出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まえだ あつこ
前田 敦子
前田 敦子
スター・トレック BEYOND 試写会&ジャパン・プレミアにて(2016年)
生年月日 (1991-07-10) 1991年7月10日(29歳)
出生地 日本の旗 日本・千葉県市川市
身長 161 cm[1]
血液型 A型
職業 女優、歌手
ジャンル テレビドラマ、映画、CM
活動期間 2005年 -
活動内容 2005年:AKB48
2007年:女優デビュー
2011年:ソロ歌手デビュー
2012年:AKB48卒業
配偶者 勝地涼(2018年 - 2021年)[2][3][4][5]
事務所 太田プロダクション(2007年 - 2020年)
フリー(2021年 -)
公式サイト Atsuko Maeda Official Website
主な作品
映画
『あしたの私のつくり方』
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
『苦役列車』
『クロユリ団地』
『もらとりあむタマ子』
『イニシエーション・ラブ』
『町田くんの世界』
『旅のおわり世界のはじまり』
テレビドラマ
『マジすか学園』
『Q10』
『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』
『あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞』
『毒島ゆり子のせきらら日記』
『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』
『伝説のお母さん』
テンプレートを表示

前田 敦子(まえだ あつこ、1991年〈平成3年〉7月10日 - )は、日本の女優、歌手。愛称はあっちゃん。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー。千葉県市川市出身。2020年12月31日まで太田プロダクションに在籍し、2021年1月1日より、フリーで活動中[6]。1子の母であり、元夫は俳優の勝地涼[2]

来歴

2005年

2007年

2008年

2009年

2010年

AKB48時代の前田敦子(2010年、ノキアシアター)

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2018年

2019年

2020年

2021年

人物・エピソード

プロフィール
趣味・嗜好
特技・その他
交友関係
AKB48のメンバーとして

受賞歴

2010年度

2011年度

2012年度

2013年度

2014年度

2016年度

2017年度

2019年度

2020年度

AKB48在籍時の参加楽曲

シングル選抜楽曲

AKB48

AKB48 チームサプライズ

重力シンパシー公演

アルバム選抜楽曲

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」

チームA 2nd Stage「会いたかった」

チームA 3rd Stage「誰かのために」

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」

作品

シングル

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 商品コード 形態 備考
You, Be Cool!
1 2011年6月22日 Flower 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
KIZM-103〜104
KIZM-105〜106
KIZM-107〜108
NMAX-1114
Act 1
Act 2
Act 3
劇場盤
[106]
2 2012年6月20日 君は僕だ 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
KIZM-161〜162
KIZM-163〜164
KIZM-165〜166
NMAX-1130
Act.1
Act.2
Act.3
劇場盤
[107]
3 2013年9月18日 タイムマシンなんていらない 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
KIZM-207〜208
KIZM-209〜210
KIZM-211〜212
KICM-1474
Type-A
Type-B
Type-C
Type-D
4 2014年3月5日 セブンスコード 4位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD
KIZM-241〜242
KIZM-243〜244
KICM-1497
KICM-1498
Type-A
劇場公開記念特別盤
Type-B
Type-C
[注 5][108]

アルバム

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 商品コード 形態 備考
You, Be Cool!
1 2016年6月22日 Selfish 8位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
KIZC 355/6
KIZC 357/8
KIZC 359/60
KICS 3393
Type-A
Type-B
Type-C
Type-D

ソロ楽曲

映像作品

作詞

タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品 備考
Flower 映画:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』挿入歌
CM:JOYSOUND×UGA「うたスキ動画」
1stシングル「Flower」
遠回り CM:丸美屋食品工業 『のっけるふりかけ』「パジャマで朝ごはん」篇 2ndシングル「君は僕だ」
右肩 日本テレビ系ドラマ:『私立バカレア高校』エンディングテーマ
映画:『劇場版 私立バカレア高校』エンディングテーマ
[110]
君は僕だ 映画:『LOVE まさお君が行く!』主題歌
Sunday drive フジテレビ:『AKB自動車部』テーマソング(挿入歌)
やさしい気持ち CM:丸美屋食品工業 『家族のお茶漬け』シリーズ「母からの荷物」篇 3rdシングル「タイムマシンなんていらない」
風のアコーディオン CM:丸美屋食品工業 『家族のお茶漬け』シリーズ「弟がやってきた」篇
タイムマシンなんていらない フジテレビ系土ドラ:『山田くんと7人の魔女』主題歌
CM: マイナビ『マイナビ転職』「まかせなサイ・メッセージ」篇
セブンスコード 映画:『Seventh Code』主題歌
CM:不二家『カントリーマアム』「スマイルマアム」篇
4thシングル「セブンスコード」
Selfish ドラマ:『毒島ゆり子のせきらら日記』主題歌 1stアルバム『Selfish』 [111]

出演

役名の太字は主演作品。

テレビドラマ

映画

オリジナルビデオ

舞台

音楽番組

ドキュメンタリー

テレビアニメ

バラエティ番組など

ラジオ

過去に出演した番組

CM

テレビCM

過去の出演企業

Web CM

ミュージック・ビデオ

ネット配信

その他の映像作品

イメージキャラクター

イベント

ライブ

書籍

著書

雑誌・新聞連載

過去の連載

表紙モデル

写真集

アプリ

カレンダー

トレーディングカード

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ペ・ヨンジュンのニックネームに由来する。
  2. ^ 過去に「ショコラ」がいたが、2009年3月に永眠。
  3. ^ 10周年記念シングルとして、卒業生の前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、4月に卒業を控える高橋みなみが参加。
  4. ^ 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止に伴うチャリティ活動として、卒業生の前田敦子、高橋みなみ、大島優子、板野友美、篠田麻里子、小嶋陽菜、指原莉乃とNMB48卒業生の山本彩が参加。
  5. ^ 当初は2014年2月12日発売予定だったが諸事情により2014年3月5日に発売日が変更になった。
  6. ^ 初の連続ドラマレギュラー出演。
  7. ^ 南沢奈央とのダブル主演。
  8. ^ 特別出演。
  9. ^ ナレーションも担当。
  10. ^ 『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』のスピンオフ作品。

