出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かわえい りな
川栄 李奈
川栄 李奈
(2018年10月29日、第31回東京国際映画祭)
生年月日 (1995-02-12) 1995年2月12日(26歳)
出生地 日本の旗 日本・神奈川県
身長 152 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ、映画、CM、舞台
活動期間 2010年9月 - 2015年8月(AKB48として)
2015年 -
配偶者 廣瀬智紀(2019年 - )
事務所 エイベックス・マネジメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
『ごめんね青春!』
『とと姉ちゃん』
『アシガール』
『夕凪の街 桜の国 2018』
『3年A組-今から皆さんは、人質です-』
『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
映画
『亜人』
『センセイ君主』
『恋のしずく』
備考
元AKB48メンバー(11期研究生→チーム4→チームA)
テンプレートを表示

川栄 李奈(かわえい りな、1995年〈平成7年〉2月12日 - )は、日本の女優。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。愛称は、りっちゃん。神奈川県出身。エイベックス・マネジメント所属。夫は俳優の廣瀬智紀。

略歴

2010年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

人物

同期の小嶋菜月は、お互いに仲のよいメンバーに挙げる間柄。また同じ日に大場チーム4に昇格した高橋朱里(詳細は後述)・岩田華怜が、仲のよいメンバーのひとりとして川栄の名前を挙げている[38] ほか、先輩である横山由依とも仲がよく、自らコンビ名を「横栄」と称している[39]。『マジすか学園4』では、川栄、横山、木﨑ゆりあ、入山の4名が「マジ女四天王」として共演していたが、「すっごく仲良くて」収録の合間にずっと喋っていただけでなく、オフには4人でバッティングセンターやゲームセンターに行くなどしていたという[40]

「なんでもできる女優」志望で、大島優子を憧れの女優として挙げている[13]。また『ごめんね青春!』で共演した満島ひかりも憧れの女優に挙げており、共演したことが「(AKB48に入ってからの)5年間で一番うれしいお仕事でした」と語っている[40]。『セーラーゾンビ』で企画・総合演出の犬童一心からは、「本当に、いわゆるスキルの高い女優さんという感じですね」「これから女優さんとしてやっていく人になるんだろうなというのは、僕はすぐにわかりました」「いわゆる本当に演技をするのが上手な人なんじゃないですかね」[41] との、また『ごめんね青春!』で共演した錦戸亮(関ジャニ∞)からは、「ブチ切れる川栄さんの切れ味がすごい」との評価を受けている[42]

志尊淳とは高校の同級生[43]

高橋朱里とは、互いに仲がよいメンバー・気が合うメンバーに挙げる間柄[38]。趣味が同じ[44]、空腹になるタイミングが同じなのでよく一緒に食事に出かける[45]、方向が同じなのでよく一緒に帰る[45] など非常に仲がよいこと、雰囲気が似ている[44] ことなどから「姉妹みたい」と言われることもある[46]。年齢は3歳離れているが、同世代にしかわからない話はしないため、話が合わなくなることはないとのこと[45]

AKB48在籍時の参加楽曲

シングル選抜楽曲

アルバム選抜楽曲

『ここにいたこと』に収録

『1830m』に収録

『次の足跡』に収録

『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

その他の参加楽曲

シングル「意気地なしマスカレード」(「指原莉乃 with アンリレ」名義)

サウンドトラック『Wreck-It Ralph』に収録

シングル「アイドルはウーニャニャの件」(「ニャーKB with ツチノコパンダ」名義)

未音源化曲

ぱちスロAKB48 勝利の女神

劇場公演ユニット曲

研究生「シアターの女神」公演

チームA 6th Stage「目撃者」

チームK 6th Stage「RESET」

チームB 5th Stage「シアターの女神」

大場チーム4「僕の太陽」公演

篠田チームA ウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

高橋チームA「恋愛禁止条例」公演

出演

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

吹き替え

舞台

バラエティ・情報番組

ドキュメンタリー

ネット配信

CM・広告

  ・「ぷよぷよテトリス2」ぷよテトパーティー篇(2020年12月8日 - )[162]

広報

ミュージック・ビデオ

イベント

書籍

カレンダー

受賞歴

2018年

2019年

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ シングル「ハロウィン・ナイト」の発売日前にAKB48としての活動を終了している。
  2. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[52]
  3. ^ 第1話のみ主演。
  4. ^ 2017年7月11日にフジテレビで放送された[65]
  5. ^ a b MVのみの出演で、楽曲の選抜メンバーには選ばれていない。

