリギャル』にて金髪ギャルを演じ、話題となる。同年6月、『永遠のぼくら sea side blue』(日本テレビ)で、地上波ドラマ初主演[9]。同年10月、『海に降る』(WOWOW)で、連続ドラマ初主演[10]

2016年主演映画『映画 ビリギャル』での演技により第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞[11]、さらに『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』での演技により第58回ブルーリボン賞主演女優賞[12]を受賞する。同年1月、フジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で同枠および民放連続ドラマ初主演[13]

2016年11月12日、第67回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に起用されることがNHKより発表され(対戦相手の白組は相葉雅紀〈嵐メンバー〉)[14]、同年12月31日放送の同紅白で紅組司会者を務めた。自身にとっては初の司会業となる。

2017年前期連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)ヒロインに選ばれた[15]。脚本の岡田惠和の強い要望もあり、オーディションを行わずに主演が決まった[16][17]

2017年11月13日、第68回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に再び起用されることがNHKより発表され(対戦相手の白組は二宮和也〈嵐メンバー〉)、同年12月31日放送の同紅白で2度目の紅組司会者を務めた[18]。自身にとっては2年連続での司会業となる。

2021年3月3日、第12回 Asian Pop-Up Cinemaで作品『有村架純の撮休(#1)』と『劇場版 そして、生きる』が評価され、BRIGHT STAR AWARDを日本人初の受賞[19]

人物

出演

※役名が太字で記載されているものは主演した作品

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

舞台

ウェブドラマ

ウェブ映画

ドキュメンタリー番組

その他テレビ番組

PV

CM

  • 亀田の柿の種(いわゆる柿ピー)
  • 商品CMモデル(2013年9月27日 - 2019年下半期現在)[91][92]
  • 商品CMキャラクター「有村架純開発部長」 - 亀田製菓の若手社員5名と共に新しい味の「亀田の柿の種」を開発する「有村架純 開発部長プロジェクト」の部長役で2014年9月末に起用される[93][94]。2017年11月には肩書が本部長に変わる[94]。(2014年10月 - 2019年下半期現在)
  • 生活障害共済「働くわたしのささエール」(2019年度:2019年4月 - 2020年3月)
  • 第1話「はじめての訪問」篇(2019年4月22日 - )
当商品の2019年度CMで浜辺美波と共演。JA共済に就職し、ライフアドバイザー(セールスウーマン)として働き始めた女性・架純と、その妹・美波を描いてゆくシリーズの第1話。第1話の浜辺はナレーションのみを担当。テーマソングにはいきものがかりの「太陽」をタイアップ起用。[114][115][116]
  • 第2話「イチゴ」篇(2019年6月20日 - ) - ショートケーキの苺を取り合う姉妹[114][115][117]
  • 第3話「将棋」篇(2019年7月19日 - )[118]
  • 第4話「保障点検」篇(2019年11月7日 - ) - ふたりで旅行の準備中、持ち物チェックをする[114][115]
  • 第5話「保障の見直し」篇(2019年11月7日 - ) - 姉に思いを寄せる男性を妹がからかう[114][115]
  • 特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」(2020年3月19日 - )
  • 「第二ボタン」篇(2020年3月19日 - ) - WEB動画[119]
  • 「スヌーズ」篇(2020年3月29日 - ) - WEB動画
  • 「新人」篇(2020年5月11日 - )[120]