出典

  1. ^ “前田敦子プロフィール”. 太田プロダクション公式サイト. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c “勝地涼&前田敦子、結婚を正式発表「笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2116652/full/ 2018年7月31日閲覧。 
  3. ^ a b “前田敦子、勝地涼との離婚報告「生活スタイルや価値観の違い」”. ORICON NEWS (2021年4月23日). 2021年4月23日閲覧。
  4. ^ a b “前田敦子、勝地涼と離婚発表 結婚から2年9カ月「少しずつ歩幅や方向が変わり、別々の道へ」”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS (2021年4月23日). 2021年4月23日閲覧。
  5. ^ a b “前田敦子と勝地涼が離婚届提出 長男親権は前田 結婚から2年9カ月で”. Nikkan Sports News (2021年4月23日). 2021年4月23日閲覧。
  6. ^ a b “前田敦子、太田プロから独立 30歳を機に決断「身の丈に合った歩幅で」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2179935/full/ 2020年12月22日閲覧。 
  7. ^ “TVでた蔵「2010年8月22日放送 ウチくる!?」”. ワイヤーアクション (2010年8月22日). 2015年5月28日閲覧。
  8. ^ “モー娘。& AKB48“育ての親”が語るアイドルの資質〜なぜ前田敦子を選んだのか?”. -ORICON STYLE- (2014年7月5日). 2014年8月11日閲覧。
  9. ^ “前田敦子が挑んだ異例の「ミュージック・シネマ」――映画女優路線を進む彼女の野望とは?”. RealSound (2014年1月17日). 2015年5月28日閲覧。
  10. ^ AKB48 前田敦子が警視庁110番イメージキャラクターに抜擢 - livedoor ニュース(2011年1月4日)
  11. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  12. ^ あのイケパラが、4年ぶりに帰ってくる!! 主演はAKB48の前田敦子に決定!! この夏、新生イケパラが日本を元気にする!!
  13. ^ [AKBじゃんけん大会]前田敦子が秋元才加に敗退! 連続選抜記録が途絶える
  14. ^ エース前田敦子がAKB卒業 - 日刊スポーツ 2012年3月25日(2012年3月25日閲覧)
  15. ^ 前田敦子より総選挙について / AKB48(公式) - YouTube
  16. ^ “AKB前田敦子 総選挙には出馬せず”. デイリースポーツオンライン (ディリースポーツ). (2012年4月4日). オリジナルの2012年4月5日(UTC)時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120405151823/http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/04/04/0004943485.shtml 2012年4月4日閲覧。 
  17. ^ “前田敦子 涙声で心境吐露「AKBでなくなったら何が残るんだろう」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/04/kiji/K20120404002976890.html 2012年4月7日閲覧。 
  18. ^ “AKB48前田敦子、総選挙参加は辞退…卒業日程については「まだ何も決まっていなくて」”. MSN (2012年4月4日). 2012年4月7日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ 先日、久しぶりに前田敦子とミーティングした。
  20. ^ AKB48 :東京ドーム公演は8月24〜26日 前田敦子卒業は27日に決定 - まんたんウェブ(MANTAN)2012年5月25日
  21. ^ AKB48公式サイト|祝 前田敦子卒業 2012年8月27日閲覧。
  22. ^ 前田敦子、AKB48卒業に万感「最高の7年間でした」(オリコン、2012年8月27日)2012年8月27日閲覧。
  23. ^ 【オリコン】あっちゃん卒業記念フォトブックが総合1位 ソロ写真集初の快挙(オリコン、2012年8月30日)2012年8月31日閲覧。
  24. ^ 前田敦子 (@Atsuko_100) - Twitter
  25. ^ 前田敦子ツイッターを始める(デイリースポーツ、2012年10月28日)2012年10月29日閲覧。
  26. ^ NEWS | Atsuko Maeda Official Website | 前田敦子オフィシャルウェブサイト
  27. ^ “前田敦子、1年ぶりAKB48ステージに感涙!3万人のあっちゃんコール!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2013年7月31日). http://www.cinematoday.jp/page/N0055235 2013年8月3日閲覧。 
  28. ^ 前田敦子、初ワンマンライブは号泣するもファンを魅了 - OKMusic 2014年4月4日(2014年4月4日閲覧)
  29. ^ 前田敦子、都内で初の有料ソロコンサート - 日刊スポーツ 2014年4月3日(2014年4月4日閲覧)
  30. ^ “勝地涼と前田敦子が結婚!交際半年足らずでのスピード婚”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2018年7月31日). 2018年7月31日閲覧。
  31. ^ “前田敦子、第1子妊娠を発表 勝地涼がパパに 「仕事はできる範囲で継続」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2119636/full/ 2018年9月15日閲覧。 
  32. ^ a b “前田敦子が第1子男児出産 勝地涼パパに「妻には感謝しきれないくらい感謝」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2130770/full/ 2019年3月4日閲覧。 
  33. ^ “あっちゃん感激!主演映画「旅のおわり-」ロカルノ国際映画祭に招待”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年6月12日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190612/geo19061205030013-n1.html 2019年6月12日閲覧。 