出典

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2015』より(P.156)。
  2. ^ ご報告 - AKB48オフィシャルブログ(2012年3月24日)
  3. ^ “AKB48、過去最多36人で新曲初披露 HKT兒玉ら15人が初選抜”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2009050/full/ 2015年4月19日閲覧。 
  4. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  5. ^ “HKT48指原莉乃、ソロ曲でセンター奪われ戸惑い……「全然納得できなかった」”. RBB TODAY. IID, Inc. (2012年9月26日). 2015年7月20日閲覧。
  6. ^ “AKB48「UZA」収録曲もWセンター 新体制オリジナル曲”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/10/29/kiji/K20121029004434940.html 2012年10月29日閲覧。 
  7. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  8. ^ “AKBたかみな総監督、チームA初日に「100点」 新キャプテン篠田も達成感”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年11月3日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018373/full/ 2012年11月22日閲覧。 
  9. ^ a b “AKBに新ユニット「BKA48」誕生 川栄ら『めちゃイケ』期末テスト下位7人で結成”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年4月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2024091/full/ 2021年3月6日閲覧。 
  10. ^ a b “BKA48「ハステとワステ」初披露!川栄の珍回答が歌詞に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年5月18日). オリジナルの2013年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130608015350/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/18/kiji/K20130518005831550.html 2015年12月31日閲覧。 
  11. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48選抜総選挙特設サイト(2012年6月8日)
  12. ^ AKBチャレンジユーキャン! 2014、AKB48で最もおバカキャラな川栄李奈が挑戦 - マイナビニュース(2014年1月1日)
  13. ^ a b c “目指せ大島優子!AKB48川栄李奈が初のドラマ単独出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年12月23日). http://natalie.mu/music/news/106309 2017年4月12日閲覧。 
  14. ^ “AKBに「チーム神奈川」発足”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年1月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140129-1250459.html 2014年1月29日閲覧。 
  15. ^ “AKB48 川栄&大島&岡田がJR横浜線各駅で構内アナウンス”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2014年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140129/akb14012913220000-n1.html 2014年1月29日閲覧。 
  16. ^ “「いいとも!」後番組タイトルは「バイキング」 全出演者も発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/20/kiji/K20140320007811550.html 2014年3月21日閲覧。 
  17. ^ a b “AKB48研究生・大和田南那、連ドラ主演に大抜てき「初体験の連続」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2034031/full/ 2014年2月18日閲覧。 
  18. ^ a b “AKB握手会、川栄さんや入山さん襲われる 指や頭けが”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年5月25日). オリジナルの2014年5月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140525094114/http://www.asahi.com/articles/ASG5T5VXFG5TUJUB009.html 2014年5月27日閲覧。 
  19. ^ “【第6回AKB総選挙】川栄李奈、号泣登場でファンに感謝 コメント全文”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年6月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2038386/full/ 2014年6月8日閲覧。 
  20. ^ 川栄李奈 薬膳コーディネーターに合格 - デイリースポーツ(2014年7月24日)同日閲覧。
  21. ^ AKB川栄が劇場公演に復帰「暇してた」 - 日刊スポーツ(2014年10月8日)
  22. ^ AKB川栄、元気に劇場公演復帰「長い休みはもういい」 - ORICON STYLE(oricon ME)(2014年10月8日)
  23. ^ ぱるるら7人で「ニャーKB」結成 『妖怪ウォッチ』ED曲デビュー - ORICON STYLE(oricon ME)(2014年12月17日)
  24. ^ AKB48川栄李奈 卒業を発表「握手会に出られない…」 東スポWeb(2015年3月26日)2015年3月26日閲覧。
  25. ^ “川栄李奈さんAKB48卒業へ 襲撃事件が影響”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年3月26日). オリジナルの2015年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150326100025/http://www.asahi.com/articles/ASH3V624FH3VUCVL02G.html?iref=comtop_6_06 2015年3月26日閲覧。 
  26. ^ ニャーKB親子でハマって「妖怪ウォッチ」コラボ - 日刊スポーツ(2015年4月4日)
  27. ^ “川栄李奈8・2卒業コンサート、4日劇場公演ラスト”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年6月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1498774.html 2015年6月28日閲覧。 