広告

小説表紙

ゲーム

声の出演

作品

写真集
  • aBUTTON VOL.4_夢 有村架純(PLUP SERIES)(2011年11月30日、パルコ、撮影:中野敬久)ISBN 978-4-89194-925-9
  • 深呼吸-Shin・Kokyu-(2013年11月7日、集英社、撮影:細野晋司)ISBN 978-4-08-780703-5
  • Clear(2018年5月9日、集英社、撮影:川島小鳥)ISBN 978-4-08-780840-7[125]
DVD
  • aBUTTON Vol.4_夢 有村架純【Blu-ray】(2012年3月28日、エイベックス・マーケティング)
  • 熱量(2012年11月21日、リバプール)
デジタル写真+ムービー作品集
  • かすみ 時々 あさみ(2011年12月5日、撮影:アライテツヤ、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信)
  • FiRST TRiP ハワイの場合(2015年3月12日、撮影:大江麻貴)
カレンダー
  • 有村架純2011カレンダー(2010年10月23日、トライエックス)
  • 有村架純2012カレンダー(2011年10月29日、トライエックス)
  • 有村架純2013カレンダー(2012年10月24日、トライエックス)
  • 有村架純2014カレンダー(2013年11月13日、トライエックス)
  • 有村架純2015カレンダー(2014年12月3日、トライエックス)
  • 有村架純2016年壁掛けカレンダー / 有村架純2016年卓上カレンダー(2015年11月25日、FLaMme Mail Order)[126]
  • 有村架純2017年週めくりスクールカレンダー(2017年3月30日)[注 4][127]

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 坂口健太郎とのダブル主演。
  2. ^ 連ドラの全6話を凝縮し、放送されなかった未公開シーンが盛りこまれたものとなる。
  3. ^ 菅田将暉とのダブル主演。
  4. ^ 4月始まり。自身がプロデュースし、セブン&アイで限定販売。