  34. ^ “前田敦子の主演映画、ロカルノ国際映画祭でクロージング上映”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月18日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190818/geo19081821040026-n1.html 2019年8月19日閲覧。 
  35. ^ “「着信履歴があっちゃんだけになりそうなくらい…」 “離婚発表“前田敦子のタレント性を作った“男遍歴””. 文春オンライン (2021年5月2日). 2021年5月4日閲覧。
  36. ^ 2012年8月24日発売『前田敦子 AKB48卒業記念フォトブック『あっちゃん』』(講談社)P.18。
  37. ^ わお(゜∨。) - 前田敦子オフィシャルブログ(2009年10月6日)(2009年10月8日時点のアーカイブ)
  38. ^ 前田敦子、始球式でミニスカ&生脚 時事通信ニュース(2016年3月7日)。サウスポー用グラブをはめている画像あり。
  39. ^ AKB48前田敦子、恋愛に悔いアリ!?「男の子と下校したかった」と19歳の本音告白! - シネマトゥデイ 2011年1月28日
  40. ^ 前田敦子、テイラー・スウィフトとの対談で「あっちゃんと呼んで」(マイナビニュース、2012年11月23日)
  41. ^ “AKB48の前田敦子と福山雅治との意外な関係”. YomerumoNEWS (2014年1月22日). 2015年5月28日閲覧。
  42. ^ 『前田敦子の映画手帖』(朝日新聞出版、2015年)まえがきより
  43. ^ 男の履歴書 池松壮亮編|インライフ
  44. ^ 『Swicth』VOL. 31 NO.5(スイッチ・パブリッシング)P.34
  45. ^ a b 「食べちゃいます!」 - 本人オフィシャルブログ(2010年3月31日)(2010年4月3日時点のアーカイブ)
  46. ^ 【エンタがビタミン♪】「弁当4個」。AKB48前田敦子の大食い伝説は本当だった。
  47. ^ “前田敦子 寿司や刺身を週7で食べることを明かす”. livedoorNEWS (2010年5月2日). 2015年5月28日閲覧。
  48. ^ 『CM NOW』2011年1月、 p.12、2011年2月7日閲覧。
  49. ^ a b 「ご飯☆」 - 本人オフィシャルブログ(2010年6月7日)(2010年6月28日時点のアーカイブ)
  50. ^ 「プレゼント!」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月9日)(2010年5月14日時点のアーカイブ)
  51. ^ 「ネコさん」 - 本人オフィシャルブログ(2011年10月28日)(2011年12月8日時点のアーカイブ)
  52. ^ “釣りが趣味の前田敦子、将来の夢は「マグロの一本釣り!」”. スポーツ報知. (2016年6月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50092.html 2016年6月30日閲覧。 
  53. ^ “福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ 2010年4月27日”. ニッポン放送 (2010年4月27日). 2015年5月28日閲覧。
  54. ^ 「私服のとき…☆」 - 本人オフィシャルブログ(2009年8月16日)(2009年8月18日時点のアーカイブ)
  55. ^ 「視界が!!」 - 本人オフィシャルブログ(2011年11月19日)(2011年11月22日時点のアーカイブ)
  56. ^ “バンダイこどもアンケートレポートVol.195 「お子様がお父さん、お母さんにしたい有名人」” (PDF) (プレスリリース), バンダイ, (2011年11月), http://www.bandai.co.jp/kodomo/pdf/question195.pdf 2011年12月10日閲覧。 
  57. ^ “前田敦子が運転免許取得…沖縄ドライブ”. Response. (2012年11月26日). 2012年11月27日閲覧。
  58. ^ a b 前田敦子「10年桜から10年後」の出産報告に感動広がる ORICON NEWS 2019年3月4日
  59. ^ 前田敦子 10年桜から10年の出産に感激の声「申し子すぎる」 BLOGOS 2019年3月4日
  60. ^ 前田敦子「10年桜」からちょうど10年後に出産発表 「ロマンチック」などSNSで話題 スポーツ報知 2019年3月4日
  61. ^ 予言的中? 前田敦子が“奇跡の日に”男児出産と話題 AKBファンが歓喜 リアルライブ 2019年3月4日
  62. ^ 「感動の再会!!!」 - 本人オフィシャルブログ(2010年1月28日)(2010年1月31日時点のアーカイブ)
  63. ^ “TVでた蔵「2011年2月5日放送 メレンゲの気持ち」”. ワイヤーアクション (2011年2月5日). 2015年5月28日閲覧。
  64. ^ 「仲良し」 - 本人オフィシャルブログ(2010年11月6日)(2010年11月9日時点のアーカイブ)
  65. ^ 「いときち」 - 本人オフィシャルブログ(2012年2月22日)(2012年2月24日時点のアーカイブ)
  66. ^ 「最終回」 - 本人オフィシャルブログ(2012年3月12日)(2012年3月13日時点のアーカイブ)
  67. ^ 「再会(ハート)♪」 - 本人オフィシャルブログ(2011年8月15日)[リンク切れ]
  68. ^ 前田敦子、AKB時代の問題児ぶり告白~自分は“ブス”、男友達と2人で遊ぶ、焼肉週3 - ビジネスジャーナル(2014年3月22日)
  69. ^ “【エンタがビタミン♪】「背中で寝ちゃった」。前田敦子、ドラマの失敗談に苦笑い。”. Techinsight (2011年9月17日). 2015年5月28日閲覧。
  70. ^ “元AKB48・前田敦子とタモリの不思議な関係について”. YomerumoNEWS (2014年2月7日). 2015年5月28日閲覧。
  71. ^ 【前編】AKB48“非選抜組”仲谷明香が語る「光と影」 ~総選挙の日、前田敦子の隣にいた私 ORICON STYLE(2012年3月9日)2014年3月23日閲覧。
  72. ^ あっちゃん、「孤高」からも卒業 - 日刊スポーツ 2012年3月27日
  73. ^ AKB前田敦子がNMB山本彩の巨乳を揉みまくりで大絶賛!(エンタメ総合モバイルポータルサイト)
  74. ^ a b 『日経エンタテインメント!』(日経BP)2008年4月号[要ページ番号]
  75. ^ 「前田敦子2万字インタビュー ここにいたこと」『AKB48卒業記念フォトブック あっちゃん』講談社、2012年8月24日、p. 45。 ISBN 978-4-06-389692-3
  76. ^ 「広がる『チーム内格差』と手に入れた『絆』」週刊プレイボーイ編集部編『AKB48ヒストリー~研究生公式教本』集英社、2013年3月29日、p. 34。 ISBN 978-4-8619-1965-7