  28. ^ “川栄李奈、涙と笑顏の卒業公演「前を向いて頑張ります」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2057064/full/ 2015年8月4日閲覧。 
  29. ^ a b “川栄李奈、初の朝ドラで仕出し屋の娘 料理を特訓中「頑張りたい」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年11月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2061909/full/ 2015年11月6日閲覧。 
  30. ^ “会社分割(簡易吸収分割)による連結子会社への事業承継等に関するお知らせ(音楽関連事業の再編について)” (PDF) (プレスリリース), エイベックス・グループ・ホールディングス, (2017年2月23日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1446221 2017年4月12日閲覧。 
  31. ^ “日本映画に"新しい波"を起こす!葉山奨之、川栄李奈、岡田磨里が「ゆうばり」ニューウェーブアワードを受賞”. NewsWalker (KADOKAWA). (2018年3月7日). https://news.walkerplus.com/article/139715/ 2018年3月7日閲覧。 
  32. ^ a b 錦怜那 (2018年3月23日). “川栄李奈「A-Studio」新MCに!AKB48時代に培ったスキルを発揮”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0099432 2018年3月23日閲覧。 
  33. ^ “川栄李奈がリケジョの酒造りと恋描く「恋のしずく」で映画初主演、相手役は小野塚勇人”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年9月12日). 2017年9月12日閲覧。
  34. ^ a b “川栄李奈や小野塚勇人ら出演「恋のしずく」今秋に公開決定、主題歌は和楽器バンド”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月19日). https://natalie.mu/eiga/news/282902 2018年5月24日閲覧。 
  35. ^ “川栄李奈が結婚 お相手は若手俳優廣瀬智紀、妊娠も同時発表”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2019年5月17日). https://news.dwango.jp/entertainment/37603-1905 2019年5月17日閲覧。 
  36. ^ “川栄李奈が第1子出産「一緒に過ごす毎日に幸せを」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年11月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911090000027.html 2019年11月9日閲覧。 
  37. ^ a b “来年後期朝ドラ「カムカムエヴリバディ」3人のヒロインは深津絵里&川栄李奈&上白石萌音”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年12月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/24/kiji/20201224s00041000155000c.html 2020年12月24日閲覧。 
  38. ^ a b 『AKB48 東京ドームコンサート オフィシャルムック AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』(文藝春秋)[要ページ番号]
  39. ^ “AKBファンが注目「横栄」とは?”. web R25 (リクルート、メディアシェイカー、ヤフー). (2014年1月24日). オリジナルの2014年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141015035923/http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20140123-00034358-r25 2014年10月9日閲覧。 
  40. ^ a b 、2015、「春色NEW STEP 川栄李奈」、『月刊エンタメ』5月号(167)、徳間書店 pp. 11-16
  41. ^ 『FREECELL 特別号28』(株式会社プレビジョン、2014年)9頁
  42. ^ AKB48川栄李奈、錦戸亮から“ブチ切れ”演技を絶賛される - モデルプレス(2014年10月3日)
  43. ^ “川栄李奈、志尊淳に塩対応!?二人は高校のクラスメイト”. エンタメRBB (イード). (2018年11月10日). https://www.rbbtoday.com/article/2018/11/10/165073.html 2019年3月30日閲覧。 
  44. ^ a b 『AKB48のオールナイトニッポン』2012年3月23日放送分
  45. ^ a b c d e 『月刊ENTAME』2012年8月号(徳間書店) 62-65頁
  46. ^ a b 『週刊AKB』 Vol.17 特典映像
  47. ^ じゅりが飛んできてくれました。びゅーん。[リンク切れ] - 川栄李奈Google+(2014年2月19日)
  48. ^ 大組閣で、チームB!!!!![リンク切れ] - 高橋朱里Google+(2014年2月24日)
  49. ^ “「卒業をネタにした商売曲」? 川栄李奈の卒業ソング、選抜メンバーにファンがっかり”. RBB TODAY. IID, Inc. (2015年4月8日). 2015年7月20日閲覧。
  50. ^ “じゃんけん大会新王者の島崎遥香主演「マジすか学園3」がいよいよクライマックス!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2012年9月29日). https://thetv.jp/news/detail/33363/ 2017年4月12日閲覧。 
  51. ^ “宮脇咲良&島崎遥香『マジすか学園4』でW主演! 塩対応・ぱるるの役名はソルト”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年1月3日). http://news.mynavi.jp/news/2015/01/03/008/ 2017年4月12日閲覧。 
  52. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2017年4月12日閲覧。 
  53. ^ “キャスト”. マジすか学園5. 日本テレビ放送網 (2015年). 2017年4月12日閲覧。
  54. ^ セーラーゾンビ: 番組情報 : テレビ東京
  55. ^ “関ジャニ∞錦戸亮、29歳の高校生姿を絶賛されて大照れ!?新ドラマ『ごめんね青春!』試写会”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2014年10月3日). http://dogatch.jp/news/tbs/28549 2017年4月12日閲覧。 
  56. ^ “川栄李奈「ヒガンバナ」で闇を抱えた女子高校生を熱演”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年1月19日). https://thetv.jp/news/detail/71151/ 2017年4月12日閲覧。 