出典

  1. ^ ““ビリギャルの姉”と言われて…新井ゆうこ語る「姉妹共演の夢」”. 女性自身 (2015年6月19日). 2021年2月13日閲覧。
  2. ^ a b “有村架純、伊丹市大使就任 市長がお願い「応援役を引き受けて」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年4月6日). オリジナルの2013年4月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130411195732/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130406-OHT1T00039.htm 2013年5月16日閲覧。 
  3. ^ a b “「あまちゃん」の有村架純さん 伊丹大使に就任”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2013年12月19日). オリジナルの2013年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131219192257/http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201312/0006582845.shtml 2013年12月21日閲覧。 
  4. ^ a b c “【新春ガールズ】有村架純、目標は戸田恵梨香”. サンケイスポーツ. (2010年1月9日). オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130524035823/http://www.sanspo.com/geino/news/100109/gnj1001091037013-n1.htm 2012年11月4日閲覧。 
  5. ^ “有村架純インタビュー「いまだ夜遊びは未経験」”. 東京ウォーカー (2016年4月12日). 2016年6月8日閲覧。
  6. ^ 朝倉健人 (2014年1月14日). “業界人1,000人が選んだ「2014年ブレイクを期待するタレント」ベスト10発表!トップは東出昌大&有村架純”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0059623 2014年1月17日閲覧。 
  7. ^ “あまちゃん女優への期待高まる!”. VIPタイムズ社. 2014年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月16日閲覧。
  8. ^ “有村架純&高月彩良、ジブリ初のWヒロイン『思い出のマーニー』で初アニメ声優”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年4月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2036396/full/ 2016年2月8日閲覧。 
  9. ^ a b “有村架純、山崎賢人&東出昌大と青春群像ドラマで初主演!「永遠のぼくら」”. シネマカフェ (2015年5月7日). 2015年5月7日閲覧。
  10. ^ a b “有村架純、連続ドラマ初主演!深海に迫る海洋ロマンで潜水調査船パイロット役!”. シネマトゥデイ (2015年7月3日). 2015年7月3日閲覧。
  11. ^ a b “「第39回日本アカデミー賞」優秀賞発表”. モデルプレス. (2016年1月18日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1558517 2016年1月18日閲覧。 
  12. ^ a b “有村架純&吉田羊、ビリギャル母子でブルーリボン賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1597127.html 2016年1月27日閲覧。 
  13. ^ “1月期の“月9”は有村架純&高良健吾主演のラブストーリー”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2062589/full/ 2016年1月19日閲覧。 
  14. ^ “司会者|第67回NHK紅白歌合戦”. NHK. 2016年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  15. ^ a b 平成29年度前期 朝ドラ「ひよっこ」ヒロインは有村架純さん!、NHKドラマトピックス、日本放送協会、2016年6月28日閲覧。 
  16. ^ “有村架純、朝ドラヒロインはオーディションなしで決定!脚本・岡田氏が熱望”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年6月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50236.html 2016年6月30日閲覧。 
  17. ^ “脚本家・岡田惠和が語る「1話入魂で書いています」”. NHKオンライン (2017年3月30日). 2017年3月30日閲覧。
  18. ^ “『第68回NHK紅白歌合戦』 総合司会は内村光良に決定 紅組は有村架純 白組は嵐・二宮和也”. ORICON NEWS. (2017年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2100493/full/ 2017年11月13日閲覧。 
  19. ^ “有村架純、日本人初の快挙 BRIGHT STAR AWARDを受賞【コメント全文】”. ORICON NEWS. (2021年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2186093/full/ 2021年3月3日閲覧。 
  20. ^ a b 「ふるさと 女優・有村架純さん 兵庫県伊丹市 公園のアヒルに餌やり」 読売新聞、2013年11月21日付朝刊都内版、
  21. ^ 『日経WOMAN』、2016年3月号、9頁
  22. ^ 「有村架純を丸ハダカ」『ar(アール)6月号』、主婦と生活社、2016年5月。