  77. ^ あっちゃん感謝のスピーチ全文 - 日刊スポーツ 2011年6月9日
  78. ^ あっちゃん首位奪還!AKB総選挙政権交代 - デイリースポーツ 2011年6月10日
  79. ^ 『週刊朝日』(朝日新聞出版)2011年7月22日号連載コラム「暖簾にひじ鉄」494回において「彼女のことはよく知らないが、並の19歳の女の子が言えるものではない」「世間では簡単にアイドルアイドルと言うけれど、この子達はこんなにも社会に鍛えられているんだと感じた」と述べている。
  80. ^ 前田敦子、卒業公演の倍率は916倍!車であいさつしながら劇場入り シネマトゥデイ2012年8月20日
  81. ^ “TVでた蔵「2010年8月18日放送 スッキリ!!」”. ワイヤーアクション (2010年8月18日). 2015年5月28日閲覧。
  82. ^ 峯岸みなみ - Google+(2012年4月13日)
  83. ^ 前田敦子:運転免許挑戦がテレビ番組に「AKB自動車部」発足 - まんたんウェブ(MANTAN)2012年4月11日
  84. ^ “2010年最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2010」発表 男性部門 向井理さん、女性部門 前田敦子さんが受賞 ~2010年急上昇ランキングトップ10にAKB48メンバー4名ランクイン~”. 2010年プレスリリース. サイバーエージェント (2010年12月21日). 2011年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  85. ^ ナイナイ岡村も祝福。前田敦子が日本アカデミー賞話題賞を受賞 - ぴあ(2012年2月17日)2012年2月18日閲覧。
  86. ^ 大竹しのぶさん、AKB前田敦子さん受賞へ-調布で来月開催の「日本映画批評家大賞」で - 調布経済新聞(2012年3月16日)2012年3月17日閲覧。
  87. ^ AKB48前田敦子に黒木メイサ、ウォンビンら一堂に ジュエリー賞 - 朝日新聞デジタル (2011年1月27日)2016年3月15日閲覧。
  88. ^ “前田敦子 :今年の“ベストビューティー”を受賞 「VOCE」が選出”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2011年11月22日). オリジナルの2011年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123043245/http://mantan-web.jp/2011/11/22/20111122dog00m200002000c.html 2011年11月23日閲覧。 
  89. ^ 第22回TAMA映画祭|第4回TAMA映画賞受賞作品・受賞者 - TAMA CINEMA FORUM 2012年10月10日閲覧。
  90. ^ “第22回日本映画プロフェッショナル大賞”. 日プロ大賞実行委員会. 2017年10月27日閲覧。
  91. ^ AKB前田敦子、超多忙でも「週5本」 外国映画の魅力を力説 - ORICON STYLE(2012年4月11日)2012年4月12日閲覧。
  92. ^ 前田敦子、剛力、きゃりーらが『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』受賞 - JOSHI+ (2012年11月26日)2012年11月26日閲覧。
  93. ^ “第23回日本映画プロフェッショナル大賞”. 日プロ大賞実行委員会. 2017年10月27日閲覧。
  94. ^ “WOWOW「勝手に演劇大賞」結果発表 新設のミュージカル部門は「モーツァルト!」が受賞” (プレスリリース), 株式会社WOWOW, (2015年3月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002599.000001355.html 2017年10月27日閲覧。 
  95. ^ 浅野忠信、2年連続受賞! “アジアのアカデミー賞”に前田敦子・YOSHIKIら参加 TOKYO POP LINE(2017年3月22日), 2017年4月3日閲覧。
  96. ^ “あっちゃんデレデレ、愛猫ポッツお披露目 「友達に顔が似ているって言われます」”. ZAKZAK (産経デジタル). (2017年4月1日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170401/enn1704011530001-n1.htm 2017年10月27日閲覧。 
  97. ^ “前田敦子、美脚輝くスリットドレスで大人の色気 クリスマスの予定明かす”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年10月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1723740 2017年10月27日閲覧。 
  98. ^ 第29回TAMA映画祭|第11回TAMA映画賞受賞作品・受賞者 - TAMA CINEMA FORUM 2019年10月17日閲覧。
  99. ^ 第43回山路ふみ子映画賞は石川慶監督「蜜蜂と遠雷」、女優賞は前田敦子 - 映画.com 2019年10月25日閲覧。
  100. ^ 第43回 山路ふみ子映画賞贈呈式 - 公益財団法人 山路ふみ子財団 2019年10月25日閲覧。
  101. ^ 2020年受賞者 - おおさかシネマフェスティバル2020 2020年2月10日閲覧。
  102. ^ 前田敦子 長男とそろいのスニーカーを「思わず買っちゃう」(2021年2月22日、スポーツニッポン)2021年2月23日閲覧。
  103. ^ AKB48 まさかの前田敦子登場で卒業ソング「夢の河」歌唱&増田有華/大人AKB塚本まり子/片山陽加と卒業組次々復帰 リクエストアワー初日から大盛況 2021年3月11日閲覧。
  104. ^ “AKB48 前田&大島ら参加“大奥風”MV公開 「ヘビロテ」彷彿キスシーンも”. オリコン (2015年2月12日). 2015年2月23日閲覧。
  105. ^ “前田敦子!大島優子!篠田麻里子!「神7」が帰ってくる!AKB新曲MVに登場”. スポーツ報知 (2020年6月22日). 2020年6月24日閲覧。
  106. ^ AKB48前田敦子「もしドラ」挿入歌でソロデビュー決定(ナタリー)(2011年4月24日閲覧)
  107. ^ 前田敦子、新曲が映画「LOVE まさお君が行く!」主題歌に(2012年4月25日、ナタリー)(2012年4月26日閲覧。)
  108. ^ 前田敦子 4thシングル「セブンスコード」発売日変更のお知らせ Archived 2013年12月20日, at the Wayback Machine.
  109. ^ 前田敦子/無防備 - YouTube