  57. ^ “市川由衣&川栄李奈、吉田鋼太郎のマドンナに!「東京センチメンタル」”. シネマカフェ (イード). (2016年1月15日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/01/15/37059.html 2017年4月12日閲覧。 
  58. ^ “川栄李奈、初の人妻役に挑戦「テレビなど観て参考に」”. ORICON STYLE. (2016年3月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2069277/full/ 2016年3月29日閲覧。 
  59. ^ “『とと姉ちゃん』スピンオフ決定 川栄李奈が再登場”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年9月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2078806/full/ 2017年4月12日閲覧。 
  60. ^ “川栄李奈、松井珠理奈とAKB卒業後ドラマ初共演「すごく不思議な感じ」”. ORICON STYLE. (2016年6月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2074120/full/ 2016年6月28日閲覧。 
  61. ^ “川栄李奈、永野芽郁と恋のライバルに 「こえ恋」が急展開<コメント到着/あらすじ>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年8月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1609173 2017年4月12日閲覧。 
  62. ^ “ダイジョブダイジョブ!?中島健人主演【金曜ロードSHOW!】特別ドラマ「ガードセンター24 広域警備司令室」レビュー”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2016年9月22日). http://music-book.jp/video/news/column/124709 2017年4月12日閲覧。 
  63. ^ “吉沢亮ら新キャスト続々発表 キスマイ藤ヶ谷太輔×山本美月のラブストーリー”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1612402 2017年4月12日閲覧。 
  64. ^ “川栄、貫地谷ら女優6人主演で「感情8号線」をドラマ化”. デイリースポーツ. (2016年10月19日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/19/0009592898.shtml 2016年10月19日閲覧。 
  65. ^ “ドラマ『感情8号線』FODで一挙配信&第1話の地上波放送決定!”. RBB TODAY (イード). (2017年7月3日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/07/03/152813.html 2017年7月11日閲覧。 
  66. ^ “元AKB川栄 NHKで初ヒロイン”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2016年12月1日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/01/0009715199.shtml 2016年12月1日閲覧。 
  67. ^ “林遣都と吉田鋼太郎、ドラマ「アオゾラカット」で親子役”. Smartザテレビジョン. (2016年12月1日). http://thetv.jp/news_detail/94336/ 2016年12月2日閲覧。 
  68. ^ “足立梨花&川栄李奈&趣里、相楽樹と"朝ドラ"娘バトルで「心苦しい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年3月20日). http://news.mynavi.jp/news/2017/03/20/151/ 2017年4月12日閲覧。 
  69. ^ “川栄李奈が綾野剛“怪物”ドラマ出演、元ヤン役は「抵抗なく受け入れられた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/03/kiji/20170302s00041000512000c.html 2017年3月3日閲覧。 
  70. ^ “窪田正孝:「僕たちがやりました」実写化で連ドラ主演 「幸せになる役は、僕は似合わない」”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年5月29日). https://mantan-web.jp/2017/05/29/20170528dog00m200023000c.html 2017年7月5日閲覧。 
  71. ^ “テレ東『下北沢ダイハード』に麻生久美子、吉沢亮、志尊淳、緒川たまきら”. CINRA.NET (CINRA). (2017年6月23日). https://www.cinra.net/news/20170623-shimokitazawadiehard 2017年7月5日閲覧。 
  72. ^ “北川景子は“見える人”!?「もしかしたらという影が…」『ほん怖』でホラー初挑戦”. TV LIFE (学研プラス). (2017年8月7日). http://www.tvlife.jp/entame/133242 2017年8月27日閲覧。 
  73. ^ “女子トークで薩長同盟成立!?バカリ脚本ドラマに剛力彩芽、桐山照史、川栄李奈ら『FNS27時間テレビ』で放送”. TV LIFE (学研プラス). (2017年8月16日). http://www.tvlife.jp/entame/134699 2017年10月16日閲覧。 
  74. ^ “おもな登場人物(キャスト)”. アシガール. 日本放送協会. 2017年10月16日閲覧。
  75. ^ a b “【オリックスグループ】すみだ水族館が舞台の飼育ドキュメンタリー動画を公開 川栄李奈さんがガチで水族館飼育員の仕事に挑戦!” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2017年7月7日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000131.000023075.html 2017年7月11日閲覧。 
  76. ^ “川栄李奈、綾野剛「コウノドリ」で再びの妊婦役”. シネマトゥデイ. (2017年10月20日). https://m.cinematoday.jp/news/N0095465 2017年10月20日閲覧。 
  77. ^ “浜野謙太がNHK BSのドラマ『男の操』主演に抜擢 劇中歌作曲はつんく♂”. CINRA.NET (CINRA). (2017年9月9日). https://www.cinra.net/news/20170909-otokonomisao 2017年10月16日閲覧。 
  78. ^ “川栄李奈、2018年もさらなる快進撃を続ける理由は“センターを経験しなかったから!?””. シネマカフェ (イード). (2018年4月30日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/04/30/56544.html 2018年5月24日閲覧。 