  23. ^ “「SPEC」に向井理、大島優子の参戦決定!完結編「劇場版SPEC〜結〜」は2部作”. クランクイン!. 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月14日閲覧。
  24. ^ “「ひよっこ2」放送決定!続編でみね子が帰ってきます!!”. NHK (2018年10月9日). 2018年11月17日閲覧。
  25. ^ “岡田将生:寺尾聰主演ドラマで看護師役 WOWOW「チキンレース」”. 毎日新聞デジタル (2013年9月3日). 2013年9月5日閲覧。
  26. ^ “有村架純:寺尾聰から演技絶賛に恐縮「足元にも及ばない」”. 毎日新聞デジタル (2013年10月31日). 2013年11月5日閲覧。
  27. ^ “ストーリー|TBSテレビ:平成25年度文化庁芸術祭参加 テレビ未来遺産 ドラマ特別企画『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~』”. 2021年4月20日閲覧。
  28. ^ “「失恋ショコラティエ」サエコ役の石原さとみら追加発表”. コミックナタリー (2013年11月25日). 2013年11月27日閲覧。
  29. ^ “石原さとみ、水川あさみ、水原希子、有村架純、美女4人が出演決定!月9『失恋ショコラティエ』”. テレビドカッチ (2013年11月25日). 2013年11月27日閲覧。
  30. ^ “有村架純、男だらけの現場で「ぐいぐい前に出る」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年4月2日). http://mdpr.jp/news/detail/1346431 2016年6月30日閲覧。 
  31. ^ “有村架純&安達祐実を脇に…アジアン馬場園梓、ドラマ初“主演”「マジで!?」”. CinemaCafe.net (2014年12月12日). 2013年12月12日閲覧。
  32. ^ “有村架純、4月期“月9”で嵐・相葉雅紀と兄妹役「遠慮なくぶつかる」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2048020/full/ 2016年6月30日閲覧。 
  33. ^ “有村架純で「世にも奇妙-」復刻!06年の堂本光一主演作リメーク”. Sanspo (2015年10月30日). 2015年10月30日閲覧。
  34. ^ “有村架純×高良健吾、月9で“2016年版東京ラブストーリー””. Sanspo (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  35. ^ “「中学聖日記」ドラマ化、有村架純が10歳下の教え子に恋する教師役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年7月16日). https://natalie.mu/eiga/news/291204 2018年7月16日閲覧。 
  36. ^ “有村架純×坂口健太郎共演ドラマ、夏スタート 脚本は『ひよっこ』岡田惠和”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年3月19日). https://www.crank-in.net/news/63444/1 2020年1月29日閲覧。 
  37. ^ “有村架純の休日を妄想で描くドラマ『有村架純の撮休』に是枝裕和、今泉力哉ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年12月17日). https://www.cinra.net/news/20191217-satsukyu 2020年1月29日閲覧。 
  38. ^ “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、豪華共演が実現 戦争の悲劇を伝えるドラマ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2157602/full/ 2020年3月17日閲覧。 
  39. ^ “国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』”. NHK_PR. 日本放送協会 (2020年3月16日). 2020年3月17日閲覧。
  40. ^ “有村架純、フジ系「姉ちゃんの恋人」でハツラツ演技 連続テレビ小説「ひよっこ」脚本家・岡田氏とタッグ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年9月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200902/geo20090206000015-n1.html 2020年9月2日閲覧。 
  41. ^ “「コールドケース3」に有村架純や岩田剛典がゲスト出演、シリーズ初の35mm撮影”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年9月30日). https://natalie.mu/eiga/news/398497 2021年2月8日閲覧。 
  42. ^ “菅田将暉「3年A組」ぶりドラマ主演 有村架純・神木隆之介・仲野太賀・古川琴音と青春群像劇<コントが始まる>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年2月8日). https://mdpr.jp/news/detail/2428112 2021年2月8日閲覧。 
  43. ^ “『SPEC』有村架純&竜雷太、ステージ上でもラブラブぶりを披露”. シネマトゥデイ (2013年10月22日). 2013年10月24日閲覧。
  44. ^ リトル・マエストラの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  45. ^ “瀬戸康史×有村架純で人気コミック『JUDGE』映画化、“死の裁判”に挑む!”. クランクイン!! (2013年8月8日). 2013年9月5日閲覧。
  46. ^ “有村架純:瀬戸康史と初共演 罪人役で殺人ゲームに参戦”. 毎日新聞デジタル (2013年8月9日). 2013年9月5日閲覧。