  110. ^ ドラマ「私立バカレア高校」の主題歌が決定! 初回放送でキスマイ&前田敦子が新曲初披露(2012年4月7日) Archived 2012年5月10日, at the Wayback Machine. 2012年4月7日閲覧。
  111. ^ “前田敦子、主演ドラマ主題歌含む初のソロアルバムをリリース”. 音楽ナタリー. (2016年4月11日). http://natalie.mu/music/news/183095 2016年4月11日閲覧。 
  112. ^ “前田敦子主演ドラマ『秋と冬のタマ子』4月放送決定”. オリコンスタイル. (2013年3月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2022443/full/ 2014年3月23日閲覧。 
  113. ^ “前田敦子、“八百屋お七”で時代劇初主演!”. シネマトゥデイ (2013年7月18日). 2013年7月18日閲覧。
  114. ^ “前田敦子:えなりかずきと“結婚” 人妻役に初挑戦も「夫婦シーンまったくない」”. 毎日新聞デジタル (2014年3月19日). 2014年3月23日閲覧。
  115. ^ “前田敦子が月9「信長協奏曲」で小栗旬と初共演!”. webザテレビジョン. (2014年10月17日). http://thetv.jp/news_detail/51407/ 2014年10月17日閲覧。 
  116. ^ “前田敦子、6年ぶり“月9”! 「信長協奏曲」小栗旬は「ピュアでカワイイ…」”. cinemacafe.net (2014年10月17日). 2014年10月17日閲覧。
  117. ^ “前田敦子、WOWOWドラマで風俗嬢役 『翳りゆく夏』女性キャスト発表”. オリコンスタイル. (2014年11月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2044852/full/ 2014年11月21日閲覧。 
  118. ^ “ドラマ「グーグーだって猫である2」に前田敦子やイッセー尾形ら新キャスト”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年2月27日). http://natalie.mu/comic/news/177817 2016年2月27日閲覧。 
  119. ^ “高良健吾が5股をかける女優陣発表 石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2101147/full/ 2017年11月24日閲覧。 
  120. ^ “「ど根性ガエル」京子ちゃんは前田敦子 あれから16年バツイチに”. スポーツニッポン新聞社 (2015年5月28日). 2015年5月28日閲覧。
  121. ^ “前田敦子が“深夜の昼ドラ”で二股、不倫、ドロドロの濃厚ラブストーリー”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2016年3月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0080853 2016年3月3日閲覧。 
  122. ^ “前田敦子、“泣けるホラー”で『ほん怖』初主演「夏の思い出になったらいいな」”. ORICON STYLE. (2016年8月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2076698/full/ 2016年8月12日閲覧。 
  123. ^ “三浦友和、テレ朝連ドラ初主演 黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加と“就活”に励む”. ORICON STYLE. (2016年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2081251/full/ 2016年11月10日閲覧。 
  124. ^ “『銭形警部』鈴木亮平主演で実写ドラマ化「魂を込めて役作り」”. ORICON STYLE. (2016年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2079220/full/ 2016年9月30日閲覧。 
  125. ^ “前田敦子、上川隆也を追う“謎の週刊誌記者”に 船越英一郎ら豪華キャスト&コメント発表<テミスの剣>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月22日). https://mdpr.jp/news/detail/1708700 2017年8月22日閲覧。 
  126. ^ “前田敦子、月9スピンオフで主演! ダンス&歌披露に「踊りイケる」”. シネマカフェ (イード). (2017年10月10日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/10/53113.html 2017年10月12日閲覧。 
  127. ^ “篠原涼子主演・秋の“月9”、『民衆の敵』にタイトル決定 出演者追加発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2094474/full/ 2017年7月21日閲覧。 
  128. ^ “岡田麿里:「あの花」脚本家の自伝がNHKでドラマ化 前田敦子主演でアニメの映像も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年5月29日). https://mantan-web.jp/article/20180529dog00m200032000c.html 2018年5月29日閲覧。 
  129. ^ “前田敦子×よるドラ『伝説のお母さん』”. NHKドラマ. (2019年10月16日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/414066.html 2019年10月17日閲覧。 
  130. ^ 前田敦子:月9「イチケイのカラス」幼児虐待容疑の母に「心が苦しく」(MANTANWEB、2021年4月5日)2021年4月5日閲覧。
  131. ^ “前田敦子、芥川賞受賞作『苦役列車』古本屋店員役でヒロインに!森山未來、高良健吾と共演決定!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2011年12月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0037879 2017年5月14日閲覧。 
  132. ^ “前田敦子&成宮寛貴W主演!『リング』中田秀夫監督6年ぶりのホラー公開決定!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2012年10月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0047208 2017年5月14日閲覧。 