  79. ^ “ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」川栄李奈&山田裕貴が吉岡里帆の同期に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年6月5日). https://natalie.mu/comic/news/285227 2018年6月5日閲覧。 
  80. ^ “常盤貴子:ドラマ「夕凪の街 桜の国」で主演 川栄李奈も出演”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年3月28日). https://mantan-web.jp/article/20180327dog00m200019000c.html 2018年3月28日閲覧。 
  81. ^ “川栄李奈 直木賞作家のホラー作品で“世にも奇妙”初主演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年10月29日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181029/geo18102916170019-n1.html 2018年10月29日閲覧。 
  82. ^ “川栄李奈、ダンス部女子に 菅田将暉主演『3年A組』生徒キャスト第2弾発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2124618/full/ 2018年12月3日閲覧。 
  83. ^ “《2019年大河ドラマ》出演者発表 第2弾! ビートたけしが “落語の神様” 役でナビゲート!”. NHKオンライン. NHK (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  84. ^ “NHK大河「いだてん」ビートたけし&森山未來が志ん生演じる、弟子役に神木隆之介”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/258766 2018年1月15日閲覧。 
  85. ^ “2021年大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表 第2弾”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年11月26日). 2020年11月27日閲覧。
  86. ^ “吉沢亮主演の大河「青天を衝け」に渡辺大知、上白石萌音、川栄李奈、小池徹平ら20名”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/406271 2020年11月27日閲覧。 
  87. ^ “森川葵、川栄李奈、欅坂46渡辺梨加らが出演 光石研初の連ドラ単独主演作追加キャスト発表<デザイナー 渋井直人の休日>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月20日). https://mdpr.jp/news/detail/1811370 2019年2月16日閲覧。 
  88. ^ “家政夫のミタゾノ:4月から新シーズン放送 伊野尾慧&川栄李奈が家政婦に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月15日). https://mantan-web.jp/article/20190214dog00m200077000c.html 2019年2月16日閲覧。 
  89. ^ “川栄李奈、福地桃子、江口のりこが波瑠主演ドラマ「#リモラブ」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年9月9日). https://natalie.mu/eiga/news/395577 2020年10月14日閲覧。 
  90. ^ “大倉忠義主演・広瀬アリスヒロインドラマ「知ってるワイフ」、追加キャストに松下洸平、川栄李奈、瀧本美織ら”. ザテレビジョン (2021年1月7日). 2020年11月28日閲覧。
  91. ^ “ドラマ 星影のワルツ”. 2021年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月7日閲覧。
  92. ^ “初!ジャニーズJr.×AKB48が両者登壇 映画「バカレア高校 劇場版」前夜祭”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2012年10月14日). https://thetv.jp/news/detail/33853/162106/ 2017年4月12日閲覧。 
  93. ^ “「デスノート 2016」に川栄李奈が参戦、思想を持たないノート保持者に”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  94. ^ “映画「亜人」佐藤役は綾野剛!戸崎は玉山鉄二、下村泉は川栄李奈”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年2月17日). 2017年4月12日閲覧。
  95. ^ “人生初“ロン毛”DAIGO&“ゴスロリ”川栄李奈、映画「嘘を愛する女」追加キャスト発表<本人コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月21日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1695051 2017年7月5日閲覧。 
  96. ^ “小瀧望&高杉真宙“イケメン振り向き”に黒島結菜も恋…!?『プリンシパル』初映像公開”. シネマカフェ (イード). (2017年10月16日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/16/53241.html 2017年10月16日閲覧。 
  97. ^ “竹内涼真×浜辺美波「センセイ君主」追加キャストに佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年3月19日). https://natalie.mu/eiga/news/274166 2018年3月19日閲覧。 
  98. ^ “坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子が「人魚の眠る家」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月30日). https://natalie.mu/eiga/news/284285 2018年6月10日閲覧。 
  99. ^ “堤真一主演で重松清「泣くな赤鬼」映画化 柳楽優弥、川栄李奈共演”. シネマトゥデイ. (2018年7月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0102304 2018年7月19日閲覧。 
  100. ^ “「地獄の花園」永野芽郁、広瀬アリス、川栄李奈、遠藤憲一ら8名がTGC登場”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年2月28日). https://natalie.mu/eiga/news/418194 2021年3月1日閲覧。 
  101. ^ “映画『プリパラ』最新作でデヴィ夫人が声優初挑戦! さらに川栄李奈もメインキャラクターを支えるミニファルル役で出演決定!”. リスアニ!WEB (エムオン・エンタテインメント). (2016年1月21日). https://www.lisani.jp/0000012024/ 2017年4月12日閲覧。 