  47. ^ “瀬戸康史と有村架純が“罪人”に! 映画『JUDGE/ジャッジ』で新境地”. 朝日新聞デジタル (2013年8月30日). 2013年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月5日閲覧。
  48. ^ “有村架純、山本美月も戦隊ヒロインに加入!『女子ーズ』豪華オールキャスト発表”. クランクイン!! (2014年1月24日). 2014年1月24日閲覧。
  49. ^ “androp 新曲が有村架純主演の映画『平穏な日々、奇蹟の陽』の主題歌に”. billboard japan (2014年3月11日). 2014年4月5日閲覧。
  50. ^ “有村架純、4日の撮影の中で撮れた「奇跡」をぜひ見てほしい”. webザテレビジョン (2014年11月9日). 2014年11月24日閲覧。
  51. ^ “有村架純、主演映画上映に「奇蹟を感じていただけたら」”. シネマトゥデイ (2014年11月7日). 2014年11月24日閲覧。
  52. ^ “福士蒼汰&有村架純「ストロボ・エッジ」映画化にW主演! 4度目の共演で息ぴったり”. 映画.com (2014年8月11日). 2014年8月11日閲覧。
  53. ^ “清純派一転!有村架純 金髪&超ミニスカで「ビリギャル」主演”. スポニチAnnex. (2014年11月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/13/kiji/K20141113009276400.html 2014年11月13日閲覧。 
  54. ^ “有村架純、“金髪ギャル&超ミニスカ”姿を披露! 「はいてる感覚がない(笑)」”. CinemaCafe.net (2015年1月14日). 2015年1月23日閲覧。
  55. ^ “藤原竜也、有村架純と初共演!人気漫画「僕だけがいない街」初実写化”. SANSPO.COM (2015年7月24日). 2015年7月24日閲覧。
  56. ^ “アイアムアヒーロー:人気ゾンビマンガを実写映画化 大泉洋、有村架純、長澤まさみ出演”. 毎日新聞デジタル (2014年6月6日). 2014年6月18日閲覧。
  57. ^ “有村架純、脚本読んで涙…「夏美のホタル」主演決定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1580663.html 2015年12月18日閲覧。 
  58. ^ “有村架純、廣木隆一監督と再タッグ 映画『夏美のホタル』特報公開”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2068420/full/ 2016年3月14日閲覧。 
  59. ^ “佐藤健×有村架純×二階堂ふみ×菅田将暉×岡田将生!『何者』で若手主役級そろう”. シネマトゥデイ. (2016年3月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0081104 2016年3月11日閲覧。 
  60. ^ “有村架純&佐々木蔵之介&豊川悦司ら…神木隆之介『3月のライオン』超豪華キャスト発表”. シネマカフェ (イード). (2016年7月7日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/07/07/41779.html 2017年1月20日閲覧。 
  61. ^ “岡田准一と原田眞人が「関ヶ原」映画化で初タッグ、共演に役所広司と有村架純”. 映画ナタリー. (2016年8月10日). http://natalie.mu/eiga/news/197665 2016年8月10日閲覧。 
  62. ^ “松本潤と有村架純が禁断の愛に溺れる、行定勲が小説「ナラタージュ」を映画化”. 映画ナタリー. (2016年7月14日). http://natalie.mu/eiga/news/194473 2016年7月14日閲覧。 
  63. ^ “有村架純主演で「コーヒーが冷めないうちに」映画化、健太郎や波瑠、林遣都も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/272731 2018年3月9日閲覧。 
  64. ^ “有村架純、初のシングルマザー役 「RAILWAYS」新作2018年公開”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2017年12月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2101545/full/ 2017年12月1日閲覧。 
  65. ^ “有村架純、鉄道運転士姿披露!「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」11月30日公開”. 映画.com. (2018年5月22日). https://eiga.com/news/20180522/8/ 2018年5月22日閲覧。 
  66. ^ “神木隆之介×有村架純共演で「フォルトゥナの瞳」映画化、監督は三木孝浩”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月7日). https://natalie.mu/eiga/news/280980 2018年5月7日閲覧。 
  67. ^ “有村架純×坂口健太郎「そして、生きる」 ドラマを再編集した劇場版、9月公開決定”. 映画.com (2019年9月1日). 2019年9月7日閲覧。
  68. ^ “有村架純「駅までの道をおしえて」でモノローグに初挑戦! 大人になった主人公の声を担当”. 映画.com (2019年6月25日). 2019年8月3日閲覧。
  69. ^ “有村架純&菅田将暉、坂元裕二ワールドへ! 映画「花束みたいな恋をした」製作決定”. 映画.com. (2019年10月30日). https://eiga.com/news/20191030/3/ 2019年10月30日閲覧。 
  70. ^ “有村架純、雪代巴役で『るろうに剣心』出演 佐藤健「どうしようもない懐かしさを感じました」”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年3月19日). https://realsound.jp/movie/2020/03/post-524975.html 2020年3月19日閲覧。 