  133. ^ “劇場版『ポケモン』ミュウツー役は高島礼子!前田敦子もナレーションで参戦”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年4月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0052240 2017年5月14日閲覧。 
  134. ^ “前田敦子、ボサボサ頭のぐうたら女子に!『苦役列車』山下監督と再タッグで「タマ子」映画化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年8月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0055681 2017年5月14日閲覧。 
  135. ^ “前田敦子、主演映画がローマ映画祭で2冠「ビックリしすぎて意味がわかりません」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年11月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2030973/full/ 2017年5月14日閲覧。 
  136. ^ “前田敦子が“週刊誌記者”に挑戦! 関ジャニ∞主演『エイトレンジャー2』ヒロイン決定”. cinemacafe.net. イード (2014年2月4日). 2014年3月23日閲覧。
  137. ^ “前田敦子がツンデレ招き猫!?「神さまの言うとおり」に豪華アフレコ声優陣”. 映画.com (2014年10月10日). 2014年10月10日閲覧。
  138. ^ “染谷将太&前田敦子、廣木隆一監督作「さよなら歌舞伎町」で初共演!”. 映画.com (2014年7月13日). 2014年7月13日閲覧。
  139. ^ “乾くるみ小説「イニシエーション・ラブ」映画化! 松田翔太×前田敦子×木村文乃で三角関係”. cinemacafe.net. イード (2014年10月15日). 2014年10月15日閲覧。
  140. ^ “前田敦子 妊娠→結婚!?映画「モヒカン故郷に帰る」で新境地”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年7月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/23/kiji/K20150723010790650.html 2015年7月23日閲覧。 
  141. ^ “「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/eiga/news/183481 2016年4月16日閲覧。 
  142. ^ “前田敦子、柄本明、風吹ジュン、小林薫が綾野剛×熊切和嘉「武曲」に出演”. 映画ナタリー. (2016年12月19日). http://natalie.mu/eiga/news/213775 2016年12月19日閲覧。 
  143. ^ “長澤まさみ×前田敦子、初共演で姉妹役!黒沢清監督『散歩する侵略者』”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年5月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091481 2017年5月14日閲覧。 
  144. ^ “前田敦子、売春組織の黒幕の女に…表向きはモデルエージェンシー名乗る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170623-OHT1T50000.html 2017年6月23日閲覧。 
  145. ^ “前田敦子、三浦透子、尾野真千子が柄本佑「素敵なダイナマイトスキャンダル」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年9月13日). http://natalie.mu/eiga/news/248469 2017年9月13日閲覧。 
  146. ^ “小泉今日子主演『食べる女』に主役級女優ズラリ!沢尻エリカ×前田敦子×山田優ら”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年1月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0098044 2018年1月30日閲覧。 
  147. ^ “吉瀬美智子、前田敦子、佐藤隆太らドラマ版キャストの姿も 『コンフィデンスマンJP』ポスター公開”. リアルサウンド映画部 (株式会社blueprint). (2019年3月5日). https://realsound.jp/movie/2019/03/post-328136.html 2019年3月5日閲覧。 
  148. ^ “コンフィデンスマンJP:「プリンセス編」にビビアン・スー、デヴィ夫人出演 竹内結子、三浦春馬、広末涼子、江口洋介も”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年1月27日). https://mantan-web.jp/article/20200126dog00m200034000c.html 2020年2月10日閲覧。 
  149. ^ “町田くんの世界:実写映画主演に新人2人抜てき 岩田剛典、高畑充希、戸田恵梨香ら豪華キャストも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20190121dog00m200049000c.html 2019年1月22日閲覧。 
  150. ^ “前田敦子、長編映画で初の海外オールロケ<旅のおわり、世界のはじまり>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月10日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1778414 2019年4月23日閲覧。 
  151. ^ “前田敦子と高良健吾が「葬式の名人」で共演、川端康成の小説を樋口尚文が映画化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年10月22日). https://natalie.mu/eiga/news/304637 2019年6月15日閲覧。 
  152. ^ 『奥様は、取り扱い注意』岡田健史、前田敦子ら新キャスト!(シネマトゥデイ、2020年3月17日)2020年3月17日閲覧。
  153. ^ 前田敦子、成田凌の同級生で“完璧主義者”に 四千頭身・都築拓紀は演技初挑戦(ORICON NEWS、2020年12月20日)2020年12月20日閲覧。