  102. ^ “『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』野沢雅子さんらゲスト声優7名が解禁!新ポケモン・ゼラオラも登場”. アニメイトタイムズ (アニメイトラボ). (2018年4月9日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1523184994 2018年6月10日閲覧。 
  103. ^ “湯浅政明監督の劇場アニメ「きみと、波にのれたら」片寄涼太×川栄李奈がW主演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年1月15日). https://natalie.mu/eiga/news/315923 2019年1月15日閲覧。 
  104. ^ “ピエール瀧&川栄李奈「KUBO クボ」日本語吹き替え版キャストに決定!”. 映画.com. 2017年10月18日閲覧。
  105. ^ “浜野謙太と川栄李奈「ソウルフル・ワールド」吹替版に参加、魂の世界で大冒険”. 映画ナタリー. (2020年11月19日). https://natalie.mu/eiga/news/405239 2020年11月19日閲覧。 
  106. ^ “川栄李奈、舞台『AZUMI』主演 たかみなが涙で祝福”. オリコン (2015年8月2日). 2015年8月5日閲覧。
  107. ^ “元AKB川栄、再び「あずみ」主演 戦国編で“500人斬り””. スポニチアネックス. (2016年7月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/06/kiji/K20160706012909800.html 2016年7月6日閲覧。 
  108. ^ “川栄李奈、玉井詩織、千葉雄大、飯豊まりえが東京03と悪ふざけ!?「FROLIC A HOLIC」第2弾ゲスト発表”. TV LIFE (学研プラス). (2018年1月29日). http://www.tvlife.jp/entame/156595 2018年2月10日閲覧。 
  109. ^ “廣瀬智紀&川栄李奈のW主演舞台タイトルは『カレフォン』、7都市で上演”. CINRA.NET (CINRA). (2018年5月31日). https://www.cinra.net/news/20180531-karephone 2018年6月10日閲覧。 
  110. ^ 2015年7月21日放送分を最後に出演していない。また公式サイトにも出演者に記載がない。→出演者 バイキング - フジテレビ 2015年10月11日閲覧
  111. ^ “元AKB48川栄李奈:初主演舞台で脚が“バキバキ”に 映画番組でレギュラーMC初挑戦”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2015年9月28日). http://mantan-web.jp/2015/09/28/20150928dog00m200031000c.html 2015年9月30日閲覧。 
  112. ^ “所ジョージ、川栄李奈らと「にっぽんを、まなぶ。」――日テレの新たなキャンペーン”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2018年3月15日). http://www.tvguide.or.jp/news/20180315/09.html 2018年3月15日閲覧。 
  113. ^ “ドキュメント72時間「名古屋 レトロ喫茶へようこそ」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会 (2016年). 2017年4月12日閲覧。
  114. ^ “ドキュメント72時間「四国 海だけの小さな駅で」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会 (2016年). 2017年4月12日閲覧。
  115. ^ “告知!NHK72時間、とと姉ちゃんインタビュー公開!byスタッフ”. 川栄李奈オフィシャルブログ (2016年11月5日). 2017年4月12日閲覧。
  116. ^ “ドキュメント72時間「宮崎 路上ピアノが奏でる音は」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  117. ^ a b “4/14、4/21 NHK「ドキュメント72時間」ナレーション出演!byスタッフ”. 川栄李奈オフィシャルブログ (2017年4月12日). 2017年4月12日閲覧。
  118. ^ “ドキュメント72時間「巨大団地 中古ショップでハロー・グッバイ」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  119. ^ “ドキュメント72時間「夏の甲子園 もうひとつの青春」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  120. ^ “アスリートの魂「東京五輪へぶっちぎる 卓球・平野美宇」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  121. ^ “アスリートの魂「跳べ!スランプを越えて スノーボード・大江光」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  122. ^ “アスリートの魂「壁を越えろ 新世代 体操・萱和磨」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  123. ^ “アスリートの魂「限界を超えて花ひらけ 新体操・喜田純鈴16歳」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2017年8月27日閲覧。
  124. ^ “NHKスペシャル「ベイリーとゆいちゃん」”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2019年2月6日閲覧。
  125. ^ “NHKスペシャル”. NHKドキュメンタリー. 日本放送協会. 2019年2月6日閲覧。
  126. ^ “ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。”. 2019年12月25日閲覧。
  127. ^ “川栄李奈、スタントなしのバトルアクションに挑戦! 『亜人』スピンオフ全編スマホで撮影”. シネマカフェ (イード). (2017年8月22日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/08/22/51971.html 2017年8月27日閲覧。 
  128. ^ “川栄李奈、恋に翻弄される女子高生に「すごく青春」- Fischer'sと初共演”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年11月15日). http://news.mynavi.jp/news/2017/11/15/011/ 2017年11月21日閲覧。 
  129. ^ “川栄李奈、『田中圭24時間テレビ』で女性警官役に 制服姿に「かわいすぎる!」の声”. AbemaTIMES. (2018年12月15日). https://abematimes.com/posts/5418905 2018年12月17日閲覧。 
  130. ^ “元AKB川栄さんが自動車整備士役、佐藤二朗さん、高橋和也さんがビジネスマン役を好演!” (プレスリリース), トヨタ自動車, (2016年2月12日), http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201602127862/ 2017年4月12日閲覧。 