  71. ^ “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬が共演、ドラマ「太陽の子」終戦記念日に放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月16日). https://natalie.mu/eiga/news/371435 2020年3月17日閲覧。 
  72. ^ “有村架純:じぇじぇ! 高月彩良とジブリ新作のダブルヒロイン声優に抜てき”. 毎日新聞デジタル (2014年4月16日). 2014年4月23日閲覧。
  73. ^ “有村架純、松坂桃李が極彩色3Dミュージカル映画に声の出演、増田セバスチャンが初監督”. cinra.net (2014年8月1日). 2014年8月1日閲覧。
  74. ^ “アニメ映画『ドラクエ』豪華キャスト13人公開 主人公に佐藤健、ビアンカに有村架純、フローラに波瑠”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2132906/full/ 2019年4月4日閲覧。 
  75. ^ “有村架純、初舞台で初主演「全力で頑張る」 『ジャンヌ・ダルク』で「新しい自分に」”. オリコンスタイル (2014年4月28日). 2014年4月28日閲覧。
  76. ^ “5人全員“有村架純の元カレ”!? You Tube限定公開『きょうのできごと a day in the home』”. ぴあWEB. (2020年4月25日). https://ure.pia.co.jp/articles/-/718464 2020年6月4日閲覧。 
  77. ^ “有村架純 オーロラに逢いたい! 北欧ひとり旅”. テレビ東京. 2018年4月5日閲覧。
  78. ^ “NHK、1年がかりでディズニーと交渉!制作の裏側に世界で初めてカメラが密着!”. シネマトゥデイ. (2014年11月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067914 2014年11月11日閲覧。 
  79. ^ “小栗旬「争いなくなって」フジ系特番で人気俳優5人が迫る戦争の真実”. SANSPO.COM (2015年6月21日). 2015年6月21日閲覧。
  80. ^ “有村架純 カナダ大自然の旅”. NHK. 2018年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月22日閲覧。
  81. ^ “Nissy西島隆弘MVに「いつ恋」有村架純、ラブラブな恋人同士に”. 音楽ナタリー. (2016年7月22日). http://natalie.mu/music/news/195457 2016年7月22日閲覧。 
  82. ^ “いま注目の女優・有村架純が新CMキャラクターとして登場!パンケーキ屋の店員役で衝撃の展開!? アルバイト情報サイト『フロム・エー ナビ』新TV-CM 8月1日よりオンエアスタート” (プレスリリース), 株式会社リクルートジョブズ, (2013年7月30日), オリジナルの2013年10月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131030085408/http://www.recruitjobs.co.jp/info/pdf/pr201307301227.pdf 2020年8月16日閲覧。 
  83. ^ “あまちゃんの春子役 バイト経験生きた”. ディリースポーツ (2013年7月30日). 2013年8月1日閲覧。
  84. ^ “有村架純出演「フロム・エー ナビ」新CMにロバート秋山が初登場、こんがり焼けた自慢の肌を披露”. webザテレビジョン (2013年8月14日). 2013年9月1日閲覧。
  85. ^ “新作TV-CM「金の秋をおいしくするお〜いお茶」篇 9月2日(水)より放映開始” (プレスリリース), 伊藤園, (2015年8月20日), https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24459 2015年9月11日閲覧。 
  86. ^ “有村架純「お抹茶」で気分上がる 伊藤園の新商品発表会”. Web東奥 (共同通信社). (2020年11月18日) 
  87. ^ “ABC-MART、有村架純が「HAWKINS キレらくボアモカシン」で身も心も温まるTVCMを公開”. navicon (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。
  88. ^ “LOWRYS FARM 秋プロモーションスタート“MY STYLE, MY LOWRYS” 秋のメインキャラクター、有村架純さんシリーズ開始” (プレスリリース), 株式会社アダストリア, (2013年8月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000280.000001304.html 2020年1月29日閲覧。 
  89. ^ “「あまちゃん」出演の有村架純、ローリーズファーム秋の顔に”. FASHION HEADLINE (2013年8月27日). 2013年9月5日閲覧。
  90. ^ “「あまちゃん」有村架純、ピュアな笑顔で恋愛モード”. モデルプレス (2013年9月26日). 2013年10月21日閲覧。
  91. ^ “亀田製菓/「あまちゃん」若き日の春子演じた有村架純を「柿の種」イメージキャラクターに”. 流通ニュース (株式会社流通ニュース). (2013年9月27日). https://www.ryutsuu.biz/backnumber/strategy/mn1115.html 2019年10月3日閲覧。 
  92. ^ “有村架純、柿の種CMで“脱あまちゃん””. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年10月10日). オリジナルの2013年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131013174254/http://www.sanspo.com/geino/news/20131010/oth13101016480019-n1.html 2020年1月29日閲覧。 