  154. ^ “富司純子、藤原季節、蒔田彩珠、中村ゆり、前田敦子ら『DIVOC-12』第1弾キャスト発表”. Real Sound (Real Sound). (2021年4月30日). https://realsound.jp/movie/2021/04/post-752439.html 2021年4月30日閲覧。 
  155. ^ “綾野剛&成宮寛貴&前田敦子らが出演決定 前川知大×蜷川幸雄『太陽2068』キャストが発表に”. シアターガイド (2014年1月28日). 2014年3月23日閲覧。
  156. ^ “岩松了氏の舞台に中村獅童、上田竜也&前田敦子”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年7月25日). 2015年7月25日閲覧。
  157. ^ 高橋一生、野田秀樹氏と初タッグ…5月新作公演「フェイクスピア」主演(2021年3月4日、スポーツ報知)2021年3月4日閲覧。
  158. ^ “前田敦子、“母の日”にテレビ復帰 我が子への深い愛情「自分の幸せに気づくことができた」”. エキサイトニュース (2019年5月11日). 2019年5月11日閲覧。
  159. ^ “もっと円山動物園!~見ればわかる70のヒミツ~”. 2021年5月1日閲覧。
  160. ^ AKB48・前田敦子、14歳の自分と“CM共演” 「全然変わってなくて、びっくり」(オリコン、2012年1月13日)2012年9月8日閲覧。
  161. ^ AOKI48が誕生? AKB48の48人が48のスーツコーデをオススメ(Web deview、2010年2月10日)2012年9月8日閲覧。
  162. ^ AKB48選抜メンバー25人、キュートな“野菜衣装”でCM出演!(eltha、2010年4月27日)2012年9月8日閲覧。
  163. ^ AKB48“野菜シスターズ”が増員! SKE、NMBからも参加で総勢30名に(eltha、2011年6月22日)2012年9月9日閲覧。
  164. ^ “ベジレンジャー”が前田敦子を救う!?AKB48が野菜モチーフの“正義の味方”に変身(Web deview、2012年5月28日)2012年5月28日閲覧。
  165. ^ AKBさしこ、ギリギリ“ミニ”で美脚披露!選挙4位と大躍進も秋元からは「中途半端」(シネマトゥデイ、2012年6月12日)2012年6月13日閲覧。
  166. ^ AKB48、新CMでXmas気分を盛り上げる(オリコン、2011年11月11日)2012年9月9日閲覧。
  167. ^ AKB前田敦子、バレンタインの甘い思い出「ない」(オリコン、2012年1月23日)2012年9月9日閲覧。
  168. ^ AKB48が海外のCM初出演 前田、大島ら8人が台湾のテレビに登場(オリコン、2012年1月17日)2012年9月9日閲覧。
  169. ^ AKB48が“ぷっちょ”に変身! 可愛らしい姿でCM飾る(オリコン、2010年8月13日)2012年9月8日閲覧。
  170. ^ ビキニ姿のAKB48、新曲バックに“AKB48ちょ”に変身(オリコン、2011年5月31日)2012年9月9日閲覧。
  171. ^ AKB48、メンバー同士で衝撃“口移し”リレー(オリコン、2012年3月14日)2012年9月9日閲覧。
  172. ^ AKB48、農林水産省の広告塔に(オリコン、2010年9月11日)2012年9月9日閲覧。
  173. ^ AKB48・前田敦子所長のセクシー衣装が気になる! 「AKBカスペルスキー研究所」TVCMオンエア(Web deview、2010年9月28日)2012年9月9日閲覧。
  174. ^ 「アメーバピグ」初の公式ガイドブックを全国で発売 前田敦子、杉浦太陽、北斗晶出演 テレビCM第2弾も放映開始 Archived 2011年11月25日, at the Wayback Machine. 2010年10月16日閲覧。
  175. ^ AKB48高橋みなみ、受験生の身代りに“すべる”(Web deview、2011年1月10日)2012年9月9日閲覧。
  176. ^ OL制服姿のAKB48、オフィスで缶コーヒーを回し飲み!?(オリコン、2011年9月20日)2012年9月9日閲覧。
  177. ^ AKB48、全メンバー90名で新CM 〜グループ初の試みに研究生も全員参加(オリコングルメ、2012年2月21日)2012年9月9日閲覧。
  178. ^ AKB48、一日限定CMで新社会人にエール(オリコン、2012年4月2日)2012年9月9日閲覧。
  179. ^ AKB48、レーサー姿で「早く! 早くぅ〜」とおねだり!?(オリコン、2012年4月3日)2012年9月9日閲覧。
  180. ^ AKB48“期待のルーキー”横山由依、缶コーヒーCMにメインで登場(eltha、2011年6月21日)2012年9月9日閲覧。
  181. ^ AKB48を“顔”に起用 日本赤十字社、義援金総額は1873億円に(オリコン、2011年5月17日)2012年9月9日閲覧。
  182. ^ 容疑者はAKB48全員! あっちゃん探偵と共に謎を解け!!(webザテレビジョン、2012年6月19日) 2012年6月20日閲覧。
  183. ^ AKB48・大島優子のセクシーな胸元に、前田敦子が「大きいなぁ〜」(webザテレビジョン、2012年7月25日) 2012年7月25日閲覧。
  184. ^ a b 前田敦子が犯人に迫る… 「AKB殺人事件」クライマックスに突入」(オリコン、2012年8月29日)2012年8月29日閲覧。
  185. ^ AKB48がライブ中に新CM撮影 約9000人のファンも参加(オリコン受験、2011年6月16日)2012年9月12日閲覧。
  186. ^ AKB前田&大島がチャン・グンソクにメロメロ「背が高くて中身も素敵」(eltha、2011年8月24日)2012年9月9日閲覧。
  187. ^ a b AKB前田&大島、グンソクとパリの空を満喫!?(オリコン、2012年5月8日)2012年5月9日閲覧。
  188. ^ AKB48・前田敦子、ソロCMで“クールでやんちゃ”に3変化(eltha、2011年9月8日)2012年9月9日閲覧。
  189. ^ 前田敦子、初挑戦の空手で雪玉を粉砕! Archived 2012年1月7日, at the Wayback Machine.(ザテレビジョン、2011年10月27日)2011年10月28日閲覧。
  190. ^ 前田敦子 “ゆるパン”で「動物園か遊園地に行きたい」(スポニチ、2012年3月8日)2012年3月9日閲覧。
  191. ^ 前田敦子 :ミニのシャツワンピース姿で大人の表情(毎日新聞デジタル、2012年5月17日)2012年5月17日閲覧。
  192. ^ AKB48前田敦子 :母思いほろり……お茶漬けCMで一人暮らし女子大生演じる(毎日新聞デジタル、2011年9月27日)2011年9月27日閲覧。
  193. ^ 前田敦子、図々しい“弟”に「生意気!」(オリコン、2013年4月12日)2013年4月13日閲覧。
  194. ^ 前田敦子が新CMでパジャマ姿を披露! 朝ご飯シーンでは食いしん坊っぷりを発揮!? Archived 2012年10月24日, at the Wayback Machine.(webザテレビジョン、2012年3月28日)2012年3月28日閲覧。