  131. ^ “KEIRIN新CMキャラクターにピース&川栄李奈!新CM発表会にピースが登場し、卒業したばかりの競輪選手の卵をいじり倒す!” (プレスリリース), 公益財団法人JKA, (2016年3月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000015194.html 2018年6月5日閲覧。 
  132. ^ “川栄李奈 ベンザブロックプラスCM出演に「あの可愛い女の子は誰だ」と話題に。”. 日刊エンタメクリップ. (2016年9月26日). http://entameclip.com/news/35343 2017年4月12日閲覧。 
  133. ^ ginzacalla_official (2017年7月18日). “\銀座カラー公式Instagram始めました!/”. Instagram. 2017年8月27日閲覧。
  134. ^ ““吉沢 亮×川栄 李奈”初のダブル主演CMを1月17日オンエア! 脱毛専門サロン銀座カラー新CM「告白篇」” (プレスリリース), 株式会社エム・シーネットワークスジャパン, (2018年1月17日), https://www.atpress.ne.jp/news/147485 2018年1月19日閲覧。 
  135. ^ “住友生命 「1UP(ワンアップ)」 新CM第九弾 CM第九弾『試験で1UP』篇を平成29年1月13日(金)より全国にて放映開始” (プレスリリース), 住友生命保険相互会社, (2017年1月13日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000004795.html 2018年6月5日閲覧。 
  136. ^ “川栄李奈、すみだ水族館のペンギンに命名「あんこ」”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年7月18日). https://tokyopopline.com/archives/87053 2017年7月18日閲覧。 
  137. ^ “「こちらの水族館、私どもオリックスが手がけております」入社3年目の川栄李奈さんがデート中に豹変し彼氏は唖然!? オリックスグループ新CM「水族館」篇 放映開始” (プレスリリース), オリックス, (2017年7月18日), http://www.orix.co.jp/grp/news/2017/170718_ORIXJ2.html 2017年7月18日閲覧。 
  138. ^ a b “川栄李奈が始球式 ツーバウンド投球に照れ笑い”. 産経フォト (産業経済新聞社). (2017年8月1日). http://www.sankei.com/photo/photojournal/news/170801/jnl1708010003-n1.html 2017年8月2日閲覧。 
  139. ^ “【オリックスグループ】「え?オリックスの発電エネルギーを感じてるの。」入社3年目の川栄李奈さんの十勝旅行中の衝撃発言に彼氏は唖然!?” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2017年11月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000023075.html 2017年11月27日閲覧。 
  140. ^ “川栄李奈が今度はカフェデート中に豹変?! オリックスグループ新CM「野菜」篇 放映開始”. MIKAN. (2018年3月1日). http://mikan-incomplete.com/artist/21306 2018年3月5日閲覧。 
  141. ^ “オリックスグループ新CM「航空機リース」篇 放映開始” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2018年7月24日), https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/180723_ORIXJ.html 2019年11月9日閲覧。 
  142. ^ “オリックスグループ新CM「ロボットレンタル」篇放映開始” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2018年11月1日), https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/181101_ORIXJ.html 2019年11月9日閲覧。 
  143. ^ “オリックスグループ新CM「宿泊事業」篇 放映開始” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2019年2月1日), https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/190201_ORIXJ.html 2019年11月9日閲覧。 
  144. ^ “新CM「やる気MAX!ORIX!はじまる」篇 放映開始” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2019年4月19日), https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/190419_ORIXJ.html 2019年11月9日閲覧。 
  145. ^ “新CM「やる気MAX!物流施設」篇 放映開始” (プレスリリース), オリックス株式会社, (2019年8月23日), https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/190823_ORIXJ.html 2019年11月9日閲覧。 
  146. ^ ORIX (1574384400). “企業イメージCM「やる気MAX!大型船舶」篇” (日本語). MOVE ON!│オリックス株式会社. 2019年11月22日閲覧。
  147. ^ “新CM「やる気MAX!シェアオフィス」篇放映開始” (プレスリリース), オリックス株式会社, https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/200221_ORIXJ.html 
  148. ^ “川栄李奈、新キャラ“織姫”に! 「三太郎シリーズ」新CM完成”. シネマカフェ (イード). (2017年8月1日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/08/01/51463.html 2017年8月1日閲覧。 
  149. ^ “川栄李奈の「パニパニ」って?!破壊力抜群の「逆壁ドン」にドキドキが止まらない”. ロピロピ (南麻布ラボ). (2017年11月24日). http://lopi-lopi.jp/detail/17378/ 2017年11月27日閲覧。 
  150. ^ “宮川大輔が新CMで川栄李奈の先輩役、撮影中にアドリブで「アカン!」”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年1月12日). https://natalie.mu/owarai/news/264748 2018年1月15日閲覧。 
  151. ^ “AOKI 「レディGOGO!!フレッシャーズ!」の声援で川栄李奈さん&飯豊まりえさん&平祐奈さんが新生活応援!” (プレスリリース), 株式会社AOKI, (2018年2月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000162.000011795.html 2018年2月10日閲覧。 