  93. ^ “有村架純がぴっちぴっちのスーツ姿の部長に! 柿の種 新味決定プロジェクト”. 週刊アスキー. 角川アスキー総合研究所 (2014年9月29日). 2019年10月3日閲覧。
  94. ^ a b 井上咲太「有村架純開発“本”部長 昇進記念! 「亀田の柿の種 ソースマヨ味」期間限定で販売」『東京ウォーカー(全国版)』KADOKAWA、2017年11月13日。2019年10月3日閲覧。
  95. ^ “金芽ごはんイメージキャラクターに有村架純さんを起用10月26日(土)より新CM放映開始” (プレスリリース), 株式会社プレナス, (2013年10月24日), オリジナルの2013年10月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131030121039/http://www.plenus.co.jp/new/index.php?action=pdf&id=569 2020年1月29日閲覧。 
  96. ^ “スマートフォンアプリ 『三国志パズル大戦』 新TVCMが 11月2日(土)より全国にて放送開始!” (プレスリリース), 株式会社Cygames, (2013年11月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000005593.html 2020年1月29日閲覧。 
  97. ^ “Cygames、明日から放映開始となる『三国志パズル大戦』の新テレビCMに女優・有村架純さんを再び起用…放送記念ログインキャンペーンも開催”. Social Game Info (2014年3月28日). 2014年3月31日閲覧。
  98. ^ “東芝、有村架純を「FlashAir」CMに起用 - 女子旅の思い出シェアをアピール”. マイナビニュース (2014年2月28日). 2014年3月3日閲覧。
  99. ^ “有村架純そっくりの“かすみドール”探しが始動「探してくれる?」キュートにお願い”. モデルプレス. (2016年3月29日). http://mdpr.jp/news/detail/1571840 2016年9月29日閲覧。 
  100. ^ “住宅用太陽光発電システムの広告イメージキャラクターに有村架純さんを起用” (プレスリリース), 東芝, (2016年9月16日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_09/pr_j1601.htm#PRESS 2020年1月29日閲覧。 
  101. ^ 全国信用金庫協会ホームページ
  102. ^ “有村架純:CMで“フラれ役”に ペンキ塗りで気分転換”. 毎日新聞デジタル (2014年4月21日). 2014年4月23日閲覧。
  103. ^ ““CMクイーン”有力候補の有村架純、新たにメニコン新CMに起用”. オリコンスタイル (2014年6月30日). 2014年7月1日閲覧。
  104. ^ “メルスプラン新CM「メル助登場」篇完成!” (プレスリリース), 株式会社メニコン, (2015年3月), http://www.menicon.co.jp/company/news/vol349.html 2016年1月6日閲覧。 
  105. ^ “有村架純さん かわいすぎる丸メガネ&寝ぐせ姿でメニコン「1DAYメニコン プレミオ」新CMに登場!” (プレスリリース), 株式会社メニコン, (2016年11月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000005623.html 2020年1月29日閲覧。 
  106. ^ “有村架純、初体験に「すごくドキドキした」 瑛太も興奮”. モデルプレス (2014年12月29日). 2015年12月30日閲覧。
  107. ^ “有村架純×坂口健太郎、猫とかわいい3ショット 「MEN’S NON-NO」モデルが書店員に”. モデルプレス (2015年1月8日). 2015年1月23日閲覧。
  108. ^ “有村架純、au新CMで“桃ちゃん”のカノジョに”. CINEMATODAY (2015年3月5日). 2015年3月6日閲覧。
  109. ^ “有村架純、20代目“ルル娘”に起用「不思議な気持ち」”. ORICON STYLE (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  110. ^ “有村架純、SK-IIの新アンバサダーに!”. VenusTap (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  111. ^ “有村架純、柳楽優弥と初共演!謎の鼻歌が気になる”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年10月13日). https://thetv.jp/news/detail/124475/ 2017年10月15日閲覧。 
  112. ^ “WOWOWに入りましょう”. WOWOWオンライン. WOWOW. 2017年10月15日閲覧。
  113. ^ “有村架純に思わず触れたくなる!新CMで癒しの歌声も披露”. シネマカフェ (イード). (2018年4月5日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/04/05/56202.html 2018年4月5日閲覧。 
  114. ^ a b c d “テレビCM”. 公式ウェブサイト. JA共済 (2019年). 2019年12月25日閲覧。
  115. ^ a b c d “JA共済 「はじめての訪問」篇「イチゴ」篇「将棋」篇「保障点検」篇「保障の見直し」篇 有村架純 浜辺美波”. CM Watch (2018年4月18日). 2019年12月25日閲覧。
  116. ^ “有村架純、JA共済新CMは素顔の魅力満載! 監督が「かわい過ぎて迷った」厳選カットを公開”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年4月18日). https://thetv.jp/news/detail/187065/ 2019年12月25日閲覧。 