  195. ^ 前田敦子、三宅裕司の娘役で登場! 誕生日、ひな祭りなど幼少期のお宝写真も(マイナビニュース、2013年3月15日)2013年3月15日閲覧。
  196. ^ “28歳のジャイ子”役に前田敦子! 『実写版ドラえもんCM』新キャラクター登場(ORICON STYLE、2012年1月26日)2012年1月26日閲覧。
  197. ^ 前田ジャイ子と小川ジャイアンが初共演! リサイタルで「ヘビロテ」熱唱(2012年9月7日、オリコン)2012年9月7日閲覧。
  198. ^ 前田敦子 : “ジャイ子”でも運転免許取得 愛車はピンククラウン(毎日新聞デジタル、2013年3月7日)2013年3月7日閲覧。
  199. ^ 戦国時代の姫に!前田敦子、トリンドル玲奈、吉高由里子が3姉妹として豪華初共演(2012年7月6日、東京ウォーカー)2012年7月6日閲覧。
  200. ^ toyota.jp TV-CF ライブラリー | Re BORN(信長と秀吉) 2012年10月26日閲覧。
  201. ^ 樹木希林 : トヨタ新CMで役者人生初の「樹」に挑戦(毎日新聞デジタル、2013年6月4日)2013年6月5日閲覧。
  202. ^ AKB48が“競馬部”結成! CM主演を賭けガチ対決(オリコン、2012年4月13日)2012年10月26日閲覧。
  203. ^ AKB48前田敦子、『コクリコ坂から』CMキャラクターに抜てき!「え?わたしでいいんですか?」(シネマトゥデイ、2012年5月14日)2012年5月15日閲覧。
  204. ^ 前田敦子&落合博満&土田晃之「コクリコ坂から」CMで本音さく裂(映画.com、2012年6月12日)2012年6月13日閲覧。
  205. ^ a b マイナビ|ニュースリリース(2012年9月3日) 2012年9月3日閲覧。
  206. ^ 前田敦子「マイナビ転職」新CM、サイとともに社会人応援 (ナタリー、2013年9月9日)2013年9月9日閲覧。
  207. ^ “金爆が白戸家に CM初出演「売れた」”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2013年1月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/01/18/0005678594.shtml 2013年1月18日閲覧。 
  208. ^ サッポロビール|ニュースリリース(2013年1月11日) 2013年1月12日閲覧。
  209. ^ 前田敦子、お酒CMデビュー!「最近飲めるようになったばかり」(シネマトゥデイ、2013年2月4日)2013年2月4日閲覧。
  210. ^ あっちゃん、山Pと化粧水CMに出演 Archived 2013年5月5日, at the Wayback Machine.(サンケイスポーツ、2013年3月5日)2013年3月5日閲覧。
  211. ^ あっちゃん、キュートな“ペコ顔”披露!不二家の新イメージキャラクターに(シネマトゥデイ、2013年9月2日) 2013年9月3日閲覧。
  212. ^ “渡哲也“小百合以来”の共演女優が前田敦子「情感豊かな女性」”. Sponichi Annex. (2014年8月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/13/kiji/K20140813008735730.html 2014年8月14日閲覧。 
  213. ^ “ファン代表・前田敦子が魅力を語る!3DCG映画「スヌーピー」TVスポット公開”. 映画.com (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。
  214. ^ “前田敦子さんが子供のあっちゃんになって七五三撮影!? 記念日スタジオ「スタジオマリオ」 TVCM 2018年9月22日よりオンエア開始”. 株式会社キタムラ (2018年9月18日). 2018年9月29日閲覧。
  215. ^ “前田敦子が秋葉原に凱旋、“センター”でグラコロを「フライングゲット」”. ORICON NEWS (2018年11月28日). 2019年11月30日閲覧。
  216. ^ a b c 前田敦子さんが動画チャンネル開設!? スルーラック新WEB CM「あっちゃんねる」シリーズ 2021年4月26日(月)公開(時事通信、2021年4月26日)2021年4月26日閲覧。
  217. ^ 前田敦子、AKB新曲MVに友情出演 ミニスカ警官役で大島にNo.1の座継承(オリコン、2012年8月21日) 2012年8月21日閲覧。
  218. ^ “秦基博「Girl」、前田敦子主演でキュンとくるMV完成”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年4月6日). http://natalie.mu/music/news/227646 2017年7月25日閲覧。 
  219. ^ 前田敦子×山下敦弘×星野源によるスペシャル映像プロジェクトがスタート!|MUSIC ON! TV公式インフォメーション Archived 2012年11月21日, at the Wayback Machine. 2012年11月17日閲覧。
  220. ^ 中央労働災害防止協会|安全衛生図書・用品 2012年10月13日閲覧。
  221. ^ 前田敦子、『東京国際映画祭』アンバサダー就任「求められる女優に」(オリコン、2012年9月20日)2012年9月22日閲覧。
  222. ^ 女優 前田敦子が雑誌『Switch』映画祭のイメージキャラクターに(billboard JAPAN、2013年4月2日)2013年4月3日閲覧。
  223. ^ “前田敦子、「DEGアワード」アンバサダー就任 ブルーレイの魅力を発信”. ORICON STYLE (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  224. ^ “前田敦子が出産後初のイベント登壇、ウズベキスタン観光大使に就任し現地ロケ回想”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月23日). https://natalie.mu/eiga/news/329043 2019年4月23日閲覧。 
  225. ^ ソライエグラン流山おおたかの森
  226. ^ 前田敦子が秋葉原駅をジャック、ポスター150種類を展示(ナタリー、2012年8月16日) 2012年8月17日閲覧。
  227. ^ 前田敦子 実家のそばに引っ越してチーム育児。提案してくれた夫に感謝(たまひよ、2020年1月17日)2020年2月10日閲覧。

関連項目

外部リンク

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=前田敦子&oldid=83480311」から取得