  152. ^ “フリマアプリ「ラクマ」初のテレビCMに川栄李奈が登場!3月9日(金)から全国でオンエア開始!”. MIKAN. (2018年3月5日). http://mikan-incomplete.com/artist/21701 2018年3月5日閲覧。 
  153. ^ “ラクマが新テレビCM開始、川栄李奈・デーモン閣下を起用”. 通販通信 (アドブレイブ). (2018年6月5日). https://www.tsuhannews.jp/52709 2018年6月10日閲覧。 
  154. ^ 臼井杏奈 (2018年3月26日). “川栄李奈がキュートな居酒屋店員になって登場 「ビオレ」新CM発表会”. WWD JAPAN (INFASパブリケーションズ). https://www.wwdjapan.com/590479 2018年3月26日閲覧。 
  155. ^ “「ロリエ しあわせ素肌」新TV-CMに川栄李奈さんが登場!『肌にいいこと めいっぱい』篇”. PR Wire. (2019年4月22日). https://kyodonewsprwire.jp/release/201904225677 2019年4月29日閲覧。 
  156. ^ “藤田ニコル、川栄李奈、吉谷彩子がTCK・イメージガールに”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2018年3月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/26/0011103861.shtml 2018年3月26日閲覧。 
  157. ^ “ほぼ一発OK!川栄李奈の演技力にスタッフ感心”. TV LIFE (学研プラス). (2018年3月30日). http://www.tvlife.jp/entame/165165 2018年3月30日閲覧。 
  158. ^ “<コーヒーと茶葉の組み合わせが新しい「ワンダ TEA COFFEE」新TVCM>「これはお茶でもコーヒーでもないTEA COFFEEなんです!」若手社員・神木隆之介さんと川栄李奈さんの熱弁に上司のビートたけしさんもタジタジ!?4月17日(火)より「TEA COFFEE お茶・珈琲どっちやねん」編 放映開始” (プレスリリース), アサヒ飲料, (2018年4月17日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2018/pick_0417.html 2018年6月5日閲覧。 
  159. ^ “NEXCO、川栄李奈さん・志尊淳さんが声優として出演するアニメーションムービーを公開!”. ウェビック バイクニュース (リバークレイン). (2018年5月23日). https://news.webike.net/2018/05/23/133128/ 2018年5月24日閲覧。 
  160. ^ 大内啓輔 (2018年5月19日). “川栄李奈&志尊淳、ショートアニメ声優に!主題歌はユーミン”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0100921 2018年5月24日閲覧。 
  161. ^ “CMライブラリー ホットスタッフ”. (2019年). https://www.hotstaff.co.jp/cm/ 2018年5月24日閲覧。 
  162. ^ “「ぷよぷよテトリス2」,TVCM“ぷよテトパーティー篇”のメイキング映像が公開”. https://www.4gamer.net/games/525/G052567/20201208016/ 
  163. ^ “DV・児童虐待対策「DVかもと思ったら#8008(はれれば)」(30秒)|政府インターネットテレビ” (日本語). 政府インターネットテレビ. 2021年4月3日閲覧。
  164. ^ “DV・児童虐待対策「なくそう、DV」(30秒)|政府インターネットテレビ” (日本語). 政府インターネットテレビ. 2021年4月3日閲覧。
  165. ^ “DV・児童虐待対策「児童虐待かもと思ったら189(いちはやく)」(30秒)|政府インターネットテレビ” (日本語). 政府インターネットテレビ. 2021年4月3日閲覧。
  166. ^ “第18回統一地方選挙における啓発事業の実施について”. 神奈川県 (2015年3月23日). 2016年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月2日閲覧。
  167. ^ “第48回衆議院議員総選挙における選挙啓発” (プレスリリース), 総務省, (2017年10月6日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000511677.pdf 2017年10月11日閲覧。 
  168. ^ “川栄李奈 ついに「衆議院議員総選挙」の顔となる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年10月11日). https://news.dwango.jp/2017/10/11/152198/news/ 2017年10月11日閲覧。 
  169. ^ “川栄李奈 SJキュヒョン初のソロ曲MVで恋人役”. スポニチアネックス. (2016年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/17/kiji/K20160317012228160.html 2016年3月17日閲覧。 
  170. ^ “川栄李奈、親友失う女子高生を熱演 絢香初の卒業ソング「サクラ」MV”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2108054/full/ 2018年3月23日閲覧。 
  171. ^ “川栄李奈、初著書で心境明かす「恋愛禁止だけど、バレなきゃいい」”. ORICON STYLE (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  172. ^ “「女優×写ルンです×写真家」がコラボレートしたこれまでにないオムニバス写真集が完成! 森川葵、永野芽郁など、今、話題の豪華若手女優たち9人が登場!!” (プレスリリース), 東京ニュース通信社, (2017年9月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000290.000006568.html 2017年10月16日閲覧。 
  173. ^ 壬生智裕 (2018年3月15日). “川栄李奈、ゆうばり映画祭の熱烈歓迎に歓喜!「女優としての賞は初めてで」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0099297 2018年3月15日閲覧。 
  174. ^ “スニーカーベストドレッサー賞に川栄李奈、佐野勇斗ら レイザーラモンRGが2年連続受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2129994/full/ 2019年2月21日閲覧。 
  175. ^ “今一番可愛いヘアを作る美容師を決めるヘア業界の甲子園『HAIR OF THE YEAR 3』開催! タレント部門は千葉雄大さんと川栄李奈さんが受賞!” (プレスリリース), 主婦の友社, (2019年1月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000887.000002372.html 2019年11月9日閲覧。 

外部リンク

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=川栄李奈&oldid=82799029」から取得