  117. ^ “有村架純 & 浜辺美波:姉妹役で初共演 新CMでイチゴを巡る可愛すぎる駆け引き”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年6月20日). https://mantan-web.jp/article/20190619dog00m200079000c.html 2019年12月25日閲覧。 
  118. ^ “浜辺美波 JA共済 CM 将棋篇 30秒版”. CM bb-navi (2019年7月19日). 2019年12月25日閲覧。
  119. ^ “有村架純さん「第二ボタン」は中一の時に先輩から!? 有村架純さん・浜辺美波さん出演 JA共済のWEB動画シリーズ『カスミナミ』 第1弾『第二ボタン』篇 3月19日(木)よりWEBで公開” (プレスリリース), 全国共済農業協同組合連合会, (2020年3月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000051085.html 2020年3月19日閲覧。 
  120. ^ “有村架純と浜辺美波が姉妹役のJA共済CMに「新人」役・萩原利久が登場”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年5月7日). https://www.cinra.net/news/20200507-ja 2020年7月15日閲覧。 
  121. ^ “アイナ・ジ・エンドが有村架純、仲野太賀と「ピッコマ」新CM出演”. 音楽ナタリー. ナタリー (2021年4月27日). 2021年4月27日閲覧。
  122. ^ “一世を風靡したT&Cがイメージキャラクターに有村架純を起用”. WWD JAPAN.COM (2014年3月30日). 2014年3月31日閲覧。
  123. ^ “有村架純が「ときめくとき。」、渋谷のカフェで写真展”. オリコンスタイル (2014年10月2日). 2014年10月14日閲覧。
  124. ^ “『レイトン教授』新作の主人公は“レイトンの娘” 声優は有村架純”. ORICON STYLE. (2016年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2075811/full/ 2016年7月28日閲覧。 
  125. ^ “有村架純、写真集をセルフプロデュース「気楽に、のほほん、と、自由に、撮りました」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月13日). https://natalie.mu/eiga/news/269251 2018年2月18日閲覧。 
  126. ^ “数量限定!FLaMme Mail Order限定販売! - 有村架純2016年カレンダー&グッズ予約”. FLaMme. & brainsync,inc.. 2016年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月16日閲覧。
  127. ^ “有村架純、自身初プロデュースのカレンダー来年3・30発売”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年12月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161228/geo16122805020006-n1.html 2016年12月28日閲覧。 
  128. ^ “有村架純、短編映画祭で最優秀女優賞を受賞「本当にうれしい!」”. マイナビニュース (株式会社 マイナビ). (2014年6月10日). http://news.mynavi.jp/news/2014/06/10/154/ 2016年12月5日閲覧。 
  129. ^ “寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  130. ^ “エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年1月21日閲覧。
  131. ^ “有村架純が新人賞「これが最後、区切り」/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2016年12月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747937.html 2016年12月6日閲覧。 
  132. ^ “有村架純、釜山国際映画祭に初参加 アジアスター賞を受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2098977/full/ 2017年10月14日閲覧。 
  133. ^ “大賞は有村架純!『第4回 カバーガール大賞』発表!石原さとみ・浅川梨奈が部門賞連覇!齋藤飛鳥・小倉優香初タイトル!” (プレスリリース), 103R, (2018年3月4日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000017780.html 2018年3月4日閲覧。 
  134. ^ “有村架純、美脚大賞に恐縮しきり ミニスカ披露で「ソワソワしてます」”. eltha (oricon ME). (2018年10月11日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2121262/full/ 2018年11月29日閲覧。 
  135. ^ “ベストドレッサー賞に高橋一生さん、有村架純さんら”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年11月28日). https://www.asahi.com/articles/ASLCX1S2NLCXUCLV003.html 2018年11月29日閲覧。 
  136. ^ “有村架純、米シカゴの映画祭で日本人初の「BRIGHT STAR AWARD」受賞”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2021年3月3日). https://www.crank-in.net/news/86901 2021年3月3日閲覧。 

関連項目

外部リンク

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=有村架純&oldid=83344278」から